【台湾ドラマ】HIStory 離れて、離さないで の感想 モンモンの手紙のイタズラが悪質って思っちゃう

HIStoryの「離れて、離さないで」を見ましたよー 3作あるうちの最後に見たのがこの作品となりました。そして残念ながらこれがその中では一番好きじゃなかったかも。出てくる女友達が腐女子なんですけど、彼女の妄想が一人歩きしてる感じです。BLとか関係なくその子がやったことが冗談では済まないことのような気がしちゃうんだけど、どうなんですかねー?

 

スポンサーリンク


 

アイドルのチェン・チンを演じるのはデューク・ウー(吳承璟)、フォン・ホーを演じるのはエディソン・ソン(宋柏緯)です。デューク・ウーはアイドル役が合ってる感じだし、エディソン・ソンも真面目な大学生役が合ってて配役は良かったな。

そんな二人なんですが、フォン・ホーの母親の再婚でチェン・チンが彼の義理の弟になり、彼の家に転がり込んでくると。弟って言ってたけど、同じ授業とか出てるから同い年だけど誕生日が遅いだけで同学年とかいう設定なのかしら?まあそれはいいんだけど。母親に弟のことを頼むと言われたので勉強を教えたりとお世話をするフォン・ホー。そうこうしているうちに特別な感情が生まれていく二人なんですねー

初めはソファーで寝ていたチェン・チンが嫌だ僕もベッドがいいと言い張るので一緒に寝ることになる初日。境目に鍋を置いて距離を取ろうとするフォン・ホー。なんで鍋やねん。

ま、朝になったらこんな感じで、想像通り。っていうかデューク・ウーが白くてお肌すべすべですごいな!って思いました。羨ましい。

で、フォン・ホーの女友達のモンモンが腐女子で、二人が兄弟になって一緒に住み始めたと聞いて、二人が理想的なBLカップル~~~と妄想しちゃうんですね。そしてフォン・ホーにチェン・チンへの手紙を託すんです。フォン・ホーはモンモンがチェン・チンへのラブレターを書いたのだと思ってちょっと渋りながらもちゃんと渡すんですよ。しかしなんとその手紙の内容は、フォン・ホー(モンモンがフォン・ホーのふりをして書いたもの)からチェン・チンへの愛の告白・・・ それを読んで喜んでイエスと答えるチェン・チン。いやまあね。二人が好き同志だし、いいっちゃいいのかもしれないけど、モンモンの書いたその手紙は冗談とかイタズラでは許されないのでは・・・?男同志だからとか関係なく、女友達にもそれをしたらあかんでしょ!?なのに彼女のことをわりと簡単に許しちゃうのは解せないわ・・・

まあ結局、それを機に二人の仲はいろいろありつつも最終的にはうまく行くのですけでも、なんかすっきりしない。まあ、この部分が気にならなければ兄弟、同性という禁断の愛のダブルコンボだから好きな人は好きなのかもしれない。しかし、チェン・チンに迫られるフォン・ホーの断り文句はあくまでも「家族だから・・・」で、男同士ってことには全く言及してなかったのが潔かったわ・・・ このHIStoryのドラマの中ではそれは普通の前提なのね、きっと。

そんな感じでちゃんとしたストーリーありきのドラマではない印象で、あくまでも美しい二人のBLを表現するためのドラマって感じで私はあんまりでした。三作品の中だったらボクの悪魔が一番良かったかな!

 

HIStory 離れて、離さないでが見れるのは・・・
⇒Netflix






こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す