【中国ドラマ】トキメキ!弘文学院 の感想 ニッキー・ウー&リウ・シーシー主演の学園ものコメディー!

トキメキ!弘文学院の視聴を完了いたしました~ タイトルに「トキメキ」ってあるのを見て韓国ドラマの「トキメキ成均館スキャンダル」のリメイクなのかと思ったのだけどそういう訳でもないかな。まあ学園ものっていうのは同じだし、男装女子出てくるっていうのが似てはいるけど、生徒じゃなくて先生が主役で全く関係ないストーリーのドラマでしたね。まあ邦題にわざわざ「トキメキ」を入れるのは私が連想したように件のドラマを連想させることによって視聴意欲をわかせるという狙いがあるのでしょうね!

 

スポンサーリンク


 

さて、主役はリウ・シーシーとニッキー・ウーの二人なんですけども、私のこのドラマでのお目当てはフォ・ジョンイェン(霍政諺)でございます。七侠五義で皇帝役で出てた時に印象に残ったんです。そのドラマで求められるちょっと頼りないとはいえ善良で聡明な君主役があまりにもしっくりくる演技でして。それで他に何かドラマに出ていないかと調べたところ弘文学院にも出てるのを知ったのでいつか見たいな~と思っていたのでした!

どんな役なのかな~と思って楽しみに見ていたんですが、聶文星も彼にピッタリの役でしたね!実は公孫毅の息子で、非道な父に反発する気持ちはあるものの、息子として認めてもらいたい気持ちもあって苦悩するという。でも根底にある善良さには抗えないっていうね。やっぱり彼のイメージがそういう感じなんだろうな。完全な悪人の役は似合わないもんな。満足満足。他には月下の恋歌にも出てるみたいなのでそれもまたチェックしよう~~っと。

そういえば父親の公孫毅役のコウ・ジェンハイ(寇振海)も七侠五義に出てましたね。皇帝の臣下役でこれまた悪徳な役だったなあ・・・

あとは台北ラブストーリー~美しき過ちで出てたジョイ・パン(潘儀君)が東方婉兒役で出演してましたね。台湾の女優さんだと思うけど、中国のドラマにも出てるんですねー。ま、ニッキー・ウーもか。台北ラブストーリーでは神経質な感じでちょっと怖かったんだけど、こういう役職についた権威のある女性の役はその迫力がうまく作用して意外に良かったです。

ストーリーは先生たちも生徒たちもお互いが成長していく過程を描きつつ、巨悪を倒しつつという、でも漫画っぽくわちゃわちゃしてるという感じ。いろいろ詰め込んではあるんですけど、でも意外とまとまりもあって面白かったな~という印象。
出演者の今までの出演ドラマのパロディーなんかも色々出てくるので、そういうのが分かる方が更に楽しめるようになっていますね。
もちろん若曦のパロディーやら、リウ・シーシーが一枝梅で共演したウォレス・フォがゲスト出演してたり(彼の呼び名が四爺なの!)、ニッキー・ウーのアルバムのタイトルが雲霏の父親の必殺技の名前だったり。なんかそういうの出演者たちも楽しんでるように見えた~!

それにしてもイェ・ズーシン(葉祖新)は若曦だけでなく続・若曦も皇子たちの中で彼だけは引き続き出てたし、これにも出てたんだけど、ニッキー・ウーかリウ・シーシーと事務所が同じとかそういう事情があるんでしょうかね!?と思って調べてみたらどうやら本当にそうみたいでニッキー・ウーの事務所所属の俳優さんみたい!なるほどね~

あとはハンシュクでは主役だったチャン・ジァハン(張哲瀚)も生徒役で出てましたね~ あちらでは真面目くん役だったけど、こっちではちょっとお調子者役。こっちの方が合ってた気がして私は好き。

 

なんとなくあんまり内容には期待せずに見たドラマだったんですけどもテンポもいいし、登場人物全員にしっかりと分かりやすくキャラづけがされているのでとっても楽しく見れましたよ~!コメディー要素も突き抜けつつ、真面目なところもありつつバランスもとても良かったです。

 

 

トキメキ!弘文学院が見れるのは・・・

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す