【香港映画】西遊記~はじまりのはじまり~ の感想 西遊記って妖怪ハンターの話だったの!?

チャウ・シンチー監督の映画「西遊記〜はじまりのはじまり〜」を見ました。孫悟空や三蔵法師の話はなんとなく知っているつもりだったんだけど、実はあんまり知らなかったんだなと思いました。本当に小さい頃見た漫画とか童話みたいな本を読んだくらいだったのかも。だからこの映画を見ていて西遊記の「はじまりのはじまり」の部分のことを描いてるのかな?ふ~ん?ってな気分で見ていたら、ラスト近くになって、ああなるほどそういうことだったのかとやっと腑に落ちたのでした。チャウ・シンチーの作品ですからもちろん面白いんだけど、ちょっと感動しちゃったりもしたんだなあ。

 

スポンサーリンク


 

まず、三蔵法師という名前は知っているけど、玄奘っていう名前でもあるっていうことに思いが至らなくてですね。そういえばそうだった気がするって後で思ったけど、見てる最中は出てくる人達がどう関係してくるのかな・・・っていうのを五里霧中のつかみどころのなく見てた感じだったんですよね。だって妖怪ハンター=三蔵法師ってなんだか繋がらなかったんですよね。さすがに猪八戒は豚だっていうのは知ってるから分かったけど、最初に出てきた魚の妖怪が沙悟浄だとは分からなくて頭の中が???って感じになってしまった。そうかこれはどうやら日本では沙悟浄は河童ということになっているけど、原作ではただ水の妖怪である様子。日本ではオリジナルな解釈で河童になってるんですね。そっか、じゃあ私の理解が足りないだけではなかったのだな。

あとはスー・チーが演じていた段が使っていた腕輪はきっと孫悟空の頭にはめられるんだろうなってことは分かったんですけどね。そうそう基本的に好きな男を追いかける女という登場人物があんまり好きでない私なんですが、段はサバサバしていて魅力的なキャラでしたね。追いかけるにしても彼女みたいだといいな。じっとりしてる系は見ててあんまり気持ちよくなくて。だから段みたいなはっきりしているタイプがそれでも愛を貫く姿というのは反対に素敵に見えて、彼女のラストの行動に胸を打たれてハッとなってしまったのでした。演じてたスー・チーもとても良かった・・・

ショウ・ルオの演じてた空虚王子の存在も良かったです。なんだか得体のしれない人が沢山出てくるんだけどちゃんとまとまっているのが凄いなあと思って見てたんですよね。色々出てきても真ん中にある本筋がちゃんとしてるストーリーではありますしね。

この映画は「はじまりのはじまり」なので三蔵法師と仲間たちが出会うところまでを描いているだけなので、もちろん続編があるみたい。「西遊記2〜妖怪の逆襲〜」というのがすでに公開されているみたいなのでこれも是非見たいなあ。

チャウ・シンチ―が出演していなくても根底に流れる彼の哲学みたいなものがちゃんとあるな。そうこれこれって思わせてくれるのって幸せだなって思ったのでした!

 

西遊記~はじまりのはじまり~が見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す