【韓国ドラマ】ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜 の感想 色々事件が起こるので最後まで飽きません

家和萬事成という中華料理屋を舞台に起こるハートウォーミングストーリーらしいんですけども、ハッピーレストランというよりはトラブルレストランって感じであります。色々起こり過ぎて忙しい。まあでもそのおかげで全51話と私にとっては長めの話数であるにも関わらず、最後まで飽きずに見ることが出来ました。

 

スポンサーリンク


 

ただし、最後に病気ネタで終わるのあんまり好きではないなあ。冷たかった人が死を実感することで悔い改めて良い人になる、とかひどい扱いを受けていた人が病気ということが分かって周りが心を入れ替えて優しくなるとか、そういう展開は安直に思えてなんだかなあという気持ちになってしまいます。なのでヒョンギ親子の豹変ぶりはう~んてな気持ちで見てしまったなあ。でもそれ以外はだいたい楽しく見ておりました。

キャスティングはそれぞれとっても合ってて良かったなあと思うんですが、特に印象的だったのはキム・ソヨン。私が今まで見たドラマでは彼女はぶっ飛んだ検事とかキャリアウーマンとか工作員とかキツそうな役柄が多くてそのイメージだったのですが、このドラマのヘリョンは穏やかで柔らかく笑う優しい女性で、むしろ今回の方が素のキム・ソヨンに近いんだろうなと思わせるような自然な演技でとても綺麗でした。ソ・ジゴンが好きになってしまうのが分かるようなそんな雰囲気が良かったです。そういえばキム・ソヨンとイ・サンウはこのドラマをきっかけに結婚したんでしたっけ?とてもお似合いで、二人が醸し出す空気感が柔らかくて素敵だったなあ。

まあ、あとはサムボンに怒った奥さんがボクシングを習い始めて今までにため込んだ旦那への愚痴を吐き出しながらサンドバッグを殴ってるのは面白かったですね。やりたいと思ってもなかなか実際には習うところまではいかなかったりするけど、あれはいい発散方法かもしれないなー サムボンの横暴さには見ててこちらも腹が立ってしまったんだけど、少し前の時代の旦那というのはああいう方が多そうだなあ。

あと、あまりにも役にぴったりだったのはヘリョンの双子の兄マノ役のチャン・インソプ!情けなくて調子のいい旦那役がはまってたわ~ あくまでもセリフとは分かっていてもそれは言ったらあかんやろという言葉をミスンに投げつけてて胸が痛かったわよ。早くミスンは離婚しなよ~と思いながら見てたらやっと離婚したのでそれは良かったです。ラストは明確には描かれていなかったけどその後よりを戻す可能性もゼロではないのかな・・・って受け取れてそれは絶対に嫌だなあ。しかし、ああやって離婚する際に、自分のことを好きで全面的に協力してくれる年下の男性がタイミングよくいるっていうのは夢物語でまさにドラマって感じがしたね。あんなに献身的に支えてくれたのに、チョルスってばミスンに簡単に振られて可哀そう・・・ ミスンにとってもあまりにも都合の良い存在でここは興ざめよね。あ、でもアン・ヒョンソプが出てるって知らずに見たので、あらこんなところでこんにちはってな感じで嬉しかったです。厨房服似合ってた!

そうそう、マノとミスンの長女のジナ役のイ・ナユンちゃんは演技がとても上手ですねえ。子どもだけど全部分かってしまうまるで大人のようなジナ。本当は自分だって我慢してるのに妹のために気丈にふるまうのは泣ける・・・ イ・ナユンちゃんはデュエルでも出ててこの時は白血病の役でしたがこの時も素晴らしい演技。これからが楽しみなので勝手に成長を見守りたいと思います。調べてみたらシンデレラと4人の騎士恋はチーズ・イン・ザ・トラップボイス~112の奇跡~にも出てたんだな~ すでに色々出てる。

 

個性的というか個性的すぎる登場人物たちが巻き起こす事件(と言ってもまあ平和なので)が盛りだくさんなので最後まで飽きずに楽しめます。だから先が気になってあっという間に見終わりましたよ~

あ、このドラマを見てたら中華料理屋らチャンポン麺やらが食べたくなってしまうので、その点は注意です。厨房での調理風景が美味しそうで食欲をそそられちゃいますよ!

 

 

ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜が見れるのは・・・




こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す