【新大久保】 小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)でいつもの米線と初めての烤冷面を食べたー

どうしてもモチモチの米線が食べたくなるので行ってきました小魏鴨脖店です~
肉&麺のちゃんぽんのスープも忘れられない味なんですが、ここの米線のスープもたま~に食べたいって衝動が起こる味なんですよねえ・・・

そんな感じなので、最近は新大久保に行ってもどちらかのお店にしか行けてなくて、新規開拓できてませんなあ。

 

スポンサーリンク


 

大部分のメニューは変わっていないようだったのですが、新しいメニューがあったので、撮って来た。

うずらの卵ともみじと膝軟骨の麻辣味ってのは美味しそう。膝軟骨食べたいな。
まあまた次回にいただきたいと思います。(また行く気満々だ・・・)

さて、まずはビール~ この日はきめ細かな泡のいい感じのビール~~
いつもも普通な感じで悪く無いんですけどね!

さてさて、米線はもう決まってるので、サイドメニューを選びますよお。

鴨胗といういわゆる砂肝にしました!辛さはちょっとだけってことで注文。

来た来た。ちょっとハムっぽいような歯ごたえのあるのがいい感じ。
他の鴨の部位よりも辛さを感じないような気がします。食べやすいです。

そしてサイドメニューもう一つは烤冷面であります。

平たい麺に卵を割って焼いて中に具を入れたもので、軽食として食べられてるものみたい。

これが麻辣的な味なのかと思ったんですけど、カレーっぽいスパイスの味で新鮮でした。スナック的にいい感じのメニューでした!美味しい!

そして米線やってきた~!!!今回はエビ団子を具に選んでみましたよ。

めちゃめちゃあっつあつで来るので、やってきた直後に写真を撮るとレンズが曇っちゃうのだ。

食べる時に黒酢を入れるのが好きなんですけど、テーブルに置いてあるのを使ってみようと思って唐辛子みたいなのを入れたらめちゃめちゃ辛くなってヒーヒー言いながら食べました(^^; 美味しい、辛いの気持ちが交互に押し寄せてきて大変。

テーブルに置いてある調味料はこの3種。黒酢、唐辛子と匂ってみたらビリビリしそうな山椒みたいなのが右側の容器に入ってるものでした。これも多分辛いんだろうなあ。

は~今回も美味しかったなあ。サンドメニュー的なものも順番に試せてるのでいい感じ。

そういえば、レジのところにLINE payのステッカーが貼ってあったので使えるんですか?って聞いたらあと数日後って言ってました。もうすぐしたら使えるようになるのかもしれませんよ~ 便利!

そして、余談ですが、小魏鴨脖店の隣にある八百屋さんみたいなお店があるんですが、ここも気になっています。店名は書いてある気もするけど、何語か分からないし読めない・・・

八百屋っぽいんですが、ネパール料理の総菜なんかも置いてるらしくて、サモサとかビリヤニなんかもあったんですよ!ここもめっちゃ気になるので機会があったら買って帰りたいなあと思ってます。涼しくなったらテイクアウトでも安心ですもんね!

 

⇒小魏鴨脖店

【新大久保】小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)のスパイスは癖になる味&新メニューが出てたよ!

友人が鴨の首をかじりたいかじりたい辛い物を食べたいというので、行ってきました小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)!前回行ったのは8月だから思ったより間があいていました。なんだかもっと頻繁に行ってるイメージだったけど違ったようです。とはいっても新大久保のお店の中では定期的に訪問している方ですね。

全体のメニューは前回のと変更は無かったんですが、新メニューが出来ていましたよ!

串焼き各種が新メニューとして紹介されていたので、その中から羊肉の串をオーダーしてみました。イカ団子の串焼きなんてのもちょっと斬新な気がしますな・・・

テーブルの横に呼び出しボタンもあるので注文もしやすくなって良い感じであります。本当に初めて来たときは日本語を話せる店員さんがいなくて苦労したりもしたのですが、今はすっかり便利になりました。今回も日本語も話せる店員さんでしたし。

む、なんか粉がいっぱいかかってる・・・ので、辛いのかと身構えたのですが。

そんなに辛い訳ではなくて、ビールに合う良い感じの辛さ。鴨に使われてるスパイスとはまた違う味なので、羊肉に合うものなんだろうな~ この羊肉串は中国の新疆辺りに行った時に夜に屋台で食べたのと感じが似てる~なんて懐かしい気持ちになりました。お仕事で行ったんだけど、夜の街に現地ガイドさんが連れて行ってくれたんですよね~ 懐かしい!

 

スポンサーリンク


 

さて、鴨の首もやってきましたよ~

オーダーする時に辛いタレをかけますか?と聞かれたんですが、丁重にお断り。かけなくても唇が痺れるのに、かけたら一体どれくらい辛いんだろう・・・?

興味はあるものの「美味しい」の範疇の辛さで食べたいので未挑戦のまま。いつかは挑戦してみたいなあ・・・

ちなみにちゃんとこんなビニール手袋がついてくるので手が汚れません。便利。
そうそう、食べてるとだんだん唇が痺れてくるので、途中から「そうか!唇が当たらないように歯で肉を噛みちぎればいいんだな!」なんて思いついてしまったのですごい形相で食べていたかもしれません・・・

ひと口目はそこまで辛くないって思うんだけど、後からじわじわと来る痺れる辛さなんです。途中からだんだんと何も考えられなくなって来たので、ストレスを忘れたい人なんかにもこの辛さはオススメかもしれません!

そして私の大好物の米線!今回はエビ団子をトッピング。もっちもちの麺が本当に美味しくて、麺類の中で一番好きかもしれないなあなんて思うくらいです。そして美味しいスープと適度な辛さ。黒酢をかけて食べると体がポッカポカになります。本当に美味しい。

外食をすると、私はあとからすごく喉が渇くんですが、ここの食べ物は辛さが引いた後は喉が渇きません。化学調味料とか使ってないからじゃないかな?

そしてラストはメニュー真ん中の手抓餅で野菜を巻いたもの。

唐辛子がのってる写真だからこれも辛いのかな・・・?と思ったのですが、食べてみたら中のキャベツ(だと思う)がとにかく甘くてとても美味しい!

手抓餅ってわりと脂っこいんだけど、すごく美味しいんですよね。ビールに合うなあ~!これもお気に入りになっちゃったなあ。

完全に鴨首と米線を食べるのを外せないので、他のメニューをなかなか試せないのでした。嫌っていうほど通ってこの二つを飽きるほど食べたらやっと他のメニューを試すことが出来るようになるかしら・・・!笑

 

 


【新大久保】小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)の店内がリニューアルされて綺麗になっていた!

なんだか鴨のネックにかじりつきたいな~なんて思いついて、久しぶりに行ってきました小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)!あの何とも言えない食べごたえと辛さって癖になるのかもしれないなあ。そんな久々の訪問では、お店の外観は変わりませんが、店内に入るとリニューアルされてて、日本人でも利用しやすい感じになっていましたよ~

 

スポンサーリンク


 

まず、1階のレジの隣にあった4人掛けのテーブルはなくなっていて、その部分には注文されたメニューを上の階に運ぶミニエレベーターが設置されてました。そして以前は、客席は2階だけだったように思うのですが、3階も客席になったみたい。そのミニエレベーターのおかげかな?

そして、レジで注文をしてから上の階の席に向かう感じだったんですが、今は席についてからゆっくりオーダー出来ちゃいます。メニューもちゃんと日本語訳がついているので、これなら中国語が分からなくても問題なしです!

米線の具も増えてて、そして分かりやすくなってて嬉しい!でも結局今までと同じイカ団子を頼んでしまったんですけどね・・・笑

そして今まで見たことのなかった新しいメニューもちらほら。

まずは鴨脖をオーダー!辛いのOKって言ったからなかなか刺激的な辛さでやって来た!ビールに合う~

生ビールは売切れみたいで在庫が無かったので、瓶ビール。
中国人のお客さんでビールを飲んでいる人はあんまり見なくて、みんな瓶のコカ・コーラや王老吉という中国の甘い漢方茶を飲んでる人がほとんど。辛さを和らげるために甘い飲み物を好むのかも?

そしてキター!米線。アツアツを食べると美味しいけど辛いので、冷ましてから食べるとちょっと辛さが和らいで食べやすい。このモチモチした麺が何とも言えず美味しいんだよな・・・ スープもしみじみ美味しいです。

そして手抓餅を頼んでみたよ!ネギ入りの薄いパンケーキという風情。これがまた美味しいんですよね。スナック的なおいしさ。香港とかでネギ入りのクラッカーがよく売ってて好きだったんだけど、ちょっとその感じの味です。とても好きな味。

このお店に行くとかなり香辛料の臭いがついちゃうんだけど、そのいろいろ使われた香辛料のせいで癖になる味になってるのかな?どうしてもたまに行きたくなっちゃうのでした!

 

 

【新大久保】あの異国情緒あふれるシャオウェイヤボーでとうとう一人デビューしてきた!

異国情緒あふれるというか、ほとんどお客さんが中国人のお店で、店内で飛び交うのは中国語なので、最初は連れがいても入りにくかったシャオウェイヤボーにとうとう一人で行ってきました!すごい!! いやいや、一人で海外旅行に行けるのに何を言ってるんだって気もしますけどね・・・ また違う緊張感なんですよねえ。不思議。

前に行った時に米線を食べてから、なんだかあのスープの味が忘れられなくて、どうしても食べたかったんですよね。この日は一緒に行こうと言っていた友人が風邪で行けなくなったんだけど、一人でも我慢できずに行ってしまいました。

 

スポンサーリンク


 

一応、日本語が話せる店員さんが一人はいるので、なんとかポスターを指さしつつ注文完了!前回と同じ米線を頼みました。魚の練り物もトッピング。

ひえーあつあつでレンズが曇ってしまいました。
はふはふ言いながら食べるの本当に美味しいです。結構辛い。
この前、顔がすごい赤くなってるって言われたんですけど、ビールのせいかな、と思っていたら、アルコールを飲まなかったこの時も赤くなってしまったので、どうやら香辛料のせいだったみたいです。麻辣っていうんでしょうか?ちょっと痺れる感じのやつ。美味しいんだけど、辛い、美味しい、辛いを繰り返しながら食べて、冷めて来たらやっと辛さが落ち着きます。

黒酢を入れて食べたり、うう、美味しかったので、満足しました。

そして前まではなかったメニューも増えてた様子。
涼皮とはなんぞや。うーん。気になる。こういう時は胃袋が沢山欲しくなる。

はーこれで私の中の米線ブームが落ち着いたかな!?
次回は新しいメニューに挑戦してみたいなあと思います!

 

【新大久保】シャオウェイヤボーアゲイン!で今度は辛い鴨ネックと気になってた米線を食べた!

友人が辛い物が食べたいというので、何にしようか・・・と考えたのですが、今度こそ鴨ネックの辛いのとかどうだろうかと思い提案したところ行ってみよう!となったので、小魏鴨脖店に再度挑戦して来ました。

前回行った時に辛くないのでお願い!って必死で注文しすぎて全くパンチが無さ過ぎてちょっと物足りなかったんですよね。

 

スポンサーリンク

 

お店に入って2階で食べたいと伝えたら、今は満席と言われたんですが、1階のレジの横にあるテーブルで一人で食べていたお姉さんが日本語が出来て、そしてお店の人とも顔見知りだったみたいで、このテーブルで一緒に食べましょ!って言ってくれたのでお言葉に甘えて同席させてもらいました!

まず、今回は辛いタレをかけてもらった鴨のネックとビールを注文!
一口食べると辛いけど美味しい~と余裕で食べていたのですが、食べすすめていくとなんだかだんだん唇がビリビリするような辛さが染み渡ってきます・・・
辛い!でも美味しい!辛い!って感じ。しばらくずっと唇がビリビリしてた。
でも、前回みたいに鴨肉をセットで頼んじゃったら食べるの辛いけど、1種類くらいのこの量をゆっくりビールと食べるのはいいです。慣れて来たらどんどん美味しく感じる。癖になる感じ。

そして、有難いことに同席してくれたお姉さんが日本語が出来るので、メニューも色々相談できて良かった!
この間は、これはめっちゃ辛いんじゃないかと勝手に想像して注文できなかったんですが、ポスターにある「米線(ミーシェン)」という料理がオススメとのことでその方も食べていたので、頼んでみました。

追加でトッピングが出来るんですが、私たちは上から3番目の墨魚丸100円を追加しました。魚の練り物みたいな感じ?
他には牛肉とか羊肉とか野菜の追加も出来ます。

そして待ってたら、うおーぐつぐつで出て来た!!!!

スープはちょっとくらいはピリ辛かな?という程度でほとんど辛くないです。
追加のトッピング以外には、最初からもやし、青梗菜、干し豆腐が入っています。干し豆腐は前菜で食べたことしかなかったから新鮮!

なんといっても名前の通り米で作られた麺がモチモチしててとってもとっても美味しい!!!!スープも美味しい。
めっちゃ気に入りましたよ。なにこれ美味しい~

一緒に食べてたお姉さんは唐辛子と黒酢を入れて食べてたり、他の人は小さい取り皿にいっぱい黒酢と唐辛子を入れてタレみたいなのを作ってそれに麺をつけて食べてたりしました。その食べ方も美味しそうだな・・・と思って観察しちゃった。

鴨肉も良いけど、この米線がとっても美味しかったのでオススメです~
どうやら池袋にも2号店が出来たらしいですよ。こちらも24時間営業らしいです。すごいね!

私たちが食べてる間もひっきりなしにお客さんが来てましたが、皆さんこの麺を食べに来てるのかもな~と勝手に納得したのでした!また食べたい~