【韓国映画】ベテラン の感想 ユ・アインのイカレた悪役ぶりがぶっ飛んでてすごい!

韓国でも非常にヒットしたらしい映画のベテランを見ました。分かりやすい勧善懲悪もので最後はスカっとします。いや、実にまっとうな映画でして、いわゆる警察のこうあって欲しい姿なんだろうけど現実は違うという思いがこの映画をエンタテイメントたらしめているのかもしれず、それはちょっと皮肉な状況ではあるなあ、なんて思うのだった。

 

スポンサーリンク


 

タイトルに「ベテラン」とあるようにベテラン刑事のファン・ジョンミンが主役で、非常にまっすぐな熱血漢、でもちょっととぼけたところもあるという非常に魅力的な刑事なんですよ。そして広域捜査隊のメンバーも個性的でとても良い!でもその彼よりも印象に残ってしまうのが、ユ・アインが演じるめちゃめちゃ横暴な財閥三世のボンボンなんですよね。

いやー悪さがとにかくぶっ飛んでて、見ながらなんて悪いやっちゃ・・・と背筋が冷える感じ。しかしその迫真の演技にはもう脱帽。あの不敵な笑みが夢に出そうですよ・・・ 財閥っていってもここまで酷くないでしょ、なんて思ったら財閥の人がデモをしてる労働者を金属バットで殴るという事件が実際にあって、それを元にあのシーンを作ってるらしい。恐ろしい。お金がある特権階級というだけで、それをやっても守られて許されると思えるなんて悪い意味で人間の可能性ってすごいな、なんて思った。怖い。

それにしてもチョ・テオを演じるユ・アインの姿がはまりすぎてて、今まで見たことのある彼の演じた役を全部忘れて塗り替えられてしまうようなそれくらいの衝撃でしたよ・・・。あそこまで振り切れられるって演技者としては非常に魅力的ですねえ。なんかともかくスゴイです。

この映画での戦う場面はとにかく素手。銃で撃ちあうとかじゃなくてもっと拳とかキックとかの直接的な戦いなんですよね。そしてソ・ドチョルがベテラン刑事らしく諦めずにそして適当なようで緻密にでも泥臭くチョ・テオを最後には捕まえるシーンは見ててすっきりする。そして彼らが守ろうとしている小さな正義が最後には報われる場面、貨物の運転手の意識が戻ることが示唆されるのがまた良いんですよ・・・!

 

ストーリーもストレート、終わりもすっきりと、とても分かりやすくてひねりはないんだけど、出演者それぞれの演技がとても良くて絶妙で飽きさせません。複雑な情緒を描いた映画も好きですが、こういうまっすぐなエンタテイメントアクション映画もやっぱり良いな~と思いました。面白かったー!

 

ベテランが見れるのは・・・



【韓国映画】美人図 の感想 絵になる景色や美しい絵が見ごたえありかな!

これまたGyao!で配信していたので見た映画です。これも何度か配信されててタイトルだけ知っていた感じ。だんだん、韓国映画もドラマも視聴数が増えてきたけれど、実はキム・ナムギルが出ているのは見たことなかったんですよね。なのでこれが初でした。

 

スポンサーリンク


 

18世紀末の辺りのシン・ユンボクという実在の宮廷画家を軸に話が進んでいきます。自殺した兄のユンボクの代わりに妹が男装して女人禁制の世界に入り込んでいるという設定。こういう男装した女性が主役の映画もドラマも多いですよね。まあ絵になるからな~

主演のキム・ギュリも優しい面立ちながら眉がキリっとしているので、男装が似合います。チョゴリを着るシーンもあるのだけど、なぜか男装の方が色っぽく見える!良い配役!

彼女はずる賢いバツイチの恋ではすごくキツイ印象の役で、ちょっと怖かったんだけど、この映画では市井の人々の営みを見て興味を抱いてぱあ~っと瞳を輝かせる表情や、自分を押し殺して男として生きてきたのにカンムと出会ったことでどんどん女として花開いていく感じがとても自然でほとんど彼女の演技を見ていたかも。だからか、あんまりキム・ナムギルのことが印象に残っていない・・・

しかし、たまたま最近見た韓国映画が濃厚な性描写が多いのばっかり見てしまって、韓国の女優さんの脱ぎっぷりの良さにビックリする。ストーリー上で必要なシーンの場合は良いと思うけど、時々too muchだと思う映画もあるよね。この映画のユンボクとカンムの官能シーンは綺麗で良かったですかねー。肌に墨で絵を描くのエロティックだ・・・

そこは良かったけど、二人が雇い主の蔵の中で羽を飛ばしまくり、布を広げまくったりしてはしゃいでるのが、隠さなければいけない、しめやかな二人の愛に似つかわしくない気がして違和感があったかな・・・ 絵がテーマの映画なので、美しい色彩や絵になるシーンが必要だと思ったんだろうけど、あそこでおいおいって正気に返ってしまったから、あれいらんかったと思う・・・

美しい景色や、絵など、そういう見どころも沢山あって綺麗な映画だったので、全体的には楽しんで見ました。感動とかそういう心に訴えかけてくるものは残念ながらなかったですけどもね。

 

このドラマが見れるのは・・・



【韓国映画】あなたの初恋探します の感想 何かを手放さないと新しいものは手に入れることはできないんだ

これまたGyao!で無料配信していたので見ました。コン・ユとイム・スジョンが主演の「あなたの初恋探します」。そうですねえ、コン・ユのファンの方には良いのじゃないでしょうか?見てる最中、見終わった直後は、う~~~ん・・・とかなりイマイチな印象でピンと来なかったのですが、しばらくたってから色々となるほどそういうことだったのかな、と腑に落ちるところがあり、まあ悪く無かったかなと今はそんな感じの印象に変わりました。

 

スポンサーリンク


 

それにしても韓国ドラマや映画では「初恋」というものが非常に神聖なものとして扱われている気がします。日本では高校生が主役のドラマぐらいだったら初恋モチーフもないことはないけど、いい大人になってからあんなにも初恋にこだわってる作品がそこまでたくさんある気はしないなあ。単に自分自身が初恋に全く思い入れがないからそう思うところもあるかもしれないけども。

しかし、鶏が先か、卵が先かなんてことも考えてしまう。こんなにも「初恋」というものをテーマに置いた作品が多いと、それを見ることによって初恋が大切なものだと刷り込まれる気がするし、それとも韓国の方には初めから共通認識として初恋は特別なものという感覚があるのが当たり前なのでしょうか?どちらにせよなんらかの格別な思い入れがないと初恋を探す会社なんて成り立たないよなあ・・・

まあ、とはいえこの映画は初恋至上主義ではなく、ラストで主人公は今を選んだので私としては良かったです。彼女はキレイだったなんかの話の運びはあまり好きじゃなかったんです。初恋を成就させることをロマンチックだと思うかどうかに寄るのかもしれません。

結局、この映画で私が理解したことは、人って手は2本しかないし、限られた分量のものしか掴めないんだな、ということ。何かを手に入れるためには何かを手放さないといけないのだな。だけどジウはあえて最後までやり切らないことで、すべての可能性を握ったまま手放そうとしなかったんですよね。恋もしかり、歌もしかり。だから新しいものを手に入れることが出来なかったし、もしかしたら手に入れることを怖がってわざと握りしめていたのかもしれない。でも、劇中で恋も歌も最後までやってみてやっと手放すことが出来たのだな。そしてやっと新しいものを手に入れることが出来たってことなんだと思う。

この映画で分かりにくかったのは、ジウのインドでの初恋の相手までなぜかコン・ユが一人二役で演じていること。でもあとでいろいろ考えてみたらもしかしてこういうことだったのかな、と思ったのです。最初の方ではインドの回想シーンが流れてもあくまでも初恋の相手の顔は出てこない、つまりジウにとって顔の記憶はやや薄れてたのかな、と。でもあとあとのインドの回想シーンではハン・ギジュン(コン・ユ)が初恋の相手を演じている映像が出てきて、視聴者としてはなんで?と混乱する訳です。でもこれってジウがいつの間にかだんだんとハン・ギジュンに惹かれて来ていることを表してるのかな、と思ったのです。過去のエピソードをハン・ギジュンが再現ドラマとして演じてるのをジウが見てるみたいな。そんなジウ視点の思い出を視聴者も見せられてたのかな。いつの間にか初恋の人とハン・ギジュンの優先順位が変わっていたことを表していたのかもしれないと思ったのでした。さあどうでしょう?単にコン・ユの出番を増やすためだったかもしれん。分からない。

なるほどそういうことかと考えたらなんとなく悪くない映画だったかな、と思えたのでした。でもまあそんなつべこべ考えなくても、コン・ユのファンの人には見どころが満載な映画のような気がします。今のところ私はまだ彼の魅力が分かる作品に出会えてないのですが、一体何をみたら気づくことが出来るんだろうか・・・!?

 

 

あなたの初恋探しますが見れるのは・・・


【韓国映画】ウンギョ 青い蜜 の感想 どうして人間は自分にないものばかり求めてしまうのだろう

「ウンギョ 青い蜜」の映画を視聴しましたー。Gyao!で無料配信してたんですよね。チーズ・イン・ザ・トラップ見てから結構気になっているキム・ゴウンが出てるので見てみたんですが、この映画が彼女のデビュー作なんだとか。えーっとびっくりするくらい堂々とした演技です。特別目立つ外見という気はしないのに、何とも言えない味を持っている女優さんですね・・・ この映画でも高校生的な無邪気な部分と隠し切れない色気が同居していて目が離せなくなります。

 

スポンサーリンク


 

なんだか映画は少し悲しかった。有名な詩人の70代のイ・ジョギョ、その弟子のソ・ジウ、女子高生ウンギョの3人のそれぞれへの嫉妬や思いが丁寧に紡がれるのだけど、人はどうして自分が持っていないものを渇望してしまうのだろうかと思ってしまったのだった。

詩人の家の窓から見える風景はとても美しい。その美しさはまるで詩人の目に映る美しい風景を再現しているかのようで、カメラは詩人の視点を私たちにも見せてくれているように思った。私が私の目で実際に同じ風景を見てもそんなに叙情的に見えないような気がして、カメラワークでそれを見せてくれているように感じたのだった。

私には芸術家のものの見方が分かるわけではないので、詩人の女子高生に向けた欲情の目が創作上のものなのかどうか分からない。詩人は実際にそれを想像している時に若者の姿になっていて、実年齢の姿ではなかったから、芸術家というものはそういう風に頭の中で時空を超えた旅ができるものなのかもしれない。

弟子のソ・ジウの詩人への思いも複雑だ。羨望でもあり、嫉妬でもあり、独占欲でもある。そして何度も彼は工学部出身だから文学は分からないと繰り返し言われるのだけど、それはイコールではない様に思えて、そんなステレオタイプな偏見をはらんだ常套句はつまらないなと思った。私は理系でも非常に文学的な詞を書く人を知っている。この映画は文学を扱っているのに、その部分だけあまりにも文学的じゃない描写に感じたのだった。

詩人は弟子に「ウンギョ」の小説を盗まれて発表されたことは嫌だったけど、それ自体は許せないことではなかったのだと思う。でもウンギョがその小説を書いたのがジウだと、自分のことをこんな風に見てくれている人がジウなんだと思ったことが許せなかったんだろう。他の誰にも分かってもらえなくても、母がくれた鏡の大事さがわからないジウを知っている彼女には自分が書いたものだと分かってもらいたかったのだ、と思う。だから若さへの嫉妬なのだけど、ジウへの嫉妬というよりは「ウンギョ」という作品を発表するのに適した年齢への嫉妬みたいなもののような。

三人の行きつく先はハッピーエンドといえるものではないけれど、最終的にそれぞれが招いた結末として納得がいくものだったように思う。ウンギョの詩人への言葉は彼の最後の光となるのだろうか・・・?

 

いや、しかしパク・ヘイルの老人メイクはちょっと無理があったかも。ほぼ老人の動きだったけれど、時々若く見えてしまう時がありました。あと、キム・ムヨルの弟子の演技については神経質なのに無神経みたいなバランスの悪さがとても良かったです。

 

ウンギョ 青い蜜が見れるのは・・・




【韓国映画】ハウスメイド の感想 現代韓国の階級問題を描いているそうです。

シークレットサンシャインのチョン・ドヨンが出ている映画ということで見てみた映画「ハウスメイド」。彼女が持つ雰囲気は独特だなあと思う。まるで無垢な少女のようでもあるし、じっとりとした情念のようなものを感じさせる女でもある。この映画もそれが存分に発揮されていたように思います。

 

スポンサーリンク


 

韓国映画だからなのか、単に監督の意図なのか分からないけど、記号的なものが提示されるものの、はっきりとその意図が伝わらない部分が多く感じて、あれはなんだったんだろう・・・と考えるものの結局分からずじまいみたいな気分です。ややモヤっとした余韻を残すためなのだとしたらそれは成功していると言えるかもしれない。

それは、最初の誰かの自殺のシーン、あじゅんま達の妙に迫力のある下着姿、主人がウニに下半身を咥えさせている時のレオナルド・ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図みたいなポーズ、ウニが火に包まれて揺れる姿、そういうものがすべて何かを象徴しているのだろうか・・・と思うものの、明確に答えは無いのです(というか私には分からない)それとも最初から意味が無いのかもしれない。

なので、意味はよくわからないな~と思いつつも印象に残るシーンが多かったのは確かです。理解できない部分の方が意外と心に残るものなのだなあ。

貧富の差は強烈に描かれていて、ピアノを弾く上流階級の主人とウニは意志の疎通さえ出来ている気がしないのだった。双子を身ごもっている妻のヘラもめっちゃ怖かったな・・・ ソウはそのままでも目力がすごいけど、こういう役ではその力を発揮し過ぎてて恐ろしかったです・・・

なんだか感想と言われるとよくわからない気持ちになる映画だったのですよね。映像の無機的な雰囲気は良かったのだけど、監督のイム・サンスのいうところの「現代韓国の階級問題を正面から描きたかった」はあんまりストレートに伝わってくる感じではなかったというか、なんというか。もちろん、メイドを人間扱いしない上流階級の人々にはゾッとしたのだけど、なるほどそうなんですねの先の気持ちの行き先が無い感じなのでした。うーん。

 

ハウスメイドが見れるのは・・・