【韓国映画】エクストリーム・ジョブ の感想 かなり好き!なコメディアクション映画

映画館で上映している時から見たいと思いつつ、すっかりタイミングを逃して、見逃してしまった映画「エクストリーム・ジョブ」をやっと見ました~
かなり評判も良かったし、期待もしている状態で見たけれど、その期待を裏切らない面白さでかなり好きなタイプのコメディ映画でありました。期待値が高すぎるとあれ?ってなる時もあるんだけど、この映画はそんなことはなかったです!

最初から、パルプフィクションの音楽(多分)に、お!となり、クライマックスでは男たちの挽歌が流れるし、映画好きには堪らないオマージュ的なポイントも散りばめつつ、笑えるポイントも色んな部分にちゃんと配置されていて、奇想天外などんでん返しとかはないんだけど、順序立ててきちんと構成されているコメディー映画という印象です。そうなんだけど、設定の部分で意外性がちゃんと設定されてるから、その波に乗って最後まで楽しめるって感じですかね。私が分からなかっただけで、もっと色々オマージュ的な要素があったかもな~ どうなんだろう?

ストーリーは、実績を上げられない麻薬班が、張り込みをしているうちにひょんなことから、チキン屋を買い取ることになり、チキン屋を営みつつ、張り込みもするんだけど、うっかりチキン屋さんが繁盛してしまい・・・というような感じ。なんでチキン屋なんてやってるんだろう!?という疑心暗鬼に陥りながらも、お客さんが来たら、「いらっしゃいませ~」なんて即座に動いてしまう刑事たちには思わず笑ってしまいます。思ったのは、実はなんでもないように見える場面のセリフなど細部まで気を抜かずに作られた映画だなということ。そういう意味でも正しいコメディー映画という気がしたんですよね。完成度が高いと思うんだな~ もちろんキャスティングの妙も冴えわたってるし、チキンの調理シーンとか、アクションシーンだとか、全てにおいてそう言えるのかもしれません。

そういえば、この映画に出てくるカルビ味のチキンを食べたことを思い出したんですよね。学校に行こうで食べたのは2019年でした。2年越しで該当する映画をやっと見れましたな。その時は「極限職業」というタイトルらしいと書いてるけど、そのままエクストリーム・ジョブですね!確かに、この映画を見たらこのチキンを食べてみたくなりますよね。ただし、私には味は濃かったらしい!笑

コ班長の奥さん役で出演していたキム・ジヨンが、この映画のあとに見たEXITでは主人公の姉役で出ていて、相手を心配するが故に口うるさい奥さんやお姉さんというあまりにも似通ったキャラを演じていて、自分がどっちの映画を見ているのか混乱しちゃったなんてこともありつつ。

足に噛みつくコ班長の姿になるほどゾンビと呼ばれるわけだ!という伏線回収にほんとラストまで笑わされて、大変満足したな~ 警察とチキン屋とか、そういう意外なものの融合っていうのが面白いというのももちろんだけど、そこを盛り上げるためのディティールがしっかりしていて安心して楽しめる映画でありました!

 

エクストリーム・ジョブが見れるのは・・・
⇒Netflix






【韓国映画】野球少女 の感想 私の未来は私にも分からないんだ。

野球少女も映画館で見たんですよ。そうしたら感想を書くまでにもう各配信サービスで配信が始まってましたねえ!最近は本当に公開から配信までの時間が早いなあ。もちろんコロナ渦という事もあるのだろうけど、それでもビックリするくらいスピーディーだなあ・・・

この作品は、野球も好き、映画も好き、主演のイ・ジュヨンも好きという私にはピッタリなので見なきゃなと思って劇場に足を運んできましたよ。スポーツものというよりは、感情の面に重きを置いている印象を受けましたし、野球のことを知らなくても楽しく見れる映画だな~と思いました。むしろ野球を好きな人がその部分を目当てに見に行くと物足りない気がしちゃうかもしれません。私はその部分がほどほどだったのが良かったな。変にマニアックになっちゃうと、見る側も野球の細かい部分が気になってしまう気がするので、これくらいで良かったな。

まあしかし、この作品は主役にイ・ジュヨンを持ってきたのがもう成功ですね。彼女の鋭い視線が素晴らしいのですよ。強い意志を持った目を如実に表現してくれていて、非常にグッとくるんですね。

私は日本の野球しか知らないから、韓国の野球をあんまり知らないんだけど、やっぱり球速が早いスピードボールを持つパワーピッチャーが一番の花形なのかなあ?日本では、最近はそうでもないというか、サイドハンドとか色々なピッチャーが増えてきて、一概にはそうも言えなくなってきた気もするんですけどね。とはいえ、やっぱり160近くとかの球速が出ると、記事の見出しになってる気もするし、早くて強いストレートを投げられる選手が魅力的なのには違いはないですけども。

でも映画でコーチが言っていたように、打たれない球を投げれば良い訳ですからね。そうして最速が134キロのスインは、ナックルボールを投げるという選択をするんですね。ここで思い出すのは、ナックル姫と呼ばれた吉田えり選手ですね。彼女も小柄だけど、果敢に挑戦していたなあと思い出すのでした。

何よりも良かったのは、スインのまっすぐな思いですね。まわりに現実を見て女子野球チームに行けばいいと言われても、全くその気がないし、むしろなぜそんなことを言うのか分からないという感じなのがいい。なんだかあの感覚分かる気がするんですよ。「無理」「あきらめろ」「普通に考えたら」という言葉の意味が本気で分からない感じ。彼女が見ているものと周りが見ているものが全く違う感覚。最終的に映画のようには現実にはうまく行かないかもしれないけれど、新しい視点を持って、自分の目標に立ち向かっていくその熱量はきっとまわりの人をも巻き込んで、彼らをも熱くさせるというのだけは本当な気がするな。

あといつもは少し微妙な役の多いイ・ジュニョクがなかなか良い感じのコーチ役で出演していたし、まあでもこの役も最初はちょっとひねた役とも言えるかもだけど、そういう部分も含めてピッタリのキャスティング。あとクァク・ドンヨンもドラマでは微妙な役が多い気がするんだけど(サム・マイウェイのエラの元カレ役とかね)、今回のイ・ジョンホ役は完全に好青年で良かったね~なんて勝手に思うのであった。ジョンホとスインの同志としての相手を尊重し合う間柄が良くて、安易に恋愛に走るという筋書きでないのも良かったです。とても。

ちょっと不満を言うとしたら、スインのお母さんへの視線が厳しい部分かな。結局のところ、彼女のような生き方をしている人が現実には多いだろうと思うし、そしてそういう人がいてこそ、スインのように夢に向かって行ける人が存在する気もするんだよな。諦めきれずに罪まで犯してしまうスインの父親への視線は優しい気がするのに、最後まで母親の描き方はあんまり優しくない気がしちゃったな。あの父親みたいな人がいるから娘は夢を諦めないでいれたのも本当だし、あの母親がいたから生活が出来たのも本当だろうし、うーん。その辺はちょっと偏ってた気もするなあ。

それはさておき「これからが始まり」という終わり方がとても素敵で好きでした。映画を見た人も熱さに巻き込んでくれるようなそんな映画でありましたよ!

 

野球少女が見れるのは・・・





【韓国映画】ヨンガシ 変種増殖 の感想 寄生虫パニックムービー!こわい!

さて、今回の「ヨンガシ 変種増殖」は私の大好きキム・ミョンミンが主演していたので見ましたよ。どんな映画か知らずに見たんだけど、寄生虫?パニックムービーって感じで「ま、マジ?」ってなりました。ヨンガシ=ハリガネムシらしいので、韓国人だったらなんとなくストーリーに予想がつくのかもしれないけれど、私にはまったくピンと来ない単語だったので、そう来たか!とビックリしたなあ。

ゾンビ映画とはまた違うけれど、パニックムービーとしてはちょっと似た色合いではあるかな。違うのは、ウィルスは目に見えないからこその恐怖感もあるけれど、寄生虫は目見えるからこその恐怖感があるということ。もちろん体内に入ってしまうと外からは見えないんですけどね。しかし試験管に入れられたハリガネムシの様相が恐ろしくて、これが体内に寄生しているなんて・・・うへええええみたいなおぞましさがあります。そして、体内に入ると栄養を取るために、その寄生された人は食欲旺盛になり、十分に栄養を取り入れたら、次は水を求めて川などの水のあるところに行かせ、そして寄生虫はその体を捨て(もちろん体は死んじゃう)、次の寄生先を求めるという・・・ なんというか、理にかなっているので、妙な納得感があって、余計にリアルで怖いんですよ・・・ おぞぞぞぞ

会社や研究者たちがいざこざの末、自らの利のためにわざと病原菌を世にまき散らすというのは、物語ではやや使い古された手法ではあるし、ジェヒョクとジェピルが株で大損をしたという設定とか、そんな風にジェヒョクは家族のことをかなり蔑ろにしてたように見えるので、本当にそこまで家族のことを大事に思っていたなら、そもそもそんなことをしないのでは?みたいな違和感はちょっとあるかなあ。物語の展開のための設定だというのがあまりにも目に見えすぎると変な感じがしちゃうかな。でもまあそれを差し引いても意外に面白く見た気もします。

実際の危機に際した時に人間の本心というのはあらわになるものだとも言えるので、キム・ミョンミンが演じるジェヒョクの家族愛もムン・ジョンヒが演じるギョンスンの愛も本物だったのでしょうね。お二人の演技は最高に素晴らしくてそのおかげでぐっと入り込むことが出来た気がします。

それにしても何度も窮地に陥るジェヒョクの必死の行動は凄いし、体育館で水を求めて消火ホースに群がる人々の群れはマジで怖かったし、思いのほか残像が心に残る映画だったかもしれないな~ ゾンビ系のパニックよりはもう少し現実に近くて起こってもおかしくない感じが恐怖感を煽って来る部分があったのかもしれません。こわい!でもパニックムービーというだけではなく、家族愛のストーリーでもあるので、その部分は見ごたえがありましたよー

 

ヨンガシが見れるのは・・・

【韓国映画】ザ・バッド・ガイズ の感想 ドラマのスピンオフ映画~!

この「ザ・バッド・ガイズ」はドラマのスピンオフ映画!ドラマが大好きだったので、確か公開してすぐに見に行ったんですよー!

ちなみに私はドラマは1しか見てなくて、2は内容は知らないんだけど、映画はあくまでも1のスピンオフですので、2を知らなくても大丈夫でした。調べてみたら、登場人物も1と2ではキャストも全然違うのね。

さて、今作はドラマの内容を知らなくても楽しめますが、ドラマの続編という構成ではあります。一応、軽く登場人物の説明が差し込まれるので、知ってる人はムフフだし、知らなくてもなるほどーって思える感じかな。でもその紹介のところで、パク・へジンが演じてたイ・ジョンムンの存在自体が出てこなかった気がしてね・・・ あんまり定かじゃ無いんだけど、そうだとしたら残念!だってめちゃ好きなキャラだったからな~ 力自慢だけじゃなくて、サイコパスの知能犯っていうのがメンバーに含まれていてそこが良かったんだけどなー

ストーリーは映画らしくド派手な感じ。オ・グタク役のキム・サンジュンとパク・ウンチョル役のマ・ドンソクとユ・ミヨン役のカン・イェウォンは引き続きの出演ですが、新しいキャラたちは明るい感じ。そう、あのドラマの時の狂ってるのか正常なのかのせめぎあいのヒリヒリする部分は無くなってしまってダークな感じが無いんですね。メンバーの個性のぶつかり合いが均衡を保っていることで良い緊張感があったんだけど、そういうのが無くて明るい暴力(ってどんなんやねんって感じだけど)を楽しく見るぞ~みたいな感じ。クァク・ノスン役のキム・アジュン、コ・ユソン役のチャン・ギヨンもどちらも好きな俳優さんだし、悪くないんですけどね。ちょっと特徴がない感じかなあ。

とはいえ、一応チョン・テス役のチョ・ドンヒョクはゲスト的に出演してますので、キャーってなります。すっかり改心しちゃって、もう暴力は引退したって設定です。すっかり仏のようになったチョン・テスに思わず笑っちゃいましたよ!

マ・ドンソクもね。いやすごい良かったんですよ。ドアは開けるもんじゃない、外すもんだみたいな怪力炸裂してて良かったんですけどね。なんかこう、最近の彼は「マブリー」というキャラに引っ張られて愛らし過ぎるというか・・・ ドラマの頃もだったかな?ギラギラさがあまりにも無くなってきてる気がしてそこはうーんと思うところもある。いや、大好きなんですけどね。でもねっていう。悩ましい。

まあ映画っぽくエンターテイメントではあったのでそれはそれでという感じ。ただ、映画の方が自由度が高いと思うので、そっち側じゃなくてもっとダークな方に振り切れたものが私は見たかったんだろうなあ。ドラマの時から、映画っぽいと思ってたからなあ~

というわけで私が期待してたのとは違ったんだけど、それでもやっぱり面白いことは間違いないです。コメディー色も強いので、もうひたすら楽しむのが良い感じ。私はというと、もう一回ドラマを見直したくなっちゃったな!

 


⇒Netflix







【韓国映画】ハート泥棒を捕まえろ! の感想 キム・アジュンは泥棒役でもキュート!

キム・アジュンとチュウォンが主演のハート泥棒を捕まえろ!を見ました。最近あんまり深刻な映画を見る体力が無くて、主にラブコメなどの軽めのテイストのものを見たい気分なのですよね。春だから?それともちょっと疲れてるのかも・・・?
でもそんな今の私にピッタリの感じで楽しく見れたかな!

ただし、警察と犯罪者の恋愛なので、ラストは一体どう決着をつけるのかなと思ったんですけど、そこはあくまでも映画なのでという前提で見ないとあんまり気持ちよくはないかもしれないな。一応捕まって刑務所に入るとはいえ、悪い事をしたという反省は全く感じられないのでね。でもその屈託のなさがユン・ジンスクの良さとして描かれているので仕方ないのかな。しかしながら人の命には関わってないであろう盗みの部分はまだ良いとして、ひき逃げについてはどうなんすかね?私は笑える気分では無かったな。悪人だから轢いてもいいとは思えないゾ!

その部分は置いておいて、チュウォンが演じるホテは天才プロファイラーという触れ込みなんだけど、その部分の描写がうまく行ってなくて、全然そう見えないんですよね。そこもっと大袈裟に描いてくれないとその後のジンスクに振り回される姿とのギャップがあまり感じられなくて残念というか。なので、結局ホテは最初から最後まで好きな女性に振り回されるちょっと情けない人にしか見えなかったんですね。でもチュウォンって完璧イケメンという感じでなくて、ちょっとダサい風味も持っているので、10年前のエピソードの時も、警察官になった後の振り回される姿もあまりにも合ってて、キャスティングは最高だなと思いましたね。そういえば、映画のファッションキングでもいじめられっ子の役がめちゃめちゃ似合っててビックリしたなあってことを思い出しました。

キャスティングの面でいうと、キム・アジュンもとってもキュートな泥棒で良かったです。そういえば、バッドガイズの映画版で彼女が詐欺師役を演じてるそうで、それも見るの楽しみだな~ 犯罪者役を演じても品がある&キュートなの最高よね。

もちろんその主演の二人の相性は大変良くてその点は満足だったんだけど、私が一番好きだったキャラはペ・ソンウが演じていた同僚の刑事。ホテのことを見守ってて、アドバイスしたり、好きな相手がジンスクというのが分かっても黙っていてくれたり。酔っばらい親父でちょっととぼけた雰囲気んだけど、好人物で大好きな登場人物でした!最近見たメタモルフォーゼの神父の印象が残り過ぎてたんだけど、いい感じに払拭されて良かった。良かった。

前述したようにラストがちょっとな~と思う部分はあるものの、テンポも良いし、二人のやり取りも可愛いし、ジンスクのペースに巻き込まれていくホテも面白いし、全体的には楽しく見れましたな~

 

ハート泥棒を捕まえろ!が見れるのは・・・