【韓国ドラマ】プランマン 〜恋のアラームが止まらない! の感想 チョン・ジェヨンはこういう役が似合う!

コメディーだろうと軽い気持ちで見たら結構良かった!ってな映画だったのが「プランマン 〜恋のアラームが止まらない! 」でございます。
深刻で重いテーマの映画も大好きだし、むしろ好んで見ることが多い気もするのだけど、いつでもそうだという訳でもなくて、ラブコメを見て楽しい気分になりたい~って気分の時ももちろんあるんだなあ。そんな時に見たんだけど、コメディー部分だけじゃなくって、じんわりとしちゃう部分もあって喜怒哀楽がドッカンと詰め込まれた良い映画でありました。

いやーしかし、チョン・ジェヨンに偏屈な男を演じさせたら最高ですね。あまりにもしっくり来過ぎる気がしちゃう感じ。今回のハン・ジョンソク役はすべてを計画通りに過ごすプランマンな男の役なんだけど、ハン・ジミン演じるユ・ソジョンに振り回されてどんどん予定が狂っていく姿が面白くてキュートなんですよ。

寝るときにクマちゃんを抱いてて、それはなんで?几帳面と関係あるの?と思ってたんですけど、計画通りに過ごす良い子でいようとする子どものままだったってことなんだろうな。彼がプランマンになった理由が明かされるシーンは思わず泣いてしまった!マジ~

図書館の仲間たちもハン・ジョンソクのことを変わり者扱いはしているんだけど、彼のそのままを受け止めてる感じが好ましかったです。彼が遅刻したら喜んだりとかどこか暖かい感じが良かったです。

あとはもちろん、ヒロインのハン・ジミンちゃんも可愛くてとっても良いです。ちょっと破天荒な女の子の役なのに彼女が演じるとそれでも品があってね、キュート。あと、歌手の役なので歌も披露してくれるんですけど、歌詞が独特で面白い歌なんだけど、なぜか耳に残る名曲?です。彼女の個性的な声もピッタリ合ってます。

人気プロデュースのカン・ビョンス役で出演してるチェ・ウォニョンもいい味出してます。既婚なことを隠してユ・ソジョンを弄ぶ悪い男なんですけど、良い感じに胡散臭いおっさん感が最高。ドラマでしか見たこと無かったけど、映画でも出てるんですね。

色々なエピソードを詰め込んだようで、最後も綺麗にまとまってすっきり楽しく見れた感じ。おうちで見てるとすぐに一時停止をして何か他のことを始めてしまう事もあるんだけど、この映画は一気に見ましたね!悪い人は痛い目を見て、メインキャスト達が分かりやすくハッピーエンドっていうのは定番だけど、ストーリー展開がうまいとそれもまた良しと思わせてくれますな~ 結構好きだったなあ。

 

プランマン 〜恋のアラームが止まらない!が見れるのは・・・



【韓国映画】チャンシルさんには福が多いね の感想 映画愛に溢れていて素敵でした!

「チャンシルさんには福が多いね」を見て来たんですよね。なかなか面白かったです。最近、韓国映画は女性監督の作品が増えてきているようで、日本にやって来た時に、女性監督の作品というだけで一括りにして紹介されるのはあんまり好きではないけれど、確かに最近見た中で「はちどり」とこの「チャンシルさんには福が多いね」に関しては、きっとご自分が経験して感じたであろう感情をこうも色鮮やかに再現してみせるというのはなんという才能なんだろうと感嘆したのであります。なので確かに自身の経験を投影したような作品作りは女性監督の方が得意なのかもしれないなあとは思う。もしくは、見てる自分が女性だから、表現されている感情に覚えがあるからそう感じるのかもしれない。そうだとしたら、それはそれで興味深いこと事実ですねえ!

そしてこの映画の面白かったところは、コメディータッチなので緩和はされてるけど、なかなか辛辣だったりするするところ。一番ぐはって笑ってしまったのは、チャンシルさんの父親からの手紙の追伸。「今までプロデューサーとして関わっていた映画は実際のところ、どこが良いか分からなくて眠くなりました」みたいなとこ。ここもだし、そもそも監督が死んで無職になったという設定もだし、なかなか皮肉が効いてる。長年に渡ってホン・サンス監督作のプロデューサーを務めてきたというキム・チョヒ監督なので、辞めた経緯とか詳しいことは知らないけど、なんとなく「察し・・・」みたいな気分にはなっちゃうね。ははは。

プロデューサーという立場の何者でもない感とか、その年ごろの女性の立場の微妙さとか苦しい気持ちの吐露もあるのだけど、タイトルにあるように実は生きていること自体がとても幸せなことだというのがしみじみと伝わってくるような感覚があって、見終わった後の感触がとてもいいのでした。まぶしいほどの光ではないけれど、夜道で彼女が持っていた懐中電灯のようなささやかな光のような希望を見た感じ。そう考えると、柿の木やら、躓いても転ばないところやら、その懐中電灯やら、細部まで気を配って作られた映画だなと思うのでした。

あと、脳内レスリー・チャンという存在も突拍子も無いようで、チャンシルさんのイメージにしっくり来てて良かったですね。レスリー・チャンはああいうランニングシャツのイメージの人が大半なのかもなあ。私にとっての彼は覇王別姫の程蝶衣のイメージが強いので、ああそうなのだなあと思いながら見ていました。亡くなってからもう17年も経つんですねえ・・・

まあそれは置いといて、ああいう存在を作り出せるのも監督が映画を好きだからこそで、小津安二郎の作品の話も出てきましたが、それだけ好きなものがあるということは、実はとても幸福なことなのだなと思ったのでした。捨てようとした本をもう一度部屋に戻すところも良かったですね。一度手放して、でも心の中に出来た空白にやっぱり好きだともう一度取り戻すという選択が素敵だった。ずっと握りしめたままだと気づかない気持ち。

そうやって、監督が再確認したであろう映画愛が溢れた作品なのでした。だからかな、自分の中にある映画を好きな気持ちにも触れることが出来た感覚があって、それがすごく幸せな気持ちをくれたような気がしたのでした!

 

⇒Netflix






【韓国映画】メタモルフォーゼ 変身 の感想 憑依だけじゃなく擬態も出来ちゃう!

「メタモルフォーゼ 変身」を見ましたよ~ エクソシストものなんですが、私はあんまりこのタイプの映画を見たことが無くてですねえ。そもそもの概念が分からない部分が多いかもしれないです。このジャンルで他に見たのって、ディヴァイン・フューリー 使者くらいだしなあ。あの時も「ほ~こんな感じなのか」と思ったねえ。

ところで、悪魔?悪霊ってのは、だいたいの作品で描かれる場合には、人に憑依するというのが定石だと思うんですが、この映画の場合はタイトルにもあるように、憑依するだけじゃなくて、変身して擬態することも出来ちゃうんですよね。なので、取りつかなくてもその人に成りすます能力もあるし、なんでも出来ちゃう悪霊な訳ですよ。そして、遠隔で車の事故を起こしさせたりもしてたんで、映画を見ている途中で「そんなまどろっこしい殺し方をしなくてもそれだけ能力があれば、皆殺しとか簡単に出来るんじゃ?」なんて身も蓋も無いことを思っちゃったんだなあ。なので、何でもありも嫌いじゃないけど、それならもっと突き抜けてて欲しいし、そうじゃないんだったらやはり制限された条件の中でのギリギリの攻防を見たいなと思ってしまうだなあ。

映画としてはまあそうなんだけど、私は、キリスト教(カトリック?)にも、エクソシストものにも明るくないので、そもそも悪霊とか悪魔ってなんなんだろう?という基本的な事柄について見ながら色々考えてしまったんですよねえ。そもそも悪魔はどうして人間を狙うのかな?神VS悪魔じゃないんですか?神様とは戦わないの?全然その道理がわからないです・・・ううむ。難しい。

あと凄く思ったのは、こういう映画はやはり音がすごく重要な位置を占めてるなあってこと。映像的に怖いと思う部分は無かったんですけど(むしろ血を吐く量が多すぎて、時間も長すぎて、ツボにハマって笑いがこみ上げて大変だった!)、音で驚くシーンが結構あって、そういうドキドキはありました。以前、「ようこそ映画音響の世界へ」を見たから映画を見る際に音響について意識的になってそう思うのかもしれないな~!

それにしても色々とよくわからん部分が多かった。引っ越し先の怪しい隣人が、以前ジュンスが救えなかった娘の父親だったのは分かったけど、悪霊が妻に乗り移ってる時にその人のことを殺したんだよね?じゃあ隣人になりすました悪魔自身があの動物の生贄とかを殺して飾ったの?悪魔自身が悪魔崇拝をするもんかな?あとはジュンスになりすましてたけど、司祭になりすますのも可能なんですかね?とか。ペク・ユンシクが演じたバルタザール神父は一体なんだったん?色々と状況説明のために使われてるように見えてしまって違和感がちょっとあったかもなあ・・・

そして本当に全然ストーリーとは関係ないですが、刑事ものを見慣れてる私は、ああいう変死体があったら、どういう事件として処理されるんだろうと考えてしまった!そして劇中、隣人が発する「音」に関しては非常に敏感に対応してたけど、それよりも匂いが凄かったんじゃないかと思ってしまうんだけど、そこは触れられてないのもちょっと不自然な気がしちゃったな。

まあとはいえ、きっとタイトルの「変身」という意に含まれるであろう、あの家族たちが本性を現した姿というのは素晴らしい演技でめちゃ怖かったです。得体のしれない悪魔という存在よりも人間の中に巣食う悪魔の存在の方が興味深く感じてしまうのかもしれない。

そして、ラストのジュンスのあの自己犠牲は、実は自己救済なんだろうな。誰かを救うことができたという事が彼には必要だったのでしょうか・・・

 

メタモルフォーゼ 変身が見れるのは・・・



【韓国映画】詩人の恋 の感想 そう言ってくれるなら一緒にいれなくても大丈夫なのかもしれない

詩人の恋を見ましたよー 主役のヤン・イクチュンって俳優さんだけど、監督もしていたり、日本の映画にも出ていたり、賞もたくさん取っていたりして凄い人なんですねえ!全然知らんかったなあ。私の中では彼はムショ帰りのやっかいな兄のイメージなんですよ・・・ これは完全に優しい男大丈夫、愛だの影響ですね。まあ反対にそれがリアルな記憶として残るほど、鮮やかな演技だったとも言えるんだろうなあ。

なので、今回「詩人」役と聞いて一体どんな感じなんだろうと興味津々でした。韓国映画やドラマを見ていると、詩が登場することが多くて、ああ素敵な詩だなあと思うことも多いんですよね。だけど日本の映像作品ではそう感じたことが無くて。だから日本よりもきっと韓国の方がもっと日常に詩が結びついて慣れ親しんだものなのかなあって気がする。それとも日本でも私が見てないだけかしら。今度本屋さんに行く機会があったら、詩のコーナーがあるかチェックしてみようっと。

ストーリーはなんだかつかみどころがあるようで無いような気分になりつつ見ていたのでした。テッキのセユンに対する思いが「恋」というには複雑な絡み合った思いにだんだんと育っていくのは興味深かったです。恋に落ちた瞬間のそれはドーナツ屋のトイレで盗み見たセユンの行為中の表情で、確かに欲情したのはその後の結果(子どもが出来た)からも分かる訳ですが、その後は彼の現状への同情やまるで父親のような感情にも見えたりもして。ああ、なんだか不思議だなと思いながら見ていたのです。

結果的にどうなんだろうな。性別とかは置いておいても、守りたいと思えるのはやっぱり愛なのかもしれないね。

そして、最終的にはすれ違ってしまう二人で、それぞれタイミングが合わないのだけど、「一緒に行こう」というその言葉をもらえるだけでもういいんだよね。それをくれたらもう一人でも生きていける気がする。そういってくれる人がいたという事実があれば生きていけるというか、そんな感じ。だから、なんだか彼らの道が分かれてしまった気がしないのでした。結局、現実的な道を選んだようで、実は観念的な思いを持ち続ける道を選んだような、そんな気がした。

愛って何なんだろうなって、改めてそんなことを考えた映画でした。あ!とりあえずドーナツをむさぼり食べるテッキは最高に可愛らしかったですよね。そして済州島の風景も美しくてそこも良かったです。ところであの謝礼金は、セユンのおかげで子どもが出来たことに対してなのか、彼に会ったことで色々な感情を知って詩人として成功できたことに対してなのかどっちかな?それともどちらに対してもなのかな~なんてちょっと考えちゃった!

 


⇒Netflix






【韓国映画】レッド・ファミリー の感想 何気ない日常こそが幸せなのだろうな

どうしてもやっぱり悲しいのですよ。北朝鮮を描く韓国映画を見ると。
そしてこのレッドファミリーもやっぱり苦しく切ない気持ちが溢れます。そして一体幸せってなんなんだろうなって考えてしまう。今の自分の立場から考えると、きっとある程度欲しいものも手に入れられる、やりたいことも制限されない西側諸国の方が幸せなんだろうなと想像するものの、例えば北朝鮮の本当の実態は知らない訳であって。だからそれが想像の範疇を超えない以上は、どちらが幸せかなんて簡単には判断してはいけないのだろうかとも思うのでした。

さて、この映画のストーリーは、北朝鮮から韓国に送り込まれたスパイのお話。彼ら4人はぱっと見は家族のようだけれど、本当は他人で偽の家族を装っているだけ。そんな中、隣の家族の日々の喧嘩などのやり取りを見て初めはバカにしているんだけれど、だんだんとそのペースに飲み込まれて行ってしまうんですね。そしてそんなスパイ一家に最終的にその隣の家族に対する暗殺命令が下されるが・・・という感じ。

だから、この映画は、物質的な意味での韓国への憧れという部分ではなく、たわいもない喧嘩をしながらも家族一緒に暮らしていることに対しての憧憬が描かれていたので、その点は納得感もあり、ぐっと揺すぶられるものがありました。スパイのメンバー達は結局、祖国に残した(というか人質に取られてる感じなのかなあ・・)本当の家族を守るために命令に従っているのですよね。だから彼らも人一倍家族を思う気持ちは強い。だからこそ、その隣の家族のやり取りをバカみたいだと思いながらも羨ましく思う気持ちが見ていて苦しい。そして一緒に家族のふりをしている仲間たちがだんだんと本当の家族みたいになって行くような感情の動きなんかも見ごたえがあって良かったなあ。

最後、お決まりだなと思いつつも、隣の家族のやり取りを完コピするスパイ家族に姿には思わず涙します。そう来るんだろうなと展開は見えたものの、それでもやっぱり泣いちゃったなあ。コメディーっぽく面白い部分もありつつ、直球で泣かせに来られたなという感じでした。

はーとにかく韓国人だとか北朝鮮人だとかの区別なく、みんなが幸せに暮らせる世界でありますようにとそんなことを切に願っちゃいますね・・・ 本当に心から。

 

レッドファミリーが見れるのは・・・