【韓国映画】悪女/AKUJO の感想 冒頭からめちゃめちゃ強いヒロインに度肝を抜かれますよ・・・

本当は公開当時に映画館で見たいと思っていた映画「悪女」を見ました!冒頭から激しかった!なんでしょうか、1対10くらいの戦闘シーンって他の映画で見ないことも無いけど、それどころじゃないですよ。一体何人倒すねん!?数十人?50人くらい?とばっさばっさやっていくシーンを見てたら血が飛びまくってるというのに、もうなんだかすごくてそんな訳ないやんって笑いがこみあげてしまうっていうか。でもゲームをプレイしてるかのような一人称なカメラワークが続いて息をひそめて見ていて、やっとヒロインの姿が写ったところでとうとう息がつける感じの疾走感は凄いです。これくらいの数でいいだろうっていうのをやすやすと超えてくるパワーに圧倒されます。

 

スポンサーリンク


 

ストーリーは意外と単純で、ヒロインは父を殺され、殺人組織に引き取られて暗殺者の訓練を受け、そこのボスと恋に落ち結婚するんだけど、夫も殺されて、その復讐をしたのが冒頭の戦闘シーン。で、警察に捕まるんだけど、その殺人の能力を見込まれて国家の暗殺者として10年間その役目を果たせば自由の身になれるのだが、実は彼女の父を殺したのは○○だった!みたいな。やっぱり韓国映画では「復讐」がキーワードのことが多いですね。

とにかく戦闘シーンが規格外。これでもか!というてんこ盛り。スクヒ役のキム・オクビンはほとんどスタントを使わずにこの役を演じたらしいです。素晴らしい身体能力ですね。かなり見ごたえがあります。男性が演じる殺し屋というのもカッコイイんだけど、女性が演じるとまた違う魅力があります。ウェディングドレスを着て銃を構える彼女の姿の美しい事と言ったら!いやいや、まあそんなのが現実であったら恐ろしいけどね・・・

血のりの使い方も凄いです。偽物だって思ってるんで、それ自体は全然平気なんですが、やたらと顔面に血がぶっかかるのを見てると、AVとかの影響を無意識に受けてるのでは!?とちょっと思ってしまった。もちろん刺した相手の血が噴き出したら顔にもかかるんだろうけど、そんなに顔面向かってばっかり血が噴き出すとは思えなくて、視覚的な効果を狙っているとはいえ、そこだけ不自然に感じてしまったりはあったかな。殺し屋が男性でもそうだったかな・・・と考えてしまうなあ。でもまあそんなところも含め、やりたいことは全部詰め込んであるのも感じます。

共演者もすごく良くて、シン・ハギュンが一筋縄でいかない男を演じてるのはめっちゃ好みですし、ソンジュンも最近良いな~と思える出演作が無くて残念に思ってたんだけど、このヒョンス役はとても良かったな。素直にいい人の役を演じる方がしっくり来るんだな・・・なんて思いました~ あとキム・ソヒョンも訓練所の部長役なんですが、「アトリエの春、昼下がりの裸婦」での少女のような微笑みの奥様とは全く違う空気を纏ってて素晴らしいよね。最近はこういうちょっと悪いというかキツめの役が多いですけどね。

どうしてもバイオレンス要素が多いので、見る人を選ぶ映画ではありますが、それが平気な人だったら楽しめると思われます!でもやっぱり映画館で見たかったな~とは思っちゃう映画でありますねえ!迫力満点です。

そうそう、チョン・ビョンギル監督は、この作品が3作目。1作品目が「私たちはアクション俳優だ」じゃないですか!チョン・ヤギョンに出演してたクォン・テホも出てて見たいと思ってた映画じゃないですか~って、こんなところで繋がりました~

 

悪女/AKUJOが見れるのは・・・





【韓国映画】長沙里9.15 の感想 犠牲になるのはいつも若い命

久々に映画館で映画を見てまいりました!見たのは「長沙里9.15」です。割と映画の世界観に入りこんでしまう性質なので、戦争ものはあまり選ばないんですが、キム・ミョンミンが出演しているという理由で今回は見ようと決めておりました。

内容というよりも一番思ったのは、美しい戦争なんて無いってこと。いつだって命を落とすのは若者たち。そのことを改めて心に留めておきたいと思ったのでした。

 

スポンサーリンク


 

そんなに各国の歴史に明るくない私なので、仁川上陸作戦くらいはなんとなく聞いたことがあるという程度。なので、その陽動作戦として長沙里に学生が捨て駒として送りこまれた事実なんてのは全く知りませんでした。だから、そんな出来事があったことを知れたことは良かったです。すべてはまず知ることから始まりますもんね。

そして、朝鮮半島が経験してきた歴史についても思いを馳せてしまった。上陸した学生たちが闘う相手は、彼らと同じように若い北朝鮮の兵士。同じ民族の彼らが闘わなければいけない状況は胸が締め付けられます。そして今もそれが続いているのですから。

メインはミンホとキム・ソンチョルの学生二人の友情。ミンホも良かったですが、キ・ハリュン役のキム・ソンチョルの演技が大変良かったです。ちょっと気になる役者さんリストに入れておきたいところ。あとクァク・シヤンも良かったんですよ!ところでキム・ミョンミンはどうだったの!?って言われそうなんですが、あまりにもイ・ミョンジュン大尉で、キム・ミョンミンが演じてるという意識が全然なかったという感じ。実はそれが一番理想的なのかもしれませんね。

どうしても映画のストーリーなので、友情を描いたり、ビックリするような偶然や潔い終わりを演出したりというのはまあ仕方ないかなと思うのですが、私はもう少し淡々とした描き方をしてもらった方がより心に残ったかなと思ったのでした。でも見て良かったです。

 

⇒Netflix






【韓国映画】仁寺洞スキャンダル -神の手を持つ男- の感想 そこからもうペテンだったんだ~!

韓国映画の「仁寺洞スキャンダル」を見ました~ 韓国だけじゃなく、日本の美術界のこともよく知らないんだけど、そういう知識が無くても面白く見れました。舞台がそこなだけで、その世界自体を壁眼図でペテンにかける詐欺師たちの活躍(?)が最後の最後で種明かしされてなるほどーってなりましたね。リアルかどうかはさておき、キム・レウォンとオム・ジョンファの攻防は面白かったです!やっぱり復讐の念が関わってるってのが韓国の作品っぽい。

 

スポンサーリンク


 

オム・ジョンファは普通の人の役よりもこういう化粧のきつい激し目の女性の役が似合いますね。存在や反応もすべて芝居がかってるんだけど、全く違和感ないの。彼女は主婦役とかの方が違和感あるもんな。存在感があるので、迫力のある役がとてもいいです。大げさに泣き叫ぶのとかがこんなに似合う人っているかしらって思った。なので、このペ会長役はとても良かったですね。それにしてもギャラリー名が秘門ってのもすごいよね!?

キム・レウォンも普通のイケメンっていうよりは、こういう一癖ある人の方が似合うと思っているので良かったかな。ただし、詐欺師っぽくはあったけど、神の手を持つ実力のある復元師には全然見えませんでしたー そこはちょっとね。

でもガンジュンの仲間たちは非常に豪華な顔ぶれでした。マ・ドンソクにオ・ジョンセにチェ・ソンヒョンですよ~ マ・ドンソクが殴られたりするんですよ!今だったらあの腕っぷしだから全然信憑性無いけど、この時はまだムキムキじゃないからまあ納得かな。オ・ジョンセはもちろん良かったけど、紅一点のチェ・ソンヒョンも荒い女性を魅力的に演じてましたね。ロマンスが必要のお堅い女性役よりも今回の方が断然好き。

その他にもとにかく登場人物が多い印象なんだけど、なんだかんだ誰が誰かちゃんと理解できたので、よくできてるな~とは思いました。まあみんなペ会長を恨んでるってことで、それさえ理解できればOKって感じかな!

ガンジュンが和紙を水で洗ったり、古い家屋で埃を探してたりしたのも、なんのこっちゃと思ってたんだけど、最後にパズルのピースがパチっとはまってなるほどな~という感覚になるのは爽快でした。すべてガンジュンの掌のうちで転がされていたなんて!壮大なペテン。

日本の京都とやり取りをするシーンがあって、日本人の俳優さんでは白竜も出演していて、謎の枯山水みたいなカフェ?でペ会長とお茶飲んでたんですけど、その庭の様式はいいとしてもそこを店員さんが靴下でやって来るのがなんとも。そこは靴履いてるんじゃないかな・・・とか訳の分からんことが気になったなあ。

まあ若干ツッコミどころがない訳ではないんだけど、基本的にはラストの大どんでん返しはなかなか想像もつかない規模だったので面白かったな~ 技術的な側面を期待して神の手を持つ男がどんなもんかと楽しみにして見るとあれ?って感じだけど、そこは置いといてストーリーの流れは楽しめるんじゃないかな!

とりあえず仁寺洞は骨董品とか、美術品を扱うお店がおおい場所なんだな~ってことは覚えました!こういう映画やドラマで出てくる場所って記憶に残りますよねえ!

 

仁寺洞スキャンダル -神の手を持つ男-が見れるのは・・・


【韓国映画】ワンライン/5人の詐欺師たち の感想 鮮やかな詐欺の手口に見とれたー

韓国映画の「ワンライン/5人の詐欺師たち」を見ました。詐欺師ものって痛快で面白ことが多いからわりと好きなテーマです。まあ映画もテンポも良く痛快ではあります。めっちゃ良かった、という感じではないけど、まあ面白かったです。

かなり気になるのは邦題ですよね。5人の詐欺師ってどの5人やねんと聞きたくなるような気持ちになります。というのも詐欺師は全部で8人くらい出てくるんで、この中の誰をピックアップして5人としたのか、その意図が気になるところです。見る人によって受ける印象が異なるであろう部分を謎に切り取って人々を迷わせるタイトルにする必要ありますか・・・?

 

スポンサーリンク


 

まず、キャスティングがいいですよね。純粋で人を騙すような人に見えないイム・シワンが詐欺師ってのはとてもいい。ほんといい人そうに見えちゃうもん。でも、時折見せる悪い表情もまた板についていて、違和感がなくていい。彼が小柄なのも効いてて、威圧感がないもんなあ。実はそこも良い方に作用してる気がする。

あと、脇を固める共演陣もとても良いです。

一線を引いての詐欺だけを手掛ける詐欺師にチン・グ。お金儲けのためなら人を傷つける事も厭わない詐欺師にパク・ビョンウン。どっちも良かったんですけどね。パク・ビョンウンは曲者っぽいところがめっちゃ好きだけど、良い人を演じてる方が逆に好きなので、この映画ではストレートな悪者役でちょっと物足りなさはありましたねー 私は彼についてはこの恋は初めてだからのマ・サング役が一番好きー!

他にもイ・ドンフィやキム・ソニョンの安定感に、ワン・ジウォンは悪い女を分かりやすく演じるのが似合っておりましたね。警察側の孤軍奮闘の刑事役のアン・セハも良かったですし。彼からなら逃げおおせちゃう感じある。

ストーリーとしては、詐欺という犯罪を扱ったものなんだけど、現在の義賊的なノリの映画なのかなって思います。群盗を見たところだし、ちょっと似た空気を感じたなあ。詐欺で手に入れたお金を困った人達に配ったし。

しかし最後も逃げおおせて痛快っぽいのにあんまり気持ち良くないのは、一人に罪を被せた感じになったからかな。もちろん、彼は極悪非道なんだけど、そうだとしても詐欺という始まりは同じ訳なので、そこの一線の引き方は人によって違うのだろうし。なんも解決してないような気がしちゃうのよねえ。

でも多分切り捨て御免の時代だったら彼らの存在は誰も傷つけてないし(室長達は除く)、やっぱり義賊ってことになるんだろうな。時代劇の義賊だと痛快な気持ちで見終わりそうなストーリーなのに、現代劇だと釈然としないと思ってしまうのは現在の法律という概念のもとの教育を受けているからなんだろうな。無意識のうちに自分の判断基準もそこに沿っているから、架空の話だよーと分かっていてもそう感じてしまうもなんですねー

一定の面白さはあるんだけど、走り抜ける面白さって感じではないのは、2時間以上という長させいかもしれないし、他の部分かもしれないかなー まあでも彼らの鮮やかな詐欺の手口は大変興味深かったです!

 

ワンライン/5人の詐欺師たちが見れるのは・・・


【韓国映画】群盗 の感想 カン・ドンウォンの悪役姿は美しいのだけど・・・

韓国映画の群盗を見ましたー!出演陣も非常に豪華で、義賊が活躍する活劇なので、分かりやすく痛快で好きな人には面白いんだろうな~と思うんですが、実は私はあんまり好きではなかったんですね。この出演陣の豪華さとか登場人物の多さとか悪役の美しさなどは昨日感想を書いたドラゴンゲートと似通っているところもあると思うんだけど、そっちは楽しめたのになぜなんでしょうね?何がなのか自分でも分からないんだけどモヤっとしてあんまり楽しめなかったんだな・・・

 

スポンサーリンク


 

私的に非常に良かった部分は、悪役姿のカン・ドンウォン!一応、出演者の中にカン・ドンウォンとハ・ジョンウがいることくらいは基礎知識として見始めたんですが、誰がどんな役だとかは知らずに見はじめたんですね。だからカン・ドンウォンが悪役でビックリ。彼の悪役姿って見たことあったでしょうか?多分私は初めてだったと思うんですが、あまりの美しさに震えます。悪役って冷酷であればあるほど美しさが研ぎ澄まされるみたいなところがあるな・・・ スタイルも良いしイケメンだと思ってはいましたけど、この映画でのビジュアルは群を抜いてる。

しかし、それ以外の部分はあんまりしっくりこなかったんだな。分かりやすく勧善懲悪ものっぽいのに、変にユンの生い立ちを描いたところとか、甥っ子を守る下りで同情を引く感じとかが肌に合わなかったのかもなあ。ユンの事情はしっかり描いたのに、トルムチ以外の盗賊団チュソルのメンバーについてはそこに行きつくまでのエピソードもあんまり出てこなくてね。そこはちょっとつまんないなあって。

あとこまごまと気になった点が色々あって、そもそも牛のと畜人に弟の嫁の暗殺を任せますかね?あれだけ沢山凄腕の部下がいるのに?そして、弟の嫁が寺に匿われてたのはいいとしても、その後チュソルに保護されるのは何故?ユンに狙われているからとはいえ、チョ・ユンの父だって支配層なので義賊がその嫁を保護しますかね?そして、ユンが自分の子ども時代を思い出したから甥っ子を守って戦ったのかもしれないけど、ユンが連れてる方が危ないんじゃないのかな?義賊たちはこの子を守ってた訳だしな~って。

こうやって書きだしてみるとかなり引っかかっているところあったんだなーって感じ。そっか、だから最後の戦いの下りなども無理があるなあって受け入れがたかったのかもしれないな。

とはいえ、闘いのシーンの映像は非常に美しかったし、盗賊団が馬で走っているシーンは西部劇みたいで良かったし、雪の中で死んだふりしての強盗なんかは面白かったし良い部分もいっぱいあったし、はまる方はきっと楽しめる映画なんだろうなと思うのですが、残念ながら私はちょいちょい引っかかる部分が多すぎて楽しみきることが出来ずでありました~ でもでもカン・ドンウォンの悪役はあまりにも美しいし、一見の価値ありの作品です。あとはもう好みの問題ですね。きっと!

 

群盗が見れるのは・・・