【韓国映画】82年生まれ、キム・ジヨン の感想 誰が悪いのでもないのにどうしてこんなに辛いんだろう

82年生まれ、キム・ジヨンを見て来ました。予告編なども見たり、フライヤーも読んで内容についてはだいたい分かってしまっている状態で見たので、まあ思ってた通りだったという印象です。可もなく不可もなく。

ストーリー的には女性の立場としては、まさに女性が感じて来た生きづらさがとうとうこうやって言語化され、そして映像化されるようになったんだなあという感慨を覚えました。あまりにもそういう扱いを受けることが当たり前過ぎてそれが不平等だとか、ひどい扱いを受けている実感さえ持つことが無かったというか。そういう部分が少しずつだけどこうやって公に主張される機会があることで、やっと私たちもそうだったのかと気づくことが出来るようになってきた気がします。まだまだ不完全で平等なんてほど遠くはあるけれど、でもこうやって議論に上ることに意義があるよなあと思うのでした。

ところで映画についていうと、ちょっと残念だなと思う部分がいくつかありました。なんというか韓国ドラマっぽい演出が気になってしまったんですよね。ジヨンの夫テヒョンが同僚にコーヒーをかけるシーンとか、友人の妻のことだけど・・・といってジヨンのことを同僚に相談するシーンとか。せっかく映画なのに安易な演出というか感情の見せ方の方法を使われている部分が多くてちょっとがっかりしてしまった。そういう意味では同じ韓国映画の「はちどり」の細やかな描写というのは本当に素晴らしかったなあと比べて思ってしまった(それよりも早くはちどりの感想を書きなさいって感じだけど・・・わーん)。同じように男尊女卑の描写があったんだけど、簡単に言葉にするのではない表現方法の方が心に残るものなのだなとしみじみ思いました。
そうそう、ネタバレになってしまうけれど、ラストでジヨンが彼女自身を取り戻す方法として筆を執るというのも少し楽なハッピーエンドにしてる感じがあまり好みではなかったかな。だって、私たちの問題は何もまだ解決していないのだから。現実的な苦さを描きつつ、それでも一筋の希望を見せて欲しかった。

さて、ところでこれは全く私個人の好みの問題なんですけど、どうやら私はやっぱりあんまりコン・ユが得意じゃないみたい。コーヒープリンス1号店なんて挫折してますしトッケビも見たけど、全くはまれなかったし。新感染の時はまあいい感じかなあとは思いましたけども。だから余計に今回のテヒョンにちょっとイラっとしたかもしれない。もちろん、彼をとことんいい人にすることで、夫婦間の問題ではなく、社会の問題だというところに焦点を当てたかったんだろうなというのは理解しているんですよ。でもさ、夫が全然ダメだから~って夫のせいにすることで妻はどこか心の逃げ道って作れる部分があるのかもしれないとも思って(それが正しいこととは言わないけど)。だけど、この映画ではジヨンはそうやって逃げるはけ口が全くないんですよ。だから内側に向けるしかないという感じで病んでしまった部分もあるのかな・・・

それにしてもなんだかやっぱりこういう映画を見ると少し絶望的な気分になるのも否めない。男性も男らしさを求められて大変だというのは分かってるし、それぞれしんどい部分はあるんだと思う。だけどさ「女性」の何がしんどいって「下に見られる」という生まれた時からずっとどこか見下されている感覚じゃないだろうかと思ったのです。「男らしさ」にはこの見下すという感情までは含まれていない気がして。そのままでいるだけで、見くびられるというこの当たり前って本当にしんどいですよね。

なんてことをツラツラと色々と考えさせられる映画ではありました。ちょっと原作の小説も読んでみたいかな。むしろ小説のラストが気になりますね。

 

⇒Netflix







【韓国映画】グッバイ・シングル の感想 色んな形の家族の形があっていいよね

キム・ヘス主演のグッバイ・シングルを視聴しました!コメディータッチではあるんだけど、なんだか色々考えちゃった部分もあったかな・・・
このグッバイ・シングルというタイトルなかなかピッタリよね。結婚して子供産んでという形でのグッバイ・シングルではないけれど、今の時代は色んな形の家族の形があってもいいよなあなんて思うのであった。

キム・ヘスが演じるヒロインのコ・ジョヨンのお相手役は長年彼女のスタイリストをしているパク・ピョング役のマ・ドンソクになるのかな?と最初のうちは思っていたけど、全然そんな単純なラブストーリーではありませんでした~

年下の彼氏に裏切られたり、年齢とともに人気にも陰りが見えて来たジュヨンは、自分の味方を作りたいと子供を作ろうとするも、お医者さんに閉経を告げられたりで自分自身では難しい。そんな時に出会った中学生の妊婦のキム・ダンジ。彼女の子を1億ウォンで引き取って自分の子どもとして育てようと妊娠を偽装することに。それ本当にやっちゃったら犯罪なのでは?なんて話になっていっちゃうんだけど、最後の着地点はちゃんと正道に戻って良かった良かったってな感じ。

キム・ヘスはもちろんだし、周りを固めるサブキャラ達も盤石なので、そういう意味でも安心して楽しめるコメディーかなとは思います。ダンジの姉カップルが本当にひどい人だったり、そもそも自分の絶対的な味方が欲しいから子どもを作るって子どもを所有物として見ててちょっとどうなのかとか、ジュヨンのダンジの扱いが最初はひどかったり(そんなんで子ども育てられるのかい!?)という辺りなんかはちょっと見ててしんどい部分もあるかなあ。まあそういうのを通じてだんだんとジュヨンが成長していって、自分のことだけしか見えなかったのが、周りの人にどれだけ助けられて守られてきたのかということに気づいていく展開にも繋がって行くのかなとも思いますが!

そうそう、ダンジを妊娠させちゃう相手役をカン・チャニくんが演じてます。相手を妊娠させといて、自分はゴルフの選手代表として遠征とかしちゃうんですよ。ひどい。ほんとマジで女性は自分の体は自分で守らないといけないね・・・ それにしてもアイドルだしイメージが大事そうなのにこんなひどい男の役を受けるんだ!という勝手な驚き。役者さんなんだなあと思ったり。

私はキム・ヘスが好きなので、彼女のナイスバディーやらちょっと高飛車な女優役を楽しませてもらいました。役によっていつも全く違う空気を纏ってくれるので見ててほんと凄いなあと思います。コインロッカーの女の時と同じ人とは思えないよ~!!!

 

グッバイ・シングルが見れるのは・・・
⇒Netflix



【韓国映画】ディヴァイン・フューリー 使者 の感想 ヨンフがめっちゃファザコン・・・

さてー溜まってる感想をどんどん書いていきますよおおお!!!といいつつ、映画館で見た映画だけでも6本くらいまだ書いていない感想が溜まっております。ドラマはもっとあるぞ!もっとスピード感をもって行動しなきゃと思ってはいるんですけど、そんなこと言ってても仕方ないので、一つ一つ書いていきます!頑張ろう~と自分に言ってみる・・・

話は戻すと、この映画は、なんとなく悪魔退治系の内容かな~などと予想しつつ見た訳なんですが、エクソシスト物でありました。表面的にはそうなんですけど、根底に貫かれているものが「ファーザーコンプレックス、つまりファザコン」なんでは?としか思えなくてねー なんか主人公のヨンフの行動のきっかけがすべてそれなんですよ。韓国映画やドラマでマザコンの青年はよく出てくるんですが、ファザコンってあんまり見ないよな~とちょっと驚いたような新鮮なような。終始そんな気持ちで見てたので、実際の悪魔との闘いはあんまり集中できなかったよ!

パク・ソジュンが演じるヨンフは、幼少期に父親を亡くしてまして、その父親が敬虔なキリスト教徒で彼も連れられて教会に通っていたんですね。で彼の父親が事故にあった時に、神父さんに神に祈れば「お父さんはきっと助かるよ」なんて言われて一生懸命祈ったのに結局父親は助からなかったと。そこでヨンフくんはその神父さんと神様を逆恨みして憎むようになっちゃうんですね。それなのに、大人になった彼の体に聖なる力みたいなのが宿ってどうやらそれが悪魔退治が出来る能力だったんですね。そのことを調べているうちにエクソシストのアン神父と知り合って、なんとなく悪魔祓いの手助けをすることになるんです。が、彼はまだ神を信仰することに抵抗感が拭えず、自分の能力のことも受け入れられないのです。が、アン神父が危険な状態になった時に彼を助けるために戦いに赴いてクライマックスへ!って感じであります。

まあ、神への信仰を無くすのも父親の死によってだし、アン神父を助けるために受け入れることが出来なかった自分の能力をとうとう使おうとするし。ちなみにアン神父への思慕はまるで父親に対するそれで、父親という存在を渇望していた彼はそれまで本当の父親に対しての思いをそのままアン神父に受け渡す感じ。その上、盛大なネタバレになりますけども、なんとラストにヨンフはエクソシストの勉強をするためにアン神父と一緒にバチカンに行くんですよ!なんだかヨンフの壮大な父親への思慕を見せつけられている気分になる映画でしたな。バチカンへ行くのも使命を果たすためというよりはアン神父大好きでついてっちゃっただけなんじゃ・・・とか思ってしまう~ まあこの終わり方は続編も作れちゃうぞ~ってな仕込みも感じましたけど。

そして、ヨンフの母親は全く不在で、死別したのかそうじゃないのかはもう描かれていたかも覚えてないんだけど、どっちにしてもそれくらいの小さい子どもは母親に対しても思慕を抱くと思うんだけどな。そういう描写一切無し!気持ちの良いくらいの潔さ。女性不在!

パク・ソジュンは総合格闘技のチャンピオン役なんですけど、まんまサム、マイウェイやんと思いました。あれはチャンピオンではなかったですけどね。まあそんな肉体に神父さんの服を素肌に纏うのは反則~とは思いました。しかし、エクソシストの戦い方ってこんな感じなんだなあとちょっと冷静に見ちゃったり、ラストのラスボス、ウ・ドファンとの対決も割とあっけなく感じてしまった。多分ねえ、私がこの映画を見る少し前に悪女を見たので、アクションシーンを無意識に比べてしまったのかもなあ。

あと、ウ・ドファンは良かったんです。良かったんだけど、あまりにもはまりすぎるというか、いかにも過ぎるというか、それでこのキャスティングも物足りないような気もしてしまった。意外性がない感じ?彼は冷たそうな外見のわりに傷ついたような繊細な表情が似合うので、そういう部分が出せる役の方が断然好きだなと。

ですね。なので私はあんまりストーリーは面白いと思えなかったです。でもパク・ソジュン、ウ・ドファン、アン・ソンギはそれぞれ素敵だったので、その姿を楽しむにはいいんじゃないでしょうか!

 


⇒Netflix







【韓国映画】ブリング・ミー・ホーム 尋ね人 の感想 どうか僕のことを忘れないで諦めないでいて

「ブリング・ミー・ホーム 尋ね人」を見てきましたよー!イ・ヨンエの14年ぶりのスクリーン復帰作だそうなんですが、よく考えてみたら私は彼女の出演作はドラマも映画も見たことがないのでありました。私ってばメインストリームを通ってきてないので、こういうことよくある。なので、初イ・ヨンエだったんですが、やつれても戦って汚れてもイ・ヨンエは美しかったですなあ。はい。

6年前に行方不明になった息子のヨンスを探すジョンヨンとミョングク夫妻なんですが、夫のミョングクが捜索中に不幸な事故で亡くなってしまったり、ヨンスの目撃情報が届くも、ジョンヨンが受け取ったミョングクの死亡保険金を狙う義弟がそれをネタにジョンヨンからお金を巻き上げたり。そしてヨンスは・・・?というような内容。ほんと見ててやるせない。

ヨンスに似た子がいたという情報があったのは、郊外の釣り場。そこを経営している家族が非常に怪しげで、警官も巻き込んで悪さをやってるんですね。どう見ても普通じゃないので、そりゃジョンヨンもこれは何かを隠してると察しますよね。そこからは妙に壮絶なバトルで、母は強しなんだけども、なんか妙にスリリングな展開過ぎて違和感も感じたかなあ。

子どもの行方不明というのは私が想像している数なんかよりもずっと多いんだなあと知りました。あの釣り場の家族は子どもたちを労働力としてこき使って虐待しているケース。きっとそういうのも多いと思うのだけど、そういう風に虐待してるのとかが外から他人が見てもわかりやすいっていうのは少ないと思うんだよなあ。行方不明の子どもを探すという部分を強調するならば、もっと普通の家族の中に隠されているそんな子どもの存在を丁寧に描いてほしかったような気してしまう。映画としてドラマチックな展開にしようとしたんだろうけど、ちょっとな~と思っちゃう。そんな感じ。

あと、ラストは私はハッピーエンドじゃないのではないかと受け止めました。本当にネタバレになっちゃうのだけど、ミンスは結局ユンスではなかったようなので、ユンスはまだ生きていると探し続けるジョンヨンがラストにまたヨンスかもしれない子を見つけるのだけど、あれはきっとヨンスではないんだろうと思うのです。そしてきっと彼女はこれからも探し続けるのだろうなと。なぜなら、この映画から私が受け取ったメッセージが「どうか僕のことを忘れないで、そして探すのを諦めないで」だと感じたからです。イ・ウォングン演じるスンヒョン(彼も元行方不明児だった)の母親みたいに絶望して自殺してしまわないで、というような。

とはいえ、完全にバッドエンドという訳でもなくて、ジョンヨンは自分の息子と同じ境遇にあるかもしれないジホを助けることが出来たし、それもあってか希望を失わずに探し続ける力を失っていないし。まあそれにしても釣り場の家族もひどいけど、保険金をだまし取った義弟がとにかくひどい。わかりやすい悪人よりも、良い人のふりをしている悪人の方がよっぽど怖いと思うのであった。ブルブル!

 

⇒Netflix







【韓国映画】後悔なんてしない の感想 惹かれあう二人が印象的な映画でした

キム・ナムギルが出演してるので、見てみた映画なんですが、同性愛を真正面から描いた作品でありました。異性間よりも同性間の方が激情的な愛にとして描かれることが多いのは、現在の状況では初めからそこに存在している障害が大きいため、気持ちの上で「それでも好きだ」と実感して行動に移すには、それを乗り越えてでもと決めた時点ですでに深い愛になっていることが多いからなのかもしれないのかなあ。

そして、どうやら監督のイソン・ヒイルは監督として初めて同性愛者だと公表した方だそうです。そう聞くと、映画の中の登場時人物たちがとてもリアルだったのも納得かなと思います。

 

スポンサーリンク


 

とにかくこの映画で特に心に残ったのは、いろいろな事件や事柄がほとんどといっていいほど、事前と事後の描写で、実際の過程が省かれていることが多いことです。例えば、ジェミンが溢れだすやるせなさを抑えきれず、エレベーターの中で鏡を殴るシーン。映されるのは傷ついて血を流す拳と割れた鏡。実際に殴ってる描写はない。他にはカラムの事故シーン。逆さになった車と血を流すカラムが映される。後者は予算の関係かもしれないけれど、前者は違いますよね。実際には起こっている部分の詳細は省いて、視聴者に察してもらうという手法が多様されていて非常に印象に残りました。

そして、逆にジェミンとスミンのセックスシーンに関しては克明に描かれているんですよね。ふつうのドラマとかだとむしろ事後のシーンに飛ばされがちな部分ですが、スミンの仕事がホストということもあるし、この作品では二人の体の関係だけではなく、心の交わりや変化も表現される重要な部分ですもんね。他の事柄では真ん中が飛ばされてるだけに、余計に心に深く刻まれる感があります。という訳でこういう描写手法が大変興味深かったです。そこが一番心に残ったかも。

あとは役者さんの演技もとても良くて、キム・ナムギル(この映画では旧芸名のイ・ハン名義)とイ・ヨンフンの文字通り体をはった熱演が光りました。特にスミン役のイ・ヨンフンの表情がとても魅力的でした。惹かれる気持ちを抑える表情。堰き止めていた箍が外れた後の好きでたまらないという気持ちを溢れさせる表情。ジェミンがスミンに惹かれてしまう気持ちが分かるようなそんな感覚を与えてくれましたなー 他の出演作も見てみたいな。

まあなかなか二人の関係はとんでもない方向に向かうんだけど、それでもあの最後のシーンに同性同士ならではの、お互いの体のことが分かるからこそ、というようなことも言えるのかなあなんて思いつつ。なかなかの力作映画。見ごたえありました!

 

後悔なんてしないが見れるのは・・・