【韓国映画】あいつの声 の感想 実際にあった誘拐事件を題材にしたストーリー

もうなんていうか見た後にギャフンな気持ちになる映画でありました。これまた私は全くの前情報なく、ただキャスト欄にカン・ドンウォンの名前があったから見てみたよ~ってな感じなんです。そしたら実際に起こった未解決事件を題材にした映画だったんですよねえ。誘拐の未解決事件なんて言ったら悲しいラストというのが予想されちゃうわけで・・・ そんな内容だって知ってたら手を出さなかったかもなのですけど(子どもちゃんがひどい目に合うの好きじゃない)うっかり最後まで見ましたよね。ああ。

 

スポンサーリンク


 

さて、お目当てだったカン・ドンウォンは声だけの出演です。誘拐犯と子どもを誘拐された両親が何度も電話で会話をするんですが、その犯人の声、つまり「あいつの声」を演じたのがカン・ドンウォンです。彼の声は特徴があるので、これは結構良い配役だなと思いました。耳に残りますよね。そして本物の誘拐犯の声も流される場面があるので、その実物の声とカン・ドンウォンの声が全く違うのがこれはあくまでも映画であるという線引きになっているのが良いです。そうでないと苦しい気持ちを引き摺りそうな映画です・・・

それにしても、誘拐犯の言葉に振り回される両親の姿が生々しくて見ている側まで胸が痛くなります。焦り、悲しみ、希望、落胆が何度も何度も繰り返され、消耗していく二人。

結局、未解決、そして時効を迎えたとのことですが、映画の内容を見ていると実に大胆不敵な犯人なんですね。携帯電話も無かった時代に一体どうやって両親の行動を監視することが出来たのか、そしてあんなにやすやすとお金を奪って逃げることが出来たのでしょう。今なら同じような事件が起こってもちゃんと解決できるのでしょうか?映画の中の警察は結局何一つ糸口さえ見つけることも出来ずに両親と一緒で犯人に転がされていた感じでしたね・・・

こういう実際の事件を扱った映画って一体どんな意図で製作しようと思うんだろうなんて考えてしまうなあ。事実は小説より奇なりとはいいますので、題材としては興味深いと思うのかもしれないですね。事件を風化させないという意味では一定の意義があると思うのですが、エンターテイメントとして昇華させきることが出来ないものな気がするなあ・・・なんてことを私は思ったのでした。あ、両親役のソル・ギョングとキム・ナムジュの熱演はすごかったです!

 

あいつの声が見れるのは・・・


【韓国映画】ファッションキング の感想 メインキャラよりもサブキャラのキム・ソンオが最高!

韓国映画のファッションキングを見ました!ドラマでもファッション王ってのがありましたがあちらとは全く別ものです。こちらはWEBコミックが原作の至極分かりやすいストーリーであります!

 

スポンサーリンク


 

いじめられっ子だったウ・ギミョン(チュウォン)がファッションに目覚めて目標を見つけて頑張るっていうストーリー。お金持ちのいじめっ子側ウォノ役はアン・ジェヒョンで順当だし、ガリ勉眼鏡だけどオシャレしたら実は美人だったっていうギミョンの味方のウンジン役はソルリっていうのも割といい感じのキャスティングでした。

そういう感じでストーリーもありがちで、まあひねりもないストレートな流れなんだけど、漫画で描かれていたであろう奇抜なファッションをリアルに表現しようと努力したんだろうな~という雰囲気は悪くないし、そういう味付けがあるのでそれなりに楽しく見れたかな。すんごいアレンジの体操服とか制服とか着てて笑っちゃうよ・・・

その中でも一番良かったのはキム・ソンオです!!!!偽物を売りつつも個性的なオシャレさんでギミョンのファッションの先生みたいな立場になるナムジョンを演じてるんですが、最高にカッコイイんですよおおおお。

彼はちょっととぼけた役も、悪役も、どこか個性的でなんだか目が釘付けになっちゃう。うさん臭さが最高なんだな。彼がいなかったらこの映画は私には全く印象に残らないで終わったかもしれないなあ。ほんとそれくらいの存在感がありましたね。まあ役柄上もいい人だし、個性的なファッションを完全に自分のものにしてるのもさすがだし良かったなあほんと。

チュウォンの演技はまあいいんじゃないかなってくらいの印象。いじめられっ子とファッションに覚醒した後の違いがあんまり感じられないかなあ。

アン・ジェヒョンはやっぱりどこかノーブルな雰囲気があるのかなあ。それもお金持ちだけどちょっと孤独なキャラってのが定番のイメージ。ポジティブで幸せいっぱいって感じの役より陰がある役の方がしっくり来てしまうタイプだなあ。へんちくりんな(失礼!)改造制服もなかなか異次元的に着こなしててそれはさすがでありました。

ギミョンの友達のチャンジュ役のシン・ジュファンも他のドラマで見た時のちょっと固いとは違う雰囲気で良かったし、ギミョン達4人が「カモン・ベイビー」とか言ってるのは楽しそうで割と好きなシーンだったな!青春って感じ。

いじめのシーンとかはあんまり好きではないんだけど、ギミョンがやられたことをやり返して復讐するっていう形じゃなくて自分のやりたいことを見つけてそのおかげで仲間もできて自分の道を見つけて行くっていうのは綺麗事に見えるともいえるけど、悪くないなと思うのでした。明るくていいな。そんな風でありたいなって思えるというか、そんな気分。

特別オススメと言える映画という訳ではないのですが、キム・ソンオがとても素敵だったので、彼が好きな人は是非!って感じかな。私は彼が出演してたおかげで楽しめた気がします~

 

ファッションキングが見れるのは・・・

【韓国映画】お嬢さん の感想 高評価なのは知ってたけどやっぱり凄かったー!

韓国映画の「お嬢さん」を見ましたよ!簡単に言えば「女を下に見て利用しようとする男なんかいらないわ。ポイ」ってラスト。ある意味、今という時代に相応しいストーリーだったような気がします。エロ要素やらミステリー要素でいろいろ包み隠されているけれど、結局は虐げられていたお嬢さんが選んだ道が結論というか。そんな感じ。

 

スポンサーリンク


 

表現されているのが女性の解放とか生易しいものでは無くて、もっと突き抜けた感覚。彼女たちみたいに性欲だって女性同士で昇華出来るのであれば男なんていらないってああいう結末を選ぶわなと思うのでした。このラスト、男性が見たら恐ろしさを感じるのじゃないかしら?平気なものです?ストーリーのどんでん返しの痛快さを感じてる場合じゃ無いような気がしてしまう。まあもっと進んでて性別なんて超えてる表現なのかもだけど。

あと映画の中にへんてこりんな部分が色々あってこれわざと面白く作ってるんだろうな~と思った。なんだか笑っちゃうシーンがいっぱいあったんですよね。この辺りはパク・チャヌク監督の意図しているところなんだろうな。ほら、渇きとかでもシン・ハギョンが幻で出てくる間に挟まれたセックスシーンとかそういうへんてこりんな絵柄を挟み込んでくる印象があるんだな。この映画でも地下室での二人のやり取りとかね。チョ・ジヌンが演じた上月も存在自体がすでに可笑しい。そして日本人は日本語が分かるから余計に面白く感じてしまうよねえ。それも面白おかしくわざとそうしてる気がするんだな。知らんけど。

キム・ミニとキム・テリのセックスシーンはとても美しかったです。お嬢様役のキム・ミニの肌がそれは白くて、メイド役のキム・テリの肌はそれよりは黒めで。その対比も美しかったな。でも、秀子お嬢様が木にぶら下がった時に腕があらわになるんですが、肘が黒っぽくてですね。それまで怪しい建物とか配役とかの映像面はとても気を使われてて良いなあと思っていたのに、そこで突然「あれ?お嬢さんぽくない・・・」と思ってしまって正気に返ってしまったのでした。他はすごく気を配っているのが分かるのに、ほんと些末なことなんだけど、そういうの気になるタイプなんですよーーー!ほらメイクとかでなんとか出来なかったのかしらと思っちゃう~

しかし、秀子お嬢様にエロい小説を読まれて喜んでるおじさん達のシーンはゾッとしましたが、あとあとそれを知ったスッキが怒り狂って本を破りまくって水に放り込んでるのを見て溜飲が下がりましたねえ。変態とかフェチとかそういうのは好きすればいいと思うけど、嫌がる人に強要してあんなことをやらせるのは気分が悪いですな。この映画では、ちゃんと因果応報な結末を迎えるのでいいんですけども。

実は、原作のサラ・ウォーターズの荊の城を読んだことがあるんですが、読む人によっては構想が広がってこんな映画が出来るとはすごいなーと思いました。映画での時代背景や状況なんかも深読みしようと思えばいくらでも出来そうな気がするなあ。好きとか嫌いとかそういう言葉では表せない、なんかすごいもん見たなーってそういう映画でした。

そうそう、原題は「アガシ」、邦題は「お嬢さん」で直訳なんだけど、英題が「The Handmaiden」で女中になってるんですよ!まるでスッキが主役見たいな感じになってるのが興味深いですよねえ。翻訳する人が破壊者のスッキの方がメインだとそう感じたのかしら?言語って奥が深いですねえ。

 

お嬢さんが見れるのは・・・



【韓国映画】特別捜査 ある死刑囚の慟哭 の感想 またまた強大な権力を持った財閥が出てくるよ!

キム・ミョンミンが主演なので見た映画「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」。うまくまとまってて最後にちゃんと決着がつくのですっきりと見やすい映画でしたね。最終的には強大な悪に立ち向かうことになるんだけど、その理由がキム・ミョンミン演じるピルジェが正義漢でまっすぐな人物だからだとつまらなかっただろうと思うんですね。でもそういう人ではないのにそうせざる負えない状況になるのが面白かったなー

 

スポンサーリンク


 

扱っている題材は重めなのかなと思うんだけど、共演者を見ると分かるようにキム・サンホ、ソン・ドンイル、パク・スヨンなどで、ちょっとコミカルな部分もあってそこまで暗い気持ちにはならない感じ。それにしてもパク・ヒョックォンは同僚を陥れるこずるい役多くない!?そしてだいたい利用されて殺されるとか多いな・・・ ドラマでも映画もなんで、登場すると今回もそういう役かな~って思っちゃうねえ。うむ。これが先入観ってやつですね。

キム・ミョンミンは、ベートーベンウィルスみたいな堅物で個性的な男の役も好きだけど、意外とちゃらんぽらんでコミカルな役を演じてるのもいいんですよねえ。彼が演じるピルジェと死刑囚のスンテの娘とのやり取りも良かったな。面倒なことにはかかわりたくないっていう彼とそんな奴だけどあんたしか頼れる人がいないっていうドンヒョン。彼らのその攻防があったからピルジェという人物を魅力的に感じられるようになった気がする。人間くさいっていうか・・・必ずしも良い人を好きだと思う訳ではないものね。

そしてラスボスはキム・ヨンエ演じるDH財閥の女史様。この「下々の言うことは理解出来ない」っていう冷血なお金持ちの女の役が完璧ですよね。今、ドラマのロイヤルファミリーも見てるので本当にキム・ヨンエの演じるそういう女性は迫力があるなあって感心してしまう。この映画の方が常軌を逸して感情的な女性だからこそ、結局自滅するって結末が待ってる。それにしても色んな映画やドラマで出てくる財閥の幅の利かせっぷりが凄いよね。あんな風に警察にも検察にも影響力を持ってるのが現実だとは思いたくないけどどうなんでしょうね・・・?

「ある死刑囚の慟哭」というサブタイトルのせいでラストが悲しい終わり方なのかな・・・と想像してしまったんだけど、まあなんだかんだ言いながら悪い人は捕まってちゃんと解決するので、わりと視聴後はすっきり感がある映画でありました。だからちょっとサブタイトルがこれまたあんまりしっくり来ないな~と思いましたな。映画自体は結構良かったです!

 

特別捜査 ある死刑囚の慟哭が見れるのは・・・

【韓国映画】コンフェッション 友の告白 の感想 ヒョンテの疑心暗鬼が噴出するラストが苦しい

韓国映画の「コンフェッション 友の告白」を見ました。チュ・ジフンとチソンが出演しているので見なきゃ!思って見たんですけど、絶妙に心が苦しくなるような映画でしたね・・・ クライムサスペンスってうたわれてるんだけど、それよりも友人とは?とその定義について考えさせられるような気分になったのでありました。

 

スポンサーリンク


 

友達といいながら相手に対して本当は複雑な気持ちを抱きながらつき合っているというのはよくあることかもしれない。それでも何事も起こらなければそのままつき合っていけるのかもしれないのだけど。

ヒョンテ(チソン)、インチョル(チュ・ジフン)、ミンス(イ・グァンス)の三人は高校時代からの親友同士。ヒョンテの娘の誕生日にはプレゼントを持って集まったりと良い関係を築いている。しかし、保険外交員のインチョルがヒョンテの母親の願いを聞いて彼女の経営するギャンブル場に火災を起こすことで保険金をもらえるように計らい、ついでに親子の和解もさせようとするも、不幸なことにヒョンテの母親が命を落とすこととなる。警察が犯人を捕まえてくれないこと業を煮やしたヒョンテが自分で犯人を捜して復讐をしようとするが・・・というようなストーリー。

インチョルは見栄っ張りでちゃらんぽらんで一見悪い人に見えるんだけれど、実は一番友達思いな人だったことが分かってくるんですが、反対に消防士で品行方正に生きているように見えるヒョンテが友人たちを本当には信じていなかったことが分かるラストが苦しい。妻に聴覚障害者を選んだり、ギャンブル場を経営している母親の職業が許せなかったり、自分が善の方にいることをことさら強調するような生き方は本当は自分の心の闇を多い隠すためだったのかもしれないと思わされるのです。

結局、最後までインチョルとミンスは(それがうまくいったとはいいがたいけれど)友達のことを思って行動していて、でもヒョンテは最初から誰のことも信頼出来なかったのかな。だから高校時代の出来事をインチョルに伝えて信じていなかったと告白出来てしまうけれど、インチョルはあくまでもヒョンテの母親がインチョルに放火してくれと頼んだことは言わない。それを言ってしまったらヒョンテが傷つくと知っているから。

 

誰もすごく悪い訳ではないのに、最悪の状況に行きついてしまうのを見ているのが苦しくなる。チュ・ジフンが演じる偽悪的なインチョルが最初は過剰に見えたけれど、ヒョンテの告白を聞いて歪めた彼の顔が忘れられないほど印象的だった。チソンの抑えた演技も悪く無いけれど、チュ・ジフンに食われちゃったところもあるかな・・・ イ・グァンスはいつもの感じの役なのでまあ良かったですよね。しかし、三人が同級生っていうのはちょっと見えなくて最初は違和感ありましたかね・・・

韓国映画ってこういう苦しい人間の心の裏側みたいなのを描くのがうまい気がする。引っ張りこまれて一緒に苦しくなること多い気がするな・・・ それなりに元気があるときに見た方がいい気がする映画かもしれない。

 

⇒Netflix