【韓国映画】お嬢さん の感想 高評価なのは知ってたけどやっぱり凄かったー!

韓国映画の「お嬢さん」を見ましたよ!簡単に言えば「女を下に見て利用しようとする男なんかいらないわ。ポイ」ってラスト。ある意味、今という時代に相応しいストーリーだったような気がします。エロ要素やらミステリー要素でいろいろ包み隠されているけれど、結局は虐げられていたお嬢さんが選んだ道が結論というか。そんな感じ。

 

スポンサーリンク


 

表現されているのが女性の解放とか生易しいものでは無くて、もっと突き抜けた感覚。彼女たちみたいに性欲だって女性同士で昇華出来るのであれば男なんていらないってああいう結末を選ぶわなと思うのでした。このラスト、男性が見たら恐ろしさを感じるのじゃないかしら?平気なものです?ストーリーのどんでん返しの痛快さを感じてる場合じゃ無いような気がしてしまう。まあもっと進んでて性別なんて超えてる表現なのかもだけど。

あと映画の中にへんてこりんな部分が色々あってこれわざと面白く作ってるんだろうな~と思った。なんだか笑っちゃうシーンがいっぱいあったんですよね。この辺りはパク・チャヌク監督の意図しているところなんだろうな。ほら、渇きとかでもシン・ハギョンが幻で出てくる間に挟まれたセックスシーンとかそういうへんてこりんな絵柄を挟み込んでくる印象があるんだな。この映画でも地下室での二人のやり取りとかね。チョ・ジヌンが演じた上月も存在自体がすでに可笑しい。そして日本人は日本語が分かるから余計に面白く感じてしまうよねえ。それも面白おかしくわざとそうしてる気がするんだな。知らんけど。

キム・ミニとキム・テリのセックスシーンはとても美しかったです。お嬢様役のキム・ミニの肌がそれは白くて、メイド役のキム・テリの肌はそれよりは黒めで。その対比も美しかったな。でも、秀子お嬢様が木にぶら下がった時に腕があらわになるんですが、肘が黒っぽくてですね。それまで怪しい建物とか配役とかの映像面はとても気を使われてて良いなあと思っていたのに、そこで突然「あれ?お嬢さんぽくない・・・」と思ってしまって正気に返ってしまったのでした。他はすごく気を配っているのが分かるのに、ほんと些末なことなんだけど、そういうの気になるタイプなんですよーーー!ほらメイクとかでなんとか出来なかったのかしらと思っちゃう~

しかし、秀子お嬢様にエロい小説を読まれて喜んでるおじさん達のシーンはゾッとしましたが、あとあとそれを知ったスッキが怒り狂って本を破りまくって水に放り込んでるのを見て溜飲が下がりましたねえ。変態とかフェチとかそういうのは好きすればいいと思うけど、嫌がる人に強要してあんなことをやらせるのは気分が悪いですな。この映画では、ちゃんと因果応報な結末を迎えるのでいいんですけども。

実は、原作のサラ・ウォーターズの荊の城を読んだことがあるんですが、読む人によっては構想が広がってこんな映画が出来るとはすごいなーと思いました。映画での時代背景や状況なんかも深読みしようと思えばいくらでも出来そうな気がするなあ。好きとか嫌いとかそういう言葉では表せない、なんかすごいもん見たなーってそういう映画でした。

そうそう、原題は「アガシ」、邦題は「お嬢さん」で直訳なんだけど、英題が「The Handmaiden」で女中になってるんですよ!まるでスッキが主役見たいな感じになってるのが興味深いですよねえ。翻訳する人が破壊者のスッキの方がメインだとそう感じたのかしら?言語って奥が深いですねえ。

 

お嬢さんが見れるのは・・・



【韓国映画】特別捜査 ある死刑囚の慟哭 の感想 またまた強大な権力を持った財閥が出てくるよ!

キム・ミョンミンが主演なので見た映画「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」。うまくまとまってて最後にちゃんと決着がつくのですっきりと見やすい映画でしたね。最終的には強大な悪に立ち向かうことになるんだけど、その理由がキム・ミョンミン演じるピルジェが正義漢でまっすぐな人物だからだとつまらなかっただろうと思うんですね。でもそういう人ではないのにそうせざる負えない状況になるのが面白かったなー

 

スポンサーリンク


 

扱っている題材は重めなのかなと思うんだけど、共演者を見ると分かるようにキム・サンホ、ソン・ドンイル、パク・スヨンなどで、ちょっとコミカルな部分もあってそこまで暗い気持ちにはならない感じ。それにしてもパク・ヒョックォンは同僚を陥れるこずるい役多くない!?そしてだいたい利用されて殺されるとか多いな・・・ ドラマでも映画もなんで、登場すると今回もそういう役かな~って思っちゃうねえ。うむ。これが先入観ってやつですね。

キム・ミョンミンは、ベートーベンウィルスみたいな堅物で個性的な男の役も好きだけど、意外とちゃらんぽらんでコミカルな役を演じてるのもいいんですよねえ。彼が演じるピルジェと死刑囚のスンテの娘とのやり取りも良かったな。面倒なことにはかかわりたくないっていう彼とそんな奴だけどあんたしか頼れる人がいないっていうドンヒョン。彼らのその攻防があったからピルジェという人物を魅力的に感じられるようになった気がする。人間くさいっていうか・・・必ずしも良い人を好きだと思う訳ではないものね。

そしてラスボスはキム・ヨンエ演じるDH財閥の女史様。この「下々の言うことは理解出来ない」っていう冷血なお金持ちの女の役が完璧ですよね。今、ドラマのロイヤルファミリーも見てるので本当にキム・ヨンエの演じるそういう女性は迫力があるなあって感心してしまう。この映画の方が常軌を逸して感情的な女性だからこそ、結局自滅するって結末が待ってる。それにしても色んな映画やドラマで出てくる財閥の幅の利かせっぷりが凄いよね。あんな風に警察にも検察にも影響力を持ってるのが現実だとは思いたくないけどどうなんでしょうね・・・?

「ある死刑囚の慟哭」というサブタイトルのせいでラストが悲しい終わり方なのかな・・・と想像してしまったんだけど、まあなんだかんだ言いながら悪い人は捕まってちゃんと解決するので、わりと視聴後はすっきり感がある映画でありました。だからちょっとサブタイトルがこれまたあんまりしっくり来ないな~と思いましたな。映画自体は結構良かったです!

 

特別捜査 ある死刑囚の慟哭が見れるのは・・・

【韓国映画】コンフェッション 友の告白 の感想 ヒョンテの疑心暗鬼が噴出するラストが苦しい

韓国映画の「コンフェッション 友の告白」を見ました。チュ・ジフンとチソンが出演しているので見なきゃ!思って見たんですけど、絶妙に心が苦しくなるような映画でしたね・・・ クライムサスペンスってうたわれてるんだけど、それよりも友人とは?とその定義について考えさせられるような気分になったのでありました。

 

スポンサーリンク


 

友達といいながら相手に対して本当は複雑な気持ちを抱きながらつき合っているというのはよくあることかもしれない。それでも何事も起こらなければそのままつき合っていけるのかもしれないのだけど。

ヒョンテ(チソン)、インチョル(チュ・ジフン)、ミンス(イ・グァンス)の三人は高校時代からの親友同士。ヒョンテの娘の誕生日にはプレゼントを持って集まったりと良い関係を築いている。しかし、保険外交員のインチョルがヒョンテの母親の願いを聞いて彼女の経営するギャンブル場に火災を起こすことで保険金をもらえるように計らい、ついでに親子の和解もさせようとするも、不幸なことにヒョンテの母親が命を落とすこととなる。警察が犯人を捕まえてくれないこと業を煮やしたヒョンテが自分で犯人を捜して復讐をしようとするが・・・というようなストーリー。

インチョルは見栄っ張りでちゃらんぽらんで一見悪い人に見えるんだけれど、実は一番友達思いな人だったことが分かってくるんですが、反対に消防士で品行方正に生きているように見えるヒョンテが友人たちを本当には信じていなかったことが分かるラストが苦しい。妻に聴覚障害者を選んだり、ギャンブル場を経営している母親の職業が許せなかったり、自分が善の方にいることをことさら強調するような生き方は本当は自分の心の闇を多い隠すためだったのかもしれないと思わされるのです。

結局、最後までインチョルとミンスは(それがうまくいったとはいいがたいけれど)友達のことを思って行動していて、でもヒョンテは最初から誰のことも信頼出来なかったのかな。だから高校時代の出来事をインチョルに伝えて信じていなかったと告白出来てしまうけれど、インチョルはあくまでもヒョンテの母親がインチョルに放火してくれと頼んだことは言わない。それを言ってしまったらヒョンテが傷つくと知っているから。

 

誰もすごく悪い訳ではないのに、最悪の状況に行きついてしまうのを見ているのが苦しくなる。チュ・ジフンが演じる偽悪的なインチョルが最初は過剰に見えたけれど、ヒョンテの告白を聞いて歪めた彼の顔が忘れられないほど印象的だった。チソンの抑えた演技も悪く無いけれど、チュ・ジフンに食われちゃったところもあるかな・・・ イ・グァンスはいつもの感じの役なのでまあ良かったですよね。しかし、三人が同級生っていうのはちょっと見えなくて最初は違和感ありましたかね・・・

韓国映画ってこういう苦しい人間の心の裏側みたいなのを描くのがうまい気がする。引っ張りこまれて一緒に苦しくなること多い気がするな・・・ それなりに元気があるときに見た方がいい気がする映画かもしれない。

 

⇒Netflix






【韓国映画】裸足の夢 の感想 子どもはその存在がすでに希望なんだなあ。

何かを成し遂げたことが無い男が東ティモールで子どもたちと夢を追いかける話「裸足の夢」。実話を映画化したものなんですって!パク・ヒスンが出てたから見たんですけど、普段なら見ようと選ばないジャンルの映画でした。こどもが出てるとお涙頂戴なストーリーだったりするじゃないですか・・・それが得意じゃなくて見ないんだけどね。あざとさを感じるというか・・・ でもこの映画はあまりそういう部分に流れ過ぎてなくて子どもという存在はそこにいるだけで希望なんだな、と純粋にそんなことを感じることが出来て良い映画でした。

 

スポンサーリンク


 

まず、パク・ヒスンが演じるキム・ウォングァンが出来た人間という訳ではないのが良かったんですよね。元サッカー選手なんだけど、サッカーをやめた後はアジアででっかい商売をしようとしても、うまく行かなくて夢破れてばかり。そんな彼がたどりついたのは内戦の傷跡が残る東ティモール。

裸足でサッカーをする少年たちを見て、スポーツ洋品店を開いてサッカーシューズを売ろうとするんだけど、そのやりとりをきっかけにサッカーチームを作って、国際大会を目指すことになる。キム・ウォングァンが立派な志を持ったエリートとかじゃなくて、子ども達と一緒に夢を追いかけている姿になんだか元気がもらえる気がするんだなあ。人生なんて思い通りに行かないことばかり、どうせダメだよと言われることばかり。でも頑張ってみてもいいかもしれない。そんな気持ちをくれる感じ。

それにしても同じアジアの国なのに東ティモールのことをほとんど知らないなあ・・・と反省。私が好きなカフェで使われている珈琲が東ティモール産だったなあというのを覚えてる程度。こういうきっかけがあると知りたいと思うな。ちゃんと調べてみよう。

それにしても子どもたちの瞳がキラキラで本当に美しいの!見とれちゃったなあ。サッカーチームの少年たちもとても素敵だったけど、特にトゥアの妹のジョセフィンはめちゃめちゃ可愛くて、大人になったらすごく美人になるだろうなあ~なんて思ったよ。

チームのメンバーのモタビオとラモスが練習をしていても喧嘩をしてばかりで、パスを送らないの。ただの仲違いとかではなく、お互いの家族が内戦で敵同士だったために傷つけあったからという理由があるんですね。そういう大人の争いが子どもにも影を落としている関係。でもきっとその敵対心を捨てることで始まるんだろう。スポーツも新しい歴史も。そういう部分も描かれてるのは良かったな。彼らが和解するシーンはさすがに泣いちゃったなあ。分かっててもやっぱりダメですなあ!笑

キム・ウォングァンと、大使館のパク・インキ(コ・チャンソク)のコンビが素敵でした。ウォングァンに小言を言いながら最後まで付き合ってくれるいい人です。彼も一緒に夢を見ていたんだろうな。あとなぜか清水圭が出てて、東ティモールで貸金+カーショップの経営者役だったんですね。なぜ出演してるんだろう??と思ったけど、サッカーの国際試合が開催されるのが広島だったので、彼が応援席で東ティモールチームを応援している姿を見たらなるほど適材だわと思いました。確かに東ティモールで商売が出来るバイタリティーがありそうに見えるしね!

 

サッカーのルールやら詳しいことは全然知らないけれど、十分楽しめましたね。キラキラした子どもたちをたくさん見たらなんだかパワーをもらえた気分。感動させるぞ~というわざとらしさも無くて抑え気味なので、素直に楽しめたなと思います!割と良かったです!

 

裸足の夢が見れるのは・・・

【韓国映画】恋は命がけ の感想 霊も出てくるけどコメディー要素の強い楽しい映画でした~

映画の「恋は命がけ」を見ました!着実にイ・ミンギ出演作を見るっていうのを達成して行っています。ただU-NEXTにせっかくTSUNAMIがあったのですが、これだけは手が出せなかった・・・ パニック映画系はちょっと苦手なんだな・・・ パンデミックとか竜巻とか今のところ日本で実際に起こったのを私が見たことが無い災害ならあまり臨場感を感じずに見られるのですが、地震関連は怖くて見れないなあと。まあそこを無理してまで見るものでもないですしね!映画は娯楽として楽しもうっと。

 

スポンサーリンク


 

この映画は、イ・ミンギお得意のラブコメって感じなので安心して見れました。ホラーっぽい雰囲気のマジックショーで人気のマジシャンと、霊につきまとわれてて霊が見えちゃう女の子のストーリーです。その女の子(ヨリ)は、高校時代に死にかけた体験があって、その時に親友よりも先に人工呼吸を受けたから助かったんだけど、次に人工呼吸を受けた親友は死んじゃったんですね。その時からその親友の霊がヨリのせいで自分が助からなかったからと彼女を幸せにするものかと付きまとって、彼女のまわりにいる人たちに危害を与えるんですねえ。だからヨリは友達とも電話だけ、彼氏もいないし、家族も外国へ移民しちゃって、独りぼっちで寂しく生きてるんです。でもマジシャンのジョグ(イ・ミンギ)と恋に落ちて・・・ってなストーリー!

恋の障害が「霊」なんですけど、ヨリに恋人が出来るのを阻止しようとするので、付き合い始めたらジョグが次々と危ない目に遭っちゃってね・・・ 看板が落ちて来たり、事故に遭ったりと正に命がけの恋なんですよねー。でも、付き合うってなった時にヨリがジョグに「保険に入ってね」って言うところは面白かったな!

やっぱりイ・ミンギってお茶目なちょっと頼りないような男の子役が似合う気がする。悪人役もいいんだけど、メイクでなのか、演技でなのか全く違う顔をする。で、この映画ではちょっととぼけた風味のある男の人の役なので、持ち味が存分に発揮されている感じ。暗闇で霊におびえる表情とかめっちゃ可愛いんですよね。
あ、でもマジシャンとしてステージに立ってる時のアイラインばっちりのメイクだとカリスマ感がやっぱりあるし、この映画ではどっちも見れていいね!

ソン・イェジンもとっても可愛い。暗い雰囲気を醸し出してみてもやっぱりどこか印象的だからジョグがヨリを好きになっちゃうの分かるわー。まあいつの間にそんなにも好きになっちゃってたの?って気はしたんだけどね。そこまで有無を言わさず惹かれてしまうっていうほどの説得力は感じなかったかなあ・・・ 最後にやっぱり無理だから別れるって決めたときにジョグが「愛してる」って涙をボロボロに流して泣いてるのを見たときはそんなに好きだったのか・・・知らんかったって思っちゃったのねえ。

ジョグの彼女役を演じてたユン・ジミンはずいぶんと年上に見えたけど、クールな彼女というイメージで落ち着いた人を選んだのかな?いまいち二人が恋人同士に見えなかったなあ。ユン・ジミンは、キャリアを引く女でちょっと曲者のチョ・イェリョンを演じてた人ですよね。一度見たら忘れない顔だな~ クールビューティーって感じでわりと好きですけど!

ヨリの友達たちも面白キャストだったし、霊は出てくるけどそんなに怖い訳でもなく恋愛のスパイス要素くらいの位置づけだから楽しく見れる映画ですねー。イ・ミンギもかっこいいし満足しました~

 

恋は命がけが見れるのは・・・