【韓国映画】ビューティー・インサイド の感想 自分を形づくる「内面」って一体どういうものなんだろう?

映画の「ビューティー・インサイド」を視聴しました!ドラマ版の同名の作品にイ・ミンギが出ていると聞いて、まずは映画版を見たいな~と思っていたのですよ!毎日眠ってそして起きたら外見が変わってしまうという人物が主役なんですが、その変わり様が激しくてそんな訳ないやん・・・と眉唾ものを見ている気持ちと、でも設定としては面白いな~の気持ちのはざまにありつつも実は「私を形作る要素とは一体なんなのか」という深い問いかけが込められているようにも感じるようなそんな映画でありました。

 

スポンサーリンク


 

主人公のキム・ウジンは毎日違う外見になる男。その変わり方は外見だけじゃなくて性別、年齢、国籍などすべてが変わってしまうのです。彼はひとりひとりの体にぴったり合うオーダーメイドの家具を作る仕事をしているのだけど、考えてみたら彼自身は毎日変わる自分の姿にピッタリ合うものを作ることは出来ないという皮肉。例えば、もし私が目が見えなかったらどんな人を好きになるだろう?と想像したことはあるのだけど、その時は内面と後はきっと声、感触、匂いなどを手がかりに好きになるのかな、と思ったのです。でもこのウジンの場合は本当に変わらないのは内面だけで、声も含めたすべてが変わってしまう。待ち合わせをしても見つけられない。

そんなウジンを愛するのは、ハン・ヒョジュ演じるホン・イス。彼女もウジンという特殊な人を愛することで起こる出来事に苛立ったり、悲しんだり。ウジンと歩いているだけなのに、男をとっかえひっかえしていると言われたり、じゃあ結婚となったら親にどう紹介したらいいの、とか。でも少しずつ知って行く彼の内面をやっぱり愛さずにはいられない。

結局一度離れる二人だけど、やっぱりそばにいたいと一緒にいることを選ぶ二人。これ、とてつもないロマンチックな映画なんではないかと思う。ひょえー

それにしてもウジンを演じる俳優陣が非常にバラエティー豊かです。そして豪華!
パク・シネ、イ・ボムス、パク・ソジュン、チョン・ウヒ、イ・ジヌク、ソ・ガンジュン、イ・ドンウク、ユ・ヨンソク、上野樹里まで!イケメンや美人にもなれる反面、老人や子どもになってしまうこともある。

 

一体どんなもんなんだろ~と半信半疑で見たんですけど、同じ役柄にこれだけ沢山の俳優さんを使っているにも関わらずテンポもよくまとめられていて、結構良かったんですよ。出てくる家具なんかもとても素敵だったし、落ち着いた雰囲気が良かったです!ドラマも期待できそう~

 

ビューティー・インサイドが見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す