【中国ドラマ】太子妃 狂想曲<ラプソディ> の感想 突き抜けたパワーを感じる不思議な魅力のあるドラマだった!

友人が貸してくれたので、まあちょっと見てみるか~と軽い気持ちで見始めたのですが、ちょっとビックリの面白さでした。
なんか色々突き抜けてて、これはそうだなあ、かなり前だけど香港から深圳の錦繍中華 (ミニチャイナ)と民俗文化村に行ってナイトパレードみたいなのを見たんだけど、それぞれすごい芸を披露する人が次から次へと出て来て、一体これはいつ終わるんだろうってクラクラした感覚に似ています。なんというか、日本人だったら常識でこれくらいと考えるその限度を簡単に越えちゃう感じのすがすがしさみたいなもの。そんな感じ。色々バッキーンって自分の既成概念みたいなものが壊されるような心地よい感覚です。

 

スポンサーリンク

 

まあそんなことを色々考えなくても面白いですが!

とはいえ、最初の数話はかなり下ネタ(トイレネタとかオナラとか)が多いし、ナンセンスギャグの応酬で、なんじゃこれは?と思ったんですが、そういうところもあまりにも徹底的なんで、そういうのが苦手な私もいつの間にかどうでも良くなってたんですよね。

ストーリーとしては、よくあるタイムスリップものではあるんですが、現世でプレイボーイだった男性が、過去に行って太子妃、つまり女性になっちゃって性別が変わるという設定なのです。この設定がなかなか良いんですよね。
性別が入れ替わるって場合は、例えば恋人同士の中身がお互いが入れ替わるっていうのはよくある気がするんですが、それならお互いの外見が変わるだけだから、異性間の恋愛には変わりないのですが、このドラマの場合は、主人公一人だけで男性が女性になってしまうので、なんだか性別を超えた愛みたいなものが描かれるようなところがあって非常に興味深いんです。
なので、ちょっとBL風味もちょっとあるような気もするし、それよりももっと大きな愛みたいな感じもする。面白い。

 

太子妃を演じるチャン・ティエンアイはとにかくお美しいです。
でもちょっときつめの顔が中身が男の考え方でサバサバしていた行動をするのが違和感が無いのです。独り言は現世の時の男の声なのも面白くて。

中身はプレイボーイだから、他の妃たちにも優しいというかむしろデレデレしてるし。

露出も多いビラビラ衣装なんだけど、白くてすべすべで素晴らしい。
そのビラビラ衣装なんですけど、とにかく家の外も中もずっと風が吹いてます。その透けた布の美しさを生かすためにこれでもか!って風を吹かせてるのが、もう徹底的で、この辺りがね、凄いなあと思って見てたんですよね。
めっちゃやり切ってる。

 

そして太子の斉晟を演じるション・イールンもなかなか良かった。
なんというかツンデレとはまた違うとにかく無表情で、感情を表に表さないんです。ツンデレって言ったら、好きな人にはデレるってやつだと思うんですけど、この人は二人になっても感情を表さないのですよ。
でも、まあそんな風に隙が無いところが皇帝陛下(途中で太子から陛下になります)って感じではあるよね。策を悟られてはいけないですから。

カッコいいのかどうかと言われるとよく分からないんだけど、だんだん素敵に見えて来る。

普通の服を着たら全然印象が違いそう。

どうやらウェブで放送される低予算ドラマだったようなのですが、そのせいかセットもかなりチープ感はあります。
しかし、床や柱を赤とか緑とかピンクにベタ塗りした建物や造花を咲き乱れさせたセットが反対に鮮やかで効果的な気さえしてしまう。キッチュな感じというのでしょうか?

でも、そういうのも気にならないというか演技とかストーリーが面白かったら関係ないんだなーと思わされるんですよね。

 

あとすっごい良かったのが、キスシーンの撮り方。
なんか艶っぽくてキレイだったので、俳優さんの演技のせいかなとも思ったんだけど、それだけじゃなくてカメラアングルが二人の頭側から撮影してるのが印象的だったのかも。
太子妃の中身が男なもんだから、キスの後に太子妃の方が太子を抱き上げてベッドに連れていくのとかも面白いよねー。小技が効いてる。

 

あとは私が実は一番好みだったのは趙王役のジャン・チーリンです。
ダメダメ男の役だったんだけど、真面目な顔をすると男前だと思うんだ!

そして九王役のアラン・ユ―もなかなか美しかったです。

報われない片思いが可愛そうだったけど、仕方ないね・・・!

ドラマ全体としてはコメディー色が強すぎるところもあるし、なんだこれ?って思う人も多そう。でも私は中国の底力を感じて、やっぱり母数が多いと、優秀な人材も多いんだろうな、としみじみ感じて非常に興味深く見ました。
役者さんの演技もそうだし、細かいことが気にならなくなるようなパワーみたいなものを感じたドラマだったなあと思うのです。

あと最後の終わり方も示唆に富んでて面白かったな。
現世で男性に戻った張鵬は、それでもきっと現世で生まれ変わった斉晟を愛するんだろうな。
いやーなんだかやっぱり性別も何もかも超えてる。今はもうそういうの全部超えた新しい感覚の時代ですよね。ほんと面白いなーと思いました!

 

 

太子妃 狂想曲<ラプソディ>が見れるのは・・・

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す