【韓国ドラマ】スターの恋人 の感想 チェ・ジウの相手役は背が高いことが必須なんだなあと思った!

久々の韓国ドラマの感想です。
最近、どちらかというと台湾ドラマとか中国ドラマをよく見てる気がするんですよねー
見てるのが当たりのドラマなのか、面白いのが多くてなんとなくそんな感じ。
とはいえ、並行して色々見ておりますので、感想がたまってるので頑張ります・・・!

スターの恋人は、なんとなく見る前から予想がつきそうな内容のドラマと思ったのですが、意外とそれなりに楽しんで見れました。
しかし、ポセイドンでも苦手だな~と思っていたチョン・ウンテクがチョルスの友人の記者役で最初の頃はやたらと出番が多くて、これは最後まで視聴が無理かも・・・と思うほどだったんです。
が、だんだんと出番が減っていったので、なんとか大丈夫でした。
役柄的にもそういうのが多いせいかもしれませんが、表情も動きもわざとらしくて私にとって見ているのがしんどい役者さんの一人です。

 

スポンサーリンク

 

ユ・ジテは堅物の小説家志望の先生って感じが良く似合っていたけれど、
他の人はなんだかいまいちどんな人なのかキャラが捉えられない気がしちゃいました。イ・マリの描写が中途半端だったような?うーん。

事務所の社長は分かりやすかったですけどね。
演じていたソン・ジルはちょっとうさん臭い役が似合うなあ~と思って見てました。

まあそんな中、チャ・イェリョンが憂いを秘めた感じが美しいな~と思っていました。
そうかこの方がチュ・サンウクの奥さんなんだ!ってやっと名前と顔が一致。
以前はイ・ドンゴンと付き合ってたこともあるらしいけど、もてるの分かるな~と思う!守ってあげたい感じがする!

 

そしてこのドラマではストーリーよりも他の事ばっかり考えながら見てたんですよね。
チェ・ジウは身長が174センチ、ユ・ジテが188センチ、イ・ギウが190センチなんですよ!
確か、ユ・ジテはヒーラーを見た時に「でか!」と思ったし、
イ・ギウもイケメンラーメン店で「でか!」と思ったのに、
このドラマでは全然そんな感じがしなかったのはチェ・ジウも大きいせいなんだな~と気づきました。
ちなみにチャ・イェリョンも172センチある!
抱きついた時のバランスとかそういうのも大事だからキャスティングは演技だけじゃなく背の高さなども考えないといけないんだな~なんてことを思ってました。

女性のすらっとして背が高いの素敵だなって憧れます・・・
チェ・ジウのバレエのバーレッスンしてるシーンがお綺麗だった!

そしてこれまた全然関係ないのですが、キム・チョルスの部屋が文章を書く人らしく蔵書がとにかく沢山ある部屋なのですが、こんな風に三方を本棚に囲まれてたら地震が来たら大変なのに・・・とどうしても思ってしまう・・・
地震の多い国に住んでるせいでそう思っちゃうんだろうけど、韓国はあんまり地震がないのでしょうか!?

 

まあ、そんな感じで、なんとな~く見た感じだったのですが、まあ最後はハッピーエンドで良かったなあと思いました。
ともかく、子どもの頃は相手のことを「好き」かどうかだけで行動出来るけど、どんどん大きくなるにつれ余計なことを考えすぎて行動できなくなるよな、と思いました。
そして、頭が良いと更にその傾向が顕著になるなと。
あれは「愛じゃなかった」「愛だった」とかまるで自分の頭の中で勝手に色々考えて難しくしてるだけというか・・・
「悩む」のと「考える」は似て非なるものと言いますが、悩みは自分の頭の中でわざわざ作り出してしまうものなんだなとこのドラマを見てしみじみと思ったのでした。

 

このドラマが見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す