【韓国ドラマ】じれったいロマンス の感想 楽しく見ていたのですがラスト2話くらいで失速しちゃったかな・・・

2018年の最初に視聴終了したのは、じれったいロマンスでした~
高潔な君に引き続き、ソンフンのツンデレ社長シリーズなんですが、彼のそういう役はかなりはまっているので、見てて結構面白かったんですが、ちょっと最後2話くらいで回想シーンが多いのと、ヒロインが何度も彼と離れたり、やっぱり好きだとなったりするのを見てるのがめんどくさくなって、まさにタイトル通りじれったくなりました。なので、その点がマイナスかな・・・

 

スポンサーリンク


 

ソンフンの秘書役のパク・シンウンも引き続きの出演で、今回はスーツもなんだか派手派手で更に個性的になってました。二人のコンビも面白いのと、秘書が意外と社長の恋愛の応援してくれたり心配してくれたりでほっこり。

ソン・ジウン演じるイ・ユミの母親がポルノ女優という設定で、そのせいで学校でいじめられて来たイ・ユミは反面教師でボタンを一番上までしめるようなお堅い女の子になっちゃって、すっかり恋愛には奥手でロマンス小説ばかり読んで夢見がち。そしたら友人のヒョンテがロマンス小説の新刊を手に入れたよ!ってユミに見せた中に「高潔な君」が出て来た!笑

このヒョンテ役の彼もどこかで見たことあるなあと思ったら、君を憶えてるで捜査官を演じてたキム・ジェヨンでした。なんだか目に特徴がありますねー。記憶に残るタイプの顔だな。このドラマではヒロインの面倒を見る優しい友達でしたね。ほんとはユミのこと好きなのに、最後までいい人なのだった。でも彼も何気にハッピーエンディング。

イ・ユミを演じたソン・ジウンは普通っぽい感じの女の子。でもたまにとても綺麗に見えたりも。お母さんの職業のせいで・・・というのは分かるけど、あんたの人生はあんたのもので、母親のものではないので、何度もその問題で事件が起こるドラマの進み方のノリがイマイチに思えたのと、ヒロインの役の上での性格もちょっとウジウジしてたので私はあんまり好きじゃなかったんだなー。でも、この普通っぽい子が社長と・・・っていうシチュエーションが、こういうドラマでは良いのかもしれない。知らんけど。

ソンフンは高潔な君の社長の時よりも、成りきりっぷりを更にやり切ってて良いと思いました。「俺はイケメンで金持ち」みたいな役でも、そんなこともないけど~?と思わせない本当のイケメンだと思う(好き嫌いはある顔立ちだと思うけど)ので、こういう役に合ってていいです。私も好みではないけど、カッコイイなと思います。筋肉のつき方もとてもお美しい。

そして、子どもと戯れるシーンなんかもあるんですけど、イケメンと子どもって意外と合うなあ~と変な事に関心。子どもちゃんに振り回されるのとか可愛いです。

は~しかし、キスシーンとか多いし長いし、ちょっと笑っちゃうんですけど!やや執拗。浸れたらいいんだけど、ダメだなんか面白くて笑っちゃうw

 

とまあ、ドラマの最初の方でジヌクがユミのことを好きなのに素直にそうは言えなくて意地悪してる時とかは楽しかったんですけど、両思いになってからが長かったのでそこがちょっとね!でも軽い気持ちで見るには楽しいドラマです。

 

じれったいロマンスが見れるのは・・・


 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す