【中国ドラマ】古剣奇譚 ~久遠の愛~ の感想 ゲームが原作のファンタジーは何でもありで面白い!

古剣奇譚 ~久遠の愛~の視聴終了しました!RPGゲームが原案のドラマと聞き、シンデレラはオンライン中で中国のイケメンのそういう扮装めちゃめちゃ素敵!と実感したのでこれも見てみることにしましたよ!結論から言うと、めっちゃ好きでした。面白かったです!

 

スポンサーリンク


 

中国ドラマではだいたい中国14億の人口から選ばれたイケメン半端ないわ~といつも唸らされるんですが、このドラマではどちらかというと女優さんの方にそれを感じたかな!イケメンもいるんですけど、これはもう好みの問題ですね。

でも、主役の百里屠蘇(ひゃくり・とそ)役の李易峰(リー・イーフォン)は大変かっこ良かったです。とはいえ、盗墓筆記で見たことあるけど、その時は全くなんとも思わなかったのですよね~(ヤン・ヤンに夢中だったせいかもしれないけど)でもこういう仰々しい服装と長髪がキリっとしたまなざしと眉にピッタリでこのドラマでは最高です。

まあでも百里屠蘇というキャラクターの設定的に私の大好物なんですよ。半分妖魔みたいな異形の者で過酷な人生の孤独な身の上の人なんてどうしても好きにならずにいられないタイプなので、そのせいで3割増しくらいカッコよく見えてしまってる気もする。ともかく彼は断然、古装推しです。ラブ・アクチュアリーも見てみたけど、やっぱり現代劇だとピンと来ないなあ~

女優陣は、楊冪(ヤン・ミー)は文句なしに美人だし可愛いし、こういうビラビラした服装も似合います。目が素敵なのですよね。あの瞳で見つめられたら好きになるよ・・・

あ、そうそう、ヤン・ミーといえば私のキライな翻訳官ですが、あのドラマに出てた役者さんが他にも何人かいたんですよー

記憶喪失のお兄さん、尹千觴(いん・せんしょう)役高偉の光(ガオ・ウェイグァン)とか。私のキライな翻訳官ではあんまり好きなキャラじゃなくて苦手だったけど、このドラマだと悪くなかったかなー

猫の妖魔、黒曜(こくよう)役の張雲龍(チャン・ユンロン)は意外と好き。実はかっこいいんだとは思うけど、ちょっと抜けた感じが似合う人でもある。ちょっといい人オーラがあるんですよね。私のキライな翻訳官でも気のいい友達役だったし。

陵越(りょう・えつ)役の陳偉霆(ウィリアム・チャン)は私はあんまりピンと来ないけど、優しそうな兄弟子という役柄はとっても合ってた。真面目そうな役が似合う。

そして何よりも芙蕖(ふきょ)役の迪麗熱巴(ディリラバ)の可愛さにビックリしてしまった!新疆出身らしいのでちょっとオリエンタルな雰囲気。なんという美少女!!! 彼女を見れただけでもこのドラマ見て良かった~

狐の妖魔、襄鈴(しょう・れい)役で鄭爽(ジェン・シュアン)も出演してて、彼女も安定の可愛さでしたが、女優陣は美人がいっぱい過ぎてあんまり彼女が目立たないくらいでしたな。

欧陽少恭(おうよう・しょうきょう)役の喬振宇(チャオ・ジュンユー)は色気があって素敵だったな・・・ 最初は本当に良い人にしか見えてなかったから、いい人と悪い人の二面性がだんだん見えてくると途端にそういう人に見えてくるのが凄かった!

あと気になったのは、應昊茗(イン・ハオミン)が演じる陵端(りょう・たん)かな。だって仙人になるために修行をしてるっていうのに、めっちゃ心が狭くて百里屠蘇を目の敵にしていじめまくるのですよ。最後、この人ははどうなるんだろうと思ったら、自業自得みたいなことになってたけども。それよりも以前に「天墉城」でそんな人を弟子の中でも上の方の人にしたらダメなんじゃ・・・とか思ってしまったー!笑

あと、馬天宇(マー・ティエンユー)演じる方蘭生(ほう・らんせい)もちょっと苦手なキャラ。どうやら私はおしゃべりなキャラがあんまり好きじゃないみたい。でも中国ドラマって必ずそういう人出てくる気がするんですよね・・・

 

ファンタジーなので、色んな術とか出てくるし、なんでもありだけどとても面白かったです。半分に分けられた魂が違う身体に宿って、お互いがどこか求め合ってしまうのに敵同志という設定もなんだかロマンチック。映像もとても美しいし、自分の常識とか通じない何でもありの設定だからとっても楽しめたな~と思います!

 

 

古剣奇譚 ~久遠の愛~が見れるのは・・・



  

【中国ドラマ】続・宮廷女官 若曦 ~輪廻の恋~ の感想 若曦にはまった人はズッコケそうな続編でした・・・

さて、若曦を見終わった後に、現世での続編をめちゃめちゃ楽しみに見始めたんですけども・・・ 『なんだこれ』感が沸き起こってくる仕上がり具合だったので、そのあまりの逆ブレ風味が反対に面白くなってしまいました。しかし、若曦が良かったので、その美しい悲恋のノリを期待するとズッコケると思われます。あの世界観に浸っていたい人にはあんまりオススメできないな~ わはは~

 

スポンサーリンク


 

確かに清などの昔の時代に皇子同志が争うというのは、皇帝になれるかどうかで自分の運命が天と地ほども変わってくるし、自分の意志ではなくてもその争いに巻き込まれてしまうところがあるけれど、現代では社長になろうがなるまいが死にはしないし、争わなくてもそれぞれ幸せに生きることが出来るといえばできるので、恨みとか復讐とかそういう争う理由が必要になってくるんだな。でもそうするとよくあるドラマって感じになってしまうという。

そんなこんなでリウ・シーシーが張暁と藍蘭の2役で登場。そしてニッキー・ウー演じる殷正が愛してるのは藍蘭の方で、張暁(若曦)じゃないっていうトリッキーな始まり。まあ最終的には張暁を好きになるんだけども・・・。それよりも途中で藍蘭が火傷して姿を消すんだけど、また現れたら馬伊諾という名前に変えてて整形してアニー・リウの顔になって出てきて、つまり藍蘭は張暁の姉だったというなんというアクロバティックな展開!そして、姿を消した藍蘭は砂漠で見つかるんですけども、あんな広い中国でたまたま見つかるなんてことある!?おおおおおおおおい!

なんだか思い出してこうして感想を書いてても、なんだったんだあれはとしみじみと思いますねえ・・・

結局、若曦と同じ出演者は若曦のリウ・シーシー、第4皇子のニッキー・ウー、若曦の姉のアニー・リウ、皇帝役のダミアン・ラウ、玉檀役のイエ・チン、第10皇子のイエ・ズーシンくらいしかいないので、皇子が圧倒的に少ないので、『続』っていうのに最初から無理がある感じかなあ。それをなんとかするためにトリッキーな設定にしたんだろうけど、やり過ぎてプロットがおかしなことになっている感じがする。

とはいえ、ときめき旋風ガールですっかり好きになったチェン・シャン(陳翔)が出てたので彼の出番は楽しく見てました。張暁の元カレ役だったんだけど、全くメインストーリーにも関係ないし、チャラっとした割といい奴な感じを平和に楽しめる。

なぜかちょっと可愛らしいしぐさとか多くて、なんなの!?良い!って思ってました~!
あと、挿入歌で使われてた彼の歌も好きだったので、ややチェン・シャン(陳翔)を楽しみにこのドラマを見ていた割合が高いですね。私。

ギター片手にバーで歌ってるシーンも良いし。すごく歌うま~いって感じじゃないけど、特徴的な声が印象に残るタイプの人。私は好きな声だな~!

そして、殷正のライバルで第8皇子的なポジションのスン・イーチョウ(孫芸洲)はどこかで見たことある顔だ・・・と思って考えてたら、いつか王子様がでしつこい元カレを演じてた役者さんでした。

この康司瀚がなんとも言えない役でしたねえ。っていうか彼、恋人を妊娠させる率高過ぎで苦笑。最初は性格も良くて張暁と付き合ってたのに、別れた元恋人が妊娠してたことによって張暁と別れ、元カノは事故にあうわ、出張先で誘拐されて暴力を受けて性格まで変わるわで散々でしたな・・・ 最後はただの嫉妬に狂って復讐する男になってしまって本当なんだかなあな役でした。もうちょっとどうにかならなかったのだろうか、と思ってしまう。

一番下の弟、康司宇役のジャン・ジンフーは悪くなかったな。3兄弟の中で一番まともなので、私だったら彼がいいよ。ややこしくない人がいい。

張暁と仲良しの孟心怡。そういえば過去では義姉妹の契りを交わしてましたね。しかし、現代版では二人のべたべたした仲良しこよしが気持ち悪くてあんまりああいう関係性好きじゃないなあと思って見てました。こんなに仲良しな二人がお互い知らずに康司瀚という同じ人を自分の彼氏と思っているという点を強調するための演出なのかもしれないけど過剰ですよね・・・

なんだか脇役的な登場人物が脈絡なく途中から突然出てくるので、それを劇的に見せようとしてそんな風にやり過ぎな演出になっていたのかも。他の人もそんな感じを受けたなあ。

そして、アニー・リウは今の服装でも綺麗でしたけど、やっぱり清の時代のお衣装の方が好き。あの上品な雰囲気はとても良かった。いやしかし、藍蘭が整形したらこの顔になるってのは良く練られている話のようで突飛なような訳の分からない気分になる展開だ。

そして第10皇子は、なんだかオネエ言葉をしゃべる嫌味な上司で出てきて、なんでこのキャラ設定になったのかも全く分からない。第10皇子を彷彿とさせるような設定にしてくれたら良かったのにな・・・

 

ラストも現実なのか夢オチなのか分からないのも一体なんだったのか。3パターンくらいあったんですけど、最後のハッピーエンドのも張暁が退院する時と博物館での服が違うので、もしかして実は意識不明のままで夢を見ているだけという救いのないラストだったのかもと思えたりもするんですよねー。モヤモヤ。

あとみんなやたら大事な時にたまたま携帯を紛失したとか、忘れてきたとかで連絡取れないなんてことが多くてね。ワンパターンなので、これもその度に笑ってしまったなあ。

 

はー。思い出しても一体なんだったんだ・・・と思っちゃうドラマだったんですが、チェン・シャンと蘭州の砂漠の風景を見るのは楽しみでした。まあ期待せずに見ればとんでもな部分もいっそ楽しめる気はするのですが、でもやっぱり若曦の続編と思ってみたらビックリするよね。本当は麗も続編作って欲しいと思ってたけど、これを見たらとてもじゃないけどそんな気持ちは吹っ飛びました!笑 なんてこった!

 

続・宮廷女官 若曦 ~輪廻の恋~が見れるのは・・・





【中国ドラマ】宮廷女官 若曦 の感想 ラストに近づくにつれ悲しみが胸に押し迫ってくる・・・

満を持してやっとやっと宮廷女官 若曦を見ました~!韓国ドラマの麗がこのドラマのリメイクだと知ってからいつか見なければと思いながら、やや辮髪に対する緊張感などもあり(かっこいいと思えないかもみたいな気持ち)伸ばし伸ばしにしてたんですが、とうとう手をつけましたよー とても美しかったし、とても良かったんですが、ラストに近づくにつれどんどん哀しみの奔流に私まで巻き込まれるような気分になって、あと数話がなかなか見れずに足踏み・・・ 設定がかなり違うとは言え、韓国版の麗を見ているので話の筋はわかっているはずなんですけど、若曦の方が深い深い悲しみを感じてしまった。あの紫禁城の重厚な石畳に人々の悲しみが染み込んでいるように思えて冷たく切なく見えてしまうせいでしょうか・・・

 

スポンサーリンク


 

さて、どうしても麗と比べて見てしまう部分もあったのですが、私は麗⇒若曦の順番で見てよかったな~と思いました。というのも中国版はあくまでも若曦がメインでプラス皇子達というイメージなんですが、例はヘ・スの魅力だけではちょっと足りなくてその分、皇子達をアイドル的なビジュアルのイケメンたちで揃えたよ!みたいなイメージがあるから。だからだと思うけど、やっぱり若曦の方がストーリーにミーハーなノリがなく重厚な感じがある。だって、麗は最初の始まりからヘ・スがタイムスリップする場所が皇子たちが入ってるお風呂だからね・・・ もし若曦を先に見てたらなんだこれ・・・と思ってその先を続けて見られなかったかもだし、最後まで面白いと思えなかったかもしれない。

麗の第4皇子の顔の傷についても、若曦の第4皇子にはそういう設定はないのですよね。どちらも母親との確執はあるのだけれど、韓国版の方が恨の感情に重きが置かれるからその部分をより悲劇的に描いたのかなと思いました。

リウ・シーシーは初めて見たけれど彼女の若曦の演技はとても良かったです。自分ではどうしようもない運命に身を委ねるしかない切なさ・・・彼女のひたむきな表情がとても魅力的。人気があるのも分かるなあ。着ていたお衣装も素敵でした。

第4皇子役のニッキー・ウーも辮髪がとても似合っていました!!!むしろ辮髪の方がさわやかで素敵に見えるかも(実は続若曦も見ちゃったんですが、洋服だとかっこよく思えなかった!)しかし、見ている途中で年羹堯やロンコドという聞いたことのある名前が出てきて雍正帝ってもしかして宮廷の諍い女で出てきた皇帝じゃない!?と気づきました。そう考えるとあんなに若曦を愛していたけど、たくさん側室がいたんだな・・・と思ってしまったよ!まあどのドラマもどこまで史実に基づいているかわからないですけども。

皇子という存在は、自分が確実に生き残るためには自分が皇帝になるしかない・・・というのが苦しい定めだなあ。そしていざ皇帝になればなったで自由が無くなってしまう・・・という矛盾。二人が別れるしかない結末が、どうしようもないとはいえやっぱり悲しかった。

とても美しくて好きだったのは若曦のお姉さん役のアニー・リウ。美人なのはもちろんのこと、どこか儚げな様子や立ち居振る舞いがとても美しい。少し切れ長の目がこういう衣装に合うのかも。

そして男性陣で一番好きだったのは、ユアン・ホンが演じる第13皇子。役柄もさることながらどうどうとした体躯やキレイな頭の形で辮髪がとても似合ってました!なので彼が死んでしまった時も悲しかったな・・・

反対に第14皇子がどうも好きではなかったなあ。ケニー・リンは恋せよ姐GO!の時に妙に上から目線な話し方の役で苦手だったんだけど、なぜかこのドラマでもちょっとそんな雰囲気があってやっぱりその苦手意識が払拭されずじまいでしたなあ。第14皇子って大事な役柄の一つなので、ここが私の好きなキャスティングだったらまた印象が違ったかな。

 

ともかく、とても見ごたえのある重厚な物語でした。美しい風景や衣装が悲しさを増幅させる・・・ そして続・若曦もこのドラマが良かった勢いで見たんですが、全然続編と言えるものでなくなんだこれはだったのでそういう意味でも中国ドラマはどっちに目盛りが振れるにしてもスケールが違うわ!と変な感心をしたのでした。まあ続編はともかくこのドラマはとても良かったです。見ごたえあり!!

 

宮廷女官 若曦が見れるのは・・・




【中国ドラマ】盗墓筆記 The Lost Tomb の感想 シーズン1は序章に過ぎなくて謎は深まるばかり!

楊洋(ヤンヤン)の海にざっぱーんと落ちた状態の私はまたまた彼が出ている作品を見ちゃいました!これも実は1話のさわりを最初だけ見て砂漠での追っかけっこの辺りでなんだこれ?と見るのを一度は止めたドラマなんですよね~ この盗墓筆記。その時は出てる俳優さんも全然見当たらなくて、ヤンヤンも知らなかったですしね・・・

 

スポンサーリンク


 

中国で人気の小説「盗墓筆記」をドラマ化したもののようで、映画や漫画も製作されているみたい。小説では全部で9冊だそうで、このドラマも1シーズンが12話くらいでそれがシリーズ化して行く様子。なので、私が見たシーズン1(でいいのかな?)ではラストに何にも解決しなくて謎が深まっただけの終わり方でした。誰が味方で誰が敵なのか、それぞれが何を目的に行動しているのか全く分からなくて頭の中は???でいっぱいです。1シーズンごとにすっきり何かが1つ解決するというタイプのドラマではないみたい。

まあ、盗墓というくらいなので、盗掘をする人たちが出て来るんですけど、主役の呉邪は「老九門」のうちの一門の子孫ではあるものの、そういう貴重な遺物を保護して文化財として国に納めなければいけないと思ってる人なんですよね。原作がどうなのか分からないけど、これはやっぱりドラマ化にあたって盗掘なんてしちゃダメよーと人民を啓蒙する意味があるんだろうかと勝手に邪推しちゃったりして。まあ、彼のおじいさんの頃とは時代が変わったということかもしれないけどね。 まあ主役がそんな感じなので、お宝ゲット!やった!みたいな冒険感や達成感は無くなるな~と思ったのでした。

 

まあそんな感じで内容はまだまだ全容が明らかになっていないのですが、とりあえず私的な見どころはクールビューティーでミステリアスなヤン・ヤンでした!

彼が演じる張起霊はすごい能力を持っているということは分かるものの今のところ得体のしれない登場人物で、何が目的なのか何のために動いてるのか全然分からない。
なのでもうここは割り切っていつもと違う黒ずくめの超絶クールな彼を楽しむしかない!

しかし、人を探しに行って帰ってきたら、なぜか服を脱いで上半身が裸になって登場した。謎。墓の中で一人だけどうしたんだ・・・

 

そしてもう一人、見たことある人がいる~と思ったら、黄明が出てました。

時代劇で出てるのを見るのは初めて。お昼12時のシンデレラあの星空、あの海で見たけど、調べてみて他にもいっぱい出てるんだなとちょっと驚いた!結構人気の俳優さんのようだ。

 

CGも使っているけど、これきっとセットの制作で美術班が大変だろうなあと思いました。シーズン1はお墓の中の探検がメインだったけど、仕掛けが沢山というよりは虫のせいで逃げ回る感じで冒険の面白さはあんまりなかったな・・・(昆虫嫌いな人にはオススメ出来ない!!) あとは主役が人が良いという設定なのかあんまり魅力を感じなかったり。おデブの王胖子は面白キャラ担当なのだろうけど、うるさ過ぎて好きになれなかったし、そんなことを色々考えてると小説で読むのが一番楽しいのかもなあと思ってしまった。もしくは漫画が良いかもな~

そしてシーズン2はどうやらメインキャストの配役が変わってしまうという情報をキャッチ。どうやらヤンヤン出ないっぽいので残念!まあ仕方ないか~

 

  

【中国ドラマ】ときめき旋風ガール の感想 中国のイケメンの威力はすごい・・・!

いやーすっかりシンデレラはオンライン中!を見たせいで楊洋(ヤン・ヤン)にはまった私は早速他にも彼が出ているドラマを見たくなりました。そして選んだのはこれ!

ときめき旋風ガールですよ!タイトルを見て「な~にがトキメキだよ!」と思いましたが、見始めたら本当にときめきますねスイマセンごめんなさいって気持ちになりました。イケメンたちの威力がすごいよ。なんですかこれ。バタリ。

そしてちょっとビックリしたのは、ヒロインの友達のシャオインがルオバイに恋してるからって彼がシャワー中なのを覗きに行くところ。女子が男子のお風呂をのぞくって設定すごいなと思っちゃった!欲望に忠実過ぎない!?

 

スポンサーリンク


 

実はこのドラマはシーズン2もありまして、そちらはチ・チャンウクが出てるんですよね。なのでちょっと興味があってシーズン2は1話をちょっとだけ見てみたことがあるんです。でもその時はほんのちょっと見ただけでスポ根なノリがイマイチかなって思ってしまって無理だなこりゃと思ってすぐに止めたなんてことがあったんですよね・・・ 今だったら全然そんなことないんだろうけど、こういうのってタイミングがあるんだなあとシミジミ。

でもシーズン1はヒロインが違う女優さんみたいだし、出演者を調べてみたらイケメン4人の中に琅琊榜で飛流を演じてたウー・レイもいることに気づいて、ヤン・ヤンにウー・レイとかそれ最高だな!ってノリノリで見始めちゃいました。

各国のドラマで花より男子とかイケメンが4人出て来るのって多いけど、実際に自分の好みのイケメンだったことが無いんですよ!でもこのドラマはみんな好きなタイプでビックリ。色んなタイプのイケメン揃えましたよドヤーって感じ。真面目な正統派、優しくてソフト、遊び人風、可愛い系ってな具合ですね。

 

ストーリーはラブの要素より実はスポ根的な要素の方が強いんじゃないかな?好いた惚れたはあるけど、強くなるためにめちゃめちゃ頑張っちゃう女の子がヒロインです。元武道なんてスポーツ聞いたことがないなあと思ったらドラマのために作った架空のスポーツみたい。まあ蹴りがメインなのでほぼテコンドーみたいな感じですよね。でもあんな3段階の回し蹴りは無理だわなー 面白いからいいけども!

バイツァオ役のフー・チンピンは前髪があるよりもおでこが出てる方が可愛い。結構運動神経も良さそうだし、なかなかスポーツ万能少女役を頑張って演じてました。しかし、信念が強すぎて頑固で融通が利かないのですよね。頑張り過ぎて自分の事しか考えられない視野の狭いタイプなので、結構まわりは振り回されて大変・・・ でもあんなイケメン3人に好かれちゃうのよね。ティンイーが最後の方で彼女に対し「身勝手だ!」と言っていた時にうんうん分かるって思っちゃった。ふう。でも熱血スポ根少女なので嫌いでは無かったけど。

女優さんではシェン監督役の女優さんが一番美しかったな!キリッとした美人さん。なんという整った顔なんでしょう!なんだか見覚えがあるなと思ったら若曦で第八皇子の妻、明慧を演じてた石小群(シー・シャオチュン)でした。髪型や服装で全然イメージが違いますね。

 

ストーリーも飽きずに見れて武術も好きなので(実は自分でもちょっと習ってみたこともある!)その部分の比重が多くても楽しく見れたんですよね~

とはいえラストには異議ありですよ・・・ シーズン1の最後がまさかあんな終わり方なんてひどい!シーズン2にはヤン・ヤンは出ないんですよね?ということは・・・と考えるとなんかちょっと嫌だなあ。結局バイツァオとルオバイも一応気持ちは確かめ合ったような感じではあるけれど付き合ってるとかまではいかないし。出演者が変わるのにあんな終わり方は反則だわー まあシーズン2も見てそのことはまた考えよう。

 

さて、ストーリーは置いておいて、イケメンズはキャラ設定もかなり上手く作ってるなあと思います。

とにかく真面目で元武道の事しか考えていない男、ルオバイ。だからこそバイツァオみたいな子に惹かれたのかな。

強いんだけど、天才ではない努力型。だから一番強い訳ではなくてコンプレックスがあるんですよね・・・ にくい設定だなこれ。

胴着がとても似合うし、構えや試合なども良い感じに様になっていて素敵だったんだけど、武術は何かやってたのかな?舞踏系の学校に通っていたようなのでやっぱり身のこなしがとても美しい。

それにしても、とにかくバイツァオに尽くしまくるんですよ。相手に気づかなくてもいいって言って。M体質ですね?
でもそういいながらも自分があげたイチゴのピンをバイツァオがつけてて喜んでたのに、チューユエンがくれたと思って彼女が髪につけてると知った時にガーンって落ち込んでるし。お気の毒・・・

ドラマとは全然関係ないけど、一生懸命頑張ってる女子には自動的にそういう尽くしてくれるイケメンが必ず与えられる世界になればいいのに!と思って見てました。そしたら頑張って生きるからさ~

でも、バイツァオの胴着の裾がツンツルテンなのに気づいて丈を長くするために裁縫までしてくれちゃったり、生理の時は体を冷やすなと洗い物を彼が洗い物をしてくれちゃうなんていう無償の愛はちょっとパパ感あるなと思い始めましたよ・・・父性愛だよ!
いやまあイケメンがそんなことまでしてくれたらそりゃ嬉しいかもしれないけど、でもちょっと行き過ぎかなとも思いつつ。

そして悩んだり、イライラしたら習字をしまくるっていう設定もツボでした。書いてある文字がヤン・ヤンの自書かまでは分からなかったけど、本当に書いてそうだったんですよね。あんなにイケメンで字も綺麗って最高of最高だな・・・ 書をたしなむ人めっちゃ好きなんです。

 

そして負けないくらい好きだったのはティンハオ役だったチェン・シャン!

この刺さりそうな切れ長の目がとても良いです。好き。

ギターを弾きながら歌うシーンがあって、ギターを本当に弾いてるように見えたんですよね。歌も自分で歌ってるみたいだな~と思ったらどうやら歌手でもあるんですねえ!だがその時に着てた服の柄on柄はすごかったな・・・

胴着も似合って素敵。ティンハオの性格が一番好きだったな・・・
本当のところまわりの人のことまで気づかえる一番優しい人って彼だったんじゃないだろうか。

 

そして出て来る度にヒーかわいいってなってたイー・フォン役のウー・レイ!

1999年生まれですって。少しずつ大人っぽくなって来たけど正しくイケメンに成長していて嬉しいよ!

このドラマでは編み込みしててそれが似合っててすごく可愛かった!

荷物持ちさせられる姿さえめっちゃかわいい。可愛いしか言ってないな・・・私。彼の前ではそれ以外の語彙が無くなってしまうようだ・・・

 

そしてちょっとタレ目なところがまたたまらないチューユエン役のバイ・ジンティン

彼は超好みのタイプって訳ではなかったけど、でもちょっと影のある感じとかまつ毛が長い感じとか見とれてしまう時がありました。背も高くて雰囲気が素敵なんですよね。彼もいいよ・・・ええ、ええ。

 

という感じで、ヤン・ヤンはシンデレラはオンライン中!のシャオ・ナイとはまた違う役でこれまた良かったです。完全に動きや佇まいが違ったから、彼も役によって合わせてそういうところも変えることが出来る役者さんなんだなと分かって嬉しかったなあ。彼を目当てに見ましたが、結局また更に好みのイケメンを見つけてしまって嬉しい悲鳴!って感じです。

シーズン2はチェン・シャンとウー・レイは引き続き出てるみたいなのでやっぱりチェックしないとかな。ああ好きな俳優さんがいっぱいいて忙しい!笑

 

ときめき旋風ガールが見れるのは・・・