【香港映画】天上の剣 The Legend of ZU の感想 やっぱり鄭伊健(イーキン・チェン)かっこいいな!

久々に鄭伊健(イーキン・チェン)が動いている姿を見たくなって「天上の剣 The Legend of ZU」を見てみました。監督も徐克(ツイ・ハーク)だし!彼はどうやら以前にも武侠小説の『蜀山劍俠傳』を元にした「蜀山奇傅 天空の剣」という映画も作っているのだけど、今回も同じ題材を元にしているようで、つまりセルフリメイク作品って感じかな?

 

スポンサーリンク


 

中国の武侠ものとか歴史ものとかを見ていると中国人であれば当たり前のように知っている物語とか知識があるんだろうな~と思うことがあるんですが、この映画の原作とかもちょっとそういう部分があるのかな、なんて。崑崙(コンロン)とか峨嵋(ウォメイ)などの地名とかね。つまり私にはそういうのが無いので、最初の辺りはちょっと展開について行けないような気分で見ておりました。

でも、そこまで複雑なストーリーではないので、理解は出来ます。が、元から知識がればきっともっと面白いんだろうな~という感覚はありますね。

でもいいんだ。かっこいい鄭伊健(イーキン・チェン)を見たいという希望は完全に満たされましたから。髪をなびかせてひたすら素敵である!

古惑仔の映画がとにかく好きだったんだけど、今も全然変わってないなあ~。多分、古装片を見るのは初めてなんだけど、彼は基本的に長めの髪の人だから違和感がありませんね。やっぱりかっこいいなあと実感。天宗(ティンチョン)という役も良かったしね。

そして天宗の友人役の辰子(ツァンチー)は古天楽(ルイス・クー)ですよ!彼もかこいいなあと思っていたんだけど、実際に映画で演技している姿を見るのは初めてではないだろうか。天宗と辰子の友情の末路は分かっていても切ないのよね。こういうお約束的なストーリー展開は嫌いじゃない。

そして天宗の師匠の弧月(クーユ)と英奇(インケイ)を演じるのは張柏芝(セシリア・チャン)。彼女もとてもお綺麗でありました。双剣合一というようなそれぞれ剣を持つ二人で力を合わせて初めて技が完成されるっていう設定も武侠モノでよく出てきますよね。今、視聴中のドラマ萍踪侠影(へいそうきょうえい)でもあったし、女と男、陰と陽が一緒になることで完全というそういう思想的なものがあるのかな・・・ 息を合わせないといけないという意味でロマンチックだなとも感じたりする。この映画の英奇(インケイ)と無忌(モウゲイ)に関してはそういう感じはなかったけども。

そして、ジャケット写真などで主役なのか!?と思うくらいに推されている章子怡(チャン・ツィイー)はビックリするくらいいてもいなくてもいい役柄です。人間で将軍の娘なんだけど、人間出てこなくても別に良かったんじゃ?ってくらいなので、訳が分かりませんなー マーケティング上、日本でも有名な彼女の名前が重要だったのかもしれないけど、それ目当てに見た人がいたら怒り出しそうだのーと思った!笑

 

この映画は、武侠モノといってもファンタジー的な超能力を駆使する感じのスペクタクルな闘いなので、それを見ている間は「わーーーーすごいなーーーー」くらいの感想しか湧かない。技とかじゃなくてCGが凄いねっ!めっちゃ幻想的って感じ。でも映像は綺麗なので、これは映画館で見る方が楽しめそうだなと思います。

せっかくなので、「蜀山奇傅 天空の剣」の方も見て比べてみたいな~なんてことを思っちゃうな。ブリジット・リン見たいし。

 

 

天上の剣 The Legend of ZUが見れるのは・・・

  

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す