【韓国映画】人狼 の感想 日本のアニメ『人狼 JIN-ROH』の実写版映画

韓国映画の「人狼」を見ました!これは押井守原作・脚本のアニメ人狼 JIN-ROH』を原作として舞台を朝鮮半島に変更して作られた映画だそうです。日本の映画やドラマに疎く、アニメにも明るく無い私ですが、さすがに押井守の名前くらいは知っています。この作品を実写化するというのはきっと韓国にも彼の作品を見て影響を受けた人がいるんだろうなー!キム・ジウン監督もその一人なのかしら。

 

スポンサーリンク


 

アニメ版でもきっとこだわって形作られたであろう特機隊のスーツや上からの角度で撮られた構図など、様式美が感じられて実写版を製作するにあたってかなり心を配ったんだろうなと思われる部分が多々ありました。そのおかげか独特の空気感がとてもカッコ良かったです。地下道のほの暗さとか街の雰囲気の暗さとかそういう照明の使い方も好みでした。

ハン・ヒョジュの演じたイ・ユニもちょっとミステリアスな雰囲気もありつつ良かったかな。セクトの構成員なんだけど、公安に利用されるユニの心が暗闇に灯る蝋燭の炎のように揺れるの様子に見ている方も緊張してしまった。

ジュンギョンと二人で赤ずきんの話をするシーンが特に好きでした。「赤ずきん」が表すいわゆる左翼組織と「狼」が表す体制側の対立を表してるってことでいいんでしょうか?そこから特機隊の名称の「人狼」が生まれたんだよね?

映画という短い尺なので仕方ないのだけど、もっと複雑な入り組んだ話だと思うのに、敵がキム・ムヨルが演じるハン・サンウ一人に集約されている感があったのはもったいないような気がしてしまったかな。彼の特機隊への敵視とかも分かるような分からないような感じだったので、もう少し彼の身上の描写があったら良かった気がする。あとはキム・ムヨルは嫌いではないのだけど、どうしても敵としては小物感があるんだなー まあこれは私の勝手な意見ですが・・・

あとはイム・ジュンギョンを演じたカン・ドンウォンもチャン・ジンテを演じたチョン・ウソンもカッコよくて素敵だったです。カン・ドンウォンは任務を全うするんだけどどこか繊細でそこに徹することが出来ない人っての似合うねえ。基本的にちょっと切なそうな顔なんだな。そこがいいんだけど。

ちょっと残念だなと思うのは、ジュンギョンとジンテが闘うシーンで、二人ともパワードスーツを着てるんだけど顔の部分だけ外してたところですよね。両方着てたらどっちがどっちか分からなくなるからという視覚上の問題でだろうとは思うけれど、そうしてしまうと突然ここでそのパワードスーツを着ることについての定義が意味をなさなくなってしまうのでは?なんて思うよね。ちゃんと頭部も装着して闘って最後に外してどっちか分かるってのが良かったんじゃないだろうか、なんて。

まあでも気になったのはそのくらいかな。ちょっと内容的にもマニアックな気がするので、万人受けするストーリーでは無いような気がするんですが、細部までこだわって作ったんだろうなと分かる作品が好みなので、私は結構楽しめました。原作のアニメを見ていなくても大丈夫でしたよ~!

 

人狼が見れるのは・・・
⇒Netflix

【韓国映画】チョン・ウチ 時空道士 の感想 誰もが楽しめるファンタジーアクション映画!

韓国映画の「チョン・ウチ 時空道士」を見ました!こういうファンタジー時代劇みたいなの結構好きです。まあ時空道士ですから500年の時を超えて現代でも活躍しちゃいます。なので時代劇部分より現代部分の割合の方が多いかな?

 

スポンサーリンク


 

「道士」というものをかなり拡大解釈してすごい力を持っている者として扱っているので、使える技が何でもありなんですよー。一応、お札を持っていないと何もできない事にはなっているんですけどね!

チョン・ウチ(カン・ドンウォン)は怠け者の道士。師匠を殺したという罪を着せられて掛け軸に閉じ込められちゃう。調子のいい軽妙な役もいい感じのカン・ドンウォン。私が見てきたのはもっと堅物だったり深刻な役ばかりだったから新鮮!古装も美しく着こなしてて素敵。しかし、口上を述べてる時は思ったより活舌が悪いのかイマイチに感じてしまったかな・・・ 現代語では全然そう思わないんだけどね。

そして、めっちゃ好きだったキャラがチョレン(ユ・ヘジン) だったんですよー!この前、スパイな奴らで北朝鮮の殺し屋役を見たのと全然違う役だけど、違和感ないわ~。チョレン役はめっちゃ生き生きしてて最高だった~ 好き~!

全体的にコメディー要素もかなり多いけど、仙人三人組が特に面白かったですねー。もちろん彼ら+チョン・ウチとチョレンの掛け合いがいいんですけどね。ダメ仙人ぶりが何とも言えない味があっておかしいの。

ファダム役のキム・ユンソクは特に現代のシーンで、シェーディングが凄すぎてそれが気になって気になって!妖怪に乗り移られて悪い人になったイメージを出すためなのかなあ?それにしても濃いよな。キム・ユンソクの顔をどこかで見たなあと思ったら、亀走る10人の泥棒たちでしたー 意外と見てたな。

不満をひとつ言うとしたら、私があんまりイム・スジョンが好みじゃないので、ヒロインが物足りなかったな~ってことぐらい?紫のアイシャドー塗って出てきた時は思いっきり引いたよー それまでナチュラルメイクだったからちょっと濃いぐらいの化粧で良かったんでは・・・?なので女性陣では、女優役で出てたヨム・ジョンアの方が好きだったな~ スパイな奴らのカン代理!

まあ、カン・ドンウォンって造形的に美しすぎて女性より綺麗に見えちゃうせいで余計にヒロインに関してそんなことを思ったのかもしれないないですな。

エンターテイメントなアクションと分かりやすいストーリーで誰でも楽しめる映画でした!ノリの軽さもちょうどいい感じで楽しく見れました。カン・ドンウォンの美しさも堪能できたよね~

 

チョン・ウチ 時空道士が見れるのは・・・


【韓国映画】超能力者 の感想 カン・ドンウォン×コ・スの対決は色々な意味で見ごたえあったなあ・・・

カン・ドンウォンが出演しているので見たいと思っていた映画の「超能力者」を見ました。そしたらカン・ドンウォンだけでなく、コ・スも出ていて二人の対決はなかなか面白かったです。どういう行動をすることが正しいのかということに関して皮肉が効いているのが興味深いです。

 

スポンサーリンク


 

考えてみれば、「超能力」というのはつまり「普通の人が持つ能力を超えたことが出来る能力」という意味なので、その超能力というのは色々なパターンの能力が考えられる訳ですよね。だけどやっぱり私たちの頭の中には物語やテレビで植え付けらえた超能力者の典型的なイメージがあるんだなと思う。

そんな私たちのイメージを体現した感じの超能力者がカン・ドンウォンの演じていた男。目を見るだけで人を思いのままに操れる能力があって、その力はかなり強力だし、そんなに力使ったら心臓に負担がかかるなんていう設定もないので、ただただ凄い。でも彼は、母親に暴力をふるう父親にその力を使って殺した以外は、貸金業の人からお金を奪って生きてはいるけど、無駄に人を傷つけたりはしていなかったんだよね。ただ、ひっそりと孤独に生きていたのに、ギュナムに会ったことがきっかけですべてが変わってしまう。

コ・スが演じるギュナムは真面目に働いていて、とても善良で、当たり前の正義感を全うしようとする人。彼は中卒で廃車工場で働き、仲の良い友人は外国人労働者の二人。この3人組のコミカルさが良いともいえるんだけど、なんか複雑な気分になるんだな・・・ ギュナムだけは目を見ても操られなくて、そのせいで彼は超能力者を捕まえようとするんだけど、結局彼がその正義感にかられた行動をすることで余計に周りの被害をどんどん広げているという皮肉。男(カン・ドンウォン)のセリフにもお前のせいで人が死んだというようなセリフがあったのだけど、本当にそうだよな・・・と思ってしまうのでした。

最終的にギュナムが一人なぜ操られなかったのかというと、彼自身もある超能力を持った人だったからということだと分かる。序盤、あまりにも力技で男(カン・ドンウォン)を追い詰めようとするので、彼に超能力があると思いあたらない感じではあるんだけど、身体の回復能力がとにかく人並み外れているという超回復力を持っていると言えばいいのかな?それも超能力だもんね。だから彼は首をつられても、ビルから落ちても他の人たちが死んでしまっても彼だけは生きている。交通事故の時も彼の回復力に言及するセリフがあったけれど、実際にそれが明確に分かるのはラスト。

もしかして、彼もその能力のせいで不遇な人生を送ったりしたのだろうか?そこには映画では言及されていないけども生い立ちを見るとなんとなく。

なんか本当にいろいろと複雑な気分になる映画だったのだな。男が誰にも認識されずに生きてきてでもきっと本当は自分の存在を知って欲しいと心の底ではどこか思っていて、そんな彼がギュナムに会うことで初めて誰かに認識されることになってその希望が叶った反面、それは同時にそれまでの彼の生活が破綻する始まりにもなったという。その感情とギュナムの執拗さとかに歪んだブロマンス味も少し感じるし、相反する事項が色んなところで盛り込まれている感じ。それはギュナムの正義感が招く結果に関しても同じ。

 

という訳で超能力者二人のカン・ドンウォン×コ・スの対決は想像とはかなり違う対決でしたが、色々と考えさせられる部分もあり結構面白かったなという印象です。まあ深いことを考えずとも、主演二人がかっこいいのでそれだけでも楽しめる気もするな!カン・ドンウォンもコ・スもどんな髪型でもどんな服装でもやっぱりカッコいいんだなと思い知ったなあ!

 

超能力者が見れるのは・・・



【韓国映画】彼女を信じないでください の感想 嘘に巻き込まれていく二人が絶妙なのです!

この『彼女を信じないでください』は、カン・ドンウォンが出てるから見てみよう~くらいの軽い気持ちで見たらすごく良かった映画でした。
大きな事件が起きるわけでも無いのだけど、何気ない日常の中の人々や家族の姿がとても美しく描き出されています。

 

スポンサーリンク

 

ストーリーは、詐欺罪で捕まったキム・ハヌル演じるヨンジュが釈放になって姉の結婚式に向かう電車の中でカン・ドンウォン演じるヒチョル向かいに座ることになるんです。ヒチョルが大事な指輪を居眠りしているヨンジュの足の下に落とし、拾おうとして痴漢に間違われるというところから始まります。指輪は一応ヒチョルの手元に戻るものの、今度は彼のポケットからスリに指輪をすられたのに気づいたヨンジュが下車してスリから取り戻すものの、電車は発車してしまい、カバンが置き去りに。カバンを取り戻しにヒチョルの住むヨンガンに向かうのですが、仮釈放中のヨンジュは指輪を盗んだと思われたら困るので自分が彼の婚約者だとついた嘘がどんどん大きくなってしまい、彼女は家族全員からヨンジュの婚約相手と誤解されることに・・・と言った感じ。

本物の恋人に釜山にプロポーズに行ったのに呼び戻され、真実を言っているのに家族に信じてもらえなくてにっちもさっちもいかなくなるヒチョル。
カン・ドンウォンはどんな役を演じてもその役柄の人に見えるなあ。
田舎の素朴な青年にしか見えませんでした。困り果てる姿がおもしろおかしいです。

そしてビックリしたのはキム・ハヌルでした。彼女が演じたヨンジュは詐欺をして捕まっているくらいですから嘘つきの達人なんですが、その演技がすごく上手。
考えてみたら、私がキム・ハヌルの演技を見たのは紳士の品格でのみ。あのドラマでは私には演技がうまいのやらどうなのか分からなかったのですが、この映画では凄いと思いました。派手な喜怒哀楽があるストーリーではないだけに余計にそう思いました。嘘をついていてもどこかちょっとキュートで優しい。いつの間にか彼女の気持ちに寄り添ってしまう感じ。

2004年の映画なので、ちょっと古い感じの映像や、ヨンガンの美しい風景や大家族の姿も郷愁を誘います。最後のハッピーエンドも美しくまとめられていて、見て良かったなあと思える映画でした。良かったなあという気持ちがじわ~と染み渡る感じです!

 

彼女を信じないでくださいが見れるのは・・・


【韓国映画】義兄弟 SECRET REUNION の感想 二人の男の孤独が触れ合うのを見た

gikyoudai

ソン・ガンホが出演する映画というと、なんとなくそれだけでもう面白いに違いない!
勝手にそう思って見てみることにしました。
Gyao!で韓国映画もわりとたくさん無料配信しているので、時々チェックしてみるのオススメです。

でも、考えて見たらソン・ガンホの出てる映画は二つしか見てませんでした(;・∀・)
シュリシークレットサンシャイン
でも、全然違う役なのに、すごい存在感だったんだよなあ。

特に私はシークレットサンシャインは、忘れられない映画です。
見終わった直後はなんだろうこれ?って感触で映画館を出たんだけど、
あとかわじわじわと、『シークレットサンシャイン』という言葉の意味が
じわじわと染み込んでくるようなそんな映画でした。

なんとシークレットサンシャインも今Gyao!で無料配信中なんですよ~
でもなんとなく映画館で見た時の余韻のままでいたい気もするので、
もう一回見るのはためらわれる・・・!




そんな感じで、この映画は何の心配もなく見始めたんだけど、

ソン・ガンホもカン・ドンウォンもとても役に合っていましたね。

内容は実はとてもシンプルな内容で、
男の友情について描いてる、言ってみればよくある話でもある。
でも、映画に引き込まれてしまうのは、
二人の役者さんそれぞれからの匂い立つような孤独感、切なさなのかも。

なんだか、環境は違っても同じ人間、それも同じ民族なんだもんね。
少しずつ孤独な二人の魂が近づく様子が描かれるのが、素敵なんですよね。

最後はほっとすると同時に、本当にこうであればいいという祈りにも似た気持ちを見た気がする。

そして、ちゃんとコミカルな部分もある、でも男くささもある、
とてもバランスの良い映画で、アッという間に見終わった感じ。

それにしても、韓国は映画もドラマも同じ役者さんがたくさん出てるんだな~!
脇役の方たちは、ほとんどどこかのドラマで見たことがある人ばかりで、韓国では映画がたくさん作られてるんだなあって実感した。

 

私が好きなのはあとからあれはこうだったのかな・・・とか思って、余韻が残るような映画なんだけど、そういう意味ではちょっと物足りなさも少しありつつ、
でも、この映画は終わったときにはすべてすっきり終わった感じで、
それはそれで、とても綺麗にまとまった映画で良かったかな!

面白かったし、かっこよかったです!
カン・ドンウォンの目つきがとても良かったです!!!

 

 

義兄弟〜SECRET REUNION〜が見れるのは・・・