【韓国映画】悲しみよりもっと悲しい物語 の感想 自己犠牲って自己愛なのかもと思わされたのだった。

映画の「悲しみよりもっと悲しい物語」を見ました。タイトルから予想出来るようにラストがなんともいえないどうしようもない救われない気持ちになるお話でありました。やるせないな~とは思うものの彼らの選択については共感できないかな。

 

スポンサーリンク


 

この映画でよくわかったことは、「自分を犠牲にさえすればみんな幸せになれる」というのは大変な思い上がりなんだということ。チョルギュ(クォン・サンウ)は自分の不幸な境遇に酔って自分を犠牲にしているつもりで結局はすべて自分の思い通りにしようとしたのです。その結果、実は自分よりもまわりの人々の気持ちを犠牲にしてしまったのでした。

自己犠牲はある意味、究極の自己愛なんではないだろうか?それくらい他の人をないがしろにするチョルギュの選択。

余命いくばくもないチョルギュは、愛するウォン(イ・ボヨン)が自分が死んだ後に寂しくないように彼女を結婚させようとします。チョルギュが隠しているつもりの病気のことを知ったウォンは彼の意を汲んで他の男と結婚する姿を彼に見せて安心させようとします。ウォンは病気のことを知っていることを彼に隠しながら、それがチョルギュの願いならば・・・と。

そして、彼の自己犠牲(のつもり)の精神は、ウォンだけでなくウォンの結婚相手や、その元婚約者も巻き込んでしまうのですよね。周りの人々の気持ちのないがしろ具合がすごいので、悲しさよりもチョルギュの自己中さにびっくりしてしまうのでした。

あと気になったのは回想シーンが多いのだけど、回想する人が移り変わって行って構成がブレブレな印象を受けたことかな。それからクォン・サンウはこの役を演じるに当たって末期癌の患者に見えるように痩せようとかそういうことは考えなかったのでしょうか?めっちゃ丈夫で健康そうに見えましたけどー!

「悲しみよりもっと悲しい物語」というのは一体誰が悲しかったということなのかしら?ケイとクリームは自分たちの思い通りにしたのだから悲しくないんではないかと思ってしまうな。ううむ。

 

 

悲しみよりもっと悲しい物語が見れるのは・・・

 

【韓国ドラマ】mother の感想 人類の歴史の中で連綿と続く母と子の関係に思いをはせてしまう

イ・ボヨンが主演のmotherを視聴終了しました!松雪泰子が主演だったmotherってドラマが日本にもあったよな・・・と思ったら、どうやらそのドラマを韓国でリメイクしたものらしいです。ドラマの最初でちゃんとクレジットが入ってました。最近、日本のドラマを韓国でリメイクっていうのも多いし、その逆もしかりなので、そういうの面白いなあ。リメイクすると視点が違う描かれ方をすることも多いのですごく興味深い。比較することで見えてくるドラマの中の自分が好きな描写に気づいたりしますしね。とはいえ、日本のmotherは見ていないので比較できないんですけども・・・ ただ、日本版もすごく評価されていた記憶があるのでこのドラマに関しては機会があれば見てみようと思います。

 

スポンサーリンク


 

しかし、虐待のシーンなどもあるなかなかヘビーな内容ではあるので、劇中で雪が降っているのと同じように悲しみも心に降り積もったようで辛くなってしまう。一気に見る勇気がなくて、1話ずつちょっとずつ見ていました。こういう内容のドラマは制作するにも、演じるにもきっとすごいパワーを消耗するのだろうと思うのです。子役ちゃんもすごく上手だったけど、うまければうまいほどこちらの心は抉られてしまう・・・

人類の歴史の中で連綿と続く母と子の関係を考えるとその濃厚さにクラクラするような気分で見ていたんですが、母親というのは一体いつ母親になるんだろう。産んですぐに母性を感じることができる人もいるだろうし、そうではない人もいる。動物でも育児放棄をする個体があることを考えると人間にもその現象があって然るべきの様な気がする。また、このドラマでの繰り返し描かれていたように、血がつながっていなくても母親になれるのだと思うのです。明確に答えのあるものではないから色々と考えてしまう。でもそうして考えることが大切なのかな、とも思う。

素晴らしい問題提起を喚起するドラマでもあり、映像も美しく素晴らしかったんですが、いくつか気になったこともありました。

このドラマはmotherというタイトル通り母が主題ではあるものの、母と娘(いつかまた母になるであろう)とのどこか濃厚な関係が描かれるドラマでもあったのだと思うのです。もちろんその中にはスジンがヘナを助け出したいと思う理由となる彼女への虐待の場面が描かれる必要があったのだけど、ソラクの存在をクローズアップし過ぎたせいでちょっと話が広がりすぎた気がしています。ソラクがヘナを誘拐するという下りは、このドラマにショッキングな事件性をもたらして、派手にはするけれど必要だったのかな?と疑問に思うのです。彼自身も虐待を受けていた、そしてそれはトラウマとなって次の世代にもそれがつながって行ってしまうという意味では彼もどこか被害者の一面があると思うのだけど、あの事件でただの加害者になってしまう感じがあって。いやもうそれまでにもすでにたくさんの被害者を出しているので、変わらないといえば変わらないですが。なんだか母と娘の関係性が主題だと思っていたので、男である彼を描写する部分は少しtoo muchかなと思ったのでした。

あとは最後にスジンとヘナが一緒に暮らせるようになるのがどこかファンタジーのような気がして、せっかく現実の問題を描いているのにもったいない気がしてしまいました。ヘナには幸せになって欲しいという気持ちで見ていた部分もあるのですが、そこは直視して描いてほしい気もしたり。そしてチャヨンがシングルマザーとして子どもを育てる時にソラクしか優しくしてくれる人がいなかった・・・というシングルマザーに対しての社会の厳しさが現代の問題だと思うので、その点をあまり深く掘り下げて描いてなかったな・・・と思ってしまいました。ソラクの話の方に行ってしまったというか。子どもを一人で育てるという厳しい現実から逃げたくてチャヨンはあんな風にしか生きていけなかったんだと思うもの。それが正しいことではないとわかっていても。

 

はあ、見るのにちょっと辛くなることもあるヘビーなドラマではありましたが、見ごたえのある良いドラマでした。気になった部分(特にラスト)が日本のドラマではどうなったのかやっぱり知りたいなと思うので、いつか見比べないとかな!と思いました。

 


日本のドラマ版も見たい。

【韓国ドラマ】神様がくれた14日間 の感想 ラストはさておきチョ・スンウの演技が最高

神さまがくれた14日間をGyao!で視聴終了しました。
配信が始まって初めて存在を知ったドラマだったんですよねー
お、イ・ボヨンが出ている!と見始めたらストーリーの展開が早くて結構夢中になって見ました。が!ラストへの怒涛の展開はまさにどんでん返しですごいなーと思うとともに、でも一体どうなったんやー!?という釈然としない気持ちも残る。実はいまだにどう解釈していいのか分からないような・・・

 

スポンサーリンク

イ・ボヨンは娘を守ろうとする母親を熱演していました。ちょっとはじめの辺りは過剰な演技に引いてしまうところもありましたが、中盤から終盤にかけて平気になって来たのは慣れだったのかも。娘が誘拐されて泣き叫んでいるところを迫真の演技と思うか、わざとらしいと思うかは見る人に寄るのかもしれません。私は後者だったのでちょっと見ているのにしんどさがありました。

そして、娘を守るためとはいえ、人を車で轢こうとしたり何でもありですからね。まあでもキム・スヒョンは元ヤンの設定だから・・・と無理やり納得させつつ。むにゃむにゃ

でも、他のすべてはさておき、チョ・スンウが演じるキ・ドンチャンが最高だったので、このドラマを見て良かったと思ったんですよねー!

チョ・スンウは馬医とこのドラマくらいしか出てないんですね。馬医はドラマの存在は知っていたけど、時代劇だし長そうだしで全く見る気もなかったんですけど、ちょっと興味が出てきました。っていうくらいこのドラマでの存在感が抜群でもっと彼の他の演技を見て比べてみたいと思いました。やっぱり映画を見るべきかな・・・

ちょっと特徴のある声と、思い悩んだような表情や子どもに見せる優しい顔など、目が離せない感じ。おっとこまえーっていうんではないけど、魅力的なんですよね。いい。

 

ドラマとしては、ストーリーは意外性があったし、スピーディーな展開、繰り返されるどんでん返しで息をつく暇もなく。結構夢中になって見たので面白かったと思うんです。だからこそ、ラストがもったいない気がしてしまうんですよねー

そして裏テーマは母親の我が子への母性愛。スヒョンへのセッピョルへの母性愛が中心に描かれているように見えるけど、スンニョのドンホへの母性愛、そして皮肉な事にセッピョルの誘拐事件を引き起こした原因も息子を守ろうとする母の愛情ゆえだったという。
しかし、「自分の子どもを守ろうとする母親」は尊く見えるのかもしれないけれど、「自分の子ども”だけ”を守ろうとする母親」という存在は諸刃の剣なんだなあと思ったのです。まさに過ぎたるは及ばざるが如しで、子どもへの過剰な愛情というのは或る意味、自己愛なのかもしれない。自分の子どもを守るためなら、他の人は傷つけても良いという近視眼的な思考はとても危険なことで、地球にいるすべての人が誰かの子どもなんだということ忘れてはいけないな、と思ったのでした。・・・ってそんなことを伝えたいドラマなのかは分からないけど。

 

セッピョル役のキム・ユビンちゃんはとっても上手だったし、ノ・ミヌが素に近そうなミュージシャン役で出てるし、そういうのも見どころのひとつ。あ、一人だけ気になる登場人物としては、チョン・ギョウンが演じてた刑事のウジン。彼の無駄死にみたいなの(死んでないようだけど)は必要だったのかってことかな。なんだったんだろうか。花とか散ってなかった?そこで素になっちゃったんだけど・・・一体。

 

ラストの解釈は見た人にお任せって作りにしようとしたと思われるのですが、多分そこをうまく作り切れなくて矛盾した感じになってしまったんでしょうね。なので、私は自分の都合の良いようにドンホを刑務所に迎えに行った人たちの中にはドンチャンもいたのだということにしようと思っています。だって死ぬ必然性が無いんだもんなあ。占いのせいだというなら説得力はないなと。

はあ、考えれば考えるほどラストはもう少しどうにかならなかったのか、と思ってしまうドラマでした!わーもう考えるの終わり―!

 

神様がくれた14日間が見れるのは・・・

 

【韓国ドラマ】セレブの誕生 の感想 イ・シヨンがとにかくキュートだった記憶!

そういえば、チ・ヒョヌが出てたドラマだったらセレブの誕生も見たよな~と思って
ちょっと思い出しながらの感想を書こうと思います!

主役のお父さん役とか考えて見ると脇役陣もかなりベテランな役者さんに固められていますよね?
ユン・ジュサン、キム・ウンス、パク・ヨンジとか。

そして、オモシロ担当の俳優さんもたくさん出てましたね。
パク・チョルミン、キム・ドンギュン、ソン・ジルとか。

なんてことを考えてみると、最近は日本のドラマをほとんど見ていないせいか、
韓国の俳優さんについての方が詳しいなあと実感!笑

すっごーい面白かった~!!!という感じでは無いドラマですが、
笑いの要素あり、続きが気になる要素あり、
役者さんの演技はみんな安心して見れるので、
一定の水準を保ってたなあ~とは思います。

 

スポンサーリンク

 

イ・ボヨンはお金持ちなのに吝嗇で几帳面でちょっと冷たい令嬢を上手く演じていたけれど、その人物像ってあんまり魅力的じゃないんだもん!

だから、イ・シヨンが演じてた我儘でお金を使う事しか考えてないようなおバカちゃんのお嬢さんの方が断然キュートに見えちゃったのです。突き抜けた感じが良かったと思う。
ケーキを手づかみでドカ食いとかしちゃうんだけど、彼女が演じると可愛いの!
でも、あのキャラは彼女が演じたからこそ相乗効果があって、あんな風に可愛く見えたのかもしれない~

この人物像だって決して素敵ではないはずなのに、最終的に一番印象に残ったのは彼女だけかも。

チ・ヒョヌも悪くないけど、なんていうかそこにいるだけで男前!って感じの人ではないので、ドラマのどこかで素敵に見えるマジック!みたいなのが発動するようなポイントがないと彼が主役というのはやや弱い気がする。
恋愛部分があんまり強くないドラマなので、彼の魅力が発揮できなかったかな。
相手を愛おしく思うような表情とかシーンがもっと必要です!!!!
その点で言うとイニョン王妃の男とか、トロットの恋人だと引き出せてる気がしますよ~

ま、私がそう思ってるだけなんですが・・・w

ナムグン・ミンもこの頃はどっちかというと悪い役もちょっと中途半端な印象。
いっそめちゃ冷酷だと震えながらも魅力的に見えるんだけどな~と。

 

という感じではありますが、なんだかんだと楽しんで見たドラマです。
面白いな~と思う部分もたくさんあったので、見て損はないかな!と思います。

 

このドラマが見れるのは・・・0″ border=”0″ />

【韓国ドラマ】君の声が聞こえる OSTで好きな曲!とにかくEvery Single DayのECHOが大好き!

私の中で、韓国ドラマの中でかなり上位なのが、「君の声が聞こえる」なのです。

イ・ジョンソクとイ・ボヨンの透明感のあるカップルが本当に大好きなんだけど、
このドラマを好きなのは、音楽にもあると思うのですよね。

で、OSTをちょっと調べていたんだけど、やっぱり一番心に残ってるのが、Every Single DayのECHOなんだな~って思います。
とにかく、さわやかなのに印象に残るギターのフレーズ!

本当にとても好き。
聴いてるとドラマのシーンが目の前に浮かんでくるよ!

 






アコースティックバージョンなんてのもありました!

Every Single Dayはかなり色々なドラマのOSTを手掛けてるベテランバンドみたい。
でも他のドラマの歌はこのドラマほど心に残っていないから、
やっぱり映像と音がピッタリあってて相乗効果で私はこんなに好きんなんだろうなあ・・・

そしてこのバンドはベースの人が歌ってるような気がするけど、珍しいよね!
アンプはギターもベースもorangeだわ。
とても声質にあう音作りですね。とても良いですね。

 

 

他はこの辺りも好きかな!

 






それにしても、何度見ても本当にこのドラマ好きだなあ。

内容もだけど、スハの表情がとにかく好きでたまらない。
傷つきやすい年頃の高校生役を完璧に演じてて、
このドラマのイ・ジョンソクはほんとすごいと思うのです。

また、見たくなって来ちゃったよ!!!!!

 

『君の声が聞こえる』が見れるのは・・・



 


>>>「君の声が聞こえる」オリジナル・サウンドトラック(CD+DVD)