【韓国ドラマ】無法弁護士 の感想 ベテラン俳優陣の存在感とそれに負けないイ・ジュンギの演技が良かったです!

イ・ジュンギ主演の無法弁護士の視聴を終了しました!イ・へヨンとチェ・ミンスというベテラン俳優が大きな敵としてイ・ジュンギの前に立ちはだかるストーリーなんですが、とても見ごたえがありました。演じる方も真剣勝負、見る方も真剣勝負って感じ。最後までどうなるのだろう・・・とドキドキしました。

 

スポンサーリンク


 

こういう無力な者が権力のある敵に立ち向かっていくタイプのドラマでは、ラスボスがあっと驚く人でラスト近くで誰か判明するという場合と、ラスボスは最初から分かっているけれど、その敵に対してどんな方法で闘っていくのかに重点が置かれている場合があると思うんです。このドラマの場合は後者かな。敵はイ・へヨンが演じるチャ・ムンスクだと分かっているんだけれど、彼女は圧倒的な権力と非情なやり方ですべてを思い通りにしようとするのですよね。その彼女を倒すためにイ・ジュンギが演じるボン・サンピルは弁護士になって生まれ故郷のキソン市まで乗り込むのです。母の仇を討つために。

チェ・ミンスと言えば、傲慢と偏見での素晴らしい演技で目が釘付けになったのが記憶に新しいですが、どうやらこのドラマも同じキム・ジンミン監督みたいです。ちなみに脚本は映画「弁護人」とドラマ「リメンバー」を担当したユン・ヒョンホ作家ということで法廷ものが得意な方みたい!

イ・へヨンが演じるチャ・ムンスクとチェ・ミンスが演じるアン・オジュが単純に味方同志だと思って見ていたらそんな予想も簡単に覆され、彼ら二人の攻防も凄いのですよね。結局、チャ・ムンスクにすべてを奪われたと気づいた時のアン・オジュの表情・・・!! そして逮捕されても自身の罪を自覚できないチャ・ムンスクが恐ろしい。ずっと特権階級にいてまわりを思い通りにするのが当たり前過ぎて、平気で人も殺しているのに自分のやったことの何が悪いのか分からないという。そういう感覚は私には分からないけれど、きっと心から自分は特別で人とは違うので何をやっても許されるのだと思っている財閥の方だとか今の時代もまだいるのかもしれないなあ・・・

ムンスクの秘書のナム・スンジャを演じたヨム・ヘランもめちゃめちゃ迫力がありましたねえ・・・ なんだかパンチの効いた登場人物が多いドラマだったな。

法廷シーンも多いし、シリアスな場面も多いのですが、和めるシーンもちゃんと盛り込んであってバランスも良いです。事務所の元金貸しのみんなが良い緩衝材でしたね~!事務長は恋のドキドキスパイクで秘書をやってたソ・イェファ。一度見たら忘れられない顔。ちょっと面白い役が合っててなかなか良かったな。

イ・ジュンギも以来、スリムな体型を維持してくれててとても良い!細い方が変に貫禄が出なくて若々しくて好きだな~。顎もシャープで素敵です。心なしかアクションシーンもキレがある気がしましたよ!そうそうこのドラマでは車は全部シボレーだな~と思って見てたらスポンサーであった。そういうのをいつもチェックしちゃうなあ。

あとソ・イェジちゃんは黒髪がとても似合って本当に可愛い。でも芯のある強さを持った女の子を演じるとハマるんだよなあ。弁護士役なので、白いブラウスにパンツスーツというあまり飾り気のない衣装なのだけど、余計に美しさが際立つのでした。イ・ジュンギとの相性も良くて当たり前のように惹かれあう二人が好きでした!

 

ラストは勧善懲悪でめでたしではあるのだけど、チャ・ムンスクが罪を理解できないところに現実を見たような気がして、法で正しく裁いて刑務所に入ってはいるのだけれど、それはイコール罪を償うということになるのだろうか・・・?なんてことを考えてしまったのでした。

ベテラン俳優さんの演技も良かったし、それに負けてないイ・ジュンギも良かったです。法廷ものが最近多い気がするけど、それプラスアクションと人間関係で見どころがたくさんあるドラマでした!

 

  








【韓国ドラマ】犬とオオカミの時間 の感想 復讐とは今を過去のために使うということなのかもしれない・・・

いつか見よう見ようと思っていた犬とオオカミの時間の視聴を終了しました。私は先に朝鮮ガンマンを見たので、イ・ジュンギとナム・サンミの共演を見るのは二度目でしたが、この現代劇の方が良かったですねー。特にナム・サンミはお洋服の方が似合いますし、健康的な感じがタイで育ったという設定の役にも合ってる!

 

スポンサーリンク


 

そうそう、マオ役のチェ・ジェソンも朝鮮ガンマンでも出ててパク・ユンガンのお父さん役だったので、もしかしてこの2作品の監督が同じとかなのかと思って調べてみたけど、全然違いましたね~。たまたまなんでしょうかね?

韓国ドラマでは、最初の部分のシーンだけ外国で撮影みたいなの多くて、とってつけた感がある場合はちょっとなあ・・・と思うんですが、この作品はその辺りの繋がりがしっかりしていて良かったです。バンコク時代の子役ちゃん達の演技も良くて彼らがずっと相手のことを思っていたのが自然に感じられるものでした。

潜入捜査ものはインファナルアフェアとかミッションアンダーカバーとか映画でもよく題材に取り上げられてる非日常を感じたい時に見るものとして結構好きなんです。しかし、やっぱりそれプラス記憶喪失が出てくるのが韓国ドラマって感じ。まあそもそも潜入捜査をするのが復讐のためっていうのも韓ドラっぽいか。しかしここまでニッチもサッチも行かない状況に追い込まれるスヒョンがかわいそう過ぎると思うんですけど、気の毒。ああ。

細かいことを言い始めると結局キム・ガプスが演じる国家情報院部長が何のためにそこまでしたのかとか、その辺の描写がいまいちピンと来ないように感じてしまったり、敵は一発撃たれたらあっという間に死ぬのに、味方は何発も撃たれてもボコボコにされてもなかなか死なないの法則が露骨だぞ!とか、スヒョンが死んだ(ことになっている)とはいえ、ジウは彼と兄弟みたいなミンギとつき合う!?むしろそこ避けません!?とか、気になるところは色々あるものの、スヒョンとジウについての終わり方は悪く無かったし、マオのケイに対しての思いが導く結末も納得いく感じだったので、それなりにすっきりして見終えることができたな、という気分。

しかしながら、前からうすうす自分でも思っていたんですけど、役柄のせいかもしれないと結論を出さないようにしていたんですが、私はチョン・ギョンホがどうやらとても苦手のようです。あなた笑ってやごめん愛してるのどちらも彼のこと苦手だな~と思って見てたけど、3度目の正直と思ったこのドラマでもやっぱりダメでした・・・ 顔が苦手とかじゃなくて何かじっとりとしたものを感じてしまうのだなあ。なので、最後がミンギとジウという組み合わせにならなくてめっちゃホッとしてしまった!わわわ

マオの後妻役のチャ・スヨンはこの役すごい良かったです。この人はこういうのが似合うんだなあ。そういう組織の女の貫禄ある。千回のキスの時のウビンの元カノ役とかよりもこういうちょっと個性的な役柄の方がずっと良いな~と思いました。

そして私がこっそり好きなチェ・ジノ。こういう胡散臭いチンピラみたいな役のはまり具合と言ったらたまりません。チンピラな上にずるいっていう最高な(私基準)役でしたわ~ いい人役も好きですが、やっぱりこういう役の似合いっぷりは誰にも負けないなあ。

 

イ・ジュンギの記憶喪失時のケイへの成りきり具合もなかなか見ごたえがあったし、派手なアクションもまあ面白かったし、イ・テソンのギラギラっぷりもはまり過ぎってな具合で良かったし、最後まで楽しんで見れたドラマだったかな~と思います!

しかし、「復讐」にこだわるということは、現在の時間を過去のために費やすということなのかなとしみじみと思いました。仕返しをしなければいけないと思い込むのは自分自身であって、誰もそれをしなければいけないと強いているわけではないのだから、あくまでも自分の選択なのですよね。まあスヒョンとしては使命感を持ってしたことだろうけど、実はその選択の過程でジウを捨ててるんだよなあ。人間にとって本当に大切なものって一体何なんでしょうね。

 

このドラマが見れるのは・・・




  

【韓国ドラマ】アラン使道伝 の感想 面白脇役陣と綺麗なお衣装を見るのが楽しかった!

アラン使道伝の視聴を終了しました~ イ・ジュンギに関していえば嫌いではないのですが、私的にはマイガールも朝鮮ガンマン夜を歩く士も面白く思えなくて(two weeksはドラマ自体も彼の演技も良いのだけど惜しむらくはやっぱりイ・ジュンギがチンピラ役ってのはちょっと無理があったような感覚があり・・・)、有名な俳優さんの割りにこの役最高!と思えるドラマに出てるイメージがあまり無いんですよねえ。それがで初めて良い!と思ってだいぶイメージがアップしまして、また出てるのを見ようという気になったのでした。そして見たこのドラマが好感触でラッキー。幽霊が出て来るファンタジー設定なので好き嫌いはあると思うんですけどねっ^^;

 

スポンサーリンク


 

まず見て行くうちにどうやらドラマの舞台が密陽ということに気づきます。そして前にも映画でアランっていうの見たけど、それも密陽でのお話だったので、その名前と地名は何か繋がりがあるのかな?と気になったので、ちょっと調べてみました。そしたらどうやら密陽に伝わるアラン伝説というのがあってそれを元にして作られたドラマみたいです。阿娘閣というアランをまつった祠もあるらしい。このドラマはそんなこと知らなくても楽しめるけど、映画の方はその知識があった方がもうちょっと理解が深くなったのかもしれない!なんてことも思いつつ。

主役のイ・ジュンギの使道のお衣装がとても素敵だった!色合いも鮮やかだったり、プリーツや刺繍どれも綺麗だなあと思って見ていました。
この頃は若いのもあるけどちょうどいい体型だな、と思った。やっぱり夜を歩く士の時はかなーりガッシリし過ぎで吸血鬼感がゼロだったなと比べると改めて思うのでした。うむ。

シン・ミナちゃんはこういう幽霊とか九尾狐とかそういう役が多いな~ 彼女の飾らないキュートさっていうのはなかなか他の女優さんには出せないものがある気がする! 媚が感じられないのでとっても好感が持てます。「さとー」って呼ぶ声がたまらず可愛くてその音声にドキドキしてた!キム・ウノがだんだんアランに魅かれて行くのが分かる!って共感できるような二人が良かったです。ラストの二人も可愛くて平和な楽しさが好き!

あとはズッコケ3人組みたいな密陽官庁のメンバーが最高に好きでした。3人とも良い味出してるけど、ミン・ソンウクはピノキオにもあなたが眠ってる間ににも出てるので、イ・ジョンソク主演のドラマによく出て来るイメージだな~ 結構好きです。

トルセとパンウルの二人も面白かったな~ パンウルがキムチを食べて口の回りに着いた汁を親指で拭ってあげるトルセの二人が恋に落ちた~みたいなシーン好きです。軽妙で良い!ファン・ボラを見たことないなあと思ってたら、サム、マイウェイで出て来てパンウルだ~って思いました。ずる賢いバツイチの恋でも出てたようだけどそれは記憶にない・・・

玉皇上帝と閻魔大王のコンビも好きでしたよ~ 最初のうちはユ・スンホはイマイチしっくり来ない感じがあったのだけど、見てるうちにこっちが見慣れたのか、本人が演技に慣れたのかどっちかで良くなって来ました。もっと年齢不詳感のある人でも良かったかなとは思うけど。

この天上でのシーンをなんじゃこらつまんないと思う人と、なんじゃこら面白いと思う人でドラマを楽しめるかの分かれ目かなあ・・・ ちなみに私は後者です。こういうのを至極真面目に作ったり演じたりしてるのとても好き!笑

そしてキム・ウノの母親役のカン・ムニョンの演技はすごかったですねえ!天女が憑りついてる時の目を剥いた顔の恐ろしさよ!夢に見そう。でもその後に正気に戻ったときはちゃんと母親の優しい顔になっててね、女優さんって凄いねって思ったのでした。あれくらい誇張した演技がファンタジー的なドラマには適していて良いキャスティングだなあと思うのでした。

あとはジュワルとりょんにむ役のヨン・ウジンがカッコ良かった~!!!
しかし最初から最後までほぼ悲しい顔をしているし、末路も可愛そうだし、何の救いも無くて気の毒過ぎる役ではありましたなあ。いや、そういう不幸そうなところがまたそそられるところもあるんですけど・・・

ちょっとその可哀そうな役柄のせいもあって、イ・ジュンギよりもヨン・ウジンに肩入れして見ちゃってた感もあります・・・

それと、着ている韓服がとにかく似合うんですよ!衣装も凝っていて、権力者の息子ということになってるから高級な服を着ているので、それを見ているだけでも楽しかった。

どれも鮮やかな色合わせに銀の模様が入っているのですよー!

紫と黄色とかなかなか難しい色合わせだと思うのにさらりと着こなす男!ひー

あとはピンクもよく着てましてこれがまたとてもいい!ピンクを着こなす男に弱いんですよ・・・私。誰でも似合う訳ではないよねえ。ああ、衣装を全種類スクショしとけば良かった!

対照的にイ・ジュンギは使道の服以外はわりとシックな押さえた色味の衣装だったのですけれど、彼にはそっちの方が似合うというのもあるし、二人の対照的な姿というのも良くて、目で見る楽しみも多いドラマでした。

ファンタジー要素のある設定を私が好きなだからというのもありますが、とっても可愛いほのぼのドラマで見ていて楽しかったです!

 

 

アラン使道伝が見れるのは・・・



 

【韓国ドラマ】夜を歩く士<ソンビ>の感想 イ・スヒョクのバンパイアは違和感ない!似合う!

夜を歩く士の視聴を終了いたしました!
そうですねえ。出演陣が豪華だしいつか見なきゃな~と思っていたので頑張りましたが、うう、私はあんまり楽しめなかったかな・・・

それぞれの登場人物は嫌いでは無かったんだけど、ストーリーがあんまり興味をひかれなかったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

イ・ジュンギのバンパイアは悪くはないのですが、衣装のせいもあるのかガッチリしすぎてて健康的過ぎてどうもバンパイア感が無い。

お顔だけ見るとお綺麗なんで似合う気もするんですけど、イ・スヒョクがすらーっとしててバンパイア役がめっちゃ似合っていたので、それに比べると・・・っていうのがあるのかも。
あと、私はを先に見ちゃってあの第4皇子がめちゃ良かったので、痩せてる方がこの役も良かったのにな~と思ってしまうのですよ。血まみれの役というのは痩せてちょっと不健康そうな方が似合うのだよなあ。

あとは、イ・ユビが私はどうも苦手なようで、二人がラブラブしてても、は~そうですか~みたいな気持ちで見ておりました。ピノキオの時とかもちょっとわざとらしいキュートさを出そうとしてる感じがしてしまったのですが、この役でもなんでかそんな風に見えてしまい・・・
そのせいか、キム・ソンヨルがなんでそこまでヤンソンを好きになったのか分からんな~という目線で見てしまっておりましたので、最後も一体どうして50年たったら戻って来れたのかよく分からんけど、まあハッピーエンドなのか~良かったね~ふ~ん、みたいな感じ。

それよりもチャン・ヒジン演じるスヒャンの一途にソンヨルを思う気持ちの方がぐっと来たなあ。そしてソンヨルにとってヤンソンが特別だと気づいてからの気配りとかね・・・嫉妬してる頃も自然だったけど、一歩引いて二人を見守ろうとする姿もなんだか良かった。チェ・テファン演じるホ・ジンも良かったな~。旦那様~って気弱そうなんだけど、意外としっかりしてて憎めない感じも含めて好きだったなあ。

そして、主役の二人のロマンスよりも、世孫と鬼と王妃の微妙な恋愛感情ではないかもしれないような三角関係の方がドキドキしたんですよね。鬼からの妃への愛ではないかもしれないけれど、微妙な思いのようなものが切なくて、なんだかこっちの方が感情移入して見てました。

あと弘文館校理で世孫の親友が吸血鬼にされてしまうんだけど、このノ・ハギョン役を演じてたヨ・ウィジュが大変こういう扮装が似合ってました。真面目な校理とバンパイアのギャップも良かったです!

 

韓国ドラマって結構、バンパイアもの好きですよね。最近見たソ・ガンホが出てる映画の渇きもそうだったし。私はお芝居の中で出て来る血は苦手では無いので平気ですが、このドラマもかなり血が飛び散っててビックリ。こういうバンパイアと人間とか、妖怪と人間などの異種間の恋愛ものは好みなのですが、どうもグッと来るところが無くてちょっと残念だったかな・・・という印象です。吸血鬼が宮廷を牛耳ってるなんていう荒唐無稽な設定はいっそ潔くて好きなんだけど、その設定の割にはぶっ飛んだものを感じないストーリー展開だったという感じでしょうか!?(あ、誰もそんなの求めてないのかもしれないけど!)

 

夜を歩く士<ソンビ>が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】朝鮮ガンマン の感想 文明開化の頃の歴史がちょっと分かりました!

朝鮮ガンマンを視聴終了いたしました!

まあ、最初に見る時は、タイトルにあるガンマンからもっと明るいアクションものだろうという予想をしていたのですが、実際は時代背景の関係もあってかやや重苦しい展開のドラマではありました。

でも、日本の明治維新の方が早い時期だったんだなあとか、だから開化について学ぶために学者は日本に行ったりしてたんだなあとか、今までそういう観点で見たことが無かった歴史の新しい面を知ることが出来たのでその点は面白いなあと思いました。

清の力を借りる守旧派と日本の力を借りる開化派という構図を見ると、韓国の地理的な宿命だとかも感じたりして、ひとつの時代だけを見ても国が違えば状況が違うんだなあとか思ったり。

このドラマによるとキム・オッキュンの開化への試みは結局失敗してしまうようなので、結局どんな形で開化が行われたのかも気になるところです。
またそんな時代のドラマでもないかしらー?




 

それにしても、王様や王妃をはじめとして、権力者たちも自分の立場を守るために裏切る人たちが多いドラマだったので、ちょっとすっきりしない気分ではありました。

結局は、パク・ユンガンとチェ・ウォンシンの戦いがメインなのか、パク・ユンガンとスインのロマンスがメインなのか、開化派の戦いを描きたかったのか、ちょっと散漫な印象で途中ちょっと退屈してしまいました。

そして一番心に残ってるのは、誰でも彼でも「あいつめー!」みたいに誰かを恨んで腹が立った時には「いのーむ!!!!!!!!!!!!!!」って叫ぶんですよね。
私が確認したところ、パク・ユンガンとチェ・ウォンシンと左議政の3人が結構なんかいも言ってたんですよね~ キム・ジャヨンも言ってたかも。
または「パク・ユンガ~ン!!!!!!!!!!」とか「チェ・ウォンシ~ン!!!!!!!!」みたいに名前を叫ぶバージョンもあったかも。
なんというか、どの人が言っても本当にこれくらいビックリマークがついたような同じような叫び方をするので、まあそういう演出家の指示だったんだと思うけど、もうちょっと色々パターンを変えるとかすればいいのにって、あんまりにも気になったのでそう思いましたw
他のドラマでそんなことが気になったことはありません~!笑

 

イ・ジュンギとナム・サンミのラブラインの相性はいまいちかな~
ナム・サンミは丸顔のせいか可愛いイメージ過ぎて幼く見えてしまったんですよね。
そして、泣き顔が多すぎてなんだか気の毒だったな・・・
イ・ジュンギはこのドラマを見ながら、途中でを見ちゃったせいもあるのだろうけど、あちらが好み過ぎてあれくらいシャープな方がかっこいいなと思ってしまったりも。
あ、でもイ・ジュンギは声がいいな~と思います。
画面を見ていなくても、イ・ジュンギの声だと分かるそんな少し特徴のある声がとても素敵だなと視聴中にふと思いました!

 

あと、キム・ホギョンを演じていたハン・ジュワンはちょっと切ない役柄なんだけど、少し寂し気な表情がピッタリでした。
こんな赤い衣装を着て出て来た時はビックリしたけど、お似合い!

時代劇はこういう衣装とか小道具を見るのが楽しかったりもするんですが、
このドラマは結構いいな!と思うのが多かった気します。

 

ともかく、タイトルから想像していた快活なアクションって感じでは無いけれど、全体的にはそれなりに楽しめたかな!というそんなドラマでした!

 

朝鮮ガンマンが見れるのは・・・