【韓国ドラマ】憑依~殺人鬼を追え~ の感想 厳しく辛い戦いの果てに

NETFLIXで「憑依~殺人鬼を追え~」の視聴を終了しました。かなりドラマの世界にどっぷりはまって切なさに浸りきってしまったせいか、なんだかなかなか感想が書けなかったドラマ。私の持つ言葉程度で綴っても、このドラマの凄さをうまく表現なんてできない気がしてしまった・・・

30年前の連続殺人犯が蘇って人々に憑依して凄惨な殺人事件を現在で起こしていくという筋書き。そんな相手とどう戦っていうんや~って感じなんですけど、その辺りラブラインをうまく絡めて非常にうまいストーリー展開となっています。・・・という風に俯瞰的にこのドラマを見つめる視点も持ててはいるものの、それを凌駕する主人公二人の切ない恋の行方にう~んと唸ってしまう感じ。普通の幸せがあまりにも遠い二人に涙すること請け合いであります・・・

 

スポンサーリンク


 

それにしても主役二人が非常に良かったです。ソン・セビョクと言えばダイナマイトファミリーでもいい味出してたなあ。そんなちょっと強面なのに心優しいカン・ピルソン刑事役がめちゃめちゃピッタリでした。

子犬と戯れるソン・セビョクとか・・・最高。ギャップ~
そして、ヒロインはコ・ジュニ。どこか透明感を感じさせる彼女もまた巫女のホン・ソジョン役にピッタリ。巫女装束を着た姿は本当に美しいです。

意外な組み合わせに見える二人なんですが、お互いが惹かれあう過程も、でも殺人鬼を倒すためには自分を犠牲にするしかなく、一緒になることが出来ない切なさも存分に演技で表現してくれてます。かなり良い。

殺人鬼に憑依されるオ・スヒョク役でヨン・ジョンフンも出演しています。悪役を演じてる時の化粧の濃い彼が好みなので、この役も良かったんですけど、しかしドラッグやアルコールに溺れてる財閥のドラ息子にしてはちょっと歳が上過ぎるんじゃ!?とは思ったよー まあでも殺人鬼を鮮やかに演じててセクシーであります。

このドラマが良かったところは、コミカルな部分とラブラインそして主人公たちの使命感が凄惨な事件を描いている中に非常にうまく配されていたところ。あとは犯人が「霊」という人外な相手の時って途中でご都合主義なストーリー展開になる場合がよくあるんですが、はじめからプロットがしっかりしていてぶれないところ。もうそうするしかないというラストがちゃんと決まっているからかな、とは思うけど。

それにしても登場人物の殆どが殺されたんじゃないかな・・・というような凄惨な内容でもありますので、そこまでしなくてもと思ってしまうくらい徹底的でビックリします。とはいえ、カン・ピルソンがそれくらい追い詰められないと、犯人が望む彼が直接彼女に手を下すという結果は手に入らないので、ストーリーとしては必然とは言えるんだけど。でもそれにしても彼の心情を思うと見ているのが苦しいほど。

そうでなくても、巫女になる彼女との未来がないとい現実だけでも十分に苦しい恋だというのに、結ばれなくても生きていればいいとさえ言えない状況に追いやられる二人。でも人間としての生だけではなく、死んだ後の世界が見える二人だから、ある意味では絶望的な結末とはいえないのかな。もしもラストのエピローグ的な部分が無かったとしても、二人にとっては、体を無くすことが終わりではないから、本当に苦しい別れだったけれど、でもまた会えると信じられたのだろうか。

は~さすがケーブルテレビというような徹底的に追い詰められまくる主人公たちを見ているのは本当に胸が締め付けられる感覚になるんだけど、その引き裂かれる二人の物語にすっかり魅了されてドはまりしたドラマでありました。そして深い余韻が残る。切ないのが好きで、凄惨な事件もドラマの中でなら平気という方にはオススメであります!

 

憑依が見れるのは・・・
⇒Netflix