【韓国ドラマ】ボイス2 -112の奇跡- の感想 イ・ハナ&イ・ジヌクのコンビも良い!

ボイス -112の奇跡-の続編、ボイス2の視聴後の感想でございます。まあこちらもかなり前に視聴済み。Gayo!で配信が始まってるのを見つけて、そういえばそろそろボイス3も見なきゃなと思い出したんだけど、先に2の感想を書いておかないと、完全に混ざっちゃいそうなので、急いでしたためている次第であります!そもそも、2のラストは色々なことが明かされず、to be continuedで終わるので、これから視聴する方は最初から2と3を続けて見るのがおススメです。でもこうやって続編が次々と製作されるのは、人気のあるシリーズだからこそですよね。その理由も分かる気がします。

まずキャスティングがいいんですよね。冷静なカン・グォンジュ(イ・ハナ)とのコンビには熱い男が合う気がするんですが、前作のム・ジニョクゴールデンチーム長(チャン・ヒョク)に引けを取らないくらい、今作からの出動チーム長のト・ガンウ(イ・ジヌク)ともなかなか良いコンビネーションです。明らかに「犯人」は別に存在するんだけど、その逮捕を目指すという共通の目的の前に、仲間内で疑ったり、反発しあったりして信頼しあうようになっていくのが、このシリーズの醍醐味だよなあと思います。

実際、起こる事件の被害者がほとんど関係者で標的になる設定が多すぎるのはどうなのか・・・と思ったりもしちゃうし、1の時はかなーり抵抗があったんですけど、2からは犯人もまあまあ彼らと近い場所にいる人だから、なんとなく納得させられる感覚もあるかなあ。慣れただけかもしれないです。次はどの関係者が狙われるのかな~と予想までしながら見てたもん。ううむ。まあ設定上仕方ないとはいえ、しょっぱなからチャンチーム長がやられますしね、そこですでに容赦ないなあとは思っったし、やられる内容も容赦ないしなあ・・・

そういう点を差し引いても、12話を一気に集中して見させる吸引力があるドラマですよね。だからこそ、その熱さを持って3も見ちゃう方が面白いよなあと思いますけども。

さて、ゲスト的に出ててちょっと良かったのが、イ・ジョンシン!今回は殺人鬼のサイコパス野郎って感じの役なんですが、今まで優しくてぽわぽわ大型犬のイメージがあったんですが、いやいやこういうのも出来ちゃうのね~という発見。にじみ出る狂った感じが最高に怖かったですよ・・・

あとはネット配信のコ・ダビデ役でパク・ウンソク。見たことあるなあと思ってたら、ジャスティス-検法男女-のカン弁護士ですね。アチアラの秘密の高校の美術教師も彼だったんだなー なるほどなるほど。ちょっと無機質っぽい感じがどっち側の人間も演じられそうだな、などと思っているのでした。

最後にクァク・ドッキ役のアン・セハも良かったですよね。良心との間で揺れる感じ。主役を演じるタイプの役者さんではないけれど、彼でないと出せない存在感のある人だなあ。だからこそ色んなドラマで見るんだろうなと思うんですけどね!

そんな感じで、感想を書くことでうまい具合にストーリーもおさらい出来たので、心置きなく、3の視聴に進もうと思います!どんな決着を見るのか楽しみ~

 

ボイス2 -112の奇跡- シリーズが見れるのは・・・
⇒Netflix







【韓国ドラマ】ボイス -112の奇跡- の感想 なかなかに凄惨な殺人事件がたくさん出てきますよ・・・

「ボイス1 -112の奇跡-」の視聴を終了しました!まあまず邦題のサブタイトルの112の奇跡はいらんよね。奇跡と言うとなんだかほんわかしたイメージが湧いてしまいません?しかし、このドラマはそういうほんわかしたところは全くなくて、凄惨な殺人事件がいっぱい出てくるんですよ!!!!鉄球で人を殴り殺すとシーンがいっぱい出てくるので苦手な人は見ないほうが良いかもしれません。そんな感じなんで奇跡ってのはどの部分を指しているんだろう?と思ってしまうのよねー イ・ハナ演じるカン・グォンジュが他の人には聞こえない音も聞こえる能力を持っていることですかね。そうだとしてもちょっとずれてるような気がする・・・

 

スポンサーリンク


 

その邦題の件とは別で原題のままの「ボイス」というタイトルも気になってます。グォンジュはボイスプロファイラーでもあるから声も大切なんだけど、他の人が聞き取れないような、例えば看板が回っている音なんかも聞こえてそれを手がかりに事件を解決していくんですよね。だから音も重要なドラマを構成する要素。

これは言語自体の単語が表す意味の範囲も関わるのかなと思うのですが、日本語や英語だと「声=voice」と「音=sound」は全く別の単語のイメージだけど、韓国語だと「モクソリ」と「ソリ」だし、そこまで明確に単語や概念として別じゃない感じなのかな? だから、英語のvoiceというタイトルになっているけど、その英単語を聞いて韓国の方が想像する意味合いには声も音も両方含まれるイメージなのかしら?なんてことを考えていたのです。こういうのを考え出すと止まらない~ 別言語を比較することで初めて認識できる事柄があるのってとても面白いなあ!

 

それにしてもこのドラマで出てくるゴールデンタイムチームの警察官は自分に関係する事件が多すぎで、危ない目に合い過ぎ。もちろん人間なので、自分の大事な人が事件に巻き込まれたら誰しも必死になるとは思うんですけどね・・・ ただ起こる事件のほとんどが同じ犯人と関連があり過ぎな感がありますかね。すべてがそこに繋がって行くので、ちょっとやり過ぎな気がしてしまう。

ム・ジニョク役のチャン・ヒョクは気の荒い、食らいついたら離さない感じの刑事役がとても似合ってます。ただ彼、いつも口が開いてるのがなんとなく気になってそこばっかり見ちゃうのですけど。やり方は激しいけど正義感に溢れた刑事なのですよね。彼のような人が自分の妻を守れなかった時の気持ちは考えるだけでも辛いな。

112通報センター長のカン・グォンジュ役のイ・ハナも意外とこの役にはまっていて良かったです。私はどうしても彼女はナイショの恋していいですか!?のポヤポヤした役のイメージが強いのだけど、こんなキリっとした役も演じられるんだ~とビックリしました。交通事故に遭った12歳の時から他の人には聞こえないような音まで聴こえるようになって無響室に住んでいるグォンジュ。すべての音が聞こえるのって本当にしんどいことだろうな。

そんな二人が同じ犯人を捕まえるために奮闘するのですが、その犯人がまた怖い・・・ 犯人がどうしてそうなってしまったのか、という理由も出てくるのですが、そういう理由があるのだとしてもやっぱり理解は出来ないよな、と思ってしまう。それにしても、刺すとかよりも殴って殺すという撲殺ってなんだか想像の向こう側って感じがあってとても怖いです。でも韓国ドラマでも映画でもよく出てきますね・・・ オールド・ボーイの影響もあるのだろうか。

あとは、主人公が全面的に信頼している人が裏切り者であるという法則があると思うんだけど、信頼の部分をやり過ぎて最初からこの人がスパイなんだろうな~と分かってしまって面白くなかったな・・・ もうちょっとぼかして誰か分からんようにやって欲しい。それと悪徳検事や警察長官辺りの役者さんがいつも同じ人でちょっと飽きたな~なんて。

 

面白くなかったかどうかというと面白かったとは思うのだけど、ドラマとしてはあまり好きじゃなかった、というのが実際のところ。このストーリーにそこまでの残虐性が必然なのだろうか・・・と思ってしまう感じかな?まあそんなことを言っても、韓国ですでに放送されているらしい続編も多分見るんだろうな~と思います。音に注目したという点はすごくアイデアとして面白いと思うんですけどね!

 

ボイス1 -112の奇跡-が見れるのは・・・
⇒Netflix