【中国ドラマ】私の妖怪彼氏 11話までの感想!キム・テファンがミステリアスで良い!

最近はちょっと気になっていた「私の妖怪彼氏」を見ています。
台湾ドラマかと思っていたらどうやら中国本土のドラマみたいです。
以前から中国映画はよく見ていましたが、中国ドラマを見るのは初めてかもしれません!
どんな感じかな~と思って見てみたら設定が結構面白いので、興味深く見ています。

主役のキム・テファンは、韓国のモデルさんみたいですが、このドラマで初めてドラマ出演したみたい。
確か、パク・ヘジンなども中国ドラマに出演していたし、一時期、韓国の俳優さんが沢山中国ドラマに出ていた頃に制作されたんでしょうね。




 

ドラマの内容としては・・・
この妖怪彼氏というのは、実は人間なんですがある出来事をきっかけに不老不死になったんですね。
500年前から生きているのだけど、100年前に敵に血を抜かれてミイラみたいな休眠体となってしまっていて博物館で展示されているんです。
でも、その休眠体をトラックで移動させている時に、ウー・チェン演じるティエン・ジンジ―の車と衝突事故が起こって、ジンジーは怪我をして大量出血をしてしまいます。
しかし、その血液が染み込んだおかげでキム・テファン演じる休眠体が100年の眠りから目覚めます。
そして修復酵素が含まれた自分の血液をキスで彼女に分けてあげて致命傷を負った彼女の命を救うのです~!

そんなこんなで、二人で敵を探すために一緒に住むことになるんですが・・・といったような奇想天外なストーリー!

でも、色々な背景の筋はつじつまが合っていてとても面白い!!!
だって、100年前からの敵はまだ生きてるの?という疑問も不老不死の血液を持っているから納得だし、その不老不死の血の説明も本当になるほどーって感じがあるんですよね~

 

キム・テファンは初めてのドラマ出演みたいなので、もちろん私は彼を見たのは初めてですが、なかなか素敵です。187センチあるんですって!
切れ長の目がとても神秘的。見つめられたらドキドキしそうですねえ。

そして、彼が演じているのが、500年前から生きている不老不死の男な訳ですが、
このミステリアスな雰囲気がその役にすごく合っていて素敵なんですよー!
飄々として落ち着いた感じが、昔から生きている人にも見えるし、中国の昔のお衣装もなかなか似合ってて良いです。

まあ、中国語は離せないだろうから、アフレコなんだろうなとは思いますが、それについては私はそこまで違和感も無いし気にならないかな~。

 

ティエン・ジンジーを演じているウー・チェンはじっとしていると美人のような気もするのですが、動くとちょっと3枚目感のある女優さんかも。
でも、それがキュートなのかな?好みによりそう。

ドラマ自体はコミカルな要素を持たせようとしているのかな~という作りなので、ウー・チェンのやや大げさな演技をウザく感じる人もいるかも。
それが気にならなければ楽しめるドラマな気がしますね!
私はそこは大丈夫なので、楽しんで見てます。
今、11話まで見たのですが、まだまだ敵が誰なのか、
狙いは何なのかなど分からないことがたくさん!
謎が簡単に分からないような作り方をしていのと、コメディーだけどシリアスなところもあり、でもロマンスもあり!な盛り沢山でなかなか興味深いドラマだな~と思います!

 

このドラマが見れるのは・・・

  

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す