【韓国ドラマ】相続者たち の感想 相続者たち全員が主役だったんだな・・・!

相続者たちを見終わりました!
見る前は、イ・ミンホとパク・シネの主役二人の身分違いの恋がメインだと思っていたのですが、視聴後は、登場した相続者たち全員が主役だったんだなあとそんな気持ちになりました。

ちょっとう~んと思う部分もあるにはありましたが、
(例えば、登場人物が全然高校生に見えないよ!!!とか)
でも全体的にはうまくまとまったドラマだったなあと思います。
私は最後の2話が特に面白かったかも。



 

相続者たちの年齢を高校生と設定することで、彼らの悩み、孤独、保護者がいないと何も出来ない焦燥などを表していて、その部分を描くことで、まわりから見ると恵まれた環境の中で生きる彼らも一生懸命生きているのだということが分かって共感を得られたのかなとか。

消されてもまた描かれる飛び降り自殺の人の絵が、胸がにズーンと来て、あの頃のどうしようもない気持ちみたいなものを思い出すようなそんな気持ちになりました。
結局逃げる場所なんてないのに、でもここでは無いどこかに行きたかった。

 

 

それにしても、キム・タンとチャ・ウンサンのキスシーンはなんだかいまいちのが多かったなあという印象。

でも、その中でもこのおでこにキスっていうのが一番良かった。
他のはなんだか高校生っぽくなくて。

やっぱり引き裂かれる二人の切なさを前面に押し出したかったら、これくらいが良かったのかなとか。

あと、本当は一番キューンとしたのは、カン・ハヌルが初恋の相手の家庭教師の先生のおでこにキスしたシーンかも。
精いっぱい背伸びをした彼の思いが溢れててなんだか良かった!!!

あ、カン・ハヌルと言えば、ドラマで飲んでた紅参エキスみたいなのが気になって飲んでみたくなったなあ~ 苦そうだけど!

 

いや~でも、イ・ミンホはスタイルがいいなあ。
制服のズボンをベルト無しで履いてる感じが素敵だなあと思ってみていました。

でも、そのイ・ミンホよりもキム・ウビンは更にスタイルがよく見えたので、一体何頭身なんだろうと思って見ていましたよ。

キム・ウビンの演技はとにかく秀逸で、切ない胸のうちを表現していて、思わず目が離せないって感じでした。

 

 

日本にも財閥とかお金持ちはたくさんいるけれど、韓国ほど身分が違う!って感じで分断されてる感覚は無いような気がする。
もちろん実際にはあるんだろうけど、財閥なら好き放題してよいという感じはないような。
ナッツリターンみたいなのはドラマの中だけだと思ってたら現実にもあるくらいだから、韓国ドラマで見てる世界が結構現実なのかな~とか思って驚きます。

・・・ということはコップの水を顔にかけるとかも実際に町で見かけることもあるようなことなのかなあ。ううむ。
日本人は曖昧だけど、大陸の人ははっきり言うもんな。
どっちがいいとかでは無くて文化の違いですね。
こういう違いを知るのって本当に面白いなあ~とドラマを見ていると思います。

 

 

相続者たちが見れるのは・・・



 


体にいいのかな。気になる!

【韓国ドラマ】青い海の伝説 の感想 主役二人の姿を堪能して満足!

ゆっくり見ます~と言っていた青い海の伝説ですが、だんだんと先が気になる展開になって来ていつの間にか見終わっておりましたよー!

全般的にとても面白かったです!

ちょっと「星から来たあなた」を彷彿させる部分もあるのですが、主役二人の姿がパーフェクトなので、そういう意味では私はこのドラマの方が好き。
美しさってパワーなんだなと圧倒されるような気持で見ておりました。

 

再び会う時の二人の表情がとても良かった。
切なくて、でも忘れることなんてできなかったふたり。

 

今まで見たドラマでもイ・ミンホはそれぞれの役のイメージにぴったり合わせて演じているからこそ違和感を感じたことが無かったんだなあと今回実感したのですよねー。
それは、お父さんが亡くなってしまった時の座り込んで泣く姿があまりにも迫真に迫っていて、この人とても演技が上手なんだなあとなんだかそんなことを思いました。

本当はお父さんを助けることが出来たかもしれないのに、自分が詐欺師になってしまっていたがために信じてもらえなくて連れだせなかったこと、最後の電話に出ることが出来なかったと後悔してむせび泣く姿を見ると、他人事には思えないような気分になってしまいました・・・

いなくなってから分かるんだものね・・・そういうのって。おおん。




 

という訳で二人の姿には大満足だった私ですが、やや不満が残るとすれば、悪役が中途半端だったことかなあ。
どうしても比べてしまうのですが、星から来たあなたのシン・ソンロクは存在感が凄かったし、背筋が冷えるんだけど目が離せないような魅力がありましたが、このドラマではそれほどの存在感がある人はいません。

ソン・ドンイルなのか、イ・ジフンなのか、もしかして詐欺師仲間役のイ・ヒジュンなのかと最後までドキドキさせてくれるのは面白かったんです。
でも、対象がばらけた分、ややその部分は中途半端な感覚が残ります。
そしてイ・ジフンは頑張っていたけど、スマホを投げるシーンで私は彼がいまいち悪い人になり切れないのが見えてしまった。本当に力づくでは投げれて無かったんだよな~なんて。
まあ、役柄的にも本当はいい人なんだけど、満たされない心のせいで悪くなるって感じだからサイコパス的な人ではないので、心の葛藤があるからこんなものかな?
最高ですイ・スンシンの時のおもしろい秘書のイメージからはガラっと違う役は良かったんだけど、でももうちょっと惜しい!

 

ジュンジェを好きで追いかけてるチャ・シア役のシン・ヘソンもやや役不足感を感じてしまいました。でも誰がチョン・ジヒョンに太刀打ちできるのかと問うならば誰も思いつかないので、これは彼女のせいじゃないのかもしれませんなあ。
誰がやっても私はそんなことを言いそうな気がするw

 

イ・ミンホの詐欺師仲間のイ・ヒジュンはとても味が合って良かったです。
味方なのか敵なのか?と最後までドキドキさせてくれたのは彼の存在が大きいですね。
疑わしさをドラマの中で匂わされる前から怪しさを感じてましたし。
私も騙されたってことかなあ!てな感じで詐欺師役がすごく上手でした!!

 

CROSS GENEのシンのハッカー役も独特の雰囲気の青年役をうまく演じてたな~
あんまり言葉を発さないんだけど、表情が雄弁なのです。とっても魅力的!

 

あとは、ゲスト出演者も多くて、クリスタルとかチョ・ジョンソク、キム・ソンリョンにチャ・テヒョンとちょっとクスっとなってしまう遊び心もたっぷりです。

 

あ、そういえば、ドラマの最初の方では、『人魚が人間とキスをしたら相手から人魚の記憶が消える』だと思っていたので、愛し合う二人にはなんという切ない設定!!!!と興奮していたのですが、ちょっと違いました。

『人魚には特殊な能力があって、触れたら相手の記憶を消せる』という事だったみたい。
だからキスしたらただちに忘れてしまうとかじゃなくて、人魚が相手の記憶を消す意思を持って触れると消えるという事みたいでした。
人魚って相手にばれた時にその能力があるからこそ生き延びてこられたという事みたい。
なるほどねー!

でも、愛している相手から自分の記憶を消すなんてやっぱり切ないなあ。
それでも消えなかった記憶にああ良かったなあって思う。
こういう異種間の恋愛ものはハッピーエンドであって欲しいタイプなので、最後の二人の幸せそうな姿にほっとしたのでした。

 

ともかくおとぎ話を美しく体現してくれたチョン・ジヒョンがほんとに魅力的でしたー!それだけで満足!

 

【韓国ドラマ】青い海の伝説  4話までの感想 主役の二人のフォトジェニックさですでに満足!

 

人魚と人間の恋という設定がベタな気がして、見ようかな~どうしようかな~と思っていた『青い海の伝説』ですが、シティーハンターで、やっぱりイ・ミンホはカッコいいねぎゃふんとなったので、その勢いでまずは見てみることにしました。

分かってたけど、やっぱり設定はかなりベタですw
そうなんだけど、主人公のキャストがフォトジェニックなので思ったより違和感なく見れます。
そして、海の中のシーンも結構たくさんあって、これまた撮影が大変だったに違いない!なんてことを思いながらも、水の中で髪の毛がべろろ~んとなってもお綺麗なチョン・ジヒョンには感心するばかり!!

人魚を実写でって正直どうなんかな~と思っていましたが、チョン・ジヒョンありきでならOKです。いやもう全然良いです。

なんでしょうかあの黒曜石のような美しい目!
ヒロインが素敵だとやっぱりそれだけでドラマは楽しさが2割増しかもしれないなあと、最近は好きな女優さんがヒロインのドラマばかり見てたらやっぱり楽しかったのでそんなことを思いました!

イ・ミンホとチョン・ジヒョンの二人の映像がスペインの風景の中で、更にファンタジー感を醸し出していて、完全に現実感の無い世界にすっと入り込めますね。
なんというフォトジェニック!ひー



 

朝鮮時代にも実は会っていた二人という設定など少し既視感があると思ったら、「星から来たあなた」の脚本家パク・ジウンさんの作品のようです。

この方はファンタジーものが得意なのかもしれないなあ。
前回は宇宙人で、今回は人魚。でも男女は反対だから、また違った感じになるのかな。

ともかく、私の好きな切ないシチュエーションを醸し出す設定がひとつあります。
人魚が人間とキスをしたら、相手は人魚に関する記憶を忘れてしまうのです。
だから、チョン・ジヒョンは全てを憶えていて、ずっとイ・ミンホを愛し続けているのだけれど、イ・ミンホは何度も人魚のことを忘れてはまた巡り合うというのを繰り返しているのですよ。

そう、だからこのドラマでは、切ない目をして彼を思い続けているのはチョン・ジヒョンの人魚の方・・・
この螺旋のように絡み合う彼らは最後は一体どこにたどり着くのだろう・・・
この脚本家さんは単純なハッピーエンドではないんじゃなかろうかと、そんなことを思いつつ。

でも先が気になるのはなるけど、この切なさをゆっくり噛みしめながら見よう。
気持ちとしてはそんな感じ。少し丁寧に見たい気がしますね・・・

 

ところでイ・ミンホは詐欺師の役なんですが、催眠術を使って人をだますんですよね。
洗脳にかからないためには、その方法を知ることが一番というのを聞いたことがあって、そんな本を読んだことがあるので、火を使って鮮やかにペテンにかけてるのを見てなるほどなあなどと思っています。
そういうところも興味深いですー!

 

まだ人間界に慣れていない人魚のチョン・ジヒョンが手づかみでのケーキを食べるのとか、
そんなお行儀の悪さも絵になっちゃうってほんと俳優さんってすごいな~
4話だとまだ登場人物も出揃ってない気がするので、まだまだ本題には入っていない感じだけど、一体どういうストーリーになるのか予想もつかないけど、今のところ掴みはOKな気がしていますよ~!

 

【韓国ドラマ】シティーハンターin seoul の感想 アクションシーンが見応えありで大満足しました!

大変遅ればせながらシティーハンターin seoulを見ました!!!
花より男子では全くイ・ミンホにははまらず(だって変な髪型だし・・・w)
でもシンイではチェ・ヨンにはまりまくったものの、個人の趣向がいまいちだったのでその他のドラマには手が伸びずにいたのですよね~

でも最近は相続者たちを見て、まあドラマの内容はさておき、そういえばイ・ミンホが出ているのに見てないドラマがあるなあと思ってシティーハンターを見始めたのでした。

だからまあなんとなく期待していなかったのです・・・が!

なにこれ!おもしろいやん!

てな感じで20話をあっという間に視聴完了いたしました!

切ない境遇のため、こんな感じで思い悩む場面が結構あるのですが、

表情が!とてもいい!です。

こんな堂々とした良い体躯の青年なのに、どこか憂いのある眼差しが人気の秘密なんだろうなあとそんなことを思いながら見ておりました。

私は顔が好みという訳ではありませんが、でも魅力的な人だなあとしみじみ思い、
そして、どこにいても目立ってしまうような正に主役が似合う俳優さんだなあとも思いました。
背が高い俳優さんは韓国にたくさんいるけど、それだけではない箔があるなあ。
このドラマでは特にそんなことを思いました!




日本のマンガのシティーハンターが元になっているドラマなのかもしれませんが、
まあほとんど関係ないので、これはこれで楽しめます!

しかし、ストーリーの元となっている復讐の理由があまりにも哀しい。
国のために命をかけて戦ったのに味方に殺されてしまう20名の兵士たち
1人生き残ったキム・サンジュン演じるイ・ジンピョが、殺された友人の生後1か月の赤ちゃんを誘拐して東南アジアのトライアングルで厳しく鍛えながら育てて、麻薬を売ってお金を作って復讐の機会を狙うのですが・・・

最終的に、どうしてその赤ちゃんを誘拐してまで自分の手元で育てたのかというのが分かるのですが、有りがちと言えばありがちだけどもでも切ないんです。

ちなみにその誘拐された赤ちゃんがのちのイ・ミンホなわけで、アメリカでMITに行って博士号を取り、その後に韓国に渡り復讐を開始して、その過程でシティーハンターと呼ばれるようになるんですよ~!

簡単に復讐をしていくだけだったら面白くなかったんだろうけど、育ての親のイ・ジンピョは復讐としてあくまでも5人の裏切り者を殺す気で、でもイ・ミンホ演じるイ・ユンソンは5人が正しく法で裁かれるような復讐をしようとしているので、その食い違いが目的は同じ彼らの緊張関係を生み出して、味方なのに闘うというのが見応えがありました。

あとはなんといってもアクションが良かったです!!!!

アクションシーンは監督にある一定の美意識が無いとつまらないものだなあと思うのですが、このドラマはその辺りが貫かれていました。
イ・ミンホもかなりシャープな動きをしていて、回し蹴りの時の回転のキレの良さに惚れ惚れします。この人かなり運動神経いい!
考えてみたらシンイでも殺陣のシーンなかなか良かったんですが、それ以上に持ち味が行かされていました!

もちろん彼だけじゃなくて、回りの人も良いんだと思うんですが、こういうアクションが中心のドラマなので、主役の動きが良いと、俄然ドラマが生きてきますね!
でも、期待以上で見てるとスカッとします。
パク・ミニョンも柔道の有段者という設定だったんだけど、かなり動きが良かったですよ!女性陣の動きも綺麗だとさらに楽しめますね。
無駄が無い動きのアクションはほんとに美しいので、見てるの大好きです。

イ・ミンホとパク・ミニョンのラブラインも控えめで、切ないのがいい!
自分と一緒にいると彼女を危険な目に合わせてしまうからと遠ざけようとするのにそれが出来ないイ・ユンソンの悩む表情がとてもいいです。
わざとひどいことを言ったりね・・・ たまらん。

パク・ミニョンが演じるキム・ナナは毅然としてて、自分の意見を持ってて素敵な女性像でした。俺から離れろとか好きじゃないとか言われても、「あなたを好きという感情は私のものだから」と堂々と言うし、ユンソンが危険だと思ったら、恐れずに助けに行くし。
そして、彼女がいいのは泣き顔が綺麗な事ですね。泣くシーンが多いドラマではそういうの大事。

あと、イ・ジュニョクが演じる検事さんが最後にまさかの結末だったり、
イ・ジンピョとイ・ユンソンが倒れながら必死で伸ばした手を握り合うシーンなど、香港ノワールの男の友情感があったのも私にとってはポイント高かったです。

みんながヒロインに恋しちゃうっていう設定じゃなかったのも良かったし、
まさかこんなにこのドラマを楽しんじゃうとは・・・!

もう一回アクション部分を見たいくらいです。
イ・ミンホが好きな方もそうでない方もオススメです~!

 

シティーハンターin seoul が見れるのは・・・


 

【韓国ドラマ】ファースキスだけ7回目 イ・ミンホ編はラストプレゼント!




 

あ、ファーストキスだけ7回目で、イ・ミンホが登場しないのかと思ったら、
最後にラスト・プレゼントとして更新されていましたね。
(下書きにそのままになってた!!!!)

こういう短いショートドラマでも意外と内容があるものを作れるんだな~と思いました。
それぞれの役者さんの特徴がうまく生かされてて楽しくて良かったなあ!

どの順番で撮ったのかは分からないけど、
女優さんが自分のキャラの設定にだんだん慣れてきたような気がしたので、
そういうのもちょっと面白かったな~

ドラマとして面白かったのは、テギョンのやつがベタで良かったけど、
キャラとしてはパク・ヘジンのツンデレ店長がたまりませんね・・・
自分の好みが分かりやすいわあ!笑