【韓国ドラマ】神様がくれた14日間 の感想 ラストはさておきチョ・スンウの演技が最高

神さまがくれた14日間をGyao!で視聴終了しました。
配信が始まって初めて存在を知ったドラマだったんですよねー
お、イ・ボヨンが出ている!と見始めたらストーリーの展開が早くて結構夢中になって見ました。が!ラストへの怒涛の展開はまさにどんでん返しですごいなーと思うとともに、でも一体どうなったんやー!?という釈然としない気持ちも残る。実はいまだにどう解釈していいのか分からないような・・・

 

スポンサーリンク

イ・ボヨンは娘を守ろうとする母親を熱演していました。ちょっとはじめの辺りは過剰な演技に引いてしまうところもありましたが、中盤から終盤にかけて平気になって来たのは慣れだったのかも。娘が誘拐されて泣き叫んでいるところを迫真の演技と思うか、わざとらしいと思うかは見る人に寄るのかもしれません。私は後者だったのでちょっと見ているのにしんどさがありました。

そして、娘を守るためとはいえ、人を車で轢こうとしたり何でもありですからね。まあでもキム・スヒョンは元ヤンの設定だから・・・と無理やり納得させつつ。むにゃむにゃ

でも、他のすべてはさておき、チョ・スンウが演じるキ・ドンチャンが最高だったので、このドラマを見て良かったと思ったんですよねー!

チョ・スンウは馬医とこのドラマくらいしか出てないんですね。馬医はドラマの存在は知っていたけど、時代劇だし長そうだしで全く見る気もなかったんですけど、ちょっと興味が出てきました。っていうくらいこのドラマでの存在感が抜群でもっと彼の他の演技を見て比べてみたいと思いました。やっぱり映画を見るべきかな・・・

ちょっと特徴のある声と、思い悩んだような表情や子どもに見せる優しい顔など、目が離せない感じ。おっとこまえーっていうんではないけど、魅力的なんですよね。いい。

 

ドラマとしては、ストーリーは意外性があったし、スピーディーな展開、繰り返されるどんでん返しで息をつく暇もなく。結構夢中になって見たので面白かったと思うんです。だからこそ、ラストがもったいない気がしてしまうんですよねー

そして裏テーマは母親の我が子への母性愛。スヒョンへのセッピョルへの母性愛が中心に描かれているように見えるけど、スンニョのドンホへの母性愛、そして皮肉な事にセッピョルの誘拐事件を引き起こした原因も息子を守ろうとする母の愛情ゆえだったという。
しかし、「自分の子どもを守ろうとする母親」は尊く見えるのかもしれないけれど、「自分の子ども”だけ”を守ろうとする母親」という存在は諸刃の剣なんだなあと思ったのです。まさに過ぎたるは及ばざるが如しで、子どもへの過剰な愛情というのは或る意味、自己愛なのかもしれない。自分の子どもを守るためなら、他の人は傷つけても良いという近視眼的な思考はとても危険なことで、地球にいるすべての人が誰かの子どもなんだということ忘れてはいけないな、と思ったのでした。・・・ってそんなことを伝えたいドラマなのかは分からないけど。

 

セッピョル役のキム・ユビンちゃんはとっても上手だったし、ノ・ミヌが素に近そうなミュージシャン役で出てるし、そういうのも見どころのひとつ。あ、一人だけ気になる登場人物としては、チョン・ギョウンが演じてた刑事のウジン。彼の無駄死にみたいなの(死んでないようだけど)は必要だったのかってことかな。なんだったんだろうか。花とか散ってなかった?そこで素になっちゃったんだけど・・・一体。

 

ラストの解釈は見た人にお任せって作りにしようとしたと思われるのですが、多分そこをうまく作り切れなくて矛盾した感じになってしまったんでしょうね。なので、私は自分の都合の良いようにドンホを刑務所に迎えに行った人たちの中にはドンチャンもいたのだということにしようと思っています。だって死ぬ必然性が無いんだもんなあ。占いのせいだというなら説得力はないなと。

はあ、考えれば考えるほどラストはもう少しどうにかならなかったのか、と思ってしまうドラマでした!わーもう考えるの終わり―!

 

神様がくれた14日間が見れるのは・・・

 

【新大久保】春川ダッカルビ 早めの時間か遅めの時間なら空席有りで狙い目!

最近、新大久保が結構にぎわっているような気がするので、イケメン通りにあるこのお店は空席が無いかな・・・と思ったのですが、ラッキーな事に席が空いていましたので、すんなり席につくことが出来ました。

訪れたのは日曜でしたが、私たちの行った17時くらいの早めの時間、もしくは22時くらいの遅めの時間なら待たずに座れるかも。帰りに通りかかったらそれくらいの時間には席が空いていましたよ。

 

スポンサーリンク

 

この日はカウンターで。まだ今のところは外でも寒くないです。風を防ぐビニールも無かったけど、全然平気でした。

もちろんまずはビール!カウンターで飲むと350円。

⇒メニューはこちら

そしてヤンニョムチキン。チキンが6個でした。
ポーションが小さいので、チキン屋さんに行くほどでも無いけど、チキンが食べたいときはこのお店が助かる~!

このヤンニョムチキンは甘辛って感じですが、ブルチキンっていうのは唐辛子がいっぱいついててすごく辛いらしい・・・ 隣に座った方が以前食べたらめちゃめちゃ辛かったと言ってた。

そしてゴチュ。
唐辛子の肉詰めの揚げ物。唐辛子は辛いのと辛くないのの当たり外れがあるみたいですが、この日のはほどほどの辛さで大丈夫でした。

カウンターに座ると目の前で揚げられるのを見てるのが面白いです。

そしておでん!1本から注文できるので嬉しい。
普段は練り物なんて食べないんだけど、韓国のおでんは好きだなあ。

いつもちゃんと美味しくて満足感が高いです。たま~に行きたくなるお店です!
ちょっと一杯にも便利なお店です。

 

【韓国ドラマ】バリでの出来事 の感想 ドラマ全体を覆う閉塞感がすごかった・・・

バリでの出来事をやっと視聴終了しましたよ!
なんともかんともドラマ全体を覆う閉塞感で息が出来なくなりそうな気分で見ていました。登場人物のお金がある人も貧乏な人でも全員が感情が自由でなくて、ニッチもサッチもいかない感じがなんとも。しかし、そのどんどん深みにはまってしまう感じが反対に魅力のドラマでもありました。

 

スポンサーリンク

 

このドラマの存在を知ったのは、ファッション王を見た後に、ラストが一体どういうことだったんだー!と頭を抱えてしまって誰かどういうことか教えて!と見た方の感想をむさぼり読んだのですが、その時にファッション王がバリでの出来事に似ている、と書いている方が多かったのですよね。そしてその時にファッション王みたいなら見たくないなあと思って敬遠したまま時は過ぎ・・・
でも、ソ・ジソプが出てますからいつか見ようと思っていたら、今になりました。

結論から言うと、私はファッション王よりずっと面白かった!です。

ちなみに似ている点は下記のようなところかなと思います。

・主役のライバル同志の男性2人が貧乏な人と金持ちな人である。そしてどちらも貧乏なヒロインを好きになる恋のライバルでもあり、仕事上でもライバルである。
・金持ちの方の男性の父親が暴力的で息子は頭が上がらない。
・主役の女性が貧乏で、貧乏と金持ちの男2人の間で優柔不断である。
・最後に人が死ぬ。
・最初と最後の場面が外国(これは他のドラマでも多いけど)

でも、ファッション王が視聴者に解釈を任せるラストであるのに対し、バリでの出来事はしっかり結論が描かれていて、そこに至るまでの登場人物の心情も視聴者も理解できる形のストーリーとなっています。この違いは大きい!作品全体の出来を左右する!

カン・イヌクは、本当にスジョンを愛していたのだろうか?
スジョンを見つめているはずの場面で、カン・イヌクの目がまるで何も見ていないように感じて、その視線がスジョンを通り越して、貧乏で希望がない自分自身を同じような境遇の彼女に投影しているような気がした。そんな愛情のような自己愛のようなもの。

しかし、ソ・ジソプは手が本当に美しい。多分もうそれだけでも好きだ。

チョ・インソンが演じるチョン・ジェミンもとても強烈で、何でも手に入れられるはずの恵まれた境遇のはずなのに、どこか捨て犬のような目が素晴らしい。
彼の焦燥感は私の心までかき乱しました。

いやーしかしソ・ジソプとチョ・インソンがライバル関係というのは非常に見応えがありました。どちらも決して引けを取らない演技と迫力で最後までどうなるのか分からない展開を更に引き立たせていましたね。が、私はやっぱりカン・イヌクの底のない劣等感に惹かれてしまうかな。

そんな二人に愛されるスジョン役のハ・ジウォン。
このドラマの役柄については悪くはないけど、すごく良くも無いかな・・・と思ったのです。彼女は顔つきがキリっとしているせいなのか、メソメソ泣いたりするのが似合わない気がしてしまう。もう少し二人の間でフラフラと揺れる感情を弱々しく表現してくれる人の方が良かったかな・・・

それに対し、ヨンジュ役のパク・イェジンは金持ちの鼻もちならない女性が得意の役者さんなので、全く違和感なし。二兎を追って結局何も誰も手に入れられない彼女が悲しかったな。

 

ドラマを覆う閉塞感がすべてラストへ繋がっていく展開で、ああそうなるしか無かったよねと思いつつ、切なさもありつつ、でも決して視聴後の感触は悪くはないのでした。とはいえ、見るのにパワーが必要なちょっと疲れるドラマではありました・・・!

 

バリでの出来事が見れるのは・・・

【新大久保】ソウル市場 1000円以上買い物したレシートをハンサランに持参すると割引があるらしい!

久々にキムチを買うぞーとソウル市場に向かったのです。
私が好きなハンウルのキムチは新大久保ではここでしか見ないんですよねー
他のスーパーでもあるか探してるけど、今のところここでしか見つけられない。

そして買い物をして帰宅後、家に帰ってお財布からレシートを出して整理をしていたら・・・

ソウル市場1000円以上の買上げでハンサラン全店、昼食は5%オフ、夜食は10%の割引サービスとさせていただきます。お弁当は除く
精算時にレシートを見せて下さい

なんて記載を見つけましたよ!知らなかった!
食後じゃなくて食前にお買い物した方がお得ですね。
ちなみにハンサランはソウル市場の上の階。同じ建物の2階にありますよー。
でも1000円以上なので、この時の私のように1000円未満じゃだめなのでご注意下さい!

 

スポンサーリンク

 

さてこの日買ったのは、以前にも購入したハンウルのポギキムチ500gです。
税抜き520円。

白菜まるごとなので、(と言っても500gなので、縦割りの4分の1くらいかな)自分でカットが必要です。

でもちょっと辛めでとても美味しい。久々に食べたけどやっぱり美味しかった~!
ご飯がすすむ!

カット前はこんな感じ!

そしてチョコパイのチョコチップというのを新製品のコーナーで見たので買ってみました。

生地の部分にチョコチップとマシュマロの真ん中にアンズジャムみたいなのが入ってます。

今まで、オリオンの普通のチョコパイ、バナナ味、抹茶味と食べて来たけど、このチョコチップが一番好みかも!
真ん中のジャムがポイントになってて美味しいです!

 

 

【韓国ドラマ】グッバイ ミスターブラック の感想 イ・ジヌクとキム・ガンウのライバル同志の愛憎とムン・チェウォンのショートカットが見どころかな!

失踪ノワールMがすごくよかったので、主演キャストの3人のうち誰かが出てるドラマをとU-NEXTで探して、次に見ようと決めたのがキム・ガンウが準主役で出てるグッバイミスターブラックでした。バリでの出来事のチョ・インソンとソ・ジソプでも思ったけど、このドラマもイ・ジヌクとキム・ガンウというライバル関係の二人がどちらも負けず劣らずのレベルの俳優さんがキャスティングされてるといいですよね。ヒリっとした関係性が見れてとてもいい。

 

スポンサーリンク

 

とは言ってもまあイ・ジヌクが主役なんですけどもね。彼は写真で見てるだけだとカッコいいとは私は思わないのですが、動くと魅力的だなあと思います。アクションシーンの動きとかとても綺麗ですよね。今回は海軍の特殊部隊出身の役ですからとにかく強いしね。君を愛した時間みたいなのよりタフな役の方が断然良いです。

どうやらこのドラマの原作は漫画みたい。なるほどそのせいで実写にするとちょっと助長な感じがしてしまう部分があったかも。とはいえ最後までどんでん返しもあってラストまで楽しみました。それなりにハッピーエンドだったのでキレイにまとまってますし。

やっぱり一番の見どころは、イ・ジヌク演じるチャ・ジウォンとキム・ガンウ演じるミン・ソンジェの愛憎ですね。チャ・ジウォンがお金持ちのボンボンというだけだったらソンジェはそこまでの憎しみを持たなかったかもしれないけど、愛するマリまでもがジウォンのものだったことで自分には何も無いと思ってしまったんだろうか。
自分が持っているものに目を向けずに、他人と比べて自分が持っていないものにだけフォーカスしてしまうと途端に人生がみじめなものに見えてしまうのかもしれないな・・・

結局、ソンジェは甘言にのせられ罪を重ねることになるのですが、でも悪魔はささやいたペク・ウンドではなくて、彼の心の中に住んでいたのだなあと思うのでした。彼の心の中の欲望という悪魔を制御できなかったのはやっぱり彼自身の選択の結果なのだと。もちろんペク・ウンドはめっちゃ悪い人なんですけど、それとは別の話として。

そういえば、ペク・ウンドはかなりの悪人として描かれていたけど、彼がそうなった背景とかが全く出てこなくてただの極悪人です!どや!みたいだったのが、ちょっと違和感があったんですよね。なんでそうなったのかがちょっとくらいあっても良かったのかなあ。ソンジェの心の動きとかが丁寧に描かれていたからそれと比べて思っちゃうのでしょうか。うむむ

ムン・チェウォンはショートカットがとても似合ってて可愛かったです。タイでみなしごみたいに生きて来たという設定のわりには肌が真っ白やで・・・みたいなツッコミどころはあるけれど、まあ首回りがちょっと伸びたようなTシャツを着てたりとかそれっぽくはなってたかな。まあドラマなんでねと自分に言い聞かせつつ。

私のそういう細かい事気にする癖はおいといて、ブラックとスワンのやり取りはとても良かったし、スワンの純粋は心はとても美しかったです。庭で飼ってる鶏の産みたて卵でつくった卵焼きが二人の大切な思い出として何度も出て来るんだけど、そういうのいい。豪華な食事とかじゃなくてそういうものの方がドラマを見てて食欲を刺激されるというか、見てるものの心に残って食べたくなるような気がします。

ユン・マリ役のユ・イニョンもなかなか良かったです。彼女は変に気がきつい個性的な女の役が多い気がして、でもそういう役は背伸びして演じてる印象を受けてしまってあんまりしっくりこないなあといつも思っていたのですが、この役は良かった。本当に男二人に愛される美しい女性って感じが出ててこういう役の方が合ってる気がしました。すっごく美人に見えましたもん。演じる役と実年齢がうまく合ってきたのかもしれない。そんな感じがする。

そういえばソン・ジェリムが編集長役で出てたり、失踪ノワールMの失踪者の兄で出てた(よね?多分)ペ・ユラムがイ・ジヌクの仲間で出てたり、その冬、風が吹くで印象的だったムチョル役のキム・テウが曲者じゃなくて珍しく本当にいい人役で出てたり、知ってる顔がたくさんでした。

 

最後はタイトルの通りブラックとはさようならってことなのかと思ってたら、途中で死にかけの病気だというのに車を運転するわ、散々闘うわでもう駄目だろうと思ったのに、さすが漫画が原作のような展開になってラストはあっけにとられた気分にもなりましたが、全体的には楽しめましたよー!

 

グッバイ ミスターブラックが見れるのは・・・