【韓国映画】亀、走る の感想 ゆるいおじさん達がいい味出してます~

韓国映画には、こういう田舎のゆるい雰囲気を醸し出す映画で結構いいのがあるな~という印象があります。この「亀、走る」もそのひとつ。

 

スポンサーリンク


 

しかし、出て来る警察もヤクザも武術の先生もみんなゆるい。しかし、そんな人たちが一生懸命になって食らいついていくのがとてもコミカルに描かれていて、面白くもちょっとグッときちゃったりもします。

冴えない刑事のキム・ユンソク演じるピルソンが、一発逆転を狙って妻の貯金を無断で闘牛大会で賭けたらなんと大当たり。しかし大喜びもつかの間で脱走犯のチョン・ギョンホ演じるソン・ギテに奪われてしまい・・・。お金と父としての威厳を取り戻すためにソン・ギテを追いかけるというストーリー。

いや~キム・ユンソクの中年おじさんっぷりが見事でいい味出してるんですよねえ。こういうのは一朝一夕で出せるモノじゃないなあ。一応、警察なんだけど、体もたるんでるし闘っても弱いし、チンピラヤクザとつるんでるのが田舎感あるし、そのチンピラたちもお間抜けだし、のどかな風景と相まって余計に気が抜けちゃう。

でもそんな田舎ののろまな亀たちが犯人を捕まえるために必死で走るっていうのがタイトルの意味なのかな!

英語のタイトルがturtles runもしくはrunning turtleみたいだったので、ここで勝手に深読みした私は、英語のturtleって亀もだけどすっぽんも含むから喰らいついて離さないって意味で韓国タイトルはすっぽんの方なの!?と思ってわざわざ映画を最初からもう一度見て確認したら、「亀」の方で良かったです。韓国語も日本語と同じで亀とすっぽんは違う単語なので、のろまな亀たちを表してるタイトルと受け止めて良いようです。でも調べてすっきりした。

でもそんなことを考えてしまうくらい、最後の戦いでピルソンはギテに殴られてもやられても何度も立ち上がって向かっていくのですよ・・・ で、うさん臭い武術の先生に教えてもらった急所を狙う方法がやっと役に立ってなんとか倒すことができるのでした!

ちょっと不満があるとすれば、チョン・ギョンホが伝説になるほどすんごい強い凶悪犯には全く見えなかったことかなあ。もっとしっかりしたアクションシーンが欲しかったという訳では無いですけど、もっと極端に面白いくらい強く見えるようにした方が良かったのでは無いでしょうか?最後の1対1の戦いもイマイチ互角感があって、つまらない。ピルソンが最初にもっとボコボコにされて、でも何かをきっかけに起死回生の急所を狙う一発!みたいなメリハリのあるアクションだったら良かったなーとそれだけ。

めっちゃ気の強いピルソンの奥さんの存在もピリっと効いてたし、そうやって尻に敷かれてても愛してるよのメッセージが描かれてたり、最後に子どもに見せられたお父さんの威厳とか、結構心のツボを押さえたストーリーで、なかなか面白かったです!

 

亀、走るが見れるのは・・・

【韓国映画】マイPSパートナー の感想 チソンとキム・アジュンの声が魅力的な映画

ドラマはそんなことを考えずに見ていますが、映画は時間が限られていることもあって、起承転結のそれぞれが明確に分かるので、これが起承転結の起の部分だなとか思いながら見てしまいます。

 

スポンサーリンク


 

このマイPSパートナーは、始まりにあたる起の部分の二人の出会いが、ちょっと過激。キム・アジュン演じるユンジョンのチソン演じるヒョンスンへの間違い電話から始まる二人の関係。ユンジョンは彼氏にかけていると思ってその間違い電話の相手を誘惑してしまうんだから、その間違い電話の相手がチソンみたいにかっこいい相手で良かったよね・・・!と思わずにいられません!笑 本当の変態にかかってたらどうするんだ~!!!!

まあそこは映画ですから、そんなこんなでその間違い電話がきっかけで色々と心の内をさらけ出して話せる相手となり、実際に合うことになり、恋をするんですが、それぞれに元カノや今カレがいて・・・という内容。

そんなこんなで、チソンが出てるから~という軽い気持ちで見始めたら、タイトルのPSがいわゆる後書きという意味のPOST SCRIPTではなくて、PHONE SEXの意味だったと気づくのでした。

この映画の中でのチソンは、作曲家を目指す青年。普通な感じが素敵。そして、電話が小道具に使われているためか、改めてチソンの声が素敵なことに気づきます。ちょっとセクシーなシーンもありますが、それよりも「声」に注目してしまった!
ギターを弾いている姿もなかなかいい感じ。

しかし、音楽好きとしては、ギターを壊すシーンはお芝居の中のことだと思っても胸が苦しくなるのですよ・・・ 私にはギターの悲鳴が聞こえた(T_T)

キム・アジュンも恋や結婚に悩む年頃の女性を等身大で演じてる感じ。下着姿も出て来るけど、綺麗でキュート。足が長くて細い!!!
彼女の声もとても良くて、最後の起承転結の結にあたるラジオのシーンの歌はとても良かったなあ。電話で出会った二人は、最後も電話で通じ合うのです。

しかし、映画やドラマの中では1年とか数年たった後もお互いに思い続けてるという内容が当たり前のように描かれるけど、現実ではなかなかそうもいかないよな・・・なんてことを思ってしまうのでした。

 

韓国ドラマではだいたい出会いの部分が自転車でぶつかって罵りあって喧嘩別れして印象最悪なのに再会して恋に落ちるってパターンみたいなのが多いですけども、この映画はその出会いの部分にエッチな出会いを設定してあるのが、珍しくて面白いです。そういう部分が注目されてしまいそうだけど、主役の二人のやり取りは普通の恋人たちの心情が等身大で表現されてて共感できそう。

そういえばチソンの元カノ役でシン・ソユルが出て来るんですが、彼女がなぜか大胆な露出に挑戦しています。あんまりそこ必要性を感じないんだけど・・・と思いつつイメチェンしたいんかな、と斜めな感想をいだいたのであった。

 

マイPSパートナーが見れるのは・・・

【韓国ドラマ】上流社会 の感想 なんだか色々すっきりしない気分のまま終わってしまった・・・

上流社会の視聴を終了しました!なんてこのドラマの感想を書いておりますが、実はその前に見終わった4作品分の感想がたまっております・・・^^;
でもまあ私的にはどうもピンと来なかったこのドラマ・・・先にその思いの丈を吐きだしたい気分であります。

 

スポンサーリンク


 

そしてこのドラマで気づいたんですが、私はユイを好きでも嫌いでもない女優さんだと思っていたのに、どうやら彼女が主役のドラマを無意識に避けていたようなのです。好きなヒョンシクが出ているこのドラマもイ・ソジンが出ているから気になっている結婚契約も見たいと思いながら、なんとなく避けてたんですよね・・・ どうやらユイちゃんが苦手なのかもしれませんなー 意識にのぼらなくてもこんなことってあるんだなあと思ったのです。美男ですねの彼女は印象に残ってないので、烏鵲橋の兄弟たちの印象があまり良くないままなのかな・・・自分でもよく分からないんですけど。

なんていうドラマの内容に関係のない私の個人的な印象はどうでも良いのですが、「上流社会」というタイトルがまずあんまり内容に合っていない気分です。上流社会についてというよりは、庶民と財閥のクロスオーバーについて描かれているし、上流社会からの視点ではなく俯瞰的でもあるし、格差社会とか格差恋愛とかなんかそんな感じが合うような。

そして、二組のカップルについては最後どうなるかの結果が描かれてはいたけれど、ユナの家族のことがかなり中途半端で、ユナの姉と兄の後継者争いはあんな失踪事件まで起こした割には、俺は長男だから最初から俺の勝ちだみたいな台詞で終わってたのにはビックリですよ・・・え、今までのエピソードは何を表現したいがために入れたんだろうか?と。しかし、お姉さんを演じてた方、化粧のせいもあると思うけど、怖そう過ぎたな~ 離婚したものの子どももいた設定だけど、まったく出てこないし、とってつけたような家族たちだった。

そういう色々がリアリティーを感じさせなかったのでしょうか?私にとってですけども。ユナがチーム長だっていうのに部下と仕事するシーンなんて一度もないとことかね。

あと、ユナとジュンギ、ジイとチャンスのどっちのカップルにも魅力を感じなかったんですよね。ユナとジュンギのセリフは現実と夢がお互いに逆ということを表す台詞なんかはあって考えられてるなと思う部分もあったのですけど、全体的にふーんという気持ちで見てた。まあ一番の原因は最初の頃、ジュンギが意図的に近づいたと知らない頃のユナがジュンギにゾッコンだったという設定だったのに、ユナが恋しているように全然見えなかったことかな。ジイとチャンスに関しても、ジイが良い子というのが分かるような分からないような。最後の方のジイは計算していないとしても、屁理屈をこねて勝利している謀略者に見えたゾ!特にチャンスのお母さんとのやり取り。怖い。

ユナのお母さん役のコ・ドゥシムはベテランの女優さんだけど、この役はいまいち掴めていなかったんじゃないだろうか?娘3人、息子1人で、息子だけ可愛がるというのなら分かるけど、末娘のユナだけイジメているというのがどうしてなのかあまり伝わって来なくて。占い師に言われた言葉が根拠だと言われてもなあ。見てる方もそう感じるんだから、脚本を見ても役者さんもその心情が理解できないような気もして。

・・・とまあ不満ばかりを書いてしまいましたが、ヒョンシクのチャンス役はピッタリではありました。お金持ちのボンボン役似合いますね。でも、チャラチャラしてるところより、ジュンギに裏切られたと怒っている時にこんな表情も出来るんだなと発見したのが収穫。意外と二面性のある役とかもいけそう。

あと、ジュンギの家族が良かったのです。お母さんを演じていたヤン・ヒギョンは秘密でドフンのお母さん役を見てから役柄のせいでなんとなく嫌な印象が残ってしまっていたんですけど、このドラマではお金がなくても夫婦で愛し合っている優しいお母さんを見事に演じていて、さすが役者さんだなあって思ったんですよね!すごい包容力が溢れてて良かったです。

ジュンギとチャンスがぶつかり合いながらも成長していく様子は悪くなかったし、どちらかのカップルにはまれたら楽しめたドラマだったのかなと思うのですが、私のように「それで結局このドラマは何が言いたかったのだろうか・・・?」と考えてしまう人には中途半端に見えちゃうドラマなのかもしれません~

 

 

上流社会が見れるのは・・・




 

【赤坂】兄夫(ヒョンブ)食堂 壁に芸能人のサイン色紙が張り巡らされてる・・・!

12月はちょっとバタバタしていて、新大久保に行く機会がなく、なかなか韓国料理が食べられなくて、辛いものが食べたい・・・!と思うものの願いが叶わず。
でも、赤坂にいく機会があったので、そういえば赤坂でも韓国料理を食べたことがある!と思い出したので、行ってきました!

 

スポンサーリンク


 

全然、韓国ドラマなどを見たことも無かった頃に行ったことがあるのですけど、もう何年前かな~という感じで、記憶もあいまい。でもちゃんとたどり着きました!
この兄夫食堂のある通りは韓国料理屋さんが集まっている感じ。韓国食材屋さんもあったし、こうして意識をして見てみると赤坂も韓国料理屋さんが多いですね~

金曜の夜だったので、職場が近辺と思われるサラリーマンの団体が賑やかでした・・・ 自分たちの声が聞こえない^^;
フロアは1階と4階があるようです。この時は1階が満席とのことで4階に案内されました。

ここも生ビールはプレミアムモルツ。生中で600円です。

おかずは3品。どれもほどよく美味しかったです。
そして嬉しいのはキムチが蓋のついた容器にたっぷり入れられて出て来たこと!食べたかったんですよー!とっても美味しいし、沢山たべられるしで満足!

メニューは色々あります。

セットメニューも色々。

麺やご飯類

  

おつまみというカテゴリーにあるミニサイズの料理が少人数には嬉しい!

お肉もミニサイズがあるのいいな!

という感じでメニューが色々あり過ぎて悩んだんですが、結局食べたのはこちら!

ピョ・へジャンク

外は寒かったけど、アツアツでとっても美味しかった~ 体もあったまりました!

そしてあんなに一生懸命撮影したメニューたちには載っていないのだけど、牡蠣チヂミ!季節限定のメニュー

牡蠣がなかなか濃厚で美味しかったです。

そして公式のホームページを見ていたら、12月に新宿の歌舞伎町にもお店が出来たとか!?赤坂のお店も美味しかったので、新宿の方もまた機会があったら行ってみたいな。

それにしても壁一面にサインがいっぱいでした。赤坂という場所柄もあって日本と韓国の芸能人の方が来るんでしょうね~

その中でちょうど私が座った席の隣にあったのが・・・

そう、ノ・ミヌがその昔にYOSHIKIプロデュースのバンドTRAXでドラムをやっていた頃のサイン・・・ 写真までついてました。それにしてもROSEって名前はお耽美ですね・・・

そんな感じですごい昔のサインもいっぱい飾ってありましたよー!私はあんまり分からなかったけど!

 


【韓国ドラマ】じれったいロマンス の感想 楽しく見ていたのですがラスト2話くらいで失速しちゃったかな・・・

2018年の最初に視聴終了したのは、じれったいロマンスでした~
高潔な君に引き続き、ソンフンのツンデレ社長シリーズなんですが、彼のそういう役はかなりはまっているので、見てて結構面白かったんですが、ちょっと最後2話くらいで回想シーンが多いのと、ヒロインが何度も彼と離れたり、やっぱり好きだとなったりするのを見てるのがめんどくさくなって、まさにタイトル通りじれったくなりました。なので、その点がマイナスかな・・・

 

スポンサーリンク


 

ソンフンの秘書役のパク・シンウンも引き続きの出演で、今回はスーツもなんだか派手派手で更に個性的になってました。二人のコンビも面白いのと、秘書が意外と社長の恋愛の応援してくれたり心配してくれたりでほっこり。

ソン・ジウン演じるイ・ユミの母親がポルノ女優という設定で、そのせいで学校でいじめられて来たイ・ユミは反面教師でボタンを一番上までしめるようなお堅い女の子になっちゃって、すっかり恋愛には奥手でロマンス小説ばかり読んで夢見がち。そしたら友人のヒョンテがロマンス小説の新刊を手に入れたよ!ってユミに見せた中に「高潔な君」が出て来た!笑

このヒョンテ役の彼もどこかで見たことあるなあと思ったら、君を憶えてるで捜査官を演じてたキム・ジェヨンでした。なんだか目に特徴がありますねー。記憶に残るタイプの顔だな。このドラマではヒロインの面倒を見る優しい友達でしたね。ほんとはユミのこと好きなのに、最後までいい人なのだった。でも彼も何気にハッピーエンディング。

イ・ユミを演じたソン・ジウンは普通っぽい感じの女の子。でもたまにとても綺麗に見えたりも。お母さんの職業のせいで・・・というのは分かるけど、あんたの人生はあんたのもので、母親のものではないので、何度もその問題で事件が起こるドラマの進み方のノリがイマイチに思えたのと、ヒロインの役の上での性格もちょっとウジウジしてたので私はあんまり好きじゃなかったんだなー。でも、この普通っぽい子が社長と・・・っていうシチュエーションが、こういうドラマでは良いのかもしれない。知らんけど。

ソンフンは高潔な君の社長の時よりも、成りきりっぷりを更にやり切ってて良いと思いました。「俺はイケメンで金持ち」みたいな役でも、そんなこともないけど~?と思わせない本当のイケメンだと思う(好き嫌いはある顔立ちだと思うけど)ので、こういう役に合ってていいです。私も好みではないけど、カッコイイなと思います。筋肉のつき方もとてもお美しい。

そして、子どもと戯れるシーンなんかもあるんですけど、イケメンと子どもって意外と合うなあ~と変な事に関心。子どもちゃんに振り回されるのとか可愛いです。

は~しかし、キスシーンとか多いし長いし、ちょっと笑っちゃうんですけど!やや執拗。浸れたらいいんだけど、ダメだなんか面白くて笑っちゃうw

 

とまあ、ドラマの最初の方でジヌクがユミのことを好きなのに素直にそうは言えなくて意地悪してる時とかは楽しかったんですけど、両思いになってからが長かったのでそこがちょっとね!でも軽い気持ちで見るには楽しいドラマです。