【韓国映画】情愛中毒 の感想 大人になってからの初恋の方が重くなってしまうものなのかもしれない。

Gyao!で無料配信をしていたので見てみました~!情愛中毒。
ソン・スンホンが主演だということは知っていて、相手役は勝手に中国人の女優さんだと思い込んでたんですけど全然違いました。女優さんが中国人ってわけじゃなくて、韓国人の女優さんが中国人の役を演じてるという設定でした。って言っても途中でちょっとだけ中国語を話す場面が出てくるくらい(発音が・・・だけど)なので、戦争孤児みたいな設定や他の婦人と交らないミステリアスな雰囲気を出したかったのかな?

 

スポンサーリンク


 

ソン・スンホンはすごいはまる役とおや?という役があるなと前から思っているのですが、この映画のキム・ジンピョンという軍人の役は彼の堂々とした姿勢や体型に合っているなと思いました。ピシっとしたイメージが似合う。

彼が演じるキム・ジンピョンについて分かるのはベトナム戦争で戦功をあげたもののトラウマを抱えていて苦しんでいる。上司の娘を妻にしているものの愛してはいないが、野心家の妻の言いなりになっている。彼がどうしてそういう生き方を選んでいるのかという生い立ちまでは分からないけれど、考えることにも疲れてしまって空っぽな心に入り込んできたのは部下の妻のガフン。彼女の命を救った時に、彼は彼女に心を奪われることで実は彼のほうが救われて生き始めたのかもしれない。

真面目な人のまっすぐな思いというものは、どこか常軌を逸してしまうことがあるような気がするのだけど、キム・ジンピョンもそうだ。おそらく初恋がガフンで、他のことは何も考えられない。彼女がいないと息もできない・・・と結局は生き急いでしまう。終わりが2度訪れるようなエンディングはどちらにしても切ない。常々、男性の方が女性よりロマンティストだと思っているのだけど、ここでもそう思った。夢の中で生きているのは彼、現実を生きるのは女。

 

ガフン役のイム・ジヨンを見てなんだか見たことあるな・・・と思ってたら、上流社会でヒョンシクの相手役だった人ですね。あの時はあんまりパッとしないなあと正直思ったんですが、ここでは背が高くてすらっとしていてスタイルも良くて、他の奥様方とは一線を画してる雰囲気は良かったです。そうかあの時はユイと出てたから彼女のスタイルの良さには全然気づかなかったんだなあ。この役はもう少し影のある感じが欲しい気もするんですが、まあ悪くないかな。でもやっぱりもっと中国人でミステリアスな雰囲気のある圧倒的な美人をキャスティングして欲しかった気もしつつ。あと、キム・ジンピョンの妻役のチョ・ヨジョンはこの役には可愛すぎたかな。もっと迫力のある妻にしないとガフンに走ってしまうコントラストが際立たない。家庭教師みたいな眼鏡だけではそこは表せないよね。

 

不倫がどうとかは映画だしあんまり気にならないけど、キム・ジンピョンの頭の片隅にも残ってなさそうな子どもの存在はちょっと悲しいな、なんて。正妻に子どもができたということもガフンを正気に戻す理由の一つになったのかも・・・ 彼女は早くに父を亡くしているから。
話題になっていたベッドシーンはストーリーの妨げになるほどではなく、キム・ジンピョンの熱情を表していたという感じで見れたかな・・・ もうちょっと少なくしてガフン本人を好きだというエピソードを入れた方が良かった気もしますが。

思ったより、この役にソン・スンホンがはまっていて興味深く見れたな~と思います!

 

情愛中毒が見れるのは・・・




こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す