【韓国ドラマ】 恋するシャイニング★スター~気になる彼は星いくつ!?~ の感想 ピノキオ出演者がたくさん出てる~  

恋するシャイニング★スター~気になる彼は星いくつ!?~の視聴を終了いたしました~!ピノキオのチョ・スウォン監督が演出を担当した作品とのことで、ゲストもいっぱい出演してて(むしろ出過ぎなくらい)ちょっと笑っちゃいます。

 

スポンサーリンク


 

ヒロイン役のユリちゃんは出てなかったけど、まあ、まずキム・ヨングァンもピノキオ出てましたもんね。このドラマのカン・テホ役のキム・ヨングァンは仕事に厳しいチーム長。ほんとは後輩のコ・ホが好きで影で色々とこっそり彼女の世話を焼いてるのに、表面的には辛く当たって見せてて、その気遣いを本人にはまーったく気づかれてないのですよね。これ、なんか隠れて尽くす感じがときめき旋風ガールのルオ・バイ先輩にちょっと似てるな~と思っちゃった。ツンデレともちょっと違う気がするけど、こういう男性像が流行ってるのかなー?

あとこのドラマはちょっと見るかどうか悩んだんですが、その理由は主役のユリちゃん。彼女のこと嫌いじゃないんだけど、作品によって当たり外れが多いな、という印象があるんですよね。良かったな~と思ったのは被告人。イマイチだなと思ってしまったのは、君に泳げ名もなき英雄あたり。ファッション王はドラマ自体が???だったので私には演技がどうかさえ判断できない気分。そんな感じで半信半疑で見たんですが、このドラマの役は本人のイメージに合ってたせいか良かったんですよ!!!まあ、モテモテの役なんだけど、確かに可愛いし、頑張り屋さんで仕事もバリバリ頑張って言いたいことをはっきり言うような役は合うなあ。

イ・ジフンは元カレだけど、本当は今もコ・ホの事が好きという役。ちょっとこういう悲しそうなの似合うなあ。ちょっと寂し気な表情が似合ってしまう。目に戸惑いを含んだ雰囲気があるからでしょうか。揺れる瞳。

シン・ジェハはコ・ホの後輩社員役。彼もピノキオ出てましたね。ユン・ギュンサンが演じたキ・ジェミョンの子どもの時の役。なんだかちょっと子犬っぽい。でも彼は犯人役とか悪い人も演じられそうだな~なんて思ってるんだけどな。どうかな。これからが楽しみだな~とちょっと注目したいところ!

 

それにしてもピノキオからゲスト出演の俳優さんがいっぱい出てて豪華すぎる!

スター役でイ・ジョンソク。

コンビニ店員役でパク・シネ。

取引相手の担当者役でミン・ソンウク。彼もよく見るな~。あなたが眠ってる間にも出てたし!

そして警察官役でユン・ギュンサンまで!本当に豪華ですがここまで来るとちょっと監督も本人たちも面白がってるでしょ!って感じで見てるこちらまで笑っちゃいます〜

 

まあ概ね面白かったんですが、コ・ホと母親の関係についての描写はあんまり共感できなかったな・・・ 結局、母親は兄だけでなく、コ・ホのこともちゃんと愛してるって言いたかったんだろうけど、そう見えない。娘にねだったお小遣いを無職の兄にあげるのはちょっとねえ。自分の子どもであっても平等に好きとは限らないですよね。親だって人間だもの。

あ、元カレがコ・ホと別れた理由が「実は病気で・・・」じゃなかったのは良かったですね!ちょっとそれはそろそろ飽きちゃったし。

という感じで、ピノキオを見た方ならゲスト出演者を見るだけでも楽しいし、ドラマも軽い内容なので見やすくてそれなりに面白かったです!

 

恋するシャイニング★スター ~気になる彼は星いくつ!?~が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】京城スキャンダル の感想 「苦難の中で幸せを探せ、それが革命だ」という台詞が心に残った

前から見てみたいと思っていた京城スキャンダルを視聴終了しました。社会派ちきりんさんのオススメのドラマだとブログで読んだことがあったので興味があったのでした。日本が韓国を占領していた時代の物語なので、そのブログを読んでいなかったら見る勇気が無かったかもしれない。でもその気持ちよりもその頃のことを日本側からの視点だけでは無く、双方の視点で歴史を知りたいと思う気持ちはあったのです。幸い、コミカルタッチなので日本は悪役として描かれているけれどソフトタッチなので見やすくて助かりました。

 

スポンサーリンク


 

そして、教科書で習っただけでは知らないことを学べたなと思いました。違う民族が他国を支配することで、その地に住んでいる同じ民族同士の争いを引き起こしてしまうのだなということ。支配する日本人が敵というだけでは無くて、親日派と独立派で敵対の構図を生み出してしまうのだということ。悲劇というのは搾取されることや蹂躙されることだけではないのですね。それが原因で新しい悲劇が続く・・・ そして能力のある人たちが独立運動家になり、大義名分はあれど暗殺という形の殺人でしか自由を得る手段が無いという悲しみ。

やっぱりすべてのものは立場が違うとまるで見える景色が違うのだな。見て良かったです。

とはいえ、そういう事だけではなくて、この頃に近代化が進んで西洋のものが流行っていてモダンガールなどが生まれていたんだなと。とにかく劇中でのチャ・ソンジュが来ているお洋服がどれもとても素敵でした。ハン・ゴウンは濃いめのお化粧もそういう衣装も着こなしていてまさに適役。リュ・ジンもちょっと昔の男前って感じがあるので、こういう時代のドラマがいいんだな。ああ、二人のロマンスが花火のように短く散ってしまったのが今だに悲しい気分。

そして、カン・ジファンもこの時代のスーツ似合ってたなあ。むしろ今のスーツ着てる時より好きなくらい。あんまり素敵って思ったことなかったけど、このドラマではいいわあって思いました。ハン・ジミンも地味なチョゴリで化粧っ気が無いけどそれでも可愛かった。しかし結婚しても服を脱がない!子ども作らない!って言っててソヌ・ワンがえ~ってなってたのが面白かったけど、気の毒だった。でもヨギョンが占領されている状態で子どもなんて産めないっていう気持ちも分からないこともないな。私もかなりその状況だったら同じことを言いそうだ・・・

でも全体的にどこかコミカルに作られていて、それがすごくドラマとしても楽しむ助けになったな、と思います。特にチラシ編集部の3人が好きだったな~!彼らのスーツと帽子もそれぞれに似合うものを着ててなかなか洒落てたなあ。路面電車が走る町並みなどもこんな感じだったんだな、と興味深かったです。

私もどんな状況であっても、その中で喜びを見つけてしっかり生きて行こうとなんとなくそんな力を貰えた気がしたドラマでした。

 

京城スキャンダルが見れるのは・・・




【韓国ドラマ】 また!? オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜 の感想 君がくれる本当の声で名前を呼んで欲しい

一時期、10本分以上も感想を溜めこんでいたんですが、やっとあと2本というところまで来ましたよ!ああ、嬉しい!

さて、また!? オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜を見終わったんですが、ちょっとこれまたサブタイトルの「未来」と書いて「ジカン」と読ませる感じに非常に抵抗があるんですけど、これってダサくない!?ちょっとひと昔前の歌謡曲風に思うんですけど、何故こうなるんだろう・・・ 謎。ドラマの内容がとても良かったから余計にそういうのを残念に思ってしまいます。

 

スポンサーリンク


 

このドラマを見始めてみると、なんだか既視感があって、その理由を考えてみると、ストーリーは全く違うものの恋愛じゃなくて結婚とどこか似ている感じがしたんですよね。その理由はホ・ジョンミンが同じようなちょっと騒がしい役で出ているというのと、「カアカア」みたいな効果音。それで調べてみたらやっぱり同じ演出家のドラマでした。演出はソン・ヒョンウクで同じ、 脚本はパク・ヘヨンなので前作とは違う方ですね。

そしてこのドラマを見て更にソン・ヒョンウクが演出の作品が好きだなと思いました。彼の人間に向ける視線はどこかとても優しくて暖かいと思う。そしてドラマと思えないくらい細部までちゃんとこだわっているのが分かる。あと、彼の演出してるドラマを見るとそれまでなんとも思っていなかった俳優さんを好きになっていることが多くて。俳優さんのいいところを引き出す力があるんだろうか?なんて思うのでした。

そう、私はこのドラマは好きな女優さんのソ・ヒョンジンが出てるし見たいなと思いながら、でもエリックが主役だからちょっとな・・・と思ってなかなか見始められなかったのです。エリックは火の鳥ラブ・ミッションしか見たことないですが、どっちのドラマでもあんまり良い印象が無かったんです。でも、このドラマを見てすっかり好きになりました。あんな細やかな感情を表現できる人だったなんて、と。

 

そうそう、途中で恋愛じゃなくて結婚がらみのドラマとすぐに分かるシーンも出てきました。ヨン・ウジンがゲスト出演!それも名前がちょっともじってコン・ギテ!

なんだか妙にニヤニヤしてたな。楽しそう。

他にも色々ゲストっぽい出演者はいたんだけど、その中でソ・ジュニョンが目に留まりました。

ちょっと痩せた?こういう風なスタイリングにすると内気な男の子みたいになってて、彼も本当にドラマによって雰囲気が全く違うなあと思ったのです。

 

あと、ヘヨンの服に書かれてるロゴがその時の彼女の気持ちに逆説的に連動してて面白いのです。

落ち込んで泣きそうな気持で立ち尽くす地下鉄のホーム。
その時に着ていた服には、「MAKE ME Smile or Cry」

めっちゃ不機嫌でチキンをやけ食いしてる時に着てる服には「You’re fine」ですよ。
全然Fineじゃないのにね。ちょっと皮肉っぽくて気が効いてる!
他にももっと色々こだわりがある部分で見落としてるところもありそうだな。こういうドラマは何度も見たくなる~

あと、当たり前の事のようにやってほしいと思ってる部分ではあるんだけれど好ましく思ったのは、キム・ナエ演じるドギョンの母の若い頃をイ・ユリが演じていて、その際に口調までちゃんとキム・ナエに寄せていてまるで同じ人に見えたこと。そうそうこういうとこ気を使って演出して演じてくれると違和感を感じないで見れるんだよな・・・と思ったのです。愛するウンドンがそうだったらどんなに見やすかっただろうか、と思いますもん。

そしてとても良かったエリックの演技。映画の音響監督という「音」が特別なものである役というのが、ストーリー自体に効いてるな、と思っていました。
また同じ「オ・ヘヨン」という音を持つ名前の人が恋人になるのは、普通の人でもなかなか元カノの思い出を払拭するのは難しいけれど、彼の場合はその「オ・ヘヨン」という音が耳に入る度に他の人よりも色んなことや色んな思いが付随する量が多いに違いないと思ったのです。だから、ドギョンが「ヘヨン」とソ・ヒョンジンを呼べるようになった時は私までドキドキしてしまった・・・!

ソ・ヒョンジンのヘヨンの全身全霊で表現する愛が、愛情に飢えてるドギョンに受け入れられた時、ああと声が漏れそうな気持ちに。どこか重いとさえ言えそうなヘヨンの愛、でも愛することをためらわない彼女の姿はどこか愛おしくて羨ましい。

チョン・ヘビンの声もとても良くて、ああこんないい声の女優さんだったんだな、と思いました。彼女が愛したドギョンの心臓の音は彼と別れて記憶が薄れても彼女の中から完全に消えてしまうことはきっとないのだろう。

イェ・ジウォンとキム・ジソクの二人もとても良かったな。強烈なんだけど、どこか可愛げがあって憎めない。演出家の方、絶対お酒好きでしょ?って思ってるんだけど、どうだろう?酔っ払いの描き方が優しい気がするんだなあ。

そして実は好きなクォン・ミンも出てて嬉しい!シンイのドチですよー
悪い役よりこういうちょっと抜けた感じのキャラを演じてるのが好きです。

 

こうしてストーリーを思い出して感想を書いていてもとても素敵なドラマだったな、としみじみ思います。このドラマは予知夢が見える(あれってアカシックレコード的な話?)というしかけ、だからこそ後悔せずに愛したいという気持ち、そういう設定も含めてとても暖かい人生賛歌なのだと思います。とってもオススメのドラマです!

 


また!? オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜が見れるのは・・・




  

【韓国ドラマ】ドクターフロスト の感想 記憶を書き換えて犯罪を起こさせるなんてことが本当に出来たら恐ろしい・・・

だいたい好みなことが多いOCNのドラマだし話数も短いし、いつか見ようと思っていたドクターフロストを見ました!ソン・チャンウィもチョン・ウンチェも私には初めましての俳優さんだったのだけどとても良かったんだよなあ。それぞれの雰囲気がこのドラマにとても合ってる気がしました。

 

スポンサーリンク


 

ドクター・フロスト役のソン・チャンウィの白髪はかつらなのかと思ったら、2日間で5度ブリーチしたという記事を読んだので、地毛みたいです。そんなにブリーチしたら地肌が痛そう。役者さんも大変ねえ。ドラマの中ではプードルみたいと言われてたけど、私はどっちかというと大型犬を思い浮かべてしまうな。目の奥の光が優しい。裾が長目のジャケットが似合ってて佇まいがとても素敵。天才という言葉が似合う雰囲気が醸し出されてました。

ユン・ソンア役のチョン・ウンチェはすらっとした容貌が健康的に見えて、まっすぐな発言や行動にリアリティーがあったなと思うのです。ぶーぶー文句を言っていてもどこか明るくて良いよね。彼女のそんな明快さや純粋さがドクターフロストに少しずつ影響を与えて、表情や行動に作用するのが自然で良かったな。携帯電話を持つようになって行くところとか!

そうそう、ソンアのデスクにあるペン立てが『リラックマ』だったんですよー。そのままRilakkumaって書いてあって、熊の意味を他国の人は知ってるのか、ただキャラクターまるごとリラックマという名前での認識なのだろうかとちょっと気になったりして。やっぱりこういう細かいところばっかり気にするの得意だな私。ほほほ。

 

それぞれ各話1話完結の内容でドクターフロストが心理学を使って見事に事件を解決するのは面白かったし、犯人が捕まったと思ったら真犯人は更に違う人なのを見抜くという過程は興味深かったんです。

人の記憶を書き換えて自殺をさせたり、殺人をさせたりすることが本当に可能だったら・・・と考えたら本当に恐ろしい。研究が進むということはどの分野でも良い事にも悪い事にも使える可能性を秘めていて諸刃の剣なのだな、なんてことを思ったり。

 

あとドクターフロストが感情を失った事に関してどう決着するかについてあまり意外性が無かったことがちょっと残念だったかな・・・ 失った感情を取り戻すきっかけになるのは『大切な人を失う』という感情を失った時と同じきっかけが必要だったんだろうな。そこが予想通りでちょっとつまらない部分に思えちゃったのです。

それに、緻密に計画を立てて時間かけて実行するタイプのムン・ソンヒョンが衝動に駆られたからと言ってあんな風に自分の手を汚す気がしない。彼ならまた違う機会を狙って異なる方法を選んだのではないかと思ってしまったのです。その部分が話数的な時間切れのせいに思えてちょっとな、と。

最後はムン・ソンヒョンが不穏な感じの表情をしていたからまた続きがある可能性もあるのかな・・・と匂わせていたような気がするけどどうなんだろう?こういうタイプのドラマは続編も作りやすいとは思うけど、それよりは対決部分をもっと違う形で丁寧に描いてほしかったな、という私の希望。

 

でもキャスティングは私好みだったし、おおむね楽しませてもらいましたー(ソン・ジョンホが悪役なのはちょっと飽きてきた気もするけど)きっと続編あったら絶対見るな!ソン・チャンウィが出てる他のドラマも見てみたくなったー

 

ドクターフロストが見れるのは・・・

【韓国ドラマ】元カノクラブ の感想 個性的な元カノたちは好きだったんだけどな~

元カノクラブの視聴を終了しました~ 元カノたちは個性的で好きだったんだけど、主役の2人に興味が持てなくて途中から見るのに苦心しました。10話まではわりとスムーズに見たんだけど、その先がなかなか進まなかった・・・^^; 私はU-NEXTで16話バージョンを見たのだけど、1話が45分くらいになってたから、元の12話を再分割してあったんだろうな。カット版でとかではなさそう。

 

スポンサーリンク


 

多分、スジンとミョンスがつきあい始めた辺りから私にはすっかりつまらなくなってしまったのだと思う。このカップルが私は全然好きじゃなかった。ミョンスがチョ監督を警戒して牽制するのが度が過ぎててとても嫌だな~と。自分は彼氏なんだから、もっとスジンのことを信じればいいのにな。チョ監督とスジンが一緒に仕事をするのを嫌がって妨害するのとか(最終的には許してたけど)そういう男嫌だな~と思って見てました。チョ監督がどんなに嫌いだろうと、チョ監督は確かに実力がある人なんだし、じゃあ自分ももっと実力をつけるように頑張るとかその方向に進んだらいいのに、邪魔ばっかりしてるの見苦しく感じてしまった!行動が完全に振られた方の男に見えて、つきあってる方の男に見えませんでしたー

だからもうなんでスジンはミョンスがいいのかさっぱり分からん。チョ監督の方がいいのに!っていう話ではなくて、ミョンスが嫌って気持ち。むむむ。
ピョン・ヨハンはミセンの時は独特のキャラで良いなと思ったけど、ラブコメ系はイマイチかもしれん・・・と私的にはそんな気分になってしまいましたよ。

そうそう、あとスジンがミョンスに「いつから私のこと好きだった?」と最後の方で聞くところがあって、そのお互いの答えが最初に出会った時みたいなやりとりだったんです。それで更にがっかり。元カノも含めてこんだけドタバタしたのに最初から勝手に二人でうまくやっときなよみたいな。もっと素敵だな~と思えるような好きになった瞬間のエピソードがあったなら少しは印象も変わったのに。

カラーコードのFFFFFFが白色は知っていたんですけど、ソン・ジヒョの演じるスジンが私には白の印象を与えてくれなかったのです。ただ、元カノたちがカラフルで個性的なのに対し、スジンが特徴がなくて面白くないなと思っていたんだけど、なるほどそれを狙った配役だったのだなとは分かりました。私はいっそスジンが他の誰にも負けない極彩色の女だった方がドラマが面白かったんじゃないの!?みたいな気分になったけども!!!

 

そんな中で好きだったのは、スジンの姉夫婦。シン・ドンミはドラマごとに全然違う演技を見せてくれるから好き。THE K2の秘書役が最高だったからあれからすごく気になる存在です。ララ役のファヨンは外見からこういう役が求められがちなんだろうなと。そして思いっきり期待に応えてるのはすごい。でもマッドドッグでのキリっとした役も演じられるのを知ってるからなかなか彼女も器用だなと思う。

姉の旦那さんとか、ミョンスの後輩とか面白要員も配してあるのは分かったけど、あんまり面白く感じられなかったなあ・・・ 元カノたちがドタバタでつかみ合いの喧嘩してる辺りはなんか面白かったんだけどな。結局元カノたちはなんだったんですかね?

 

私にとってはなんとか最後まで見た、というドラマでありました。でも元カノたちは大好きでしたよ~

 

元カノクラブが見れるのは・・・