【韓国ドラマ】恋のラブ・アタック ~初めてのトキメキを君と~(恋のドキドキスパイク2)の感想 内容もタイトルのベタさに負けないけどそれなりに楽しめました

恋のドキドキスパイクの続編、恋のラブ・アタックを視聴終了しました~!
しかし、「恋のドキドキスパイク」っていうタイトルもどうかと思うけど、「恋のラブ・アタック」というタイトルもすごいベタですね。

しかし、内容もベタなのである意味期待を裏切らなくていいと思います。笑

 

スポンサーリンク


 

前作もなんだかんだと好きだったのですが、今回は男性の方がプロのバレー選手というキャスト。そして舞台は大学へと移ります。

しかし、出演者も一緒に進学している設定なので、見覚えのある顔がちらほらあって楽しい!監督も同じ役者さんで、高校から大学の監督になったという設定です。
そして監督の娘さんが画像右端のバレー部員と付き合ってることになったりと、前作から引き続きで見ると分かる設定が色々あって面白いです。

U-NEXTで見たら各話にメイキング映像がついてて、ちょっと流し見をところどころしたんだけど、右から2番目の彼はバレーを15年とか続けてたらしいし、試合のシーンは細切れではなくロングで撮ってたので、割とちゃんとバレーが出来る人が出演してるんだなあと思いました!

イ・ウォングンはファントムでハッカー役をしていた時に、むむ!良い!と思ったんですが、最近は主役でも出るようになったんですね~
背も高いし、ちょっと雰囲気がある感じが素敵だなと。
今回はプロのバレー選手の役ですが、そんなにバレーがうまそうには見えなかったのでプロの選手っていうのは無理があるとしても、その他の点では違和感も無く、まあ良かったかな!

ただ、恋敵となるのキム・ソヌンが癖のあるキャプテンを演じてて、どちらかというとそっちに目が行ってしまって、イ・ウォングンの印象が薄くなってしまったかも。

あと、キム・ソウンは恋愛初心者の女の子を可愛く演じていたものの、どこかベテラン臭があって、イ・ウォングンとのカップルではヌナ感が出てしまっていた気がする。一人二役はさすがだったんですけどねー
なんていうかこう、イ・ウォングンのピュアさやさわやかさの度合いがキム・ソウンのそれよりかなり高く見えるのでした。キム・ソウンは花より男子の時に可愛いと思ったけれど、今回のようにあんなにアイライン(特に目の下の)を入れないでもっとナチュラルメイクにした方がいいなあと思いました。入れても可愛いけども・・・!

 

犯罪捜査ものとか、サスペンス系とか重いドラマが好きですが、こんな風な軽いラブコメも結構好き。こういうドラマはやや極端に漫画チックに作り切ってあるといっそ入り込める感じがして好きです。

でも、イ・ウォングンは毒にも薬にもならないいい人みたいな役よりもちょっと個性的な役を演じてる方が似合うと思うんだけどなあ・・・ また他にどんなのに出てるかチェックして見てみたいと思います!

 

恋のラブ・アタック ~初めてのトキメキを君と~が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】ゴールデンクロス~愛と欲望の帝国~ キム・ガンウのアクションがかっこいい!

キム・ガンウが主演のゴールデンクロスの視聴終了しました!
かなり前に見終わったのですが、なかなか感想が書けず・・・ なんだかどう書いていいか難しい気分だったのですよねー

 

スポンサーリンク

 

キム・ガンウのアクションはテコンドーの元選手の役という設定も納得のなかなか本格的な動きで良かったです。
私は香港映画を沢山見て来たので、アクションと言えば中国武術系のを見慣れてるんだなあとそんな自分に初めて気づきました。このドラマではテコンドーの戦い方なので、回し飛び蹴りみたいなのが主体で描かれていて、これがなかなかカッコイイ。
片足を高く上げるので派手で見栄えがする分、反対に隙もつかれやすいなあという関係ないことも思いつつ、でもアクション部分はともかくなかなか見応えありました!

一番ドキドキしたのは、キム・ガンウが演じるカン・ドユンが、ハン・ウンジョン演じるホン・サラにキスをするところ。それをイ・シヨン演じるソ・イレが目撃したから・・・では無くて、ドユンはサラを愛してる訳では無い(んだと私は思った)けれど、助けてもらった恩があって、でもサラがドユンを愛してるのは知っているから、どこか感謝のような不思議な愛情みたいなのがこもっているように思えて、その時のキム・ガンウの表情にひえー良い!となってしまったのでした。

めっちゃ個人的でピンポイントな感情ですが・・・!

 

ってな感じで、キム・ガンウの演技は楽しんだんですが、ドラマ全体としては引っかかるところがあって楽しみ切れなかったんですよね・・・

それはソ・ドンハ役のチョン・ボソクの表情が気になったことが一番かな・・・
彼は怒る時に鼻の横の筋肉をヒクヒクさせるんですが、これを見ると思いっきりハイキックのミノが全然怖くないとみんなに言われたことを気にして同じ様に鼻の横をヒクヒクさせてまわりを威嚇して見せてて本当は怖くないのに家族がビビってるふりをして実は陰で笑っていたというのを私はなんだか思い出して笑ってしまってずっと辛かった!そして仲良しの弁護士役のキム・ギュチョルとのコンビの行き当たりばったりの計画の杜撰さにもなんだか笑ってしまう感じなんです。なんだかドタバタずっこけコンビみたいに感じてしまうというか・・・

そのせいもあってゴールデンクロスというのが地位の高い人たちで作った秘密結社という感じが全くせず、なんだか雑というかなんというか闇の凄い力を持っている組織の雰囲気が全く醸し出されてなくてドラマに入り込めなかったのかなと思います。

 

イ・シヨンは検事でもなんでもしっかり演じて凄いし、オム・ギジュンのうさん臭さはマイケル・チャン役にぴったりだったし、でもハン・ウンジョンの鼻はおいじりになったんだろうかと気になって仕方なかったというのもあったり、刑事役のチョ・ドクヒョンは君の声が聞こえるのスハのお父さん役だった人なんだ!全然印象が違う!とか色々思ったり、全体的にはそれなりに楽しめました。

 

変なところが気になっちゃうタイプなんだな・・・私は、ということを自覚しながらこのドラマを視聴していたのでした。皆さんは全然気にならないものなのかなあ?もうある意味私はずっと釘付けでしたよ・・・ツライ。

本当に全く参考にならない感想ですいません・・・^^;

 

 

ゴールデンクロス~愛と欲望の帝国~が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】むやみに切なく の感想 そのタイトル通りにめちゃめちゃ切ないんですけどー!

むやみに切なくを視聴終了しました。
キム・ウビンもスジも特に好きでも嫌いでもなく・・・という役者さんが主役なのですが、U-NEXTで見放題が始まったし、ドラマのタイトルも知っていたしということで見ることにしました。

ごめん、愛してる」のイ・ギョンヒが脚本を担当しているそうなんですが、この余命宣告された男の生き方を描くというのが二つのドラマの類似点としてあげられそうです。とはいえ、結末は違うと言えるかな・・・
人生の時間は有限であるという知ってはいるけどなかなか実感できない事実をドラマを通して、人々に考える機会を作ってくれているような気がします。

 

スポンサーリンク


 

私も視聴しながら、人間は死の存在を間近に感じないと生を意識できないなんて人生はまるで難解なゲームみたいだ・・・とそんなことを思いながら見ていました。
しかし、とにかくこのドラマはタイトルの通りむやみに切ないので、元気な時に見るか、いっそめちゃめちゃ落ち込んでいて泣いて全部忘れたいような時に浸って見るのがオススメなのではないかと思います。

見るのにやや疲労感があるので、私も休み休み見ました。
心がちょっとしんどくて・・・

キム・ウビンは冬や雪の情景がとても似合う人だなあと。
一面の雪の中、一人で辛い事実を心に抱え込んで迷い惑い立ち止まるような姿が絵になる。あんな大きな体なのに途方にくれて心に悲しみを秘めたような。

余命宣告されても、どこか静かにそれを受け入れて、自分に出来ることを探す姿は脆くもあり、強くもあり。彼の揺れる瞳がとても効果的で、ドラマの中では彼の演技に釘づけでした。

実際にキム・ウビンが闘病をしているのを知っているので、少し複雑な気持ちも感じながらの視聴となりましたが、早く元気になって戻ってきてほしいと思う演技を見せてくれたなあと思います。

そして、彼は高校生役も未だに違和感がないのは、お肌が綺麗だからかな・・・?
あとキスシーンでスジの顔を包み込む大きな手がとても美しかったです。

愛犬のポロロもとても可愛くて、切ないドラマを少し和らげてくれたかな・・・
こうして見るとこの子は本当におっきいな~

スジも必死に生きる姿をそれなりに好演していたと思います。
着飾ればとても美しい女性だけど、ガサツで勝気な姿も魅力的なのはすごい。
でも、完全にウルに感情移入することが出来なかったのは、キム・ウビンが凄すぎたせいなのか、スジがもう一歩足りなかったからなのか・・・という気がします。
ちょっと心の動きが分かりづらい感じがあったんですよね。でも二人の姿はとても美しかったです。

チン・ギョンは、好きな役者さんなんだけど、母親役はちょっといまいちに感じてしまった。もうちょっとコミカルな感じの演技の方が似合いますね。
そして、轢き逃げ犯役のイム・ジュウンは見た事あるなあと思ったら、相続者たちでカン・ハヌルの家庭教師役をしていた方だった!綺麗な人だけど、うまく愛を手に入れられない感じの役が似合うなあと思うのでした。

 

総合的には良いドラマでしたが、登場人物たちの境遇や運命の設定からすでに切ないので、見るのがちょっとしんどいドラマでもありました・・・

 

むやみに切なくが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】怪しいパートナー の感想 どこか既視感を感じてしまうものの全体的には楽しめるラブコメかな

チ・チャンウクの兵役に行く前のドラマ、怪しいパートナーを視聴終了しました!
だいたい1話が30分で40話なんですけど、1話が30分だと見るのがとても楽ちんです。よっぽど面白いドラマでないと、1時間ずっと熱中してるのは辛い時があるんですよね。なので、このドラマはサクサク見れて良かったです。

 

スポンサーリンク

 

なんとなく見たことのあるドラマのパッチワーク感が無いことはなく、でも全体的にはまとまっていて楽しめるかな、という印象です。チ・チャンウクの魅力は楽しめると思います。私自身はというとドラマの役柄に寄ってかなり左右されるようで、このドラマのチ・チャンウクはまあまあ好きかな・・・という感じ。魅力的に描こうとしている意図は見えるけど、そこまでズキューンとはなりませんでした。やっぱりヒーラーとか、THE K2みたいに体を張って愛する人を守るのが好きなのかもなあ。このドラマもその要素もちょっとあるんですけどね!

このドラマで実感したのは、私はチ・チャンウクの背中が好きだ、ということ。
まあ韓国ドラマでお約束のシャワーシーンもあるんですが、序盤で背中側から映してるシーンがあって、これは・・・!と思ったのです。ソ・ジソプなら手が好きなように、チ・チャンウクは背中が好きだなあと実感。
こうやって抱きしめてるシーンでも顔が見えてる時より、背中がいいなあと思って見てた~ なんだかこう肩甲骨と筋肉のバランスが良いなあと・・・我ながらマニアック。わはは。

あと、序盤はチ・チャンウク演じるジウクと、ナム・ジヒョン演じるボンヒが、お互いにうまく思いを通わせられない状態の時のチ・チャンウクのボンヒを見る切なそうな顔がとても好きだったんだけど、つき合い始めてからは結構興味を失ってしまったかも。付き合い始めてからも韓ドラマお得意の実は親同士の因縁の関係があって二人は許されない仲だったみたいなエピソードがあって二人はもう駄目かもとはなるんだけど、結局お互いに好きなのは変わらないので・・・ 自分でも自覚していないくらいの思いを相手に抱いているみたいな期間が描かれているのが好きなので、思いが伝わるのが早すぎるとつまらない気がしちゃうんですよねー。

しっかし、ジウクの父を殺した(と思いこんでいる)人がボンヒの父だったと気づくシーンは、言ってみれば幸せの絶頂の時な訳で、二人でボンヒの部屋に入っていった時にまさかな・・・と思ったけど、本当にその時に気づくんかい!って感じで、脚本家の方もSだな、と思いましたよねえ。

ナム・ジヒョンもまあ可愛いかな・・・とは思うのだけど、弁護士という設定ならもうちょっとしっかりした口調で話す方が良かったような気がしました。らしくなさが良いのかもしれないけど、気になった。二人の相性はまあまあかな。トキメキは無かったかも。

イ・ドクファや、チャン・ヒョクジンはいい味を出していたし、チェ・テジュンやキム・イェウォンもちょっと独特な感じがまあ良かったです。その中でナラはちょっと印象が薄かったかな。でも、事務所の仲間たちは全体的にみんなそれぞれのキャラしっかりしててわちゃわちゃが見てて楽しかった!

でもそんな中で、一番気になったのはやっぱり彼です。チョン・ヒョンス役のドンハ。私が見たことのあるドラマだとアクシデントカップルでジスの付き人役で出ていたらしいんだけど、これっぽっちも記憶にありません。でもこのドラマでは彼の存在がドラマを見応えのあるものにしていたような気がします。ふてぶてしさ、悲しみ、など色々な表情を見せてくれてこれからが楽しみだなあと思いました。癖のある個性的な役者さんですが、その個性を消して何でも無い人の役も出来そうだな。気になる存在だわー!

なので、ドラマは途中からどっちかというとドンハばっかり見てました^^;

 

そうそう、検察庁長の息子役で2PMのチャンソンが出てました。彼はこういうちょい出演が多いですね。でも申し訳ないけど、検事(まだ見習いかな)っぽくは見えないかも・・・

そして、父親の検察庁長が保身のために色々と悪事を働いているんですが、息子のヒジュンを殺されたことを非常に憤っているんだけど、どうも家族を大事にする父親っぽさが全く見えなかったんだよなあ。職場に飾ってる写真も息子のみが写っている写真だし、あれがせめて家族写真にするとか、息子を大事にしていた頃の回想シーンを入れるとかもっとリアリティーを出す方法は無かったのかなと考えてしまいました。息子への愛情が薄っぺらく感じて、取ってつけたようだったわ・・・

あとは、未来が見える依頼人の予言は結局当たらなかったということなのか、死にそうなくらいのけがをしたけど助かったから予言は当たったということなのかな?ちなみに予言が本当に出来る人は、人の生死についての未来が見えたとしても口外はしないと思うんだけどな。本当に当たるって分かってたら言ってはいけないものだと自覚があると思うよ。という違和感もありました。

 

そんなこんなで色々気になる部分はあるんですけど、チ・チャンウク好きの方なら彼の色んな表情が見れて楽しめるドラマだと思います。私もほどほどに楽しめました!
ドンハを見つけたのが収穫です~

 

 

【韓国ドラマ】仮面 の感想 のっけからありえない状況でびっくりだよ・・・

チュ・ジフンが出ているということもあって、いつか見ようと思っていたドラマの仮面を見終わりました。野王を見てからいまいちスエが苦手でそういう意味でなかなか手が出せなかったんですが、まあなんでも自分で見てみないと分かりませんから、まず1話だけでもと見始めました。そしたら最初から、崖から車が転落するシーンで、まあそれはいいとしてもそのまま海に落ちた車の中から一体どうやって人を助けるんですかー?とあっけにとられました。それも夜の海。下手したら助けようとした本人も死にますぜ・・・

 

スポンサーリンク

 

私はファンタジー的なドラマが好きなので、現実にはありえない設定は嫌いではないのですが、ドラマの内容にも寄るのかなあ、このドラマはサスペンス風味なので、やっぱり巧妙な罠とか、頭脳的な嘘とかそういうものを求めてしまい、変にアクロバティックでごり押し感のあるのはイマイチ乗り切れない原因のひとつになったなあと思います。秘密と同じ脚本家さんの作品らしいけど、あの緻密さは一体どこへ・・・

でも、最後は一体ハッピーエンドなのか、みんなで地獄に落ちるのかが気になって最後まで見ました。各話の終わりは先が気になるつくりにはなっていましたし。

スエが演じるピョン・ジスクが、あんまり好きでは無かったなあ。最初は一応怯えてる風でだんだん大胆になって行くのを見せたかったんだろうけども、最初からずうずうしく見えたのがソ・ウナの真似に慣れていくと更にずうずうしくなっただけのように見えるのでした。

最後に捕まった時はなりすましの詐欺罪だけじゃなくて、ソ・ウナの財産を横領した罪もちゃんと裁かれたんだろうかと気になりましたよ。ソクフンのせいでこんなことになったと思ってそうだけど、実は自分の欲に負けたような。自分の本当の家族とかに好きなだけ使っててそこへの罪の意識の無さに恐怖を感じるというか。どうせお金持ちのお金だからいいのさ~という感覚なんだろうか?
そんな訳でミヌとのハッピーエンドは解せない。納得感ない。

チュ・ジフン演じるミヌは幼い頃に自分のせいで母が死んだせいでかなりのマザコン。でもだんだんジスクのことを好きになるんだけど、どうも母への思慕がジスクへと対象を変えただけに見えて、二人が夫婦とか恋人には見えなくて、母と息子みたいに見えたのでした。スエがかなりの年上かと思ったら、2歳くらいしか変わらなかったんですけど、お母さんのように見えてしまう。ミヌの性格がこどもっぽいせいとスエが落着きすぎて見えるからかな?

そのせいか二人が素敵に見えなくて困ったなあ。
チュ・ジフンがスエを抱きしめていてもロマンチックに感じなかった。全く!

ヨン・ジョンフン演じるソクフンは、さすがにちょっと目をひんむきすぎだなあと思うんですが、どうでしょう?それこそさ、復讐するために好きでも無い女と結婚したんだとしたら、仮面をかぶって素顔を隠さないといけないんじゃないんでしょうか?

あんなにも、俺は悪いぜ~みたいに怖い顔するのはやり過ぎではないでしょうか・・・

あと、結局は父親の復讐のために色々悪いことをした訳なんですが、あれだけ悪いことをするには動機が弱く見える。恨みのある相手とかその家族を手にかけるだけならまだ理解の範疇だけど、関係ない人もお構いなしになっていくのがどうかな、と。
結局ソクフンは復讐するために、愛していたのだろうソ・ウナのことも犠牲することになるし。でもソ・ウナを復讐の道具として利用していたのか、本当に愛していたのかは最後までよく分からなかったな。その辺が雑でソクフンがどんな人なのか全然分からなかった気がする。

一番心に残ったのはユ・イニョンが演じたミヨンです。ソクフンという自分を愛してくれない人を絶望的なまでに愛していたから、自分も罪を重ね、ソクフンの罪を問う事も出来ず、でも離れて生きて行くことも出来なかった・・・

彼女の生き方や心の揺れだけはとても良く見えて切なかったなあ。
このユ・イニョンの演技はとても良かった・・・ こっちまで苦しくなる感じでした。

そしてメイドさんたちがユ・イニョンに対して「不倫専門役の女優みたいな顔をして」とか言うシーンがあって笑ってしまった!そう、来た来たマジで来たでユ・イニョンが不倫専門の女優役をしてたんですよね。台詞にそんなの混ぜてあるんだ!とちょっとビックリ。

あとはミヌの部下のチャンスがなんか見たことあるなあ・・・と考えていたら、花郎のヨウルでした。普通にしてたらこんな可愛らしい感じなんですねえ。考えてみたら、ミヌの部下は見るからに良い人そう、ソクフンの部下は見るからに悪そうって感じで、ちょっとパッキリ分け過ぎた気が。しかしソクフンのあのメガネの部下の人は何の恩があってあそこまでソクフンの命令通りに何でもしていたんだろう。最後まで盾になってソクフンを逃がそうとしてたし。復讐の志をともにする人なのかと思ってたらただの従順な部下だったんかい!っていう。うーん。

ジスクとミヌはハッピーエンド、ソクフンとミヨンは全く逆という最後でしたが、なんかすっきりしないです。面白くなる要素もたくさんあった気がするのに、大事なところが抜けているようなそんな気がしたドラマでした。

 

仮面が見れるのは・・・