【韓国ドラマ】愛もお金になりますか? の感想 コメディータッチで楽しく見れるドラマ!

ヴァンパイア検事を見てから、すっかり気になる存在になったヨン・ジョンフン。他にの出演作も見てみようと「愛もお金になりますか?」も見てみましたー。そうねえ、タイトルだけ見たら好みじゃなさそうとスルーしそうなドラマですが(実際にそれまで全く見る気はなかった)私は気に入った役者さんが出来ると出演作をチェックして横展開していくタイプみたいです。ドラマを選ぶ時に何かとっかかりが必要ですもんね~

 

スポンサーリンク


 

さて、このドラマはヴァンパイア検事のシーズン1シーズン2の間に撮影されたのかな?1話辺りで「ヴァンパイアの血みたいに新鮮ですよ!」みたいなセリフが出てきたので「お!」と思ってちょっとニヤっとしてしまいました~

このドラマでヨン・ジョンフンが演じているマ・インタクは、ツンデレとか生易しいものじゃなくて、かなり傲慢で高飛車な偏屈者。その裏にあるのは寂しさだったりもするし、ユン・ダランと接することでだんだん変わっていくんですけどね。でも、私はヨン・ジョンフンが優しくソフトな役を演じてるよりもクールな役を演じてる方が好きなので、ややミン・テヨンの延長上で見られる感覚があって良かったです。性格は似ていないけど、全く逆方向ではないかな~

お相手役のユン・ダランを演じるオム・ジウォンは見たことないな~と思ってたら、サインで強力係検事を演じてた人だった!あの時とは全然違うヘアスタイルと役柄なので同じ人とは気づかなかったな。見てる最初の方はなんかちょっとおばさんぽい人だなあと思ってたんですが、だんだんあんまり甲高い声で話さなくなって落ち着いてきたので普通に見れるように。そしてなんとなく可愛く見えてきて、この二人の組み合わせも悪く無いかな、と最後には思えるようになりました。

華やさはワン・ビンナが補ってくれる感じだったので、オム・ジウォンは地味目くらいで良かったのかも。ワン・ビンナはスター役なので派手目の洋服が素敵。普通の人には着こなせないけど、綺麗な人がそういうの着てるのを見るのは楽しい。

まあ内容的には、お金のために近づいたのに本当に好きになっちゃったなんてパターンはよく見られるストーリー展開なんだけど、そこに色んな人の思惑が絡んでくるのと、脇役陣におもしろい人たちがキャスティングがされてるので、楽しく見れる感じです。

私は秘書室長役のシム・ウンジンが特に好きでしたー!夜警日誌のオクメも良かったし、スターの恋人のマネージャー役も良かったなー。きつい言葉を言っても独特の可愛げを醸し出せる人だなって思うのです。

イ・カニはインタクのお母さん役でしたが、この方は子を捨てた母役がめっちゃ多い印象。確かじれったいロマンスでもそんな役だった気がする。ちょっと薄幸な感じと思い出の優しい笑顔のお母さん感があるのかなあ。そんなこんなでなんとなくいつもちょっと気になる女優さんではあります。

 

目新しさはないけれど、見始めたら一気に見終わったので、結構楽しめたんだな~と思います。コメディータッチなのでいろいろ誇張された表現が好みに合えばなかなか良いドラマだと思います!私は結構好きでした。

 

愛もお金になりますか?が見れるのは・・・



 

【韓国映画】後宮の秘密 の感想 翻弄されるしかないこの時代の女たちこそ切実に権力を求めたのかも。

この後宮の秘密は何度かGyao!で配信していたことがあったのでタイトルだけ知っていたんです、なので最近楽天TVに入会してたので、映画でも見るか~と思った時に何を見たらいいか思いつかなくてなんとなくタイトルを知っていたので見たって感じです。そういう適当な感じで見始めたらチョ・ヨジョンの大胆な脱ぎっぷりを見せられて、あわ~そういう映画だったのね!とまたまたビックリしたのでした。私そういうパターン多いな!笑 でもそういう部分よりは権力というものに対する人間の性みたいなものを色濃く感じられるストーリーで意外と面白く見れたのでした。

 

スポンサーリンク


 

チョ・ヨジョンは本当にとってもスタイルが良いですね。特に後ろ姿が素晴らしかったな・・・ ですが、なんというかあんなにゴンヌズバーと潔く脱がれると健康的過ぎてあんまりエロティックに感じないものだなあ、なんていう気持ちで見ておりましたよ。

しかし、大妃とファヨンを見て女を怖いと思う人がいるのかもしれないけれど、男であれ女であれ権力を手に入れないと身の安全が脅かされる側でいるしかないんですよね。だからどんなことをしてでも権力を手にしれようとする。だってそうしないと殺されるしかないのだから。そんな時代だもの。

そういう視点で行くと、息子を皇帝にするしか女が権力を持つ方法はないんだけど、母親であっても息子に殺されてしまう可能性もあるんだからやっぱり自分が実権を握るしかないんですよね。もしかしたらずっと翻弄されて生きてきた女たちの方がその権力が欲しいという気持ちは切実なんじゃないかと思う。だからあそこまで残酷になれるんじゃないだろうか。ファヨンは結局、大妃からそれを学んで最後にはとうとう自分で手を下すまでの女になったという。まあしかしあの殺し方はセンセーショナルで絵になるとは思うけど、普通は毒でも盛りますよね?そこちょっと冷静になってしまっておいおいってなりましたわねえ。

その強い女たちに対して、ソンウォン大君とクォニュはファヨンに執着してるだけの男たちに見えてしまって弱々ですよね・・・ だからこそファヨンはそんな男なんていらない自立した強い女になってしまった部分もあるのかも。

あと、とても良かったのがクモクを演じていたチョ・ウンジ。ファヨンの侍女だったのが、たまたまソンウォン大君に取り立てられるんだけど、その後の分かりやすい転落ぶりがいっそ鮮やかでした。愚かな算段が逆効果となるのだけど、あの媚びや諂いの下卑た表情が素晴らしくて、なかなか良い演技でした。それにソンウォン大君とクモクのセックスシーンの方が淫靡に感じらえてエロティックに見えたかもしれないな。

 

そうだな~ この映画は、チョ・ヨジョンの文字通り体当たりの演技はとても見ごたえがありました。官能的とかそういう部分よりもファヨンが世の中を知って行くにつれ変わっていく表情がとても良かったと思います!

 

 

このドラマ後宮の秘密が見れるのは・・・



【韓国ドラマ】メディカル・トップチーム の感想 韓ドラには珍しく三角関係にならないのが良かった!

メディカル・トップチームの視聴を終了しました!それにしても医療系のドラマが結構いっぱいありますねえ・・・ それぞれのドラマで舞台となる「科」が全然違うので、そういうのを知るのは興味深いです。そして必ず権力争いの構図が出てくるのもお決まりで、お医者さんって技術を磨くだけでも大変なのに、派閥争いとかまでやらないといけないの大変だなあ。まあ一般企業でも多かれ少なかれそういうもんかもしれないですが・・・。

 

スポンサーリンク


 

このドラマは結構好きなチュ・ジフンが出てるのでいつか見ようと思ってたんですが、彼ってどこか影のある役が似合うと思うんだけど、ここでもやっぱり愛人の子で父に辛く当たられているというそういう役どころ。陰の気を持っているのが魅力の役者さんだな~と思うのですが、このドラマでもそれを遺憾なく発揮してましたね~

でも気になったのは髪型ですかね・・・ サイドを刈り上げてるのにめっちゃ髪の毛多くてすごい濃いなあと思って見てました。前髪全部上げてたからかなあ。前髪があるとそこまで思わないんですけども。

内容はメディカル・トップチームを権力争いに利用したい人々の攻防って感じなんだけど、まあそこまで酷いやり合いって感じでもないので、見ごたえがあるような無いような気分。それよりメディカル・トップチームのメンバーが仲たがいをしたりもするけど、なんだかんだと仲良しこよししてるのを見てる感じだったかな。

しかし、クォン・サンウが敏腕な外科医には見えなくてですね。なんでかなと考えてたんですけど、体格のせいなのか声のせいなのかなんだか医者っぽく無かったな。ムキムキだからそう感じるだけかもしれない・・・ 町の優しいお医者さんならまあ悪くないとは思うんだけどなあ。でも妙に天真爛漫な感じがうまくチュ・ジフンと対比をなしていたと言えなくもないか。

でも良かった部分もあったんですよ!見始めてすぐに「あ~これはクォン・サンウとチュ・ジフンがチョン・リョウォンを好きになって取り合う三角関係のパターンだ!」と思ったのにそうじゃなかったこと。ドラマに定番のそれだと思ってたら、いい意味でそこは期待を裏切られて良かった。だってあの孤独なハン・スンジェ(チュ・ジフン)にはソ・ジュヨン(チョン・リョウォン)が理解者としてそばにいてあげて欲しいですもん。しかし、パク・テシン(クォン・サンウ)の相手がチェ・アジン(オ・ヨンソ)だったのはビックリ。彼女はキム・ソンウ(チェ・ミンホ)と付き合うと思ってたのにな~。ミンホはアイドルだから恋人ができる設定はダメなのかと穿った見方をしてしまう私であった。

そして、救急室にいるお医者さんになんだか見たことある人がいるな~と思ってたら、HISTORYのドギュンさんが出ていたのでした。あんまりよくは知らないんだけど、友人が好きだったので写真を見せてもらったりして名前をよく聞いてたんですよね~ それでなんとなく見覚えがあると調べたら、あードギュンさんだと思い出した訳です。こんなドラマにも出てたんですねえ!HISTORYはもう解散したみたいだし、ドギュンさんは兵役中かな?たくさんアイドルいるけど頑張って~

 

ドラマはすっごく面白かったかというと普通って感じだったんですが、ラブラインが意外性があってちょっと良かったかな、と思います。後は女医さんも変に着飾ってなくてそういうところは真実味があって良かったです(ピンヒールとかミニスカートとか履いてるとそういうとこばっかり気になってしまうタイプなので・・・)

オススメ度合いは中くらいというところでしょうか!

 

メディカル・トップチームが見れるのは・・・





 

【中国ドラマ】ラブ・アクチュアリー ~君と僕の恋レシピ~ 半分以上頑張ったけど17話で挫折・・・

古剣奇譚の李易峰(リー・イーフォン)がカッコよかったので、他の出演作も見てみようと探して見つけたのがラブ・アクチュアリー ~君と僕の恋レシピ~でした。ほ~韓国のイ・ダヘも出てるんだ!と視聴を開始しましたがあえなく挫折(^^; 全30話中17話まで見たので結構頑張ったんですが、さすがにもう無理とギブアップしてしまいました・・・

 

スポンサーリンク


 

そうそうまずこのドラマの李易峰(リー・イーフォン)はあんまり好みでなかったんですよねえ・・・

役柄と髪型のせいかとても幼く見える・・・

彼の古装が好きなだけで現代劇だとかっこよさが分からなくなってしまうみたいです、私。盗墓筆記の時もスルーしてしまったけど、同じように彼が人気の俳優さんだと知らなかったらスルーしてしまいそうかも。とはいえ、私は演じてる役に好き嫌いが左右される確率が高いように感じるのでできれば彼の出演作をもうひとつくらい見てみたいところ。

あとは主役の鄭元暢(ジョセフ・チェン)も全然好みじゃ無かったんですよね。私には地味な方に見えてしまうようで、この人が主役なのかとちょっとびっくり気味でした。この人初めて見たなあと思ってたら花様という映画で一度見てたみたいなのだけど、印象に全く残っていないと言う・・・ うーん。まあこのドラマでの役柄が優柔不断で好きじゃない性格だったのもあるかもしれない。

そうそう、イ・ダヘは吹替でも違和感なくて良かったんですよ。声が変わると本当に印象が変わるんだなあとそれは興味深く見てました。なんだか聞き覚えのある声だなあと思って調べてみたら、若曦続・若曦でリウ・シーシーの吹替えを担当している方でした。楊夢露という声優さんらしい!っていうか、若曦の声がリウ・シーシー本人じゃなかったなんて全然知らなかったんで驚きました。中国ドラマは吹替えも多いので、声優さんがすごい上手な気がする。違和感ないことが多いですもん。

 

まあ、でもここまでは特に挫折するような理由にはならないし、悪くなかったんです。が、とにかく苦手だったのが、リーヤンの幼馴染のシャオシャオの賑やかさ。中国ドラマでは必ずああいうおしゃべりなキャラが出てくるような気がするんですけど、どうも苦手です。ラストどうなるのか分からないけど、リーヤンとうまくいくんだとしたらマジで嫌だな・・・と思ってました。天真爛漫に見える人もいるとは思うんだけど、好きだからってあそこまで粘着してるのって健気とかじゃなくて怖い。

シャオシャオの存在も無理だったんですが、確か17話でシンホイがハオフォンに私を捨てるなんて恨んでやる!みたいなことを言ったのを見て、まるで意味が分からない・・・!と決定的にもう見るのやーめた、になりました。ほら、結婚当日に連絡なく姿を消して何年もたって突然現れて、今も好きと言われてもね。いくら結婚に反対した父親に無理やり外国に送られて連絡を絶たされたと言っても、その帰国前に連絡くらいはできただろうに。そんなに何年も音信不通なのにそれでも自分のことをずっと思ってくれてるはずと思う心が怖い。ハオフォンが優柔不断なのも悪かったけど、なんだかお門違いな憎しみを持つシンホイに恐怖を覚えたのでここで挫折することに。

 

10話くらいですでにシャオシアとハオフォンがお互いに両想いになった時に、あーこれ付き合い始めた後でどんどん問題出てくるパターンか・・・と嫌な予感がしたのですが、(つきあい始めるまでに時間がかかる方が好き)それが当たってしまった感じかな・・・ そしてまだまだ復讐の要素なんかも18話以降出てくるみたいで、更に揉めること間違いなし。半分以上見たしもったいないかなという気持ちがないこともなかったけど、それよりももっと無理な気持ちが大きかったのでここまでにすることにしたのでしたーーー!

 

 

このドラマが見れるのは・・・



【中国ドラマ】古剣奇譚 ~久遠の愛~ の感想 ゲームが原作のファンタジーは何でもありで面白い!

古剣奇譚 ~久遠の愛~の視聴終了しました!RPGゲームが原案のドラマと聞き、シンデレラはオンライン中で中国のイケメンのそういう扮装めちゃめちゃ素敵!と実感したのでこれも見てみることにしましたよ!結論から言うと、めっちゃ好きでした。面白かったです!

 

スポンサーリンク


 

中国ドラマではだいたい中国14億の人口から選ばれたイケメン半端ないわ~といつも唸らされるんですが、このドラマではどちらかというと女優さんの方にそれを感じたかな!イケメンもいるんですけど、これはもう好みの問題ですね。

でも、主役の百里屠蘇(ひゃくり・とそ)役の李易峰(リー・イーフォン)は大変かっこ良かったです。とはいえ、盗墓筆記で見たことあるけど、その時は全くなんとも思わなかったのですよね~(ヤン・ヤンに夢中だったせいかもしれないけど)でもこういう仰々しい服装と長髪がキリっとしたまなざしと眉にピッタリでこのドラマでは最高です。

まあでも百里屠蘇というキャラクターの設定的に私の大好物なんですよ。半分妖魔みたいな異形の者で過酷な人生の孤独な身の上の人なんてどうしても好きにならずにいられないタイプなので、そのせいで3割増しくらいカッコよく見えてしまってる気もする。ともかく彼は断然、古装推しです。ラブ・アクチュアリーも見てみたけど、やっぱり現代劇だとピンと来ないなあ~

女優陣は、楊冪(ヤン・ミー)は文句なしに美人だし可愛いし、こういうビラビラした服装も似合います。目が素敵なのですよね。あの瞳で見つめられたら好きになるよ・・・

あ、そうそう、ヤン・ミーといえば私のキライな翻訳官ですが、あのドラマに出てた役者さんが他にも何人かいたんですよー

記憶喪失のお兄さん、尹千觴(いん・せんしょう)役高偉の光(ガオ・ウェイグァン)とか。私のキライな翻訳官ではあんまり好きなキャラじゃなくて苦手だったけど、このドラマだと悪くなかったかなー

猫の妖魔、黒曜(こくよう)役の張雲龍(チャン・ユンロン)は意外と好き。実はかっこいいんだとは思うけど、ちょっと抜けた感じが似合う人でもある。ちょっといい人オーラがあるんですよね。私のキライな翻訳官でも気のいい友達役だったし。

陵越(りょう・えつ)役の陳偉霆(ウィリアム・チャン)は私はあんまりピンと来ないけど、優しそうな兄弟子という役柄はとっても合ってた。真面目そうな役が似合う。

そして何よりも芙蕖(ふきょ)役の迪麗熱巴(ディリラバ)の可愛さにビックリしてしまった!新疆出身らしいのでちょっとオリエンタルな雰囲気。なんという美少女!!! 彼女を見れただけでもこのドラマ見て良かった~

狐の妖魔、襄鈴(しょう・れい)役で鄭爽(ジェン・シュアン)も出演してて、彼女も安定の可愛さでしたが、女優陣は美人がいっぱい過ぎてあんまり彼女が目立たないくらいでしたな。

欧陽少恭(おうよう・しょうきょう)役の喬振宇(チャオ・ジュンユー)は色気があって素敵だったな・・・ 最初は本当に良い人にしか見えてなかったから、いい人と悪い人の二面性がだんだん見えてくると途端にそういう人に見えてくるのが凄かった!

あと気になったのは、應昊茗(イン・ハオミン)が演じる陵端(りょう・たん)かな。だって仙人になるために修行をしてるっていうのに、めっちゃ心が狭くて百里屠蘇を目の敵にしていじめまくるのですよ。最後、この人ははどうなるんだろうと思ったら、自業自得みたいなことになってたけども。それよりも以前に「天墉城」でそんな人を弟子の中でも上の方の人にしたらダメなんじゃ・・・とか思ってしまったー!笑

あと、馬天宇(マー・ティエンユー)演じる方蘭生(ほう・らんせい)もちょっと苦手なキャラ。どうやら私はおしゃべりなキャラがあんまり好きじゃないみたい。でも中国ドラマって必ずそういう人出てくる気がするんですよね・・・

 

ファンタジーなので、色んな術とか出てくるし、なんでもありだけどとても面白かったです。半分に分けられた魂が違う身体に宿って、お互いがどこか求め合ってしまうのに敵同志という設定もなんだかロマンチック。映像もとても美しいし、自分の常識とか通じない何でもありの設定だからとっても楽しめたな~と思います!

 

 

古剣奇譚 ~久遠の愛~が見れるのは・・・