【韓国ドラマ】ミッション ボディーガード(マン・ツー・マン 〜君だけのボディーガード〜) の感想 パク・ヘジンの手がきれいだったよー 内容も面白かったです!

パク・ヘジンが出演しているマンツーマンというドラマを見たいけどどこになるのかな~と思っていたら邦題は「ミッション・ボディーガード」になってNETFLIXで配信されているのを見つけました。そうねえ、日本語のマンツーマンというと「マンツーマンで勉強を教える」とかそんな意味合いが強いイメージだから、全く違う邦題にしちゃったんだろうけど、こういう風に原題と全く関連がない邦題になってしまうと同じドラマだとなかなか気づかない・・・どうもミッションつけとけばカッコイイと思っているのでは?(ほらミッションアンダーコードもそんな感じするし) 本来はMAN×MANで人との繋がりを持たなかったゴースト要員が他人とかかわるようになっていくという意味のタイトルだと思うんだけどな。その意味合いはどっかに行ってしまいましたね。残念。

と思ってたら別の邦題もついたみたい。後からついた「マン・ツー・マン 〜君だけのボディーガード〜」というタイトルの方がしっくり来るかもね!私の不満が解消されている!笑

 

スポンサーリンク


 

キャスティングだけ見ると私の好きな俳優さんがいっぱい出てて見る前から期待大でした。パク・ヘジン、ヨン・ジョンフン、チェ・ジョンアンなんてすごく良いラインナップ!そしてそれぞれの役柄も好みだったのです。パク・ヘジンにはあんまり明るくない真顔な役をやって欲しいし(バッドガイズが好きなくらいなので)、ヨン・ジョンフンにはちょっと悪い役やって欲しいし(今回は仮面の時みたいに目をひん剥いてなかった!良かった)、チェ・ジョンアンにはちょっとミステリアスな役をやって欲しいという私の個人的な希望を叶えてくれるラインナップ!そういう意味では最高でした。

ちょっと現実離れした設定やシーンもあるけれど、シリアスすぎずコミカルな要素もふんだんにあり、ロマンスもありで盛りだくさん。私はキム・ソル(パク・ヘジン)とチャ・ドハ(キム・ミンジョン)のロマンスよりも、キム・ソルとヨ・ウングァン(パク・ソンウン)のバディー的な友情の方をより楽しんだかな!

っていうかパク・ヘジンが出てるドラマでソルって名前を聞くとどうしてもチーズ・イン・ザ・トラップのヒロインのホン・ソルを思い出しちゃうんだけどそのネーミングはわざとなのかなー?

パク・ヘジン本人の表情を変えないアクション演技もカッコイイし、カーアクションもかなり迫力があっても良かったんですけど、何よりも手がきれいでめちゃめちゃそこに注目してしまいました。左利きっていうのもいいのですよ!!!!なんか左利きの人の体の動かし方?使い方?が好きなんです(マニアック!)観察の結果、パク・ヘジンは、銃とコップは右、武器のナイフやお箸は左ということが判明。右で撃って左で刺せますね。すごい。だからどうしたって感じだけど。

最近のドラマでは主人公の「感情があまりない人や表現しない人」が他人と接することで感情を持つようになるっていう展開が多い気がするなあ。私が見てるのだけだからたまたまかもしれないけどそんな印象。今までは感情的な主張が激しい人が主役のドラマが多いイメージだったんだけど、色々パターンが増えて来たのかな~

コミカルな部分は、ヨ・ウングァンとチャ・ドハとそのスタッフがになってる感じなんですけど、だんだんキム・ソルも巻き込まれてこんな格好までさせられてて、表情が真顔だから可愛い。

そうだ、カーアクションにはかなり力が入っていたのですが、どうやらスポンサーはBMW。キャストが乗ってる車は全部BMWだったと思う多分。番組によって使ってる車が違うので面白い。

 

そしてゲスト出演者も結構豪華!

突然、銀行員で出てくるソン・ジュンギ。なんでそこって感じでほんとにちょっとだけ。あ、このドラマの脚本家のキム・ウォンソク脚本家が太陽の末裔を手掛けてたからその縁かな!(正しくは太陽の末裔はキム・ウンスクと共同脚本だったみたい)

そして、ナムグン・ミンも俳優役で出てきましたけれども印象に残るなかなか嫌らしい役でした(褒めてる)あとで気づいたけど、これキム課長ですね!こんなところでまた会えるなんて嬉しいわ~

 

最初の方のビクター会長の家に乗り込むところとか楽しかったし、他のゴースト要員が誰かが私には最後の方まで分からなかったのでラストまで面白かったです。しかしあれだけ名前と顔写真が出回ってしまったのに、キム・ソルはゴースト要員を続けられるものなんでしょうか?そこだけちょっと気になったな。ドラマとしては結構好きな方で楽しんで見れましたー!

 

 

ミッション ボディーガードが見れるのは・・・
⇒Netflix






【韓中ドラマ】swan の感想 ストーリーよりも于小彤の成長っぷりにビックリしてしまった!

中国と韓国の合作WEBドラマのswanの視聴を見ました。誰が出てるのか調べていたら最近見たスイッチでなかなか素敵!と思ったソン・ウォンソクをキャストに見つけたので興味を持ちました。あと合作というのを聞くとどんなものなのかちょっと気になっちゃうし。

 

スポンサーリンク


 

主役は整形外科医たち。中国人のユー・シャオトン(于小彤)と韓国のナム・ギュリは元夫婦なんだけど、あることをきっかけに妻は突然、夫の前から姿を消していて、でもそんな彼らが再会。そしてともにビジネスパートナーとして一緒に働くことになり・・・というようなお話。

「突然姿を消す」って設定がドラマではよく見られるけど、ちょっと飽きて来たな~ 今回もその理由が事故にあって顔にケガを負って整形手術が必要になったけど、その姿を見せたくなかったから(多分そんな感じ?)とかでその気持ちに共感できないのであった。

そんな元夫婦はそれぞれ他の人にも好かれてて、ユー・シャオトン(于小彤)は弟子の医師役のmiss Aのフェイに、ナム・ギュリは事務長役のソン・ウォンソクにという構図です。でもまあ元サヤに戻るんですけどね!知ってたよ!笑

しかし、なんだか主役のユー・シャオトン(于小彤)の顔に見覚えがあるな・・・と考えてたら、「あ!紅楼夢の子役の男の子だ!!!!」と突然気づいたんですよ!ほらこの子↓

(紅楼夢はヤン・ヤン目当てにちょっとずつ見てるけど、まだ7話・・・ まだ彼が賈宝玉役なのだった。先は長い~)

顔は全く変わってなくて、そのまま成長したんだな~なんて思って見てたんだけどもなんかサイズ感がおかしい。

ナム・ギュリと比べてもなんか妙に身長差がある。

フェイと比べてもデカすぎる。あんまり気になったので調べてみたら190センチですって!いやほら子役時代から活躍してたからって大人になってカッコ良くなるかとか背が伸びるかは分からないじゃないですか?だからあらま~なんと順調に成長したんだろうって驚いちゃった。ソン・ウォンソクも187センチくらいあって背が高いなあと思ってたけど、それよりも高いですからね。

このドラマ見て驚いたポイントの一番はこれでしたね・・・!

 

そして何気に、ゲスト出演者も多い。

ヨン・ジョンフンが先輩医師役。ちょっとちょっと白衣が似合って超素敵じゃないですか~ 他にも医者役を演じたことってあります!?あるなら見たいゾ!
茶髪もいい感じで、眉毛もちゃんと茶色くしてるなあ、なんてことを思ってた。

キム・スロもお医者さん役で突然出てきた。胸囲がバーンで白衣がきつそうだなあ。

そして美容クリニックの看護婦役で日本人の大川信子も出演。韓国の美容整形って色んな国の人が訪れることを意識してのキャスティングなのかな?

 

ストーリーは特筆することはないのですし、やたらとスポンサー企業の飲み物(香瓢瓢というミルクティー)を宣伝してて苦笑って感じではあるんですが、美容外科に来る患者さんの症例といろんな言語が飛び交っているのは興味深かったかな~と思います!

 

 









【韓国ドラマ】愛もお金になりますか? の感想 コメディータッチで楽しく見れるドラマ!

ヴァンパイア検事を見てから、すっかり気になる存在になったヨン・ジョンフン。他にの出演作も見てみようと「愛もお金になりますか?」も見てみましたー。そうねえ、タイトルだけ見たら好みじゃなさそうとスルーしそうなドラマですが(実際にそれまで全く見る気はなかった)私は気に入った役者さんが出来ると出演作をチェックして横展開していくタイプみたいです。ドラマを選ぶ時に何かとっかかりが必要ですもんね~

 

スポンサーリンク


 

さて、このドラマはヴァンパイア検事のシーズン1シーズン2の間に撮影されたのかな?1話辺りで「ヴァンパイアの血みたいに新鮮ですよ!」みたいなセリフが出てきたので「お!」と思ってちょっとニヤっとしてしまいました~

このドラマでヨン・ジョンフンが演じているマ・インタクは、ツンデレとか生易しいものじゃなくて、かなり傲慢で高飛車な偏屈者。その裏にあるのは寂しさだったりもするし、ユン・ダランと接することでだんだん変わっていくんですけどね。でも、私はヨン・ジョンフンが優しくソフトな役を演じてるよりもクールな役を演じてる方が好きなので、ややミン・テヨンの延長上で見られる感覚があって良かったです。性格は似ていないけど、全く逆方向ではないかな~

お相手役のユン・ダランを演じるオム・ジウォンは見たことないな~と思ってたら、サインで強力係検事を演じてた人だった!あの時とは全然違うヘアスタイルと役柄なので同じ人とは気づかなかったな。見てる最初の方はなんかちょっとおばさんぽい人だなあと思ってたんですが、だんだんあんまり甲高い声で話さなくなって落ち着いてきたので普通に見れるように。そしてなんとなく可愛く見えてきて、この二人の組み合わせも悪く無いかな、と最後には思えるようになりました。

華やさはワン・ビンナが補ってくれる感じだったので、オム・ジウォンは地味目くらいで良かったのかも。ワン・ビンナはスター役なので派手目の洋服が素敵。普通の人には着こなせないけど、綺麗な人がそういうの着てるのを見るのは楽しい。

まあ内容的には、お金のために近づいたのに本当に好きになっちゃったなんてパターンはよく見られるストーリー展開なんだけど、そこに色んな人の思惑が絡んでくるのと、脇役陣におもしろい人たちがキャスティングがされてるので、楽しく見れる感じです。

私は秘書室長役のシム・ウンジンが特に好きでしたー!夜警日誌のオクメも良かったし、スターの恋人のマネージャー役も良かったなー。きつい言葉を言っても独特の可愛げを醸し出せる人だなって思うのです。

イ・カニはインタクのお母さん役でしたが、この方は子を捨てた母役がめっちゃ多い印象。確かじれったいロマンスでもそんな役だった気がする。ちょっと薄幸な感じと思い出の優しい笑顔のお母さん感があるのかなあ。そんなこんなでなんとなくいつもちょっと気になる女優さんではあります。

 

目新しさはないけれど、見始めたら一気に見終わったので、結構楽しめたんだな~と思います。コメディータッチなのでいろいろ誇張された表現が好みに合えばなかなか良いドラマだと思います!私は結構好きでした。

 

愛もお金になりますか?が見れるのは・・・