【韓国ドラマ】キャリアを引く女~キャリーバックいっぱいの恋~ の感想 ツッコミどころもあるけれどそれなりに面白かったかな!

キャリーを引く女の視聴を終了しました。結構面白かったです。つっこみどころも満載ではあるんですが、ラブストーリー部分を前面に押し出し過ぎていない感じが好みでした。ラストもグムジュがハム・ボッコとマ・ソグのどちらを選んだのかほんのりぼかした感じでしたしね。むしろそれが良かったな。だけど、そうなってくるとサブタイトルの「キャリーバッグいっぱいの恋」って一体誰に対する愛が詰まっていたってことなんですかー?って言いたくなるんですが、まああれかな、依頼人への愛、妹のヘジュへの愛、仲間たちへの愛とかそういう大きな意味での愛なのかもしれませんな・・・ それなら納得って感じ。

 

スポンサーリンク


 

チャ・グムジュが事務長だったときは良かったけど、弁護士になった後の14話くらいからストーリーの展開がちょっと無理がある気がしているのですよね。アレンがいくら川沿いの人気のないところだとしても、ユン・テオとグムジュに向かって銃を撃ちますかね?銃声するやん?そして顔をあんなにばっちり見せてグムジュのことをあんな風に殺さずにそのままほったらかしにしていくものなんでしょうか?全然、解決士の完全な仕事って感じがしないなあ・・・となんだか正気に返ってしまって、その辺りから筋書きに無理があるなと。そういうとこが気になって仕方なくなって来たんですよねー。あとはハム・ボッコが刑務所で仮病を使って病院に運ばれてくるんだけど、その時に手錠もされずに病院の中を自由自在に動き回ってグムジュやマ・ソグのところに行って言葉を交わしてたりするんだけど、そんなん出来るわけないやん!と。

まあどんどんそんなのがエスカレートして、最後には国情院にアレンを捕まえさせるんかい!?というなかなか強引な幕引きにもズッコケました。まあそもそも国情院がK-factで潜入捜査するかね・・・っていうとこがすでにどうなのかって話かもなー

ハム・ボッコ役のチュ・ジンモは最後の方は髭がねー。髭が無くても濃い顔の方なので、髭があると「濃い」ってことにしか目がいかないのであった。
そういうのもあって、グムジュとの仲にやや軍配が上がっていそうに見えるハム・ボッコ氏とグムジュの間に変にラブラブなシーンがあんまり無くて良かったと思ってしまった(^^;

チェ・ジウの弁護士役は悪くはないけれど、どうしても舌足らずな話し方のせいか劇中にあるような敏腕な人にはどうしても見えない感がある。あと、これは脚本のせいですが、弁護の時に妙にたとえ話を多用し過ぎているのも、ドラマだからと思っていても過剰な気がしたな。

おや、自分で思っていた以上に気になったところが多かったみたいである。笑

でもこんなことを言っているけれど、ドラマは結構楽しく見れていて、その理由はチョン・ヘビンとイ・ジュンがとても良かったからかななんて思ったり。

チョン・ヘビンのヘジュは、姉への鬱屈した思いを隠し切れない、でも悪い人になりきれないそんな心がすごく伝わって来て一番感情移入出来る気分だった。チョン・ヘビンはこの役を演じるのがとても苦しかったのではないかな・・・なんて思ったのだけど、なにせ対するのがチェ・ジウだし、でもその苦しんで頑張って演じてる感じが役柄自体の心情にちょうどマッチしたのかな、とそんなことを感じました。

そしてイ・ジュンのマ・ソグは新人弁護士としてのまっすぐさと、グムジュを好きになる過程、そして最後は弁護士より検事を選ぶ、というところまで非常に一貫していて好感が持てたんですよね。イ・ジュンってもっと影のある役を演じてるイメージだったので、今回のマ・ソグが新鮮で良かったのです。グムジュとの仲は、断然マ・ソグを応援しちゃった私なのだった。

そして、大好きパク・ビョンウンも出てましたー。この人生は初めてだからみたいな役もいいけど、今回の完全に悪い人もいいですな。一癖も二癖もある感じが素敵。それにしても、韓ドラあるあるだと思うけど、ちょっとサイコパスチックな人ってチュッパチャップス舐めてないですか?なんで?いつも疑問に思ってる。

彼もイ・ドンスの罪を告発したことで、一応父親の復讐をしたと言えるんですかね・・・ うむむ。

あとちょっとな~と思ったのが、チョ・イェリョンの存在。グムジュの友人になってたけど、キツめの化粧のせいか最初から彼女の存在が怪しすぎてね。ユン・テオの相手が彼女だとすぐに分かってしまってここが妙にイージーゲームであった・・・

とまあ、なんだかんだ言ってるんですけど、Gyao!で毎週更新を楽しみにして見てたんですよー。グムジュとヘジュ姉妹の関わり方とか心の動きとかは丁寧に描かれていて見ごたえがあったし、全体的な流れはそれなりに楽しめたと思います。事務所の仲間たちとかのサブキャラも好きだったし!

あっ、チン・ギョンが演じてたク弁護士は留学してそのあとそのまま行ったきりで最後も帰って来てなかったな。あの設定はなんだったんだろう?突然思い出したゾ!

 

キャリアを引く女~キャリーバックいっぱいの恋~が見れるのは・・・




 

【韓国ドラマ】浪漫ドクターキム・サブ 9話までの感想 ひさびさに見応えのあるドラマに出会えた!

大変です!久々に夢中になる韓国ドラマに出会いました!
最近、色々とたくさん見てはいるものの、見始めちゃったから最後まで見ないととか、まあ面白いかな~くらいの気持ちで見ているドラマが多かったのです。

でも、この浪漫ドクターキム・サブは最初から引き込まれてしまいました!
そしてあれよあれよという間に9話まで見ててビックリ!
これを書いている今も続きが見たい!なんて思っていますよ。
医療物のドラマっていうのは、確かに登場人物や事件が多く出来るから、
視聴者を飽きさせないとか、そういう側面もあるとは思うのですが、
それを置いておいても登場人物がとても魅力的で、すごく面白いです。

ハン・ソッキュを見たのは、映画のシュリ以来です。
ドラマで見るのは初めてですが、画面を支配する力が凄いなあ。
もちろんキム・サブのキャラのせいでもあるのですが、
なんでしょうか、彼のまとう空気感にドキドキしてしまいます。
でも、画面を支配すると言っても、一人だけ目立つとかじゃないんです。
むしろ溶け込んで他の人の力も引き出すようなところがある気がしてしまいます。
今まで見たことが無い俳優さんも見たことのある俳優さんも
みんな本当にそれぞれのキャラクターにピッタリ合っていて、
こういうのが相乗効果なのかな・・・と思うのでした。

そしてライバルの悪役がチェ・ジノですよ!
相続者たちでキム・ウビンのお父さん役の方!
そう私の好きな俳優さん~
彼は味のある悪役を演じてくれるので、魅力的です。
なんだかこう冷酷なんだけど色っぽさを感じてしまうのです。(私だけかも・・・w)
だから、ハン・ソッキュとチェ・ジノの対決シーンとかマジで痺れます・・・
対決と言っても拳じゃなくて、口ですけどね。もちろん~

 




 

もちろんあとのユ・ヨンソクもソ・ヒョンジンもとっても良いです!
ユ・ヨンソクと言えば応答せよ1994のチルボンのイメージですが、
(っていうか今調べたら32歳だって!20代に見える!!!)
魅力的だと思ったことは無いけど、このドラマでは真面目なのに意外と強引で積極的な男をとっても素敵に演じています。
熱いんですよ!ちょっと突っ走ってしまうところがいい♪

ソ・ヒョンジンは三銃士でしか見たことないですが、
時代劇よりずっと現代劇いいじゃないですか~!
とても医者らしい姿を見せてくれて好感度がアップしました。
髪型とかもいい感じにラフにセットされてて、医者っぽいです。
あまりにも綺麗な服を着たり、凄いヒールを履いたり、濃い化粧をしていたりすると、
ドラマとは分かっていてもそういうところにばかり気が行ってしまって、
それだけで見てられなくなるんですよね~
でも、そういうところまでちゃんとしているドラマです。

 

そしてもう一人私の好きな女優さんのチン・ギョンが看護師長さん役で出ていますが、今回も見事な演技を見せてくれています。
ちょっと面白くもあり、でも包容力もあり、その存在でピリッと締まる!
私がドラマを撮るとしたら絶対に彼女をキャスティングしますね。
って撮ることなんてないですけどーw

 

なんだかカメオ出演なのか、8話で2PMのチャンソンが出てました。
めっちゃ痛がって騒がしい患者さん。なんだか笑っちゃいました。

 

あとこのドラマがいいなあと思ったポイントは、カメラワーク!
ベッドに寝てるソ・ヒョンジンに、ユ・ヨンソクが「僕に会いたいと思った?」と
失踪して数年会えなかった期間に僕は会いたいと思ったけど先輩は?と聞く場面で、
ソ・ヒョンジンは答えずに布団をかぶって隠れるんだけど、布団の下で、何かをこらえるかのように丸まってしまうんです。
そこでカメラは布団の下の彼女の足が力が入ってぐっと丸まっているのをアップで映すんですよ!
気持ちがダダ漏れ!そういうところで表現するとは・・・!!!
その他にもいくつかいいなあと思ったところがあって、全体的に丁寧だなあと思いました。

という感じで、今とっても気に入っているこのドラマですが、どうやら本国でもとても視聴率が良かったみたいですね!
私の好みはちょっと偏りがあるので、いつもはそういうのが参考にならないのですが、このドラマは問答無用で面白いです!続きを見るのが楽しみです~

 

  

【韓国ドラマ】ピノキオ の感想 『君の声が聞こえる』の脚本家と演出家のドラマ!

pinokio

君の声が聞こえるがとてもとてもとても良かったので、
見るのを楽しみにしていたドラマです。

なにせ、脚本がパク・ヘリョンと演出がチョ・スウォンで、
『君の声が聞こえる』と同じ組み合わせなので、期待しちゃいますよね!

でも、残念ながら『君の声が聞こえる』とは似てる部分もありますが、
でも比較すると正直物足りないというか、息苦しい気がします。



ピノキオ症候群という嘘をつくとしゃっくりが止まらなくなるという架空の病気という設定があるのは、『君の声が聞こえる』であった目を見れば思ってることが分かってしまうという設定にも通じるところがあります。

その架空の設定の要素が、君の声が聞こえるであれば、裁判の場面かつ年齢差がある恋愛の場面、同じくピノキオでは、報道の場面、障害のある恋愛の場面で効いています。

ドラマだからこそそういう架空の設定で、現実に対して新しい視点を与えてくれるのは、
興味深く、とても面白いと思います。

でも、中心となる登場人物の実力がかなり違いあったかもしれません。
君の声が聞こえるは、本当に4人の設定も演技も素晴らしかったので、
ドラマの深みがますます深まることになりましたが、
ピノキオはあくまでもイ・ジョンソクとパク・シネの物語に見えちゃいます。

イ・ユビはあんまり記憶に残っていない気がするし、
キム・ヨングァンは、悪くは無かったけれど、それでもまだ何か足りない感じ。
パク・シネを好きな理由があんまり腑に落ちなかったりして。
母親役のキム・ヘスクは期待を裏切らないまさに怪演って感じでしたけども・・・!

でも、イ・ユビもキム・ヨングァンもこれから楽しみな役者さんって感じはしました!
そして、キム・ヨングァンはお嬢様をお願い!の執事役だったのを覚えてるので、その時からちょっと気になる存在でした。
それから、イ・ジョンソクのお兄さん役のユン・ギュンサンも信義の近衛隊役の時から気になってたから、やっぱりキターって感じです!
このドラマでもなかなかいい味を出してましたよね。
ユン・ギュンサンとイ・ジョンソクの背の高さがいい感じで、本当の兄弟みたい!

それにしても今までも脇役の人で印象に残った人は必ず人気が出て来る気がするんで、
なかなかいいレーダーがあるんじゃないだろうか、私。
まあただ、カッコイイ人をよく見てるだけかもしれない・・・w あわわ

あとはパクシネのお母さん役のチン・ギョンがかなり好きな女優さんなんですが、
ここではかなりキツイキャスター役。
これも本当に完璧に演じていて、いつも全く違うキャラを完璧に演じているのには惚れ惚れします。
色々なドラマに出てらっしゃますが、出てるのを見ると今回はどんな役かな~ってとても楽しみです。

パク・シネとイ・ジョンソクのカップルはとてもキレイで、
キスシーンもかなりこだわって撮ったのが分かりますが、
実はいまいち、うわ~いいなとは思わなかったんですよね。
パク・シネちゃんの惑わす感じの瞳がなんだかこのドラマでは邪魔になったかも・・・
とても可愛いんだけどね~ う~ん

『報道』についての問題を取り扱うという点では、伝えたいことが明確ではあったのですが、
問題提起はしたものの、登場人物の個別の問題を絡めすぎてたのかな・・・
ダルポの兄の件など、最終的に消化不良の感じがあったのも事実です。

もう一回見たいと思うほどではないのが残念なんですが、
でもこういう伝えたいことがはっきりしているドラマ自体は良いなと思います。
興味深いドラマではありますので、一度見てみるのはオススメです!

 

ピノキオが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】オー・マイ・ビーナス の感想 ムムムなところも多いけど、ソジソプがかっこいいからそれだけでまあいいやと思ったドラマ

ohmy

主君の太陽が好きすぎるので、こういうラブロマンス系のソ・ジソプが出演しているドラマは、見るのをしばらくやめてとこうと思ってたのですが、うっかり見たよっと!

始めの方の数話あたりは結構面白く感じたんですが、途中からは、ソ・ジソプとシン・ミナのカップルが可愛いからまあなんでもいいや!とそんな気分になりました・・・わわわ

とはいえ、最初からなんとなく全く期待してなかったので、私はそれなりに楽しめました。




いくつか、ほおおお!と思ったことがあったんです!

まず、今はタトゥーはCGで消せるのね~ってこと。
ソ・ジソプssiが入浴するシーンがあるんですけど、腕のタトゥーが全然写ってなくて、こういうのも今は簡単に画面を加工できちゃうんだなあって感心したんでした。

お金持ちのよいとこの息子役なので、もちろん役柄的には無い方が良いからね!
へ~って感じでした。

ヘルストレーナー役だし、肉体を見せるサービスショットもたくさんありましたが、ちなみに私はあんまりムキムキの方は好きでないので、私にとってはその部分では、ドラマの点数は上がりません!笑

そして、ジソプは優しい人の痛みの分かる人の役だったのですが、自分が病気でツライ思いをして来たから・・・という設定で、あと、人一倍、体や健康に気を使っているというのは説得力があってよかったかなと思います。

笑顔が炸裂する時が今までのドラマの笑顔とちょっと違って、柔らかいので、そこを見れただけでも、なんか良かったです。
なんかこう、そ、そんな笑顔!!!!私を殺す気~~~!?と思いました。
きっとひとつひとつの演技をめっちゃ考えてやってる気がしたんですよねえ・・・

ごいすー

シン・ミナは僕の彼女は九尾狐で見たくらいかな?
でもあの時もなかなかキュートな演技だったので、今回もなんとなくそんな感じかなと思ってました。

思ってた通りで、この人は、ちょっと下世話なことを言っても可愛く見えるようなそんな雰囲気を持ってて可愛い人だな~って思いました。
Araみたいにならない・・・彼女については私が苦手なだけですが(^^;

でも、彼女は太ったメイクをしても可愛いので、余計にこのドラマの焦点が良く分からなくなったんだろうなあと思ったのです。
ソ・ジソプ演じるキム・ヨンホがシン・ミナ演じるカン・ジュウンを好きになったのは、痩せたからだけではないという点も大事だからなんだろうけど、じゃあなんでこう太ってた人が綺麗になるという設定が二人分も必要だったのかと思うのでした。

え、何?ただの出会いの理由づけ?

この主役のカップルについては、まあいいんですけどね。
痩せて健康になっていく過程で二人の心が近くなるというのがあったのでいいんですけど、問題は、ユ・イニョンが演じるオ・スジンと、チョンギョウンが演じるイム・ウシクのカップルですね・・・

ウシクは、15年つきあったカン・ジュウンと別れるんですが、その理由がカン・ジュウンの同級生のオ・スジンを好きになったからなんですよ。
で、オ・スジンは学生時代はすんごい太ってて、今は綺麗になっていると。
だからこの同級生の二人が弁護士として同じ事務所勤務になって出会ったときは、
完全に立場が逆転している訳です。
更に、オ・スジンは事務所の副代表で上司としてやってきます。

ウシクが分かりやすく、カン・ジュウンが太ったから別れて、綺麗になったオ・スジンに乗り換えたんならいっそ焦点がずれた感じにならなかったと思うんですが、どうやらそうではなく。

大学生の時に、ウシクがオ・スジンに惹かれた理由とされるひとつのエピソードが
何度も何度も何度も流れてそれが根拠みたいにされるんだけど、もしそのタイミングで気になってたんだったら、じゃあなんで15年もカン・ジュウンと付き合ったんだい?みたいなね。

太ってても好きなんだったら、その時にカン・ジュウンと別れてオ・スジンと付き合ってたらいいやん?みたいな感じで、意味が全くわからないんですね~
だからもっとなんか好きになっちゃった理由のエピソードが無いと、何の説得力も無くてですね・・・ はあ?ってなってました。
だからこのカップルが飾り物みたいなの。全然興味がわかなくて・・・

ユ・イニョンは普通にはキレイだけど、とびっきり美人ってほどではない気がする。
三銃士の時とか、星から来たあなたも多分すごい美人という設定のはずなのに、いまいちそんな感じがしないのがちょっと・・・
そういう意味でも太ってたのが、痩せてすごくきれいになったという設定のこのドラマでも、なんだかこう物足りなかったです・・・かなり。
来た来たマジで来たみたいな役がいちばん違和感なかったんだけどな~

そんな感じで、色んなエピソードを工夫して作っているのは感じられるんですが、
心には全く響かず、という部分が多かった気がします。

もうちょっと何かが足りないよ~って感じなんです。




でもソンフンとヘンリーは超良かったし、
あと、私がかなり好きなチン・ギョンもチェ・ヘラン役で出てて、
彼女の毎回違うその役柄にピッタリの演技は本当に凄いと思う!

がんばれ、ミスターキムピノキオ大丈夫、愛だグッドドクターも同じ人とは思えない。

だから、役者さんの演技はすごい良くてそれで見てられるって感じだったのかもしれないと、今こうして書いてたら思いました!(^^;

最後に気になったこと・・・それは・・・

カン・ジュウンの友達のイ・ヒョヌの息子ミンジュン役のクォン・スンジュンくんが
ミセンに出ているキム・ドンシク役のキム・デミョンにしか見えなかった・・・
(いつもなんかこんなこと言ってるなw)

omaiv-3  omaiv-1

に、似てる~う!!!!!!!

 

まあ、あんまり深いことを考えずに軽い気持ちで楽しく見るのが良いドラマです!
ソ・ジソプとシン・ミナのラブラブは可愛くって素敵です(^-^)

あと、心に残るような良い言葉も出て来るので、そこは良かったかな!

 

 

オー・マイ・ビーナスが見れるのは・・・