【中国映画】魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル の感想 戦闘シーンがCGのゲームみたいだよ

魔界戦記 雪の精と闇のクリスタルを見ました!こちらはチェン・クンが出演してるので見ました。うーん。中華ファンタジーというジャンルは嫌いではないのだけど、出来がいいとは言えないかなあ。それでもチェン・クンが美しかったらそれだけで楽しめると思ってる自分もいるんだけど、今回はほとんど髭もじゃなのでその点もあんまり。

死ぬ前の若い頃のシーンでは髭もなく美しい姿もあるんだけど、ほとんどが上記のような髭もじゃ。もしくは変身して妖怪になっちゃったCGの姿なのである。でもまあ髭もじゃ姿って昔の絵巻なんかの画集で見かける感じそのままだよなーなんて。そういう意味での再現力は凄い。

多分、美しさを楽しむという観点でいうとヒロインのリー・ビンビンを堪能する映画なのだと思うのだけど、私はあんまり好みでない美人なんだなー 整っていらっしゃるとは思うんだけど興味がわかないんだな。中華ファンタジーってのは、この世の者じゃないほどの美しい男女が出てくるのがいいんだろうけど、この映画に関しての登場人物たちはそういった点で個人的には物足りなかったけど、この辺は好みの問題ですね。

後はもうCGのシーンが多くてねえ・・・ いいんですよ。チープな感じは嫌いじゃないんですけどね。そんな私でもゲームやってるような気分になって来て、あれ?私は一体、今何を見てたんだっけ?みたいな感覚に度々陥りました。動き云々じゃなくて妖怪たちの造詣のセンスがゲームのキャラっぽいのがイマイチなのかしら?洗練されてない感じ?

あと妖怪が化けた美女たちの中に見たことのある女優さんがいたよ。幻城に出てたマイディーナ!西域の踊り子に化けてる役だったけど、ピッタリでしたね。
そうそう全然関係ないけど、彼女ご結婚したんですね!お相手は開封府で若い皇帝を演じてた姜潮なんだって~ 幻城でも火族の王子役で出演してたようなので共演してた様子。彼が出てたことは全然覚えてないや・・・

この映画の話に戻ると、ストーリーは一応善と悪の逆転というどんでん返しもあるし、意外性はないものの、そこまで悪くもないかなと思うんですよね。お約束的な異種間の悲恋もあるし。なのに浸れないのは、あのCGのせいかもしれないし、演出のもっていき方のせいかもしれない。視聴後の感想は、はあなるほどねえ・・・みたいな感じでした。出演者が好きな人にはいいんじゃないでしょうか!チェン・クンの美しさは堪能できないけど!

 

魔界戦記 雪の精と闇のクリスタルが見れるのは・・・



【中国映画】ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪 の感想 マーク・チャオ×ウィリアム・フォンにチェン・クンまで出てる!豪華~

「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」を見ました!本当にたくさん見たい映画が配信されている中でこれは絶対に見なければならないと思ったんですよね・・・
なんてったって、マーク・チャオに、ウィリアム・フォンにチェン・クンですよ!なんという豪華な布陣!まあ他にもアンジェラ・ベイビー、カリーナ・ラウ、ケニー・リンに韓国からキム・ボムまで出演しておりまして、非常に豪華でございます。制作費が2億元(約32億円だって!)というのも頷けます。役者さんだけじゃなくて、セットもCGもお金かかってそうですもんね~ スケールがでかいなあ。

タイトルだけ見たら分からなかったんですが、アンディ・ラウ主演の「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」の第2弾なんですって。続編というよりはアンディ・ラウバージョンの前日譚ですね。若い頃ってイメージ。ちなみに第3弾の「王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン」も制作されています。実はもう見ちゃったので、引き続き感想を書こうと思っていますが、どうせならもっとちゃんと第2弾と第3弾だって分かるような邦題をつけて欲しいですよね。マジで不親切。俳優さんのファンになって出演作を見ようって時になって続き物って分からずに先に第3弾見ちゃったりしそう。まあそれでも内容は分からないことはないけど、でもね・・・って感じですよね。

今回は私はたまたまライズ・オブ・シードラゴンから見たんで良かったけども、それってほんとチェン・クンも出演してるから先に見たってだけの理由ですよ。みんながみんな最初から香港映画に詳しい訳ではないし、映画の内容とか制作年を調べてから見る訳ではないので、初心者にも優しいタイトルにしてくれたらいいなあ。どっちも王朝の陰謀がタイトルに入ってたら、さすがにちゃんとどっちが先かなって調べますもん・・・

さて、タイトルのことはそれくらいにして、映画そのものに関してはそうですね。面白かったです。ツイ・ハークって感じです。最近、スウォーズマンを再度見てるんですけど、一貫して変わらない美意識があるなあなんて思うのでした。CGだとかの技術はどんどん進歩しているけれど、やっぱりアクションシーンとか見てると慣れ親しんだ感覚があってとても楽しい。配分とか、アングルとかなのかな、すごくちょうどよい心地良さがあるんですよね。多すぎず少なすぎず。

あと、更になじみのある感覚がしたのは音楽が川井憲次だからかも!? イップ・マン大好きな人間からするとあの慣れ親しんだ静かな盛り上がり感が体に染み込んでくる感じで良いです。彼の音楽は非常に品が良くて本当に好き。

ストーリーは探偵ディーが推理をして活躍って感じなんですけど、人間の世界で起こる謎って感じじゃないので、あんまり名探偵感はないですよね。蟲を飲まされて怪物になってしまってましたって言われても、そういう世界なんですねって感じなので、ファンタジーなんだな~って思って見れば面白いかな。そういう異形の者たちよりも怖いのは則天武后を演じるカリーナ・ラウの怪演かもしれない。めっちゃ迫力ある。怖い。

さて、主演陣はどうだったかというと、どうしても役者さんがみんな豪華なんで、ちょっとマーク・チャオの印象が薄かったかなあ。ウィリアム・フォンのユーチが赤い髪にえらくひん剥いた目でどうしたん?って感じで印象が強過ぎるし、前述したようにカリーナ・ラウの則天武后も怖いし、他の人たちの色が濃すぎたのかも。ディー判事っていうのは普通っぽい見かけでいいと思うし、ミステリー部分の鮮やかな謎解きっていうところでディーが本領を発揮すればいいんだけど、その知力を発揮してる部分もイマイチ派手さがなかったかな~ まあでも私はマーク・チャオ大好きなので、それでもかっこいいなとは思っちゃったんですけど・・・

あ、あとチェン・クンについては、完全に美貌の無駄遣いでありますが、本人がとても楽しそうに演じてたからまあこれはこれでありかななんて思いました。

そして謎に出演してたキム・ボム。蟲を飲まされて怪物になっちゃってるシーンが多くて、彼である必要ある?なんてちょっと思いましたけれども、ウロコ治りかけのシーンでは大変お美しかったからこれまたまあアリかなとそこで思いました。

そうそう、恋せよ姐GO!のシャオティエン役を見てから、ずっとケニー・リンが大の苦手だと思ってたんだけど、今回のシャトー役なんかはあんまり問題なく見れたので、やっぱり役柄によるのかもしれませんねえ。

 

そんな感じで、私は嫌いじゃないんですけど、ツイ・ハーク作品に慣れてしまってる欲目もあるのかなあ~なんてことも思ったり。これこれって思いながら見てるポイントがいくつかある気がするんですよね。でもやっぱりそこが好きみたい!

さて、最後に皇帝から降龍杖を授かったディーですが、それを狙う則天武后という構図が見える終わり方。そして第3弾の「王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン」へ続くという感じですね。すでに続編が制作されている時ならこういう終わり方もいいねなんて思えます!笑

 

ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪が見れるのは・・・


【中国映画】ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝 の感想 本気を出したチェン・クンの美しさに圧倒される~

映画「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」を見ました!龍門と聞くと、「ドラゴン・イン/新龍門客棧」って映画があったよな~と思い出すんですが、どうやら今作はその3年後という設定でやっぱり関連があるらしいです。ドラゴンインはツイ・ハークが製作・脚本で監督はレイモンド・リーですが、ドラゴンゲートは監督・製作・脚本ともにツイ・ハークです。確か、ドラゴン・イン辺りで初めてドニー・イェンを見たんじゃないかなあ・・・ あの悪徳宦官役もなかなか印象深かったな~

 

スポンサーリンク


 

ツイ・ハークがこうして続編を作りたくなるのも分かる気がする「龍門」という場所が美しく、そこに隠された秘宝があるとなると非常にロマンチックでフォトジェニックな物語が撮れますもんね。砂漠という場所は神秘的で心惹かれます。

こういった武侠ものだと、CG使い過ぎとかワイヤー使い過ぎより、昔ながらのしっかりしたカンフーがいいと言われたりもしますが、それも一理あるし分からないでもないんだけれど、私はツイ・ハークのように新しい手法に果敢に挑戦していく監督が好きです。最近考えるのは「変わらないために変わり続けることが必要」という事についてです。映画も同じでどんどん新しい技術が出てくる中、変化することを恐れないということが、実は大切な部分を変えないために必要なことなのではないかと思うのでした。そういう意味でもこの映画は私はとても好きだったな。色んな剣が飛びまくってたので、本当は映画館で3Dで見たいものですねえ!

まあストーリーはちょっと辻褄が合わない部分があるような気もしますが、60年に一度現れる秘宝とか、ジャオとリンの関係とか、遊牧部族の王女チャンの存在とか、もうそれだけで楽しくなってくるような設定なので、あんまり細かいことは気にならない~ 私が香港映画に慣れてるからかもしれませんが!

ジェット・リー、ジョウ・シュン、チェン・クン、 グイ・ルンメイなどキャストが豪華なのも凄いんですが、それぞれのキャラが立っているのに個性が喧嘩していないのが良かったです。砂漠という特殊な場所が舞台だからでしょうか!

さて、この映画のもう一つのお楽しみ部分がフォンとユー・ホアティエンの二役出演していたチェン・クンの美しさ!!!!

薄汚れたような役でもその造形の美しさは隠せないけれど、ユー・ホアティエン役の時みたいに本気を出されると溜息しか出ない。人間です?

こんな美しい宦官役見たことない・・・ 美しい冷酷な男は現実では会いたくはないけど、スクリーン上ではどうしてこんなに魅力的なんでしょうね。

この中世的な妖艶さよ・・・ 且つユー・ホアティエンとフォンでは纏う雰囲気が全く違ってそれも素晴らしいです。この映画は彼の美しさを堪能するだけでも見る価値があると思う~~

めくるめく宙を舞うアクションシーンと、美しい悪役で私は非常に楽しめる映画でした!そしてツイ・ハークの「剣」への思い入れを感じられて良かったです。

 

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝が見れるのは・・・


【中国映画】ムーラン の感想 ヴィッキー・チャオ×チェン・クンの美しさが際立つね~

さて、ドラマ版のムーランの感想を書き終えてから間髪入れずに映画版のムーランを見ました!ムーラン役がヴィッキー・チャオなのは知ってたんだけど、お相手役がチェン・クンだとは知らなかったので、どっひゃーってなりました。画皮コンビで私に嬉しいビックリのキャスティング。彼らは北京電影学院の同級生で、親友の間柄なんですって。なるほど息のあった感じある。

 

スポンサーリンク


 

さて、私はムーランのドラマを見てから、映画を見たんですけど、この順番で良かったなと思いました。逆だったらドラマは途中リタイアもしくはもっと辛辣な感想を抱いた気がします。どうしても話数が長いので、色々とエピソードを入れなければいけないせいで、ドラマは起承転結がぼやけるんだな。なので、必ずしも映画>ドラマとは思わないけど、そう感じることが多いのはそれが理由のことが多いんだろうな~と。

実際に元の原作ではどうなのかは分からないのだけど、ドラマはハッピーエンドで終わらせたいという意図の元に趙宇という存在を作り出した(違うかも?)もしくは重きを置いたのでしょう。しかし、そのせいでムーランが誰かに頼る女性のまま、自立した素敵な女性には見えないままだったんですよね。

特にラストの選択の部分ですね。映画では国のため、民衆のため、愛する人と二人で逃げるよりもウェンタイと別れを選び、平和を維持するために彼に柔然の公主と結婚することを選んで欲しいと彼女自身が決めた、という部分が非常に大事なエピソードなのだと思うのだけど、ドラマだとムーランのために皇子が身を引いたってなっちゃっててね。ドラマだけ見た時も、フーンこんな話なんだと思っちゃったんだけど、その気持ちの理由が判明しました。めっちゃ大事なクライマックスが台無しになってるんだな。それは私的になんで、重きをどこに置くかではあるとは思うんですけどね。趙宇がいて、愛も幸せも功名もどちらも手に入れたハッピーエンドの方が良いという意見もあるでしょう。

でも、そばにいられなくても続くもっと大きな愛が存在すると思うのです。だから映画の方がとてもロマンチックに感じてしまう。

しかし、チェン・クンの顔面パワーは凄いな。イケメンだけど、それだけじゃなくて非常に彼の醸し出す雰囲気の持つ力が強い。砂まみれでも傷があっても美しい。途中でいなくなったかと思って嘆き悲しんだけど復活して嬉しかったよーーーー

戦闘シーンも非常に大掛かりで見ごたえありましたし、あとは主題歌が結構好きでした!血気盛んな柔然の王子役のフー・ジュンも良かったですし。私が好きなのは、やっぱりドラマチックな映画の方でしたね~

そういえば、ディズニーでも実写版があるんですよね。こっちはもっとファンタジーっぽいのかな。そちらはまだこの先の公開予定なので、これからの楽しみにしておきたいと思います!

 

ムーランが見れるのは・・・



【中国映画】妖魔伝-レザレクション- の感想 独特の怪しい雰囲気が最高の妖魔モノ!

妖魔伝-レザレクション-を見ましたよー!なんということでしょう。マジで美男美女しか出てこない!!!映像自体も秀麗で美しいめくるめくって感じの映画でありました。コンセプトデザインは天野喜孝が手掛けているそうで、あのオープニングの辺りとかなのかな~

 

スポンサーリンク


 

原題は画皮2なのだけど、画皮 あやかしの恋を見ていなくても問題ないストーリーなので独立した作品と思わせる邦題もこれはこれでいいのかなと思います。ジョウ・シュンが演じる小唯は500年後もそのまま同じだけで、画皮と同じ役者さんが他にも出ているけど生まれ変わりとかでさえなくて違う役なのですよねー。

画皮を見たときは何にも知らなかったけど、私もちょっと知識が増えまして、画皮は中国の小説「聊斎志異」の一編なのですね。妖怪ものは「聊斎志異」が元になっているドラマや映画が本当に多い!

ちなみに私は今、画皮2の中国のテレビドラマバージョンも視聴中なので、それと比べてなるほどーと思いながら見れたのでその点でも面白かったです。ドラマはまだ途中なので全部は分からないけど、「小唯が氷地獄に封印されていた」「公主の顔に傷がある」「蛮族の王子を生き返らせるために公主の心臓が必要」辺りは同じかな・・・ でも話数も増えると当然登場人物も増えるしで全く違う作品と思って見るくらいでこちらも良さそう。ま、結論から言うと映画の方が完成度が断然高いなと思います。かけてる予算も違うんだろうな。

 

さて、映画の話に戻りますが、この映画の見どころは靖公主と小唯が皮を交換するシーンでしょうか。非常に幻想的でして、水の中で美女二人が抱き合うシーンは異常にエロティックでございます。映画全体で張り巡らされている監督の美意識が特にこのシーンでは炸裂しているなーなんて。見ているとドキドキするくらい妖しい。

ヴィッキー・チャオ演じる靖公主が、武術も出来てとても勇ましいのに恋する乙女なのでそのギャップにたまらない気持ちになります。部下の霍心が自分を愛さないのは自分の顔に傷があって醜いせいだと思って、彼を足蹴にして暴力をふるう公主の姿は切なくも美しい。おお。

霍心(チェン・クン)もマジでイケメンですね・・・ 圧倒的顔力に何も言えないわ・・・ 彼は動きも美しいので、武将とか似合うんですよねえ。目が見えなくなっても闘って勝てるってのはビックリですけどね!ラストで靖公主と霍心が幸せそうに馬に乗って戯れてて、あー良かったですねえって思いましたよ。妖怪のおかげで深まる二人の愛って考えると小唯という存在が不憫に思えますなあ・・・

そして美男美女はこの三人だけでとどまらないのがこの映画!

雀児役でヤン・ミー!あら、これくらいの脇役でも出演するんですね。雀のイメージにピッタリで超かわいかったんですけど。雀児も結局、愛に生きたのよね・・・

そして、ちょっとダークな化粧がいつもと違って素敵なウィリアム・フォンまで龐郎という降魔師役で出てきますよ!これくらいのちょっと痩せてるビジュアルが好きだなー 蘭陵王の時はちょっとねー

お、主要キャスト5人の声は本人で吹替無しみたいー ドラマで見てると吹替が多いんで本人の声がどんなか気になってるんですよね。ジョウ・シュンの声は特徴があって色っぽいよね。印象に残るなあ。

 

画皮も良かったけど、続編のこの映画もまた違った魅力が詰まった映画でした。映像も本当に美しいし、仮面とか目隠しとか使われてるモチーフもカッコよくて雰囲気のある映画になってるなあと思います。かなり好きなタイプの映画でした。中国の妖怪ものはやっぱり好きだな~

 

妖魔伝-レザレクション-が見れるのは・・・