【韓国映画】長沙里9.15 の感想 犠牲になるのはいつも若い命

久々に映画館で映画を見てまいりました!見たのは「長沙里9.15」です。割と映画の世界観に入りこんでしまう性質なので、戦争ものはあまり選ばないんですが、キム・ミョンミンが出演しているという理由で今回は見ようと決めておりました。

内容というよりも一番思ったのは、美しい戦争なんて無いってこと。いつだって命を落とすのは若者たち。そのことを改めて心に留めておきたいと思ったのでした。

 

スポンサーリンク


 

そんなに各国の歴史に明るくない私なので、仁川上陸作戦くらいはなんとなく聞いたことがあるという程度。なので、その陽動作戦として長沙里に学生が捨て駒として送りこまれた事実なんてのは全く知りませんでした。だから、そんな出来事があったことを知れたことは良かったです。すべてはまず知ることから始まりますもんね。

そして、朝鮮半島が経験してきた歴史についても思いを馳せてしまった。上陸した学生たちが闘う相手は、彼らと同じように若い北朝鮮の兵士。同じ民族の彼らが闘わなければいけない状況は胸が締め付けられます。そして今もそれが続いているのですから。

メインはミンホとキム・ソンチョルの学生二人の友情。ミンホも良かったですが、キ・ハリュン役のキム・ソンチョルの演技が大変良かったです。ちょっと気になる役者さんリストに入れておきたいところ。あとクァク・シヤンも良かったんですよ!ところでキム・ミョンミンはどうだったの!?って言われそうなんですが、あまりにもイ・ミョンジュン大尉で、キム・ミョンミンが演じてるという意識が全然なかったという感じ。実はそれが一番理想的なのかもしれませんね。

どうしても映画のストーリーなので、友情を描いたり、ビックリするような偶然や潔い終わりを演出したりというのはまあ仕方ないかなと思うのですが、私はもう少し淡々とした描き方をしてもらった方がより心に残ったかなと思ったのでした。でも見て良かったです。

 

⇒Netflix






【韓国映画】朝鮮名探偵 3 鬼(トッケビ)の秘密 の感想 キム・ミン&ソピルのコンビの安心感!

「朝鮮名探偵 3 鬼の秘密」を見ましたよー 名探偵のキム・ミンと相棒のソピルのコンビが面白い朝鮮名探偵シリーズの3作目です。今回はマドンナ的な役のヒロインがキム・ジウォンです。そしてイ・ミンギやキム・ボムなんかも出てて期待大な感じで見ましたよ。最高とまではいかないけど、安定して面白いよね。そういう意味では期待通りかな。

 

スポンサーリンク


 

凄いなあと思うのは、おふざけ的なギャグ部分と深刻で真面目な部分が両極端なところですね。ふり幅の大きさに翻弄される気分です。まあでも生きるってそういう事なのかもしれないなあ、という私も極端な感想を持ってしまったりして。なんていうのか、どんなに辛いことがあっても楽しく生きて行った方が勝ちかなと思う訳ですよ。そんな気分になった。

さて、ストーリーとしては、今回はキム・ミンが名探偵的な働きをするというよりは自分の親世代の因縁から派生した事件に本人も巻き込まれるって感じ。吸血鬼が出てくるんですけど、血をかけると干からびた身体が血を吸い込んで復活するシーンを見てなんか既視感があるな~と思ったのですが、中国ドラマの私の妖怪彼氏ですね!

まあそうやって復活した謎の女(キム・ジウォン)ですが、記憶のない彼女にキム・ミンがウォルヨンと名前をつけてあげるんですよね。私はこういう名前をつけるという行為がとてもロマンチックに感じてしまう。名前をつける、名前を呼ぶという行為ってなんだか特別な気がするんですよね。この映画は特にラブストーリーは描かれてないけど、こういうささやかなシーンでちょっとトキめいたなあ。ここ好き。

さて、フクトポ(黒道袍)役で出演していたイ・ミンギも普通にカッコ良かったですよ。ミステリアスな雰囲気が似合う人ですよね。ただ、時代劇の古装がイマイチしっくりこなかったかな。強大な力を持った吸血鬼の役なんだけど、アクションの身のこなしももう一歩というところ。時代劇はこれからに期待。

それよりもキム・ボムの剣契(コムゲ)の頭役がめっちゃ良かったですよ。彼は正義か悪だったら、私は悪役の方が断然好き。歳をとってどんどん好きになって来たな。もっとおじさんになる日をめっちゃ楽しみにしておりますよー

 

ラストの展開から続編の期待も高まりますので、続きも楽しみです。名探偵として活躍する自由度が高まりましたので、次はもっと振り切れたストーリーになったらいいなあ。キム・ミン&ソピルコンビの安定感のある面白さは期待を裏切らないし、でもちゃんとしたストーリーとして成り立ってるし、ゲスト的な出演者もいてこれも楽しみですし、やっぱりこのシリーズはとても好きだなーと改めて思いましたね。

 

朝鮮名探偵 3 鬼(トッケビ)の秘密が見れるのは・・・




【韓国映画】エンドレス 繰り返される悪夢 の感想 愛する人を助けられない一日の繰り返しという絶望

映画「エンドレス 繰り返される悪夢」を見ました!キム・ミョンミンが出演しているのでいつか見ようと思ってた作品。

ただいま、コロナウィルスの影響でおうち時間が多くなっている方も多いかと思いますが、私も同じく在宅時間が増えましたので、少しドラマや映画を見る時間が増えた気がします。というか、忙しくても見るんですけどもね!!!ただし、そういう時は見るには見るけど、感想までを書くところまでたどり着かなくなってしまうんであります。今のこのタイミングで何とか見た作品の感想をキャッチアップ出来ればいいなあ。

 

スポンサーリンク


 

さて、この映画の原題は「하루」(一日)であります。英題もA Dayです。邦題はちょっと違うけど、同じ時間を繰り返すタイムリープがメインなので、「エンドレス」というタイトルは悪く無いですね。お!いつも邦題に文句をつける私にしては珍しい!笑
ただ、実は原題の「하루」は一日を意味するだけではなく、実は・・・というダブルミーニングがあるので、そういう部分まで翻訳するのってほんと難しい。こういう事例を見ると、やっぱり色んな言語が出来るようになりたいなあと思うのでした。

この映画で描かれる、子を思う親の気持ちというのは強くも苦しい。それぞれの子どもや大切な人を守るためには他の人を犠牲にしなければ成り立たないという構図になってしまっているので、ちょっと極端ではあるんです。でも結局、やったことは因果応報で、自分に返って来てしまうものなんだなあっていうのを思い知らされる悪夢の繰り返し。どうやっても娘を助けることが出来なかったジュニョンが最後に取った行動がやっとその輪から抜け出すカギになるのでした。

自分の大切な人が死ぬ場面を何度も見せられるなんて本当に絶望。そして自分は助けることも出来ないのも絶望。あまりにもリアルなキム・ミョンミンやピョン・ヨハンの切実な演技に見ている方の胸を締め付けられるのは間違いなしであります。

ほんと、見てるとあっという間でありました。ちょっとしんどいけど、良かったです。シンプルなエンドロールとかタイトルとかそういうのがむしろ良かったな。

とはいえ、ヘッドフォンで爆音で音楽を聴きながら歩くのってあかんよねって思いました。いや、まずそれが無かったらウニョンは爆走してくる車に気づいて逃げられたのではないでしょうか、なんて身も蓋も無いことを思う私もいたんですよねえ。横断歩道を渡ってる他の人達は逃げれてたからねっていう。多分そこは突っ込んではいけないとこ~~!!!

 

エンドレス 繰り返される悪夢が見れるのは・・・


【韓国映画】朝鮮名探偵2 失われた島の秘密 の感想 誰と見ても楽しめそうな安心の面白さ!

キム・ミョンミンが主役の朝鮮名探偵シリーズの第二弾、失われた島の秘密を見ました!今回もキム・ミョンミンとオ・ダルスの名探偵キム・ミンと商人ソピルの掛け合いが楽しい映画に仕上がっていますねー。

125分間の作品なんだけど、体感では1時間半くらいに感じるのはゆるーい感じなのと面白要素が散りばめられてるからなのかもしれないなあ。見てて退屈しないので、時間が過ぎるのが早く思えちゃうのです。

 

スポンサーリンク


 

今回のマドンナ的役割の美女役はイ・ヨニ。毎回ヒロインが変わる007的な配役はお決まりだけどそういう定番さもいいのよね。キム・ミンは最終的にはちゃんと任務を遂行する使命感を持った人なのだけど、綺麗な女性に弱かったりするのもお約束。ヒサコの布団にかくまってもらった時にちゃっかり彼女の胸やお尻にタッチして、手につけていた蛍光塗料の跡が残っちゃってたのは声を出して笑っちゃった。

今回はキム・ミンが島流し中に発明したものたちがポイントになってるんだけど、その発明品の規模も結構大きくなってて、蛍光塗料や爆弾くらいまではいいとしても、空まで飛んじゃうのには失笑。なんでもありやな!でもまあそういうのも含めて面白がれるように構成されててそれはすごいねー。

きっと真ん中にあるストーリーが非常にシンプルだからなんだろうな。子どもたちを守るために身を挺して約束を守ろうとするキム・ミンという人物をしっかり見せてるから、他の点でちょっとダメなところがあってもその人間臭さに好感を持ってしまうし、いろいろコメディー的な要素を詰め込んでも内容があっち行ったりこっち行ったりしないでまとまっている気がします。

この映画は誰が見ても楽しめていいよね。映画館に行って何を見る~ってなった時にこういう映画が1本あると好みが違う人と行っても安心ですね。そういう感じ!
私自身はわりとシリアスなテーマのものを選びがちなんだけど、軽い気持ちで楽しい映画ってのもやっぱりいいなあと改めて思いました。

さて、すでに続編として第三弾も韓国ではすでに上映済みみたいなのですよね。次回作はキム・ジウォンそしてイ・ミンギまで出てるらしいのでこれも見ないとであります!!!

 

朝鮮名探偵 2 失われた島の秘密が見れるのは・・・



【韓国映画】特別捜査 ある死刑囚の慟哭 の感想 またまた強大な権力を持った財閥が出てくるよ!

キム・ミョンミンが主演なので見た映画「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」。うまくまとまってて最後にちゃんと決着がつくのですっきりと見やすい映画でしたね。最終的には強大な悪に立ち向かうことになるんだけど、その理由がキム・ミョンミン演じるピルジェが正義漢でまっすぐな人物だからだとつまらなかっただろうと思うんですね。でもそういう人ではないのにそうせざる負えない状況になるのが面白かったなー

 

スポンサーリンク


 

扱っている題材は重めなのかなと思うんだけど、共演者を見ると分かるようにキム・サンホ、ソン・ドンイル、パク・スヨンなどで、ちょっとコミカルな部分もあってそこまで暗い気持ちにはならない感じ。それにしてもパク・ヒョックォンは同僚を陥れるこずるい役多くない!?そしてだいたい利用されて殺されるとか多いな・・・ ドラマでも映画もなんで、登場すると今回もそういう役かな~って思っちゃうねえ。うむ。これが先入観ってやつですね。

キム・ミョンミンは、ベートーベンウィルスみたいな堅物で個性的な男の役も好きだけど、意外とちゃらんぽらんでコミカルな役を演じてるのもいいんですよねえ。彼が演じるピルジェと死刑囚のスンテの娘とのやり取りも良かったな。面倒なことにはかかわりたくないっていう彼とそんな奴だけどあんたしか頼れる人がいないっていうドンヒョン。彼らのその攻防があったからピルジェという人物を魅力的に感じられるようになった気がする。人間くさいっていうか・・・必ずしも良い人を好きだと思う訳ではないものね。

そしてラスボスはキム・ヨンエ演じるDH財閥の女史様。この「下々の言うことは理解出来ない」っていう冷血なお金持ちの女の役が完璧ですよね。今、ドラマのロイヤルファミリーも見てるので本当にキム・ヨンエの演じるそういう女性は迫力があるなあって感心してしまう。この映画の方が常軌を逸して感情的な女性だからこそ、結局自滅するって結末が待ってる。それにしても色んな映画やドラマで出てくる財閥の幅の利かせっぷりが凄いよね。あんな風に警察にも検察にも影響力を持ってるのが現実だとは思いたくないけどどうなんでしょうね・・・?

「ある死刑囚の慟哭」というサブタイトルのせいでラストが悲しい終わり方なのかな・・・と想像してしまったんだけど、まあなんだかんだ言いながら悪い人は捕まってちゃんと解決するので、わりと視聴後はすっきり感がある映画でありました。だからちょっとサブタイトルがこれまたあんまりしっくり来ないな~と思いましたな。映画自体は結構良かったです!

 

特別捜査 ある死刑囚の慟哭が見れるのは・・・