【韓国映画】朝鮮名探偵2 失われた島の秘密 の感想 誰と見ても楽しめそうな安心の面白さ!

キム・ミョンミンが主役の朝鮮名探偵シリーズの第二弾、失われた島の秘密を見ました!今回もキム・ミョンミンとオ・ダルスの名探偵キム・ミンと商人ソピルの掛け合いが楽しい映画に仕上がっていますねー。

125分間の作品なんだけど、体感では1時間半くらいに感じるのはゆるーい感じなのと面白要素が散りばめられてるからなのかもしれないなあ。見てて退屈しないので、時間が過ぎるのが早く思えちゃうのです。

 

スポンサーリンク


 

今回のマドンナ的役割の美女役はイ・ヨニ。毎回ヒロインが変わる007的な配役はお決まりだけどそういう定番さもいいのよね。キム・ミンは最終的にはちゃんと任務を遂行する使命感を持った人なのだけど、綺麗な女性に弱かったりするのもお約束。ヒサコの布団にかくまってもらった時にちゃっかり彼女の胸やお尻にタッチして、手につけていた蛍光塗料の跡が残っちゃってたのは声を出して笑っちゃった。

今回はキム・ミンが島流し中に発明したものたちがポイントになってるんだけど、その発明品の規模も結構大きくなってて、蛍光塗料や爆弾くらいまではいいとしても、空まで飛んじゃうのには失笑。なんでもありやな!でもまあそういうのも含めて面白がれるように構成されててそれはすごいねー。

きっと真ん中にあるストーリーが非常にシンプルだからなんだろうな。子どもたちを守るために身を挺して約束を守ろうとするキム・ミンという人物をしっかり見せてるから、他の点でちょっとダメなところがあってもその人間臭さに好感を持ってしまうし、いろいろコメディー的な要素を詰め込んでも内容があっち行ったりこっち行ったりしないでまとまっている気がします。

この映画は誰が見ても楽しめていいよね。映画館に行って何を見る~ってなった時にこういう映画が1本あると好みが違う人と行っても安心ですね。そういう感じ!
私自身はわりとシリアスなテーマのものを選びがちなんだけど、軽い気持ちで楽しい映画ってのもやっぱりいいなあと改めて思いました。

さて、すでに続編として第三弾も韓国ではすでに上映済みみたいなのですよね。次回作はキム・ジウォンそしてイ・ミンギまで出てるらしいのでこれも見ないとであります!!!

 

朝鮮名探偵 2 失われた島の秘密が見れるのは・・・



【韓国映画】特別捜査 ある死刑囚の慟哭 の感想 またまた強大な権力を持った財閥が出てくるよ!

キム・ミョンミンが主演なので見た映画「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」。うまくまとまってて最後にちゃんと決着がつくのですっきりと見やすい映画でしたね。最終的には強大な悪に立ち向かうことになるんだけど、その理由がキム・ミョンミン演じるピルジェが正義漢でまっすぐな人物だからだとつまらなかっただろうと思うんですね。でもそういう人ではないのにそうせざる負えない状況になるのが面白かったなー

 

スポンサーリンク


 

扱っている題材は重めなのかなと思うんだけど、共演者を見ると分かるようにキム・サンホ、ソン・ドンイル、パク・スヨンなどで、ちょっとコミカルな部分もあってそこまで暗い気持ちにはならない感じ。それにしてもパク・ヒョックォンは同僚を陥れるこずるい役多くない!?そしてだいたい利用されて殺されるとか多いな・・・ ドラマでも映画もなんで、登場すると今回もそういう役かな~って思っちゃうねえ。うむ。これが先入観ってやつですね。

キム・ミョンミンは、ベートーベンウィルスみたいな堅物で個性的な男の役も好きだけど、意外とちゃらんぽらんでコミカルな役を演じてるのもいいんですよねえ。彼が演じるピルジェと死刑囚のスンテの娘とのやり取りも良かったな。面倒なことにはかかわりたくないっていう彼とそんな奴だけどあんたしか頼れる人がいないっていうドンヒョン。彼らのその攻防があったからピルジェという人物を魅力的に感じられるようになった気がする。人間くさいっていうか・・・必ずしも良い人を好きだと思う訳ではないものね。

そしてラスボスはキム・ヨンエ演じるDH財閥の女史様。この「下々の言うことは理解出来ない」っていう冷血なお金持ちの女の役が完璧ですよね。今、ドラマのロイヤルファミリーも見てるので本当にキム・ヨンエの演じるそういう女性は迫力があるなあって感心してしまう。この映画の方が常軌を逸して感情的な女性だからこそ、結局自滅するって結末が待ってる。それにしても色んな映画やドラマで出てくる財閥の幅の利かせっぷりが凄いよね。あんな風に警察にも検察にも影響力を持ってるのが現実だとは思いたくないけどどうなんでしょうね・・・?

「ある死刑囚の慟哭」というサブタイトルのせいでラストが悲しい終わり方なのかな・・・と想像してしまったんだけど、まあなんだかんだ言いながら悪い人は捕まってちゃんと解決するので、わりと視聴後はすっきり感がある映画でありました。だからちょっとサブタイトルがこれまたあんまりしっくり来ないな~と思いましたな。映画自体は結構良かったです!

 

特別捜査 ある死刑囚の慟哭が見れるのは・・・

【韓国映画】スパイな奴ら の感想 10年ぶりに指令を受けたスパイたちのドタバタコメディー!

映画「スパイな奴ら」を見ました!スパイものにしてはコメディー要素も多くて見やすいんだけど、スパイの存在がリアルに感じられる環境自体に複雑な気持ちを抱いてしまいますね・・・

 

スポンサーリンク


 

前半は、10年ぶりに暗殺指令を受けた韓国に潜入している北朝鮮のスパイたちのドタバタぶりを描いています。銃を山に埋めたらマンション開発されてて見つけられないとか、引っ越しで銃弾を無くしたとか、生活のためにお金が必要で大変ですっかり所帯じみてたりとか。そういう部分がコメディータッチで描かれるので気を抜いて見ていると、実際の作戦に移りだんだんとシリアスな展開になっていきます。ずっと韓国で住んでいてすっかり慣れてしまったスパイ達と、この作戦のためにやってきたスパイたちの温度差が面白くも切ない・・・

ユン顧問(ピョン・ヒボン)の死からそれまでのぬるい空気が一気に変わるのはうまい。カン代理(ヨム・ジョンア)とウ代理(チョン・ギョウン)が昔につきあっていたというのを聞いて、ユン顧問がキム課長(キム・ミョンミン)に「二人はやったのか!?」「やってるな」と何度も聞くんだけど、そんなとぼけたおじいさんが置かれている状況というのが本当は平穏とは程遠い場所だったんだな、って引き戻される感じ。

キム・ミョンミンもコメディータッチの役柄もとてもうまい人だし、シリアスな演技もうまい人なので、一作品の中でどっちの部分もある演技が見れるのは良かったな。アクションシーンも思ったより派手で面白かったです。チェ部長(ユ・ヘジン)がどこまでも任務を遂行しようとする姿もすごかったし。

ふとしたセリフで、ストーリーの中にコントラストを作るのがとてもうまい構成だったなと思う映画でした。ユン顧問のセリフも、チョ部長のセリフもしかり。

 

韓国に住んでいるスパイ4人のキャラ設定もしっかりしていたし、北朝鮮から来たチョ部長もいい味を出してたし、登場人物が魅力的だったので、面白かったなと思います。ラストのキム課長のちゃっかりも面白かったし、私は結構楽しく見れた映画でした!

 

 

スパイな奴らが見れるのは・・・

【韓国映画】朝鮮名探偵 トリカブトの秘密 の感想 おとぼけ名探偵のキム・ミョンミンとセクシーなハン・ジミンが新鮮!

キム・ミョンミンの記事をどこかで見た時にこの朝鮮名探偵という映画についてのインタビューを読んでいつか見たいと思っていたんです。この映画。
そしたらGyao!で無料配信中なのを見つけて早速見ちゃいました。

彼の出てる映画は制覇したいなと思っていますが、まだリターンファム・ファタールとこの映画でまだ3本だけだった。むむ。道のりは長いですな。

 

スポンサーリンク

 

さて、この映画でのキム・ミョンミンはちょっととぼけたコメディータッチな探偵役。こんなコミカルな役を演じる彼は見たことないので新鮮!
でも推理をする時は鋭くてその時だけ別の人みたいです。そういうギャップも面白い。

そして、相棒役のオ・ダルスもおとぼけ。
矢が刺さっても気づかないとか・・・おいおいって感じですが。

ともかくこの二人のコンビがとっても軽妙でテンポよくストーリーが進んでいきます。悪役のボスに関しての意外性は無いのですが、誰が味方で敵なのかは色々とどんでん返しもあって最後まで興味を失わずに見ることが出来ました。

そして!なんといってもびっくりなのはハン・ジミン!

登場した時に、化粧が濃くて誰か分からなくて、でも見たことあるなあ誰だろうと調べてみたらハン・ジミンだったという・・・!
清楚なイメージが強いけど、こんなメイクもしっかり似合ってました。お美しくてちょっとドキドキしちゃった。

その上、こんなにボリュームがある人だとは知らなかったので、これまた驚き。お化粧とこの衣装!色っぽくて映画の中のキム・ミョンミンが演じてた名探偵みたいに一緒にぽ~ってしてしまう!
いやあ、女ってすごいな。こんなに変わるんだ・・・と衝撃を受けました。
なのでこの映画はストーリーとか誰が出演してるとかを私みたいに詳しく知らないで見た方が新鮮な驚きがあってイイと思います。

 

そしてお笑い要素もいっぱいありますが、アクションも結構あるんですよ。
そう考えるとミステリー、アクション、お色気とちょっと忙しいくらいに沢山の要素が詰まっていて楽しめる映画です。

烈女の意味が日本語と韓国語で少し違うみたいでちょっと分かりにくかったのと、場面が転換する時に一度黒い画面が出て来るのを多用されててそれだけは気になりましたが、短い時間に色々詰め込んだから仕方ないのかな?

まあその辺は置いておいても、映画らしいエンターテイメントな作品に仕上がってて面白かったです。お時間のある方は是非!

 

 

朝鮮名探偵 トリカブトの秘密が見れるのは・・・

【韓国映画】リターン の感想 犯人が最後まで分からないサスペンス!

キム・ミョンミンが出ているファム・ファタールをこの間見たのですが、どうやら彼が出演している映画がもう一つGyao!で配信されているのを見つけたので、またまた見てみました。キム・ミョンミンは映画に向いてる役者さんと思うし!

タイトルは『リターン』ということで内容についての予備知識は全く無しで見たのですが、ジャンルとしてはサスベンススリラーって感じです。

どんでん返しにつぐどんでん返しです。
始めに断片をたくさん見せられているのですが、最後にやっと繋がります。
でも最後に犯人が分かっても悲しい結末であることには変わりなくてちょっと切ないです。




 

出て来る人、出て来る人が少しずつ怪しいので、誰がサンウか分からないんですよね。
そして、根本的に常人の考え方では復讐の意味が分からない部分もあるので、その辺りがまた背筋が冷えて怖いです。
理解できない部分がある人には恐怖を覚えてしまうものなんだなあ、と思ったり。

キム・ミョンミン演じるジェウの妻に対する愛情深さが素敵なので、だからこそ妻を亡くした理由が分かった時の悲しみはあまりにも深く、心に刻まれます。
彼の悲しむ様は見ているのが辛いくらい。

考えてみれば、キム・ミョンミンの演技も良いのはもちろんですが、他の役者さんもそれぞれの役にぴったりで違和感が全くありません。
だからかな?最初はバラバラのピースで見せられていた内容が繋がっていく時に、どんどん引き込まれて、後半はかなり見入ってしまいました。

 

『リターン』というタイトルの意味は、催眠術で封じ込められた子どもの頃のPTSDが原因で残忍になったサンウという人格が、あるきっかけで戻って来たことなのかな?
サンウという人格の帰還。

ちりばめられたパーツがきちんとはまっていく練られた内容の映画でした!
でも、切ないなあという後味が残ってしまうのでした・・・

 

リターンが見れるのは・・・