【韓国ドラマ】伝説の魔女〜愛を届けるベーカリー の感想 登場人物のキャラが立ってて面白くて楽しい大好きなドラマ!

あ~女囚仲間の物語なのね~と、1話を見た感じではそこまで面白くなる気がせずに見ていたのですが、途中からどんどん引き込まれていって、dTVでとうとう最後まで一気に見てしまいました。
(今月はこのために入った~w)

面白かったポイントは色々あると思うのですが、登場人物それぞれがなかなか魅力的でしっかりと描写されていたので、バラエティーに富んでて楽しかったのかも。
それは悪い役も良い役もどっちもで言える気がします。

 

スポンサーリンク

 

そして、主役のハン・ジヘがすごく好みの美人さんで、とても好きだったな~
その外見とピッタリの役柄で、弱そうに見えるけど芯の強さをしっかりもった女性になっていくのを見てると応援したい気持ちに知らず知らずのうちになってしまうのです。

そして、お相手のハ・ソクジンもこれまたピッタリの役!
シットコムのスタンバイを最初に見てしまったためにどうしても出っ歯のハ・スド役が頭から離れず、1%の奇跡を見てもまだ払しょくできなかったけど、とうとうこのドラマでの、ナム・ウソク役のイメージに塗り替えられた気がします!やったー
カッコよすぎないところが、誠実っぽさを演出できる外見のポイントのような気がするなあ。

でも、死んだと思われてたスインの元旦那のドヒョンは死体が見つかっていなかったから、実は生きてて途中で出て来るに違いない!とは思っていたらその予想は当たっていたのですが、彼だけはどうやっても辛い立場で見てる方もかなり切ない。
2年間意識不明で目覚めたら、最愛の妻が他の男性と愛し合ってるなんて、考えるだけでも切ないよ・・・
だから他の登場人物は因果応報で犯した分の罰を受けたり、頑張った分報われたりというのが分かりやすかったので、復讐モノとはいえほんわかした雰囲気があったドラマなのに、彼だけは悲しい結末でした・・・
シンファグループの会長の罪を世間に明らかにする人として他の家族のように悪事に染まっていない息子のドヒョンが必要だったのは理解していても・・・ね。

スインの服役仲間はうまいこと歳も立場も色々で面白かったですね。
コ・ドゥシム,は無罪とはいえ、刑務所で30年間も服役している設定だから、かすれ声がちょっと迫力もあってよかったし、ハ・ヨンスはマンネの可愛い担当で良いし、オ・ヒョンギョンもきつ目のお化粧でちょっと派手なお姉さんがカッコ良かったな。
下品じゃなくて品の良い4人組だったのもこのドラマが好きだった理由かも。
あ、ヨンオクおばさんを演じてたキム・スミの存在も大きかったな。拗ねたりうるさかったりするんだけど、時々大切なことを言う役目だったりするし。そして我儘をいうんだけど、どこか可愛い気があるように見えるのが凄い。

でも、実はこのドラマの雰囲気を左右する大きなポイントだった人物はピョン・ジョンスが演じてたシンファ会長の長女マ・ジュランなんじゃないかな・・・
とにかく意地悪だし、口も悪いんだけど、おバカで思ったことを口に出さずにいれなくて、直情的に悪いことを何でもやっちゃう。
もちろんいい人ではないんだけど、味方のふりをして陰で悪いことをしてる人物だと背筋が冷たくなってとても怖いけど、こういう風にそのまんまの人っていうのは意外と憎めないものだな~と思うのです。
派手なファッションで能天気な感じを徹底的にやり切ってて、いっそ滑稽なくらいなのが、このドラマの雰囲気を明るくしてたなあと思います。
ピョン・ジョンスはパスタでアレックスの姉を演じてたんですね。ここでもちょっと個性的な役だったな~。嫌いじゃないな~!

 

知り合った人全部が揃いも揃って敵がシンファグループとか考えてみたらおいおいすごいな!と思うようなところもあるけれど、でもなんだか少し優しくて面白いドラマなのです。私はとっても好きでした。

そして、なんだか妙に美味しいパンが食べたくなるな~とパン屋さんに立ち寄ってしまったのですが、後で考えてみたらこのドラマの影響だったんだな!と思いました。
潜在意識への刷り込みが・・・!笑

 

伝説の魔女〜愛を届けるベーカリーが見れるのは・・・



【韓国ドラマ】ごめん、愛してる の感想 私は残念ながらはまりきれなかったけど良い作品でした

「悲しくて見てられなかった」という友人の感想を聞いていて、なんとなく避けていた「ごめん、愛してる」ですが、日本でリメイクドラマが始まったのもあって、どうしてもタイトルが目につくので、dTVで一気見しましたよ。いや、正直言うと休み休みかな・・・なかなかに重めの内容なのですから・・・

 

スポンサーリンク

 

ソ・ジソプは予想以上の素晴らしさでした。
彼の演技を色んなドラマで見れば見るほど、私の頭に浮かぶのは「全身小説家」という原一男監督の映画のタイトルなのでした。その映画の内容が関係がある訳では無いのですが、その鮮烈な印象を私に与えた「タイトル」がなぜか彼の演技を見ると思い起こされるのです。もちろんソ・ジソプは小説家ではないので、「全身演技者」とでも言えばいいのかもしれないけど、彼は体全体で演技をする人だな、と見る度に感嘆してしまうのです。

演技には色んな種類があって、実際の自分の素の姿に近い役を演じる方が良い人、どんな役でも演じられる人など色々あって、自分がどんなタイプの役者なのかを知って作品を選ぶ必要があると私は思っているのですが、ソ・ジソプはきっとどんな役でも演じられるタイプ。

私はアクションが美しかったり、運動神経の良い役者さんに惹かれる傾向があるな、と思っていたのですが、それも多分、演技自体に関係していて、自分の意思通りに体を使える、動かせるということは表現の多様性が広がるという事なのかもしれないなと思うのです。運動神経が良ければ必ずそうなるという訳ではありませんが、体を意思通りに動かせると表現の自由度は高くなりますから・・・

つまり、演技はその役の心情を込めて台詞を言うことだけではなく、しぐさや動き、歩き方、手の動かし方までその人だったらどういう動きをするかを理解して再現することなのかな、と思うのです。
それが表現できれば出来るほど、観客に説得力を与えて、ドラマに入り込ませることが出来るような気がします。そして、だから私はソ・ジソプの一挙手一投足に惹きつけられることになってるのだな、とそんなことを思ったのです。

そしてこのドラマはカメラワークもちょっと映画っぽくて体の一部を画面に捉えたり、影を映したりなど、ハッとする美しい描写が多かったように思います。
特に主役の二人に対してはそういうカットが多かった気がします。

 

そんな素晴らしいドラマだな、と思っているのですが、ハマり切れなかったのはなぜかというと・・・
ムヒョクがウンチェに「俺の心臓をユンにやるよ。だから俺が死ぬまで俺と付き合え」と言った後のウンチェの行動にあれ?と思って急に素に戻ってしまったからかもしれません。
ウンチェが「じゃあ死んで」とか「絶対に死んでよ」「心臓を出してみろ」とか挙句の果てには牛乳をかけたりまでするのを見てると、ユンが死にそうな時にムヒョクに言われたことに腹が立ったのは分かるけど、今まで弱者に対しとても優しく接する人だという印象のウンチェからはかけ離れ過ぎていて、その後の展開をドラマチックにさせるためとはいえ非常に違和感がありました。視聴している者としては、ムヒョクがもうすぐ死ぬ運命と知っているからヒドイと思ってしまうというのもあるかもしれませんが、それを差し引いてもせっかく演技力のあるキャスティングなので、同じような内容を台詞で直接的に言わせなくても他に方法があっただろうに・・・と、なんかそこで急にザ・韓ドラになってしまった感があり、私は興味が突然薄れてしまったのでした。ウンチェへの感情移入がここから全く出来なくなってしまったのです。
ユンのお母さんとかならああいうセリフもいいんですけどね・・・

 

まあ、細かいことを言えば、ムヒョクのサングラスとつけ髭の変装にそんなうさん臭い人を好きにならんわ!とか、ウンチェの髪型はオーストラリアにいる時は普通なのに、韓国でいる時のはなんかいまいち・・・とか、ユンを演じるチョン・ギョンホはそこまで人気のある歌手というイケメン設定はどうなんでしょうか?(マザコン役は恐ろしいほど似合うけど)とか、気になる点は色々ありますが、それを補ってあまりある良いドラマだと思います。

最後は私にはあんまり衝撃的ではなくて、ほう・・・って感じでした。
まあそれもアリかな、と。その事実が起こったことの見せ方はうまかった。
新聞社に送られてくるFAXという手法はすごいな、と。

人を呪わば穴二つとは言いますが、復讐をして人に害を与えようとするのは自分に対しても落とし穴を掘っているのと同じで、自分を害していることとも同義なんだな、とムヒョクの人生の切なさに胸が痛むのでした。

 

ごめん、愛してるが見れるのは・・・


 

【韓国ドラマ】海雲台の恋人たち の感想 ザ・韓国ドラマの要素がいっぱい詰め込まれたラブコメ!

なんとな~くタイトル聞いたことあるなあと思って見てみた海雲台の恋人たち!
前情報もなく見たのが良かったのか、うっかりしっかり楽しく視聴しました。

主役のキム・ガンウは初めて見たけれど、お堅い検事とお気楽ナムヘをしっかり演じ分けてて、なかなか良い役者さんだな~と思いました。
シリアスな表情だとちょっと怖いけど、笑うとふにゃ~となるのが面白い。
特にナムヘの時がチャーミングで好きでした。
日本映画の外事警察に出ているらしいので、ちょっと見てみたいな!

そしてその相手役のコ・ソラ役のチョ・ヨジョンも海辺でちょっといい色に灼けた健康的なお姉さんがピッタリ。
魚屋さんだからショートパンツ履いて長靴履いてるんだけど、細すぎずしっかりした肉付きの足だったから、ほんとちょうど良くて長靴が違和感ない!可愛い!
だけど、ドラマの中で敵対してるユク・タミに「あんな痩せっぽっちのきゅうりみたいな子のどこがいいのよ!」とか悪口言われてて、チョ・ヨジョンは結構ボリュームのある体型だから、その悪口はなんか違うとは思ってたw 背の高さが小さいという意味で「あんな小さい子どこがいいのよ!」とかなら納得なんだけどな~
ま、いいんですけども。変なことが気になる!笑

 

スポンサーリンク

 

元ヤクザの対立とか言ったらなんだか暴力的なドラマになりそうだけど、
なんだか全体的にコミカルで、出て来る人がだいだいお間抜けな感じなので何とも言えないほんわかドラマでしたね。

キム・ヘウン演じるユク・タミが毒舌なんだけど、なんでしょう?憎めない悪役っていますよね?ギャーギャー言ってる姿がちょっと滑稽で出て来ると笑っちゃう。
私は本当に陰険なのよりこういうキャラの方が好き。

それに対し、テソンの妻ユン・セナ役のナム・ギュリが怖かったな・・・
笑ってる時はそうは思わなかったけど、真顔になるとマジで顔が怖い。
私そういうのあんまり分からないんだけど、人工的な顔に見えるような気がして、そのせいなのかな・・・とか思ったり。
まあでも死んだと思ってた旦那が実は生きてて、記憶喪失になって別の女を好きになって自分とは別れてたいって言われたらショックよね。
まあ政略結婚だったから元から愛されて無かったとはいえ、それでもね・・・

その他のどちらの組のヤクザの方々もちょっと抜ける演技が面白くて、なかなか配役も良かったなって思いました。
イ・ジェヨンとかはどちらかというと怖い役とか真面目な役が多いけど、こういうのも良かったですよ。オールマイティーだなー。

あと面白いのは釜山弁っていうのか分からないけど、方言の台詞が面白い。
日本の大阪弁とかもやっぱり役者さんがいくら練習してもどこかちょっと発音が違うのですが、韓国語でもそうなんだろうなと思うのです。
そこまで細かく分かる訳では無いけど、なんかちょっと違うのが分かる感じがあってちょっと微笑ましく思ったりしました。

 

絶対に見るべし!っていうドラマではないけれど、最後まで楽しく見れるラブコメです。コミカルなんだけど、意外と泣けるところがあっちゃうのがいいです。

 

海雲台の恋人たちが見れるのは・・・



 

【韓国ドラマ】スターの恋人 の感想 チェ・ジウの相手役は背が高いことが必須なんだなあと思った!

久々の韓国ドラマの感想です。
最近、どちらかというと台湾ドラマとか中国ドラマをよく見てる気がするんですよねー
見てるのが当たりのドラマなのか、面白いのが多くてなんとなくそんな感じ。
とはいえ、並行して色々見ておりますので、感想がたまってるので頑張ります・・・!

スターの恋人は、なんとなく見る前から予想がつきそうな内容のドラマと思ったのですが、意外とそれなりに楽しんで見れました。
しかし、ポセイドンでも苦手だな~と思っていたチョン・ウンテクがチョルスの友人の記者役で最初の頃はやたらと出番が多くて、これは最後まで視聴が無理かも・・・と思うほどだったんです。
が、だんだんと出番が減っていったので、なんとか大丈夫でした。
役柄的にもそういうのが多いせいかもしれませんが、表情も動きもわざとらしくて私にとって見ているのがしんどい役者さんの一人です。

 

スポンサーリンク

 

ユ・ジテは堅物の小説家志望の先生って感じが良く似合っていたけれど、
他の人はなんだかいまいちどんな人なのかキャラが捉えられない気がしちゃいました。イ・マリの描写が中途半端だったような?うーん。

事務所の社長は分かりやすかったですけどね。
演じていたソン・ジルはちょっとうさん臭い役が似合うなあ~と思って見てました。

まあそんな中、チャ・イェリョンが憂いを秘めた感じが美しいな~と思っていました。
そうかこの方がチュ・サンウクの奥さんなんだ!ってやっと名前と顔が一致。
以前はイ・ドンゴンと付き合ってたこともあるらしいけど、もてるの分かるな~と思う!守ってあげたい感じがする!

 

そしてこのドラマではストーリーよりも他の事ばっかり考えながら見てたんですよね。
チェ・ジウは身長が174センチ、ユ・ジテが188センチ、イ・ギウが190センチなんですよ!
確か、ユ・ジテはヒーラーを見た時に「でか!」と思ったし、
イ・ギウもイケメンラーメン店で「でか!」と思ったのに、
このドラマでは全然そんな感じがしなかったのはチェ・ジウも大きいせいなんだな~と気づきました。
ちなみにチャ・イェリョンも172センチある!
抱きついた時のバランスとかそういうのも大事だからキャスティングは演技だけじゃなく背の高さなども考えないといけないんだな~なんてことを思ってました。

女性のすらっとして背が高いの素敵だなって憧れます・・・
チェ・ジウのバレエのバーレッスンしてるシーンがお綺麗だった!

そしてこれまた全然関係ないのですが、キム・チョルスの部屋が文章を書く人らしく蔵書がとにかく沢山ある部屋なのですが、こんな風に三方を本棚に囲まれてたら地震が来たら大変なのに・・・とどうしても思ってしまう・・・
地震の多い国に住んでるせいでそう思っちゃうんだろうけど、韓国はあんまり地震がないのでしょうか!?

 

まあ、そんな感じで、なんとな~く見た感じだったのですが、まあ最後はハッピーエンドで良かったなあと思いました。
ともかく、子どもの頃は相手のことを「好き」かどうかだけで行動出来るけど、どんどん大きくなるにつれ余計なことを考えすぎて行動できなくなるよな、と思いました。
そして、頭が良いと更にその傾向が顕著になるなと。
あれは「愛じゃなかった」「愛だった」とかまるで自分の頭の中で勝手に色々考えて難しくしてるだけというか・・・
「悩む」のと「考える」は似て非なるものと言いますが、悩みは自分の頭の中でわざわざ作り出してしまうものなんだなとこのドラマを見てしみじみと思ったのでした。

 

このドラマが見れるのは・・・



【韓国ドラマ】THE K2 〜キミだけを守りたい〜 の感想 守るために血まみれになって戦うジェハは人を癒す救いの天使のようでした

The K2は、実はかなり前に視聴終了していたのですが、なかなか感想が書けなかったのです。

面白くなかったからなの?と言われるとその反対で私にはとっても面白くてむしろぐるぐる色んなことを考えすぎて言葉にできなかった感じです。

見る前は、チ・チャンウクがかっこよく少女時代のユナを守るドラマだろう、くらいに思っていて、ヒーラーでもアクションや守る役がとても良かったから、このドラマでもカッコいいだろうな!と軽く思っていました。

確かにカッコ良いし、二人のラブストーリーととらえることも出来る気もするけど、思ったよりもかなり壮大な物語で、登場人物も曲者がいっぱいで超見応えがありました。私はすごく面白かった!

スポンサーリンク

しかし、使われている曲がドイツ語が多いみたいなので、これの歌詞が分かるかどうかでドラマの理解度も変わる気がするかも。
韓国ドラマは挿入歌の歌詞がドラマの内容にかなり直結していることがあるから訳は必須な気がします。

良く流れる曲に森に入っていく少女、森にいる魔女、狼、というのが歌詞に出て来る訳ですが、はじめはもちろんユナ演じるアンナが少女で、ソン・ユナ演じるユジンが魔女だと思って見ていたんですが、途中からあれもしかして、ユジンが少女なのかもしれない・・・と思わされます。

オオカミがK2の事なのかな・・・?と思って見ていたんですが、これもどうやら、チャン・セジュンやパク・グァンスやチェ・ソンウォン等、少女を利用しようとする人たちの事なのかなと思えてきました。

そして、少女だったユジンはまわりのオオカミたちに裏切られ利用されることで魔女になってしまったのではないかと。
アンナもK2がいなかったら少女から魔女になってしまったのかもしれないと。

そしてユジンを最後にまた少女に戻したのは、K2。
彼は血まみれで傷だらけになっても純粋な物を本能で徹底的に守る天使のように見えました。それは何か使命を帯びたような。
そして彼のその行動が人の純粋さを引き戻す触媒のような存在だったのかな、と思うのです。

裏切られ傷ついて来たユジンは自分を守るために魔女になり、幸せでは無かったけれど、自分が間違っていると気づきたくないが故に止まることも出来ず。
でも、車のブレーキが利かない罠を仕掛けられた時に血まみれになっても体をはって最後まで彼女を守ろうとするK2を見て、言葉で散々騙されたきて何も信じていない彼女がもう一度信じられるものを見つけた時から少しずつ少女の部分を取り戻して行ったような気がします。

このドラマのアクションシーンは美しさよりも本当の戦いを表現しようとしていたのはそのせいかな、と。
ただ相手をすいすいと打ち負かして行くのではなく、チ・チャンウクも傷を受け、血まみれになり、痛そうに見える状態でないといけなかったのは、そこまでしてもユナやユジンを守るという姿が必要だったのかな、と思ったのです。

K2もなんだかんだとユジンを守ったのは、彼女の中に少女の純粋な部分を見ていたからなんではないかと思ったり。
彼女のことを口では悪い女と言っていても、それでも二人の間には何か愛のようなものがあり、その関係性を見ることが一番の楽しみでした。

表面的には、アンナとジェハの恋が主軸のようにも思うんだけど、その部分には途中から全く興味が沸かなくなってしまいました。
2話くらいまでのユナは純粋な少女という役柄にピッタリだな~と思っていたのですが、途中から純真さが消えて、あざとさが目についてしまうような気がしました。
最後のスイッチを押した時とか。う~ん。

 

そういえば、実際にオープニング曲でのキャストの紹介が、チ・チャンウクの次がソン・ユナで、その次がユナだったのを見て、あれ?ユナが先じゃないんだ~と思ったんですが、その順番も意図的で、製作者もどこかユジンに主軸を置いて作った物語だったんだな~と思うんですよね。

とにかく、ソン・ユナの演技は素晴らしくて、唇を噛む姿とかまさに芝居がかってるんだけど、そういうのもやや仰々しいこのドラマにとても合っていたなあと思います。

イ・ジョンジンもいやらしい弟役を素晴らしく演じていたし、
バッドガイズでアクションが素敵だったチョ・ドンヒョクがJSSの打撃隊長で出てたり、いろいろと見どころたくさんでした。

そして、ユジンの秘書のキム室長のシン・ドンミがすごく良かったです。
昔の1%の奇跡の事務員役とかからは想像も出来ないような常軌を逸してユジンを信奉する秘書が素晴らしかったです。
最後にユジンと一緒に脱出しないでとどまるのかなと思ったら彼女には復讐という目的があったんだなと納得できたし。

 

このドラマはもしかしたら苦手な人もいるかもしれないんですが、
私のように非日常感のあるドラマが好きな人ならオススメです。
そんなことある訳ないじゃん~と突っ込んでしまう人にはつまらないかもなあ・・・。

 

そして、最後にK2がユジンを救えたのか、救えなかったのかというと、
私は救えたように思ったのです。
体は救えなかったかもしれないのだけど、心を救ったのだと思うのです。
彼女のすべてであった鏡をK2に全部あげると手放せて、少女に戻って消えられたのだから。
そう考えるとやっぱりK2は闘って血まみれでその姿で人を癒す救いの天使のように感じるのでした。