【韓国ドラマ】恋のハイヒール の感想 キュンキュンすべきなんだろうけど、なんだか笑ってしまうのだった

恋のハイヒールを視聴終了しましたー!1話が約15分くらいで10話なので見るのも楽ちん。そう最近は集中力が無いので、こういう短いのが助かります。

 

スポンサーリンク


 

しかし、なんだろうこれは・・・?と思ってしまって、キュンともせず切なくも無く、なんだか分からないけど笑ってしまう感じでした。

まず、ホン・ジョンヒョンが素敵な上司なのかよく分からない気分。それというのも私が彼を初めて見たのはでなので、あのアイラインが上下バッチリのちょっと悪い役でなのに実は心が弱い、そういうのがすごく好きだったから。そしてむやみに切なくがしんど過ぎて明るいキム・ウビンを見たいとうっかりヴァンパイアアイドルを見始めたらそこにもホン・ジョンヒョンが出てるんだけども、ひどい設定のコメディー(褒めてます)なもんだから、ちょっとホン・ジョンヒョンって一体どういう俳優さんなのか混乱してる気分なんですよねー。カッコいいのかな?どうなのかな?ウーンみたいな。

そして、クールな上司という設定とのギャップを狙ってるのか知らんけども、クマさんのエプロンとかつけて料理し始めたりするし、一体なんなんだ。無理やりプレゼントされてつけてみたとかじゃなくて、自らつけてたし。おいおい。

そしてスンヨンも可愛いのかどうかがよく分からなかったなー。女優さんには珍しく口角が下がった不機嫌顔だなーと。でも動物っぽくてキュートな気もするし。まあ、恋愛に疎い純情で一途な女の子感は出てたような気はしますが。

パク・ジンジュは個性的な顔だけど、可愛いよね。結構好きです。
ヒロインの良き友達という役柄に欠かせないタイプだよね。良い人感があるなー。

恋のライバルの課長役のチョン・ガウンは見たことあるな~と思ったら、千回のキスでチ・ヒョヌのお姉さん役だった人でした。確か紹介だかお見合いだかで出会った自分より背の低い相手と出来婚をするような役だったかな? そして今回のちょっと強引な役も合ってたなー

そういう訳で、ホン・ジョンヒョンはなんだかつかみきれなくて好きかどうか分からない気分なんだけど、ベッドでのシーンで腕がなんて白くてすべすべなんだ!と思ったし、手がとても綺麗だったので、それはいいな~と思いました。

しかし、衣装やメイクで男性もかなり印象が変わるもんですねえ。男性から見る女性もそんな感じなんだろうなと、メイクを落としたスッピンを見て驚く男の人の気持ちがちょっと分かった気分です。

 

ここでキュンとすべきなんだろうなというシーンは沢山ちりばめてあるのですが、そういうシーンになると、来た来た~と思って私はなんだか笑ってしまうドラマでした。どうしてなんでしょう!笑

 

恋のハイヒールが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】ゴハン行こうよ シーズン2 の感想 スンデとタコとチヂミが食べたくなった!

最近、ちょっとシリアスなドラマを見るのがなんとなく嫌で、あんまり内容の濃くなさそうなドラマを選んで見ています。・・・という訳で白羽の矢を立てたのはゴハン行こうよシーズン2です。

 

スポンサーリンク


 

前作もそれなりに面白かったけど、そうだなあ私はシーズン2の方が好きだったかも?
お話の内容はトントンかなと思うけど、ヒロインの性格の違いと、食べるシーンがシーズン2の方がやや控えめに撮られてる気がしたからですかね~
反対にサスペンス要素からすると、2話は匂わせがちょっとウザい感じもあったので、まあ好みの問題かと思います。

食べるシーンに関しては、シーズン2は私も結構食欲を刺激されたんですよ!で、新大久保に行った時にスンデ鍋とか食べてしまったし、今はタコ鍋を食べたいと思っているし、市場でデヨン達が食べてた薄いカリッとしたチヂミが羨ましくて食べてみたいと思ったり。前作は、イ・スギョンのもりもり食べる姿がなんかすごいなあ・・・ちょっと怖いくらいだなあ・・・と思って自分は全く食べたくならなかったんですよね・・・ なぜだろう?

まあ今回も色んな種類のゴハンがいっぱい出て来るのは変わらないけど、韓国料理だけじゃなくて各国料理が出て来て面白かった。韓国でのタイ料理、インド料理、メキシコ料理とかはまた日本と違うアレンジがされてるのかな?とかそういう違いを見るのは面白いですよねー!

そうそう、今回も可愛いワンちゃんが出てました。野良犬という設定だったけど、アパートの人たちに可愛がられててとってもキュートです。ほんと賢いなあ。

ユン・ドゥジュンが演じるク・デヨンはなんだか等身大の男の子感があって好感が持てる。保険の外交員という設定がとても合ってるなあと思うのです。ややうさん臭くて調子いいところがそのまま私たちがイメージするところって感じ。
あ、そういえば、シーズン1で着てたジャージよりシーズン2で着てたジャージの方がちょっとカッコよくなってた気がする。もっと昔の先生みたいなの着てたのに!

ソ・ヒョンジンはちょっとダサめの勘違いちゃんの役がすごい似合う。綺麗な人だけど、どこか洗練され過ぎてない感じ。ペク・スジ役が似合い過ぎて怖いくらいだったな。あーでも「結婚で人生を変えるしかないんだから!」って主張してイ・サンウと結婚するって言ってるドラマのはじめの頃の彼女の思い込んでる姿は、意外とまわりにもこういう人がリアルにいそうで怖かった・・・ ドラマの中ではちゃんと最後にそれは違うって気づいたから良かったけど、短絡的な思考にはまると自分ではなかなかそこから抜け出せなかったりするし、本当は自分次第なことって気づくのが難しいものですよね・・・

ファン・スンオンがモテモテ女子役だったのを見て、ちょっとビックリしたんだけど、確かにすごくスタイルがいいんですねー。顔は特徴があるから万人受けする気がしないんだけども。なるほど、だからドキドキスパイクの時にやたらとショートパンツを履いていたのは彼女がこういう位置づけの女優さんだからかあ~とこんなところで納得しちゃいました。

そして、イ・ジュスンがそのままイ・ジュスン(なりすましだったけど)として出てて、でもドラマの中で本当の名前はアン・チャンスってばれた時に、ん?なんかこの名前に聞き覚えがあると思ったら、ピノキオに彼が出てた時の役柄の名前だったー!韓ドラっていういう遊び心?みたいなの多いな~。

 

結局、ク・デヨンがなんでイ・スギョンと別れたのかの理由とかは特に分からないし、だからと言ってク・デヨンが彼女を引きずってる感じも無いので、シーズン2を作るためにヒロイン変更のために別れさせたよーってな感じなのがいっそ潔くて嫌いじゃないです。ってこういう場合には必ず、男たちの挽歌で、1で死んだチョウ・ユンファを2でも出すために実は双子の弟がアメリカに住んでいたのだ!どうだーという驚きの力技的設定を思い出しますね。それに比べたらどうってことないと思うのでした・・・

ドラマで出てたタコ鍋はどこで食べられるんだろう~
辛いのは食べたことあるけど、辛い味付けじゃないやつ食べたいな~!

 

ゴハン行こうよ シーズン2が見れるのは・・・




【韓国ドラマ】高潔な君 の感想 ソンフンのツンデレ社長っぷりはとても合ってますな~

今、じれったいロマンスがGyao!で配信されてまして、それを見始めたところ、ソンフンのツンデレ社長な感じ、結構いいじゃない?と思ったもので、U-NEXTで配信されてる高潔な君を先に見ちゃいました。web dramaのようで、1話ずつの時間が短いのであっという間に視聴終了です。

 

スポンサーリンク


 

最初に主役たちが漫画化されたカットが挿入されてるのが、1%の奇跡(新しい方)とかじれったいロマンスとかと一緒なので、演出家とか脚本家が一緒なのかと思ったんだけど、そういう訳では無いみたい。でもまあ同じシリーズみたいな感じなのかな?と思われます。主役の男性はツンデレ社長であるとか、女性はちょっとダサめのスーツを着てるけど、ほんとは美人とか。とか。どれも漫画が原作とかそういう感じなのかな?

ちなみに、私はむやみに切なくとか、重めのドラマを見た後って軽い気持ちで見れるドラマを欲してしまう気がします。重い内容の次は軽いのを見て精神のバランスを保つの大事!ドラマや映画(特にズーンと心に来るやつ)の内容を引きずってしまうタイプなのでこうして感想を書いて思ったことを吐き出すことや、違うタイプのドラマを見るのが心の切り替えに有効みたいです。

ってな感じで、こういうドラマも需要があるのが分かる気がするー
漫画みたいな世界観のやつ。

特にこのドラマはヒロインが獣医さんの設定なので、わんにゃんもたくさん出て来て癒されます。かわゆい。

ソンフンは、シンイで見たのが最初で、オー・マイ・ビーナスでも見て、役柄も良かったし演技も違和感が無かったしで印象は悪くないです。しかし上記の2ドラマに関しては他の俳優さんに気を取られていて、ソンフンまで気が回らない感じでした^^;
整ってるけど、結構濃い顔じゃないですか?なのであんまり好みでは無いけど、今回主役だしマジマジと見て、ツンデレ社長役なかなか似合うやん?って思いました。整い過ぎてるので、真面目なだけの役だとちょっとつまらないけど、こういうラブコメでクールだけどやってることがクスっと笑えるような役だと彼の魅力が生きる気がする!

ということをみんな感じて好評だったから、じれったいロマンスでも同じようなツンデレ社長役を演じてるんだろうなー。そして秘書役のパク・シンウンもそのままスライドしてて面白い。彼とのコンビがいい味出してるんですよね。この二人のコンビのままで相手の女優さんだけ変えてどんどんシリーズでドラマが作れそう。

しかし、キスシーンで私が注目したのは顎の下の青さですよ。髭が濃いなーとそんなところに注目してしまったよ・・・ あっ

キム・ジェギョンはダサい恰好をしてみてもダサくなりきれない美人さん。黒いドレス着たときとっても綺麗だったな~。ちょっとネコっぽい可愛さ。
でも、カフェ・アントワーヌの秘密で歌手役で出て来た時はあんまり綺麗だと思わなくて、印象に残ってないんですよね・・・ あんまりきつすぎない柔らかめのメイクの方が素敵なんだな。神のクイズのシーズン4にも出てるみたいなので、見なきゃ。ってまだシーズン1しか見てませんが・・・おお

 

内容はどうってことないけれど、楽しいラブコメです。
ツンデレ社長に成りきってるソンフンはなかなか良いので楽しめました!
漫画を読む気分で見るのが良いです!

 

高潔な君が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】恋のラブ・アタック ~初めてのトキメキを君と~(恋のドキドキスパイク2)の感想 内容もタイトルのベタさに負けないけどそれなりに楽しめました

恋のドキドキスパイクの続編、恋のラブ・アタックを視聴終了しました~!
しかし、「恋のドキドキスパイク」っていうタイトルもどうかと思うけど、「恋のラブ・アタック」というタイトルもすごいベタですね。

しかし、内容もベタなのである意味期待を裏切らなくていいと思います。笑

 

スポンサーリンク


 

前作もなんだかんだと好きだったのですが、今回は男性の方がプロのバレー選手というキャスト。そして舞台は大学へと移ります。

しかし、出演者も一緒に進学している設定なので、見覚えのある顔がちらほらあって楽しい!監督も同じ役者さんで、高校から大学の監督になったという設定です。
そして監督の娘さんが画像右端のバレー部員と付き合ってることになったりと、前作から引き続きで見ると分かる設定が色々あって面白いです。

U-NEXTで見たら各話にメイキング映像がついてて、ちょっと流し見をところどころしたんだけど、右から2番目の彼はバレーを15年とか続けてたらしいし、試合のシーンは細切れではなくロングで撮ってたので、割とちゃんとバレーが出来る人が出演してるんだなあと思いました!

イ・ウォングンはファントムでハッカー役をしていた時に、むむ!良い!と思ったんですが、最近は主役でも出るようになったんですね~
背も高いし、ちょっと雰囲気がある感じが素敵だなと。
今回はプロのバレー選手の役ですが、そんなにバレーがうまそうには見えなかったのでプロの選手っていうのは無理があるとしても、その他の点では違和感も無く、まあ良かったかな!

ただ、恋敵となるのキム・ソヌンが癖のあるキャプテンを演じてて、どちらかというとそっちに目が行ってしまって、イ・ウォングンの印象が薄くなってしまったかも。

あと、キム・ソウンは恋愛初心者の女の子を可愛く演じていたものの、どこかベテラン臭があって、イ・ウォングンとのカップルではヌナ感が出てしまっていた気がする。一人二役はさすがだったんですけどねー
なんていうかこう、イ・ウォングンのピュアさやさわやかさの度合いがキム・ソウンのそれよりかなり高く見えるのでした。キム・ソウンは花より男子の時に可愛いと思ったけれど、今回のようにあんなにアイライン(特に目の下の)を入れないでもっとナチュラルメイクにした方がいいなあと思いました。入れても可愛いけども・・・!

 

犯罪捜査ものとか、サスペンス系とか重いドラマが好きですが、こんな風な軽いラブコメも結構好き。こういうドラマはやや極端に漫画チックに作り切ってあるといっそ入り込める感じがして好きです。

でも、イ・ウォングンは毒にも薬にもならないいい人みたいな役よりもちょっと個性的な役を演じてる方が似合うと思うんだけどなあ・・・ また他にどんなのに出てるかチェックして見てみたいと思います!

 

恋のラブ・アタック ~初めてのトキメキを君と~が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】ゴールデンクロス~愛と欲望の帝国~ キム・ガンウのアクションがかっこいい!

キム・ガンウが主演のゴールデンクロスの視聴終了しました!
かなり前に見終わったのですが、なかなか感想が書けず・・・ なんだかどう書いていいか難しい気分だったのですよねー

 

スポンサーリンク

 

キム・ガンウのアクションはテコンドーの元選手の役という設定も納得のなかなか本格的な動きで良かったです。
私は香港映画を沢山見て来たので、アクションと言えば中国武術系のを見慣れてるんだなあとそんな自分に初めて気づきました。このドラマではテコンドーの戦い方なので、回し飛び蹴りみたいなのが主体で描かれていて、これがなかなかカッコイイ。
片足を高く上げるので派手で見栄えがする分、反対に隙もつかれやすいなあという関係ないことも思いつつ、でもアクション部分はともかくなかなか見応えありました!

一番ドキドキしたのは、キム・ガンウが演じるカン・ドユンが、ハン・ウンジョン演じるホン・サラにキスをするところ。それをイ・シヨン演じるソ・イレが目撃したから・・・では無くて、ドユンはサラを愛してる訳では無い(んだと私は思った)けれど、助けてもらった恩があって、でもサラがドユンを愛してるのは知っているから、どこか感謝のような不思議な愛情みたいなのがこもっているように思えて、その時のキム・ガンウの表情にひえー良い!となってしまったのでした。

めっちゃ個人的でピンポイントな感情ですが・・・!

 

ってな感じで、キム・ガンウの演技は楽しんだんですが、ドラマ全体としては引っかかるところがあって楽しみ切れなかったんですよね・・・

それはソ・ドンハ役のチョン・ボソクの表情が気になったことが一番かな・・・
彼は怒る時に鼻の横の筋肉をヒクヒクさせるんですが、これを見ると思いっきりハイキックのミノが全然怖くないとみんなに言われたことを気にして同じ様に鼻の横をヒクヒクさせてまわりを威嚇して見せてて本当は怖くないのに家族がビビってるふりをして実は陰で笑っていたというのを私はなんだか思い出して笑ってしまってずっと辛かった!そして仲良しの弁護士役のキム・ギュチョルとのコンビの行き当たりばったりの計画の杜撰さにもなんだか笑ってしまう感じなんです。なんだかドタバタずっこけコンビみたいに感じてしまうというか・・・

そのせいもあってゴールデンクロスというのが地位の高い人たちで作った秘密結社という感じが全くせず、なんだか雑というかなんというか闇の凄い力を持っている組織の雰囲気が全く醸し出されてなくてドラマに入り込めなかったのかなと思います。

 

イ・シヨンは検事でもなんでもしっかり演じて凄いし、オム・ギジュンのうさん臭さはマイケル・チャン役にぴったりだったし、でもハン・ウンジョンの鼻はおいじりになったんだろうかと気になって仕方なかったというのもあったり、刑事役のチョ・ドクヒョンは君の声が聞こえるのスハのお父さん役だった人なんだ!全然印象が違う!とか色々思ったり、全体的にはそれなりに楽しめました。

 

変なところが気になっちゃうタイプなんだな・・・私は、ということを自覚しながらこのドラマを視聴していたのでした。皆さんは全然気にならないものなのかなあ?もうある意味私はずっと釘付けでしたよ・・・ツライ。

本当に全く参考にならない感想ですいません・・・^^;

 

 

ゴールデンクロス~愛と欲望の帝国~が見れるのは・・・