【韓国ドラマ】蒼のピアニスト の感想 親子の愛憎復讐系ドラマ!最後がすっきりしないのが残念かな!

なかなか復讐モノのドラマを見る機会は無いのですが、この「蒼のピアニスト」はキャスティングが私にとって魅力的なので、挑戦してみました。

見終わった結果、疲れた!え?最後はそんな感じなんだ~という感想を抱きました。でもまあ、なんかよく分からんが集中して見たのでそれなりに楽しんだとも言えると思います・・・!

 

スポンサーリンク

 

チュ・ジフンとチ・チャンウクはどちらも好きな俳優さんなので、兄弟対決を楽しみにしてましたが、そうねえ、チュ・ジフンは真面目でいい人過ぎ(途中で復讐始めると悪くなるけどでも根本的には変わらない感じ?)で、チ・チャンウクは被害妄想で卑屈で卑怯過ぎ(最後は良い人になる感じだけど)というそれぞれが一面的な感じがして、一人の人間の中にある深みみたいなものが描き切れてなかったような気がしてしまった。

全体的に人物造詣がそんな感じで、ちょっと面白味が無い感じがしてしまいました。

チュ・ジフンは、ピアニストが似合ってたし、スタンドカラーとか長め丈のちょっと個性的なスーツは良かったです。でももうちょっと分かりにくい性格を演じてるのを見る方が好きだなあって思う。とはいえ不幸な生い立ちとか境遇が似合う影のある表情が得意な人だなあと。

チ・チャンウクが演じてたイナの性格は好きじゃなかったけど、完全に卑怯な性格をリアルに演じてたので、本当にそんな人に見えて凄いなあと思いました。でも人を殺したかもしれないってなったらこんな気弱な人があんな風に普通の生活送れるかなあという違和感もあったりね。
あ、内容とは関係ないけど、最後の方で更生してユ・ジホをヒョンって呼んでるのが、いい!っ思って。なんかこうチ・チャンウクが誰かをヒョンって呼んでる声がいいなあ~と思ったんですよ・・・ この辺は完全にただの私のツボの話です。ああ。

チン・セヨンは普段あまり得意じゃない女優さんなんだけど、このドラマではあんまり気にならず、結構良かったかも!
でもダミもいい子過ぎてちょっとつまらない役柄だったような気がするなあ。何があってもジホを好きでいてくれるのは救いでもあるんだけど。うーん。

お母さん役のチェ・シラは迫力があって良かったですな。
口紅をどうやってあんなキレイに塗るんだろうか・・・とメイクばっかり気になってました。
人の感情ってこじれるとあんなことになってしまうのね、という恐ろしさがあったなあ。ともかくジホに対しての憎しみが常軌を逸しておりましたねえ・・・

そうそう、思いっきりハイキックのジュナとムニの大食い親子が出てて、その度にどうしても笑ってしまうのでした。多分彼らについては、ハイキックでの姿以外を今後思い描くことが出来なそうだ・・・

 

結局ラブラインは因縁のある関係でどうしようもないからとあっさり諦める感じだし、何が起こっても思い合ってるジホとダミというのは純愛でいいんだけど、ちょっとつまらないような気がしてしまったかなあ。母と息子の愛憎があまりにも激しすぎるから対比してそう思ってしまうだけかもしれないですけどもね。そういえばソユルとか雑な扱い過ぎたなあ・・・と思い出した^^;

面白く無いことも無いんだけど、全体のストーリーとしていまいちスッキリしないのは、新しい事実が分かった時にどうしてそんなことをしたのかがはっきりと種明かしがされないところかな、と思います。例えば、どうしてユ会長がジホを自分の子として家に連れて来たのかの真意は知りたいじゃないですか。もちろん想像して、チェ・ヨンランを苦しめるためだったのかなとか色々は考えるけど、本当はどうだったのかが分かる方が良い部分だと思います。そういう部分(はっきりした方が良さそうなのに曖昧な部分)が多くて、メリハリが無い感じがしちゃったかなあ。

こんな内容の復讐モノのドラマに出演すると、俳優さんってとっても疲れちゃうんじゃないだろうかと思ってしまいました。しばらく役から抜けれずに苦しみそう。うう、お疲れさまだなあ・・・とか余計なことばかり考えてました。やっぱりこういうドラマを見るのに向いてないのかもしれない^^;

それはまあともかく韓国ドラマを見ていると、親子関係が日本なんかよりずっと濃厚な気がしてしまう。あとは思ったことははっきり口に出すっていうのも感じるかな。まあ日本でも韓国でも関係なく、血縁だろうが、他人だろうが、人をいじめたりひどい事したらダメってことですよね。最終的にどんな関係になるか分からないですからね!

 

蒼のピアニストが見れるのは・・・




 

【韓国ドラマ】幸せのレシピ ~愛言葉はメンドロントット の感想 主君の太陽と同じホン姉妹の脚本ということで期待していたんですが・・・

幸せのレシピ ~愛言葉はメンドロントットを視聴完了しました!
1話にソ・ジソプがゲスト出演してたことからも、主君の太陽と同じ脚本家の作品なんだなと分かったのですが、ホン姉妹って人気の脚本家なんですねー!

調べてみたら「快傑春香」「マイガール」「ファンタスティック・カップル」「快刀ホン・ギルドン」「美男ですね」「僕の彼女は九尾狐」「最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜」「ビッグ 〜愛は奇跡〜」「主君の太陽」を手掛けているらしい!私もビッグ以外は見てるくらいだから有名な作品が多いな~!(だけど見たのに感想を書いてないのがいっぱいあることに今気づいてしまった・・・あっ)

この中で私が好きなのは、「美男ですね」と「主君の太陽」かな。
反対にとっても苦手なのが、「快傑春香」と「快刀ホン・ギルドン」。
ってなると自分の傾向が全くつかめなくて好みがよく分からない!!! やっぱり演じる役者さんにも左右されてしまうのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

それでこのメンドロントットはどうだったかというと、悪くはないけど、すごく良くも無いかなって感じでした。ラブコメのはずなのに全くときめく部分が無かったんですよ・・・ 激しい愛憎とか無いし、済州島の小さな村での話だし、あったかくはあるんだけど、ゆるすぎる感じなのかもしれません。

ユ・ヨンソクは、キム・サブではすごく好きだったし、ソ・ヒョンジンとのキスシーンは超ドキドキしてときめいたんだけど、このドラマではドキドキがゼロで残念。

こういう恰好とか、料理をしてるユ・ヨンソクは悪くは無かったんですけどね・・・

多分、どうも私はカン・ソラが苦手だからなのかもしれないと思いました。こういう素朴な役を演じる時にどこか押しつけがましい感じがしてしまって、共感できないのでした。ミセンは、平気だったんだけども、ドリームハイ2は苦手だったなあと。自分でもなんでかうまく説明できないんですけど、どうしてかなー?

あとジウォンの嫌な女設定もちょっと分かりやす過ぎて面白く無かったかなあ。悪い女だと分かってても、ゴヌは自分は父と違ってひとりを愛し抜きたいという思いを見せたかったのだという意図は分かっても、ちょっとつまらないなと。ジウォンの魅力も描いてくれたらもっと面白く思えたような気もします。

 

という感じで、メインカップルは全く興味が沸かなかったんですが、ゴヌのお兄さんカップルを見ながら、彼らのプロットには少し主君の太陽のチュ・ジュンウォンとテ・ゴンシルのカップルに似通った部分があるなと思って見ていました。

イ・ソンジェが演じるゴヌ兄の、社長という設定、海女のヘシルを好きになったことをなかなか自覚出来ないところ、社長と海女という全く違う立場のカップルというのも似ているし、ちょっと個性的な性格設定、自分のことを黒真珠に例えるところなども主君の太陽を彷彿とさせる気がしました。

ドラマ全体としての雰囲気は全然違うのだけど、やっぱり脚本家さんの好みの設定となのかなと感じた部分でした。

あとは、ゴヌの姉役のオク・チヨンが、ごめん愛してるのウンチェのお姉さんだな~とか、ソヒョンとか、ソン・ホジュンが出てたりとかそういうのを見るのも楽しいドラマではありました。

 

きっとこのドラマは、復讐モノのドラマなどに疲れてほっと一息つきたい時などに見るのが良いと思います。済州島の景色もとても綺麗なので、その点は見どころかな!

 

幸せのレシピ ~愛言葉はメンドロントットが見れるのは・・・



 

【韓国ドラマ】恋愛じゃなくて結婚 の感想 配役もばっちりでとても面白かったです!

「恋愛じゃなくて結婚」を楽しく視聴完了しました。
というか実は4作品くらい見終わったのに、感想を書けてなくて溜まってます。が、がんばります^^;

さて、このドラマは以前に1話の半分くらい見たことがあったんですけど、ジャンミがホテルでプロポーズの用意をしているところにそれを失敗させるためにギテが乗り込んでっていうところ辺りで、ドタバタ感がちょっと無理かな~と思って見るのをやめた記憶があります。しかし!今回もう少し2話くらいまで頑張って見てみたら、すごく面白くなって結局一気に最後までU-NEXTで見ちゃいました。

 

スポンサーリンク

 

なんとなく、ギテという名前に聞き覚えがあるような気がしたら、「恋愛を期待して」でチェ・ダニエルが演じた役もギテという名前だったんですよね。そうしたらどうやら脚本がどちらもチュ・ファミという方のみたい。
チェ・ダニエルが演じたギテも、ヨン・ウジンが演じたギテもどこか愛を信じてなかったり、愛に臆病だったりすることが似ている気がするかな。きっと脚本家さんには描きたい人物像っていうのがあって、それをどんどん深く追求していくものなんだろうなあなんてことを思ったり。

そういう意味ではドラマを見る時はもっとちゃんと脚本家さんとか演出家さんについても調べたら面白いんだろうな~!ドラマを見ててなんとなく以前見たドラマに似てるなと思う場合もあるし、全然違う場合もあるのが興味深いので、今度時間があったらやってみたいな~

 

このドラマは配役がとても良かったような気がします。登場人物がすごく生き生きしていたな~という印象です。
登場の多いメインキャストの6人も良かったのですが、なんといっても脇役陣がむしろ豪華でギテの母親役のキム・ヘスク、ジャンミの母親役のイム・イェジンは特に素晴らしいな~と思いました。それぞれのドラマで貧乏な母親も上品な母親も完全にその役に成りきっていて、本当にすごい!
こういうベテランの方々が出演していたこともあって、更にメインキャストの演技の実力が引き上げられるような印象があって、尚更全体が面白かった気がする!

あとは擬音とか、コメディーっぽい笑える部分もあるんだけど、切ない心情を吐露する部分もあって、それらのバランスが良いので、飽きないし、ドラマの世界に思わず引き込まれる感じ。メインキャストが4人じゃなくて6人という設定も良かったな!

そして、私はハン・グルを見るのは初めてでしたが、このジャンミの役をキュートだと私が思えたのは彼女が演じたからかも。色々大げさでにぎやかな妙に情にもろいヒロインは一歩間違えるとただのウザい女に見えてしまう可能性もあるけど、ハン・グルの全身を使った演技はとっても魅力的でした。衣装はショートパンツがやたら多かったんだけど、彼女の足は運動してる人って感じで筋肉がついてスポーティーだったから健康的で良かったな。あとあの超前かがみの歩き方とかそれだけでジャンミの力の入った生き方に笑っちゃうんだけど、そういうとこまで気を使って演じてたのがすごいなーと。

ヨン・ウジンは烏鵲橋の兄弟たちで見たことがあるくらいで、あまり印象に残ってる役者さんではなかったのですが、このギテという役はとてもとても良かったな~!
ただの独身主義者なのかと思ったら、それには理由があって、それが少しずつ明らかになっていく時のナイーブな表情が良かったんですよねー!他の出演ドラマも見てみたくなったかも。

あとは、2AMのチョン・ジヌンも良かったけど、ちょっとムキムキ過ぎてびっくりしたなあとか、ハン・ソナはこんな頭良さそうな医者役もとってもうまく演じててちょっと見直したな~とか、ホ・ジョンミンは1%の奇跡でダヒョンの弟役だったよね!?今も色々出演してるんだな~とか、色々ありますが、私的にはどの配役もばっちりって感じです。違和感がある人がいなかったので、すっかりドラマの世界に入り込んじゃった!

 

偽装恋愛とか、偽装結婚などで、実際に相手を好きになってしまうという設定はドラマでよく出て来るけど、それって実際に現実でもあり得ることのような気がします。
例えば、悲しい時も無理にでも笑顔を作ると悲しいことを考えられなくなるとか、上を向いて背筋を伸ばして歩いていたら暗いことを考えられなくなるというような簡単な事象でも分かるように、外側だけでも何かのフリをすると内面にも影響を及ぼすものだと思うからです。だから偽装だと思ってそのフリをしていたとしてもその時間が長くなればなるほど、心にも影響を及ぼしてそれが本当になる可能性があるんだろうなと!

とはいえ、そうなる前提条件に必要な偽装恋愛や偽装結婚をするような機会はなかなか現実ではなさそうですけどねっ!

 

恋愛じゃなくて結婚が見れるのは・・・



  

【韓国ドラマ】チョヨン~幽霊が見える刑事~ の感想 幽霊役のヒョソンが好感度大でした!

チョヨン~幽霊が見える刑事~を視聴完了しました!
これも私が好きなOCNのドラマなんですね~
だいたい10話とか12話辺りのが多いのかな?

直接的もしくはやや過激ともいえる描写はOCNっぽいですが、このドラマはばっちり好みとまでは行かなかったかな。嫌いじゃないんですけどもどうしても幽霊が出て来るので、事件解決の際に現実との整合性が取れない感覚があって、でもそれを凌駕する有無を言わせなさがあったら良かったんだけど、なんとなく気になっちゃうな~という感じ。ファンタジー系のドラマであれば整合性なんて気にもならないんですけど、事件を解決する刑事ものなので・・・その部分だけちょっと、う~ん。

 

スポンサーリンク


とはいえ全体的には面白かったんです。
「被害者の死」という凄惨な事件の内容や幽霊という「死」を体験した対象に焦点を当てているのにむしろそこから浮かび上がってくるのは強烈な「生」の感触。死者の生きていた時の思いや、解決しようとする人々の生を鮮やかに描き出す。

そのせいで「生」と「死」は、例えば光と闇、昼と夜みたいに切っても切れないお互いの存在があるからこそ対照的に定義してはじめて認識できるものであるのだと実感させられるのです。

そんな「生」と「死」のコントラストが鮮やかに描き出されていて、その描かれる「死」から「生きること」の意味や意義を考えさせられるような、そんな気分で見ていました。だからドラマで死を取り扱うものが人気なのかな?刑事ものとかその他でも。

 

幽霊が見えることで孤独を抱えている刑事のチョヨン役は、オ・ジホの影のある感じの憂い顔が似合っていました。が、私服の刑事姿は似合うんだけど、最初の数話で警察の制服着てる姿がなんだかあんまり似合わないかも!?って思ってビックリしたんですよー!彫りが深いからかな?え、そう思うの私だけでしょうか!?
(だからってわざわざ制服姿のスクショを撮ったなんてどうなんだ!笑)

コンビの刑事役のオ・ジウンはなかなか良かったな。男っぽく振る舞ってもどこか可愛げがある感じとか自然な感じで好きです。
あとは幽霊役のSecretのチョン・ヒョソンがとても良かったです。彼女がどう演じるかでドラマの雰囲気が変わっただろうなと思うのですが、明るいオーラがどうしても事件の描写が多く暗くなってしまうこのドラマに救いを与えていたような気がします。

 

どうやらこれがシーズン1で、続編のシーズン2もあるみたいなので、見るのが楽しみです。オ・ジホとチョン・ヒョソンはそのまま出演してるのかな?
それならあんまり空気感は変わらないだろうから面白そうかな~と期待!

 

チョヨン~幽霊が見える刑事~が見れるのは・・・




 

【韓国ドラマ】となりの美男<イケメン> の感想 カラフルな雰囲気で可愛いドラマだけど、好みのイケメンはいなかった^^;

かなり前に見たドラマなんですけど、そういえば感想を書いていなかったなあ・・・ということで今更ですが書いてみたいと思います。

韓ドラはタイトルにイケメンという言葉が入ってるのが多いですが、まあ日本語のタイトルにした時にイケメンをわざと入れたものと、韓国語のタイトルですでに入っているものの2種類がありますよね?

元のタイトルが「이웃집 꽃미남」で「隣のイケメン」は直訳なので、このドラマは後者なんですが、全ての人を平伏させる圧倒的なイケメンは出てこない気がする・・・
もちろんユン・シユンもキム・ジフンもカッコいいとは思うんですが、どちらかというと好みが分かれるタイプのマニアックなイケメンかなー。嫌いとかじゃないけど、「イケメン」とタイトルで銘打たれると圧倒的な威力のあるイケメンを期待しちゃうけどそうではない感じなので、ちょっとタイトルにウーンと思ってしまう。

「隣のお兄さん」とかなら良かったんだろうな、と思うんですが、エンリケはドンミの年下設定ですので、それじゃだめなんだろうな。あと、「おっぱ」は「お兄さん」とはちょっとニュアンスが違って来ちゃうしね。まあ仕方ないですね。

は!タイトルのことばっかり書いてしまった^^;
でも結構引っかかってしまっておりましてね・・・

 

スポンサーリンク

 

ドラマとしては、小道具や衣装がカラフルでそれはすごい可愛いくて漫画っぽい感じが出ていたので、全体の雰囲気は好きでした。

が、そのカラフルさが裏目に出ていたところもあると思っていて、こんな赤や黄色の服を選べる人が引きこもるような精神状態であるだろうか?という疑問はぬぐえないのです。ドンミの家の外の世界や彼女が外に足を踏み出してからの服装などがカラフルであればメリハリもついて良かったのですが。

色彩というのは、精神状態に非常に関係性があるので、その意味では始めから彼女が全く引きこもりに見えなかったのは、演技だけの問題ではなくて、そういうところにもあるのだと思っています。

パク・シネは「イケメンですね」の時とか可愛くて好きだったんですが、最近のドラマを見てると、どうしてもどのドラマでもその役よりもパク・シネ感が前面に出ている気がします。それで楽しめる部分もあるのだけど、私にはちょっとドラマの内容にはまれない要因になってしまっている気がします。
このドラマでは、引きこもりの女性を演じているのだけど、前述したようにカラフル過ぎるのとこぎれい過ぎる気はして、そこまで心を閉じてしまっているようには見えなかったです。
引きこもりになった理由も、もちろん現実にそうなってしまう場合のきっかけも小さな出来事だったりするのは理解しているものの、その出来事によって引き起こされた感情の過程があまり丁寧に描かれていない気がしてしまいました。うーん。

でも、エンリケを演じるユン・シユンは、表情豊かで感情も豊かで良かったです。
「あじゅんま〜」とドンミを呼ぶ声が鼻にかかった感じで、良かったです。今までのドラマで声が記憶に残る感じじゃなかったので意外でした。

あとは、ウェブ担当者の役を演じていたキム・スルギがエキセントリックだったけど、とってもキュートだったので、彼女を主役の引きこもりの女の子にすればもっと個性的なドラマになって面白かっただろうな~なんて思うのでした。私が監督だったらそれで撮ってみたいなあ。

 

端的に言うと「自分のいる閉塞感のある閉じた世界から王子様が救い出してくれる」っていうのを現代バージョンにしたって感じのドラマなので、分かりやすいし楽しく見れるかな!と思いました。

 

となりの美男<イケメン>が見れるのは・・・