【中香映画】ドラゴン×マッハ! の感想 SPLシリーズ第2弾の邦題がどうしてこうなった!?

映画のドラゴン×マッハ!見ましたよー マックス・チャン、トニー・ジャー、サイモン・ヤムにルイス・クーまで出てると知ってちょっと見てみるか~と思ったらめっちゃ見ごたえありましたよ!色々凄かったわあ。

 

スポンサーリンク


 

謎のオオカミの登場があったし、エンディングの歌の歌詞に殺破狼って出てくるし、「ん!?」と思ったらこちらの映画はSPL 第2弾の作品だったんですよ!ほんとビックリしたわあ。なるほどね、それでこんな豪華なキャスティングだったんだなっていう。何がどうなってこんな邦題になっちゃったんですかねえ。SPL臭をこれっぽっちも感じさせないタイトルで逆に凄いけどさ。

しかし、マジでこれはガックリのガックリのガックリな邦題だよね。カンフーからドラゴン、ムエタイからマッハを連想させるという発想なのかしら。イケてないにもほどがあるな。とはいえ、邦題は関係なく作品としては非常に見ごたえがあるモノでしたよーーーーー だから余計残念な気分になるとも言えるけど。どうやら第一弾の設定は全く引き継いでない独立した内容なので、この作品だけを見ても楽しめるのが救いではありますが!

まあタイトルの件は置いておいて、アクションシーンはすごいよー 本国のポスターを見たら3Dって書いてあるんだけど、こんなの3Dで見たらめちゃくちゃ迫力あって大変な気がするよ。変な悲鳴が出ちゃいそう。

凄かったのは、刑務所での大乱闘シーンと、ナイフ使いの亞囝のシーンと、チャイ(トニー・ジャー)+チーキット(ウー・ジン)×所長(マックス・チャン)の戦闘シーンですな。

刑務所の受刑囚たちと看守との乱痴気騒ぎ的なアクションシーンは200名以上いて、なんとワンカットで撮ってるんですって!もうどこ見ていいか分からなかったもんなー そんなに沢山いたならそりゃそうだなあ。ナイフ使い役のチャン・チーも殺気が非常に良かったですよね。彼は聴覚障がい者という設定だったんだよな・・・ そういう色々とこまごまと心に訴えかけてくる部分が割とあったな。そして最後のマックス・チャンの強さが異次元で凄かった。だって、トニー・ジャーとウー・ジン二人がかりで歯が立たないって感じなんですよ。まあもちろん最後は正義が勝つって感じですけども。マックス・チャンのツーブロックな髪型とスーツ&革靴の衣装があまりにもかっこよかったです。悪なのに美しいっていうね。

心臓の悪い兄が弟の心臓を狙うという非常に冷酷な利己的な精神と、娘を助けるために奔走する父親との親子愛という利他的な精神とそういう相反するものが表現されてて、人間って一体なんなんだろうなあと考えさせられてしまう部分もありましたね。世の中の不条理ってやつね。そういう感情的に揺すぶられつつ、アクションで身体的にも揺すぶってくるという香港映画らしい作品でありました。純粋にムエタイもカンフーも楽しめるという意味でも見ごたえありましたよ!

 

 

ドラゴン×マッハ! が見れるのは・・・