【韓国映画】尚衣院 -サンイウォン- の感想 愛と憎しみもあざなえる縄のようなものなのだ

映画の「尚衣院 -サンイウォン-」を見ました。見終わった後に思いうかんだのは、「禍福は糾える縄の如し」という言葉と同じように愛と憎しみもあざなえる縄のようなものなのだということ。衣装の鮮やかさ、美しさが見どころですが、人々の心の動きという部分も丁寧に描かれている映画でした。

 

 

スポンサーリンク


 

 

監督はイ・ウォンソクです。1作目が男子取扱説明書、2作目がこの映画のようです。たまたま男子取扱説明書も見てましたねー。どちらもカラフルというイメージだな。

尚衣院を取り仕切る御針匠のチョ・ドルソク(ハン・ソッキュ)彼は伝統を守る裁縫職人。あと6ヵ月で両班になれるというタイミングで出会ったイ・ゴンジンという新しい才能に対し、羨望、嫉妬、愛情など複雑な感情を抱く。イ・ゴンジンの存在が彼の地位を脅かすようになった時に憎しみが愛情を上回ってしまう。

奔放な美の探求者、イ・ゴンジン(コ・ス)。彼は一目でその美しさに目を奪われた王妃様のために衣装を作りたかっただけなのだが、結果的にそれが色んな敵を作ることになる。両班になった時の衣装を用意していたくらいチョ・ドルソクを慕っていたけれど、イ・ゴンジンのデザイナーとしての才能は伝統を重んじる世界では異分子として受け入れられることはないのだった。

度量の狭い王のせいで孤独な王妃(パク・シネ)。イ・ゴンジンが彼女を採寸するシーンはとても美しい。イ・ゴンジンを利用して政敵を陥れようとした時、そんな王をとうとう見捨てた。あの時、彼女の髪に刺してあったのはイ・ゴンジンに好きな女性が出来たら与えよと渡した簪。彼の思いを確かに受け取ったのだと思う。

パク・シネがこの役にとても合っていてすごく良かったです。彼女の揺れる瞳はあまり幸せでない役の時に威力を発揮する気がする。まさにはまり役でした。

チョ・ドルソクが、イ・ゴンジンの作ったものをすべて焼き払って処分しようとしたのに、後世に残っているのは王妃の衣装。それはイ・ゴンジンが丹精を込めて作ったもの。それなのにチョ・ドルソク作として展示されているのはなんという皮肉。彼が守ろうとしたものはなんだったんだろうか。

映画全体としては、コメディ-要素もあり、複雑な感情も入り乱れ、色鮮やかな衣装もこれでもかというくらいに出てきて、興味深かったけれど、てんこ盛り過ぎて焦点がぼけた気もします。お腹いっぱい感はありましたね・・・

 

 

尚衣院 -サンイウォン-が見れるのは・・・
⇒Netflix