【韓国ドラマ】奥様はサイボーグ の感想 ゲスト出演者も多くて軽く楽しめるストーリーのドラマ

韓国ドラマの「奥様はサイボーグ」を視聴終了いたしました!コメディタッチで軽く見れる楽しいドラマだったと思います。ボーグマム役のパク・ハンビョルも可愛くってキュートなサイボーグを演じていてとても良かったな。

 

スポンサーリンク


 

パク・ハンビョルを見たことないな~と思ってたんですが、ファンタスティック・カップルと匂いを見る少女で見てた様子。記憶全くなし・・・ そんなことはよくあります。

天才ロボット開発者のチェ・コボン役のヤン・ドングンもやっぱりちょっとコミカルなこういう役にピッタリ。やきもちを焼いてる姿とか最高に良いです。Heroの時みたいに本当にクールな役はちょっとな・・・と思うんですけど、少し面白要素が入った個性的な役を演じてるといいなと思う役者さんだな~と。

ドラマのストーリーとしてはママ友たちのやり取りを見ても可笑しさをかなり誇張したものになっていて、深刻さはないという感じ。幼稚園の先生も現実にはあり得ないような金髪ラップスターだし!でも逆にここは楽しくて良かったですけどもね。

深く考えるような内容でもないし、ただ笑って見てたらいいのかな~というドラマですね。その他にもお楽しみがあって、ゲスト出演が多いんですよ!

国家情報院の職員として突然ソン・ジェリムが出て来たり、

イ・ミテのムショ仲間の探偵ナ・フンシンとしてキム・ソヨンが出て来たり。
他にも、ソン・シギョンやイトィクも出てきますので、韓国ドラマ好きの人が見ると、お!ってな感じで楽しめそうです。

ストーリーしては、まあこんなもんかな~とも思う感じの軽さ。サイボーグが出てくると人間がサイボーグに恋しちゃって・・・というのも定石な展開のような気もするけど、その部分も軽め。そして、ママの身代わりとして子どもには事実を告げずに同じ容貌のサイボーグがママの役割というのは、最終的にはどうするのが正しいのだろうか、という重い題材とも言える気がするのですが、その部分は完全スルーなハッピーエンド。まあ頭を空っぽにして気軽に楽しむのがおすすめです!

 

奥様はサイボーグが見れるのは・・・