【韓国ドラマ】パートナー の感想 2009年の作品だけど今見ても面白かったです!

韓国ドラマのパートナーを視聴しました。2009年のドラマでしたがそこまで古い感じもなくて楽しく見れました~!私が見たことのある出演作でイ・ドンウクってなんとなく極端な役を演じてるイメージが強いんだけど、ここでのわりとチャラっとした性格の弁護士役が反対に新鮮でした。ヒロインのキム・ヒョンジュもシングルマザー役だったんだけど、この二人のコンビネーションもとっても良かったのかな。キム・ヒョンジュに見覚えがあるなあと思ったら、家族なのにどうしての長女役の方でしたね。あの時はキリッとした感じだったけど、天然っぽい演技もキュートでした!

ところで、そんな中で時代を感じるな~と思ったのは、スカッシュのシーンがあったことですね。これがあるかどうかでだいたいあの時代の頃のドラマだなって分かっちゃいますね。確かイ・ドンウクのいくつか前の出演作のマイガールでもスカッシュやってた気がするんだな。流行ってたのかしら。

面白く見れたのは、脇役陣も皆さん見たことのある俳優さんが多くて安心感があったのも大きいのかも。事務所の皆さんも個性豊かでとても良かったです。だけど、私の印象に一番残ったのは、ユ・マンソンを演じたイ・ヒドですね。悪徳弁護士なんだけれど、複雑な感情をはらんだキャラクターづくりがとても良かったなあ。

イ・ドンウク演じるテジョの父や兄との確執なんてのも韓ドラっぽいですよね。良かったなと思うのはテジョの兄のヨンウのキャラもしっかり作られていて、ただの嫌な奴という描写じゃなかったところ。まあしかし父の言いなりの相手と結婚したのは結局のところ反抗しないという本人の選択だというのに、好きだった相手とも不倫で関係を続けるってのはずるいよなあ・・・ 演じてたイ・ハニが美人なだけになんでそんな目にって思うと余計にしんどいわ。

弁護士が活躍する法廷ものだけど、ラブコメって感じなので、事件が陰惨過ぎないのもサラっと見れる感じ。とはいえ、最後はちゃんと総括的な大きな事件の解決を見れるので悪くなかったです。どうかな~と思って見始めたんだけど、あっという間に楽しく見ちゃえましたよ!

パートナーが見れるのは・・・