【韓国映画】霜花店-運命、その愛 の感想 出口のない恋の行く末は破滅しかなくて切ない

映画の『霜花店(サンファジョム)運命、その愛』を見ました。ノ・ミヌとシム・ジホが出てるらしいので見てみたら、そんな軽い気持ちで見た私を嘲笑うかのように大変濃厚な映画でした!あービックリした。しかしながら、同性愛や性描写はディープだけど、実はテーマは高麗王の純愛と言えるのかなとも思いつつ。でもなんの前情報もなく見たら私のようにたまげること間違い無しですよ!ご注意下さい!笑

 

スポンサーリンク


 

美しい男達で編成される近衛兵みたいな役割の乾龍衛の隊長がチョ・インソン演じるホンニムで、チュ・ジンモ演じる高麗王は彼を一途に愛してるんですよね。そんな男しか愛せない高麗王だけど世継ぎを作らなければ王の座にいられない状況になり、苦肉の策としてホンニムに王妃と夜伽をさせるという案を思いついて実行するものの、その後に三角関係となってしまい・・・

もう、この『どうせなら愛するホンニムに似ている子が欲しい』というこの思考がね。高麗王めっちゃ乙女ですやん!?

高麗王は男が好きというよりはただもうひたすらホンニムが好きなんですよね・・・ 乾龍衛の他の子には全然手を出さないんです。

でも、ホンニムの方は小さい頃から乾龍衛にいて、言ってみれば外の世界を見ずに育っていて世間を知らないんだろうし、王に体を求められれば命令だから抗えないし、王が自分のことを大事にしてくれることは分かっていても自分が王を愛しているかどうかなんて分からなかったんじゃないだろうか?

でも、王妃という女を知ることで新しい世界を知ってしまったんですよね。比較対象がなかった時には分からなかったことが、そのせいではっきりと分かってしまったのではないのかと思う。だから、最後に王のことを「一度も愛したことない」と言ったのは私は本当の気持ちなのだと思う。主人として、兄としては好きだったと思うけれど、愛では無かったのでは。だって彼は選択肢もなく、そばにいるしかなかったのだから。

チョ・インソンが意外とこの役に合ってて、大胆なシーンもお綺麗でした。右に左に揺れるまなざしがホンニムにぴったりなのですよね。チュ・ジンモとの絡みも普通に見れた。

ソン・ジヒョもずばばばばーんといさぎの良い脱ぎっぷりで服を着てるシーンより裸のシーンの方が多かったんじゃない!?ってくらいに思いましたよ・・・この時は顔がちょっぴりふっくらしてて良いと思う。肉が落ちすぎると途端に年をとって見える人だと思うんだなー

義務として体を重ねた二人が2度目からは唇をお互いに求めるようになっていく過程は今までどこか孤独を感じていたであろう二人の心の空白が埋められていくように見えて切なくも美しかった。

シム・ジホは副隊長役でしたね。隊長に対抗意識を持っていて、少し意地悪で最後まで計算高い男。ちょっと癖のある役がやっぱり似合うなー。このキャスティングは良い!

他にはイム・ジュファンや、ソン・ジュンギ、ノ・ミヌ、ホン・ジョンヒョンが出てました。こう見ると豪華!剣舞は美しくて良かったです。

ホンニムと王妃のセックスシーンが非常に多いんだけど、その時間に一人で嫉妬心や猜疑心で塗りつぶさているであろう王の心を視聴者も想像してしまう感じがあって、そういう意味では直接的でなく対比して表現されている感情があったように思う。それを効果的に見せたかったのかな・・・ 一番手放したくないホンニムに新しい世界を見せてしまったのは自分自身であるという王の哀しみ。

権力もあり、お金もあり、すべてを手に入れられる立場の高麗王が一番欲していたホンニムの心を手に入れられずにいる姿はなんだか切ない。三角関係といえばそうなんだけど、ドロドロしているというよりはあまりにも一途な純愛のように思えて、「一度でも俺を愛したのか?」と聞く王のホンニムへの言葉はまるで「嘘でもいいから好きだと言って」と言っているように聞こえたのでした。うん。やっぱり乙女!

不満があるとすれば、ラストでホンニムが王と戦うシーンはチュ・ジンモはあまり俊敏でなく軸がぶれて動きが美しく見えないことかな。王の方が強いように感じられなくて、あの真剣勝負のシーンがあまり心にぐっと来なかったのでした。

 

チュ・ジンモの視線が完全にホンニムに恋をしている男だったのと、チョ・インソンの迷う揺れる瞳も印象に残ったし、なかなか見どころも多い映画でした!

 

霜花店(サンファジョム)運命、その愛が見れるのは・・・


【韓国映画】昼間から呑む の感想 酒に呑まれてトラブルに巻き込まれてダメダメでも人生って悪くないかもね!

Gyao!で無料配信されていたので、外出中に空き時間があったタイミングで見ました。『昼間から呑む』というタイトルになんとなく惹かれてたのは私もお酒が好きだからですねっ!知っている俳優さんも出ていないし、映像の感じから見ても低予算映画なのではないかと思うのですが、人間のちょっとおバカなところとか可笑しさが非常に軽妙に描かれていてとても面白かったんですよ!

 

スポンサーリンク


 

失恋したヒョクチンをお酒の席で慰める友人3人、そして傷心の時は旅が一番だとチョンソンの先輩のペンションに行こうと約束するんですが、待ち合わせ場所にちゃんと来たのはヒョクチン一人。他の3人は酔ってまだ寝てるっていう。そこから珍道中が始まって、もうなんていうかヒョクチンは色々ひどい目に合うんですが、これ意外と別れた彼女のことを忘れるには効果抜群だったんじゃないの・・・って思いました。

しかし、最初のこの約束の場所に一人しか来てないっていうのありがちだなって思って。そう、私もいい加減な約束を真面目に受け止めるタイプなので、こういうシチュエーションに陥りがちなのだなあ。なので、もう最初の部分から、あ~あるある!ってそういう人間の性分みたいなのをうまく描かれてるな~ってすぐに映画に引き込まれてしまいました。

そして、知り合いのペンションには辿り着かず、なぜか違うペンションに行ってしまって、主人はすごく不愛想だしお金も払わされるし、隣の部屋の美人に振り回される煩悩まみれのヒョクチン。その後、彼女とその連れと飲みに行くことになるんだけど、彼女にオイタしようとして彼にばれてお金を取られて寒空の下に掘り出され、ヒッチハイクしたトラックの運転手はどうやら男が好きみたいで寝てると手が伸びてくる・・・っていうなんだか散々な旅。やっと来た友人と合流して、またお酒を飲んで、そしてラストがまた絶妙な終わり方で、ヒョクチンはずっと煩悩に惑わされながら生きていくんだろうな~と思いつつ、後味は悪くない。

ヒョクチン役の役者さんもだし、売店のおばちゃんまでちょっと癖があってみんななんだかいいんです。お酒に呑まれたり、勝手に勘違いしたり、煩悩に振り回されたり、人間っておバカだな~なんて思いながら、でも映画を見て笑ってるとそんな風にダメダメでもいいのかもね、ちっぽけな人間でいいじゃないって気持ちになる。そして人生って素晴らしいことばっかりじゃなくて、些末な出来事の積み重ねだけど生きるってこんな感じで笑ってしまえば意外といいものかもねって思える感じなの。

絶妙に軽快なノリが面白い映画でした。くすっと笑ってしまう構成がうまくて、いや~面白かったなあ。

 

昼間から呑むが見れるのは・・・


 

【韓国映画】情愛中毒 の感想 大人になってからの初恋の方が重くなってしまうものなのかもしれない。

Gyao!で無料配信をしていたので見てみました~!情愛中毒。
ソン・スンホンが主演だということは知っていて、相手役は勝手に中国人の女優さんだと思い込んでたんですけど全然違いました。女優さんが中国人ってわけじゃなくて、韓国人の女優さんが中国人の役を演じてるという設定でした。って言っても途中でちょっとだけ中国語を話す場面が出てくるくらい(発音が・・・だけど)なので、戦争孤児みたいな設定や他の婦人と交らないミステリアスな雰囲気を出したかったのかな?

 

スポンサーリンク


 

ソン・スンホンはすごいはまる役とおや?という役があるなと前から思っているのですが、この映画のキム・ジンピョンという軍人の役は彼の堂々とした姿勢や体型に合っているなと思いました。ピシっとしたイメージが似合う。

彼が演じるキム・ジンピョンについて分かるのはベトナム戦争で戦功をあげたもののトラウマを抱えていて苦しんでいる。上司の娘を妻にしているものの愛してはいないが、野心家の妻の言いなりになっている。彼がどうしてそういう生き方を選んでいるのかという生い立ちまでは分からないけれど、考えることにも疲れてしまって空っぽな心に入り込んできたのは部下の妻のガフン。彼女の命を救った時に、彼は彼女に心を奪われることで実は彼のほうが救われて生き始めたのかもしれない。

真面目な人のまっすぐな思いというものは、どこか常軌を逸してしまうことがあるような気がするのだけど、キム・ジンピョンもそうだ。おそらく初恋がガフンで、他のことは何も考えられない。彼女がいないと息もできない・・・と結局は生き急いでしまう。終わりが2度訪れるようなエンディングはどちらにしても切ない。常々、男性の方が女性よりロマンティストだと思っているのだけど、ここでもそう思った。夢の中で生きているのは彼、現実を生きるのは女。

 

ガフン役のイム・ジヨンを見てなんだか見たことあるな・・・と思ってたら、上流社会でヒョンシクの相手役だった人ですね。あの時はあんまりパッとしないなあと正直思ったんですが、ここでは背が高くてすらっとしていてスタイルも良くて、他の奥様方とは一線を画してる雰囲気は良かったです。そうかあの時はユイと出てたから彼女のスタイルの良さには全然気づかなかったんだなあ。この役はもう少し影のある感じが欲しい気もするんですが、まあ悪くないかな。でもやっぱりもっと中国人でミステリアスな雰囲気のある圧倒的な美人をキャスティングして欲しかった気もしつつ。あと、キム・ジンピョンの妻役のチョ・ヨジョンはこの役には可愛すぎたかな。もっと迫力のある妻にしないとガフンに走ってしまうコントラストが際立たない。家庭教師みたいな眼鏡だけではそこは表せないよね。

 

不倫がどうとかは映画だしあんまり気にならないけど、キム・ジンピョンの頭の片隅にも残ってなさそうな子どもの存在はちょっと悲しいな、なんて。正妻に子どもができたということもガフンを正気に戻す理由の一つになったのかも・・・ 彼女は早くに父を亡くしているから。
話題になっていたベッドシーンはストーリーの妨げになるほどではなく、キム・ジンピョンの熱情を表していたという感じで見れたかな・・・ もうちょっと少なくしてガフン本人を好きだというエピソードを入れた方が良かった気もしますが。

思ったより、この役にソン・スンホンがはまっていて興味深く見れたな~と思います!

 

情愛中毒が見れるのは・・・




【韓国映画】サイコメトリー ~残留思念~ の感想 そのたった一言が誰かの生きる力になるのかもしれない

映画のサイコメトリー ~残留思念~を視聴いたしました!キム・ガンウ出演作でオススメだと聞いていて、楽しみにしていたのですが面白かったです。見終わった後、またちょっとじわじわ来てる・・・ ラストも救いがありつつ、余韻にも浸れる感じが良かったです。

 

スポンサーリンク


 

そうそう、TSUTAYA DISCASでDVDを借りるしかないのかなと思っていたら、Gyao!ストア楽天TVアマゾンビデオなどで配信されてました。いやー最近は配信サイトがたくさんあるのは有難いけど、あり過ぎて把握しきれない!ちなみにGyao!ストアはTポイントが利用できるので期間限定ポイントが余ってる方にオススメです。期間限定ポイントって実店舗では使用できないので、いつも使うこともないまま期限切れになっちゃってたんだけど、これからは映画とかドラマを見るのに使えるんだなと学習しましたよ!

さて、キム・ガンウはこの映画でも表情がとても良いんですよね。仕事をちゃらんぽらんにやってる刑事なのかと思わせて、それはどこか心の傷を隠すための表面上の姿であって、だからキム・ジュンに触れられて彼のそういう記憶を見透かされてしまった時の愕然とした一瞬の表情で、私まで過去の苦い思いに巻き込まれるような感覚になったのでした。ああ、だから彼はそんなに熱心に犯人を捕まえようとしていたのか、と。

ところで、わたしはサイコメトリーってモノを触ると残留思念が見えるものだとなんとなく勝手に理解していたので、この映画ではヒトを触っても残留思念が見えてしまう設定を見て、それは或る意味、人間の肉体も細胞や水分を含む物質だからなんだな・・・とかなんだか色々考えてしまった!

まあ、それはさておき、キム・ボムは本当に色々な役柄を演じられる役者さんですねえ。にっこり笑えば、可愛らしくも見えるような容貌なのに、こんなにも影がある人物を演じられるなんて!と不思議な気分になってしまう。やっぱり演技って元の顔の造形はあんまり関係ないんだな・・・ 今回もサイコメトラーの悲しみを背中にいっぱい背負って、誰にも見つからないように息をひそめて生きているようで、本心では誰か僕を見つけてと声のない叫びをあげている少年をとても細やかに演じていました。その彼の表現方法が壁へのペイントっていうのがうまいな~と唸ってしまう!

 

そしてこの映画で一番心に残ったのは、たった一言が生きる力を与えることもあるんだな、ということです。そして思い出したのは、それとは逆にドラマのまた!?オ・ヘヨンで、ヘヨンが婚約者に「食べる姿が嫌い」と振られた時のこと。それはどちらもほんの一言だけど、救いにもなるし、絶望にもなるんだ。

触るだけで色んなことが分かってしまう自分の手を「人を殺す手」だと嫌悪して自暴自棄になっていたキム・ジュンにヤン・チュンドンが伝えた「その手は人を救う手だ」という言葉。ああ、きっとキム・ジュンはこれからもこの一言があれば生きていけるんだろう。

映画自体があの壁のペイントみたいにちょっと俯瞰的で登場人物たちの関係性がややサラッとしているのも今っぽくてちょうどいい。そばにいなくてもこれからもどこか繋がっている関係が希望を見せてくれて後味も良い映画でした。面白かった!

 

 

サイコメトリー ~残留思念~が見れるのは・・・


【韓国映画】チャンス商会~初恋を探して~ の感想 優しさがいっぱい詰まった映画でした!

この映画はあかんやつですわ。もちろん、いい意味で!ほのぼのとした老いらくの恋を想像してたら、後半で明らかになる、実は・・・という内容に涙腺を刺激されて大変なことに。いやもうパク・クニョンの表情が素晴らしくて、さすがにベテラン俳優だな、と感嘆いたしました。ドラマでは悪い社長とかややステレオタイプの役が多いので、じっくり演技を見る機会が今まであんまりなかったのだよなあ・・・

 

スポンサーリンク


 

出演者も味のある役者さんが沢山出てるので、見応えがあります。チョ・ジヌンのジャージ姿の安心感!笑 ちょっと気の抜けた演技がうまい。
あとはナ・ヨンソクPDのバラエティーでおなじみの顔も見られて楽しい。ペク・イルソブがバスの運転手さんで出て来てパク・クニョンと喧嘩を始めたりするのでニヤニヤしちゃいます。
あとは、短い出番ながらチョン・ヘインがソンチルおじいさんの若い頃を演じてます。学生服似合い過ぎ。野の花を持ってるのとかピュア過ぎて眩しい。ひー

それにしても「初恋」という言葉にうまく騙されて、どんでん返しの展開になることを全く予想つかずに見れたので、町の人々の優しい嘘に自分も触れた気持ちになって涙が出そうになってしまった・・・!

ちょっとあざとくて泣かせに来てるな・・・と思う部分もあるものの、それでもやっぱりこの映画全体を覆う優しさみたいなものがそれを越えて来る感じ。とても良い映画でした。

ああ、私も何度会ってもまた同じ人に恋したい。

 

チャンス商会~初恋を探して~が見れるのは・・・