【中国ドラマ】女医明妃伝~雪の日の誓い~ の感想 どんな世界でも初めての存在はなかなか認められなくて大変!

「女医明妃伝~雪の日の誓い~」を見ました!もちろん目当てはホアン・シュエン(ホアン・シュアンとどっちの発音がいいのか悩むんだなあ・・・)で見ましたよ~ 実在の女医、談允賢がモデルなのだそうですが、皇帝とその弟でのちの皇帝に愛されるようなストーリーってところはほんまかいな?って感じだけどどうなんだろう。しかしいつの時代も「初めて」のことをしようとする人に世間の風当たりは強いもので、それにもめげずに自分を信じて進んでいく人がだけが道を切り開けるのだなあとそんなことを思いました。

 

スポンサーリンク


 

それにしても、明のような昔の時代に女性が男性より低く見られているというのは、知っていたけれど、「医者」という仕事自体も低く見られているようだったのは意外でした。現在なら人気の職業だし、命を救う尊い仕事だと思われていますよね。そうか時代の移り変わりとともにそういう意識もどんどん変化してくものなんだと考えたら、今の自分が絶対と思っていることなんて本当は全く絶対的な物ではないんだろうな・・・ 心も頭も柔軟にしておきたいものですねえ。

いや~それにしても允賢(リウ・シーシー)はモテモテだったねえ!二人の皇帝に愛されるってすごいな・・・ いやあ二人だけじゃないか、エセンにも愛されてましたね。允賢に対してエセンが言ってた「明では女性が医術を学ぶというと色々と言われるが、草原だったら誰も文句は言わないから好きなことをすればいい」っていうの、本当に彼女みたいなタイプは因習に縛られずに自由に生きられる方がいいような気もしたけど、まあそこに愛は無いから無理かな。でも結局、祁鎮と祁鈺のどちらが本当に好きだったんでしょうかね?祁鎮に皇后がいなかったら、允賢は自分の気持ちをセーブすることなく、彼を愛したのかもしれない。それとも本当に家族のような愛情だったのかな・・・ 愛の形は人それぞれ色々ですからね・・・

後宮のイザコザとかは大してなかったけど、皇太后が幅を利かせて画策してたので皇帝も大変だよなあ。人が良すぎても簡単に騙されるし、疑り深過ぎても疑心暗鬼になりそうだし、難しい地位なんだなあ。面白かったのは、祁鎮(ウォレス・フォ)と祁鈺(ホアン・シュエン)のそれぞれの変化ですよね。捕虜になったあとにすっかり思慮深くなった祁鎮と、暫定的に皇帝になったあと欲を持ってしまう祁鈺と。権力というものは一度手に入れると手放すのは難しいのですね。でも結局その欲が招いた結果は哀しい末路でした・・・

それにしても何度も笑ってしまったシーンがありまして、それはショックを受けるとやたらとすぐに吐血して倒れるとこですよ。祁鈺が允賢が死んだと聞かされてショックを受けていきなり血を吐いた時は、ちょっとー!って思いましたよ!その後も他の人もやたら血を吐いて倒れるんで、その場面になると「またか!」と思って笑ってしまうのであった。面白シーンじゃないのに!困る!

でもラスト近くに祁鈺が毒にやられてしまった時の病みやつれた姿のホアン・シュエンの迫真の演技は素晴らしくて、彼もちゃんと体全体が本当に弱った人の動きになるのですよね。メイクだけじゃないのです。やっぱり好きな役者さんだなと改めて思いましたよー

あと皇后役の李呈媛がめちゃめちゃ綺麗だったな。まさに聡明な女性って感じで皇后役にぴったり。あ~!お昼12時のシンデレラに出てた人か~ フォン・トンのことが好きでリャンリャンの邪魔をしてた人!同じ人って分からなかった~ 古装片の方が上品さが際立っていいかも。洋服だと寂しそうに見えるかな・・・

 

さて、リウ・シーシーは芯が強くでも見かけは大人しそうに見える、そんな役が似合いますねえ。安定感のある演技でしたし、ウォレス・フォもホアン・シュエンもどっちもとても素敵だったし、衣装も素晴らしかったし、なかなか楽しんで見れたドラマでした。50話と長かったけど途中で飽きることもなかったな。恋愛だけじゃなくて医術のエピソードも沢山盛り込まれてたからかな!

 

 

女医明妃伝~雪の日の誓い~が見れるのは・・・


    

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す