【韓国ドラマ】僕らのイケメン青果店 5話までの感想 交換日記を盗み読みとか自分の欲望のためにその内容を隠すとか無理!

5/1~5/7の1週間だけGyao!で一挙配信中だし、チ・チャンウクが主演だしということで僕らのイケメン青果店を見ています。
まあ、ヒーラーを見る前だったら、チ・チャンウクには興味ゼロだったし、
タイトルの『イケメン』というのを見るだけでまあ絶対に見なかっただろうなと思います。

そして・・・
本当は今すぐに挫折したい気分でいっぱい!!!

だって、16話くらいだろうと思ったら、24話あるし、
どうしても主人公のキャラが好きになれない・・・




 

あとなんだか製パン王キム・タック臭がするのは、師匠的な存在のパルボン先生とチョン道士を同じチャン・ハンソンが演じているのと、主役の子ども時代が同じオ・ジェム君が演じてるからかな・・・?
あとストーリー的にも、成り上がり系の成長記って感じですしね。

 

基本的に、韓国の子役ちゃんは演技が上手で見応えがあるな~と思っているんですが、実はオ・ジェムくんは苦手です。
キム・タックもだし、頑張れミスターキムでもこのドラマでもどうもダメだった。
良い人を演じるには醸し出す空気がどうもそう見えない。
ただ、このドラマでは、行動が生理的に受け付けないせいもあると思いますが!

さて、どこが耐えられなかったのかというと、
主役のハン・テヤンが『交換日記を盗み読みしたこと』『ジンシムが自分から離れてしまうことが嫌でページを切り取って渡さなかったこと』です。
結果的にはそのせいでカオンが死んでしまうのですが、そういう事が起こってしまったのとは別問題として、とにかくそんなことをしてしまう人は気持ちが悪いなと思ってしまいました。
正直者と言われてるんだけど、正直者はそんなことしないのでは?

まだ盗み読みはしょうがないとしても、自分の目先の欲望のみで大事な部分を隠すなんてそんなことが出来るのは愛ではなく、ただの独占欲だと思うのです。
だって、相手を尊重するなら、好きな人の選択に委ねるのが本当の愛なんじゃないかなと思ってしまう。
孤児のジンシムが親を欲しいと思うのは自然なことで、もしかしたらその機会があるかもしれないのに自分の欲望のために妨害してしまうのはちょっとな。
ちゃんと渡して、でも行って欲しくないと伝えて、選択自体は相手に委ねてくれたら良かったのだけど。
子どもって言ったってもう中学生だし。
その上、ばあちゃんの教えが~とか言って他の人に説教したりしてたから余計に違和感ある。無理。

・・・という感じで、大人になってチ・チャンウクにバトンタッチしてからも髪型もいまいちだし、ヒーラーの時のカッコ良かった彼はどこーって感じだし、主役が好きだから頑張って見ようっていうモチベーションはゼロ。

11年もたってるのに、まだジンシムの作ったお弁当袋を使ってるのも気持ち悪いしなあ。きっともうボロボロだよ・・・
韓国ドラマは初恋信仰みたいなのが根強いなあ。

まあでも、チ・チャンウクがこのドラマでは私にとって全く魅力的に見えないということはドラマごとの役づくりに完全に成功しているとも言えるかもしれないですね!
スゴイのか残念なのか分からない!

なんとなーく、酔っ払って警察で会った人たちが一緒に青果店を開くとかいう事になるんだろうな・・・とは思いますが、彼らはイケメンと言えるような言えないような・・・
超新星の方が全くイケメンに見えないのが一番の驚きです。
オタクに成りきっててまさかアイドルの人だとは思いませんでしたー。
青い海の伝説ではカッコよく見えたSHINくんもここではあんまりカッコよく見えないのはなぜだろう?

なんてことを書いていたら24話も頑張れる気が全くしなくなってきました^^;

ただ、期間限定というくくりがあると意外と完走できることが多いので、
自分の達成欲みたいなものに賭けてみたいと思います。
しれっと挫折カテゴリーに入ってたりしてwあわわ

 

僕らのイケメン青果店が見れるのは・・・



 

【韓国ドラマ】身分を隠せ の感想 映画のようなハードボイルドアクションドラマ!!!

『身分を隠せ』を視聴終了しました!いやー見応えありました!!!
しかし、1話を見て、なんだかこの感触、既視感があると思ったら、バッドガイズの空気感だ!と思ったんですよね。

そしたら、本当にバッドガイズ製作チームが今度はtvNでこのドラマを作ったみたいです。バッドガイズは確かOCNだったはず。
なかなか良いアンテナしてるな~と自分で思ったりしてw

なんだか、暗闇と光の使い方とか、アングルとか、あとはアクションシーンとか、
そういう美意識が私の好きなポイントに似てるみたいでこのチームが作るドラマはとても好きです。

しかし、クオリティーも素晴らしいけれど、かなり血なども流れるので、こういうのが連続ドラマで放送されてるのってなかなか凄いな~
どっちかというと、映画館の暗闇の中で見たいアンダーグラウンド感があります。




 

こういう取り調べのシーンの撮り方のアングルとか、最高に痺れるなあと。

このチョン先生役のキム・ミンジョンが渋かった・・・!
指とか動きとか目つきとか素晴らしいな~と思って見てました。
見たことないな~と思って調べてたら、花郎に出てた百済の太子役の人じゃないですか~
そうだそうだ、花郎でも彼が出て来た15話の彼とパク・ソジュンの戦いからやっと面白くなって来たと感じたので、どうやらかなり好きなタイプらしい!

ちょっと曲者な感じが好きで私って一貫してますね!笑

そして、このドラマでのいちばん存在感を放っていたのは彼ではないでしょうか!
ミン・テイン役だったキム・テフン!
もう初めから最後まで痛めつけられる場面が多くて見てるのが苦しかったですが、
でも本当に壮絶と言っていいような演技でした。

バッドガイズでは悪役でしたが、ここでは妹や弟分思いの良いお兄さん。
笑った時と、無表情の時のギャップがある人ですね。そこが魅力的!

キム・ボムも良かったです。アクションが素晴らしい。
わざとらしくない美しい動き。
私はミセスコップ2を先に見たので、こういう役は全然違和感が無かったけど、花より男子の次にこのドラマを見たりしたらビックリしますよね~
その時にも思ったけど、彼はきっと竹内力のような迫力のある歳の重ね方をしていきそう。
でも次は天使みたいな笑顔の役とか見たいな!

捜査5課のチームのメンバーは全員無理がない配役で良かったです。
チームとなると必ず面白路線の人を必ず入れたりするけれど、それがベテランのイ・ウォンジョンだったからそこが癒しになって良かったし、
ユン・ソイはやっぱりカラーオブウーマンとかのラブロマンス系よりもキリッっとした役が似合います。
この配役も可愛い女の子っていうんじゃなくてカッコイイ女の人が演じてくれてすっと入れて良かったな!
チーム長のパク・ウンソンも見てて安心感があって間違いない!

ちなみに並行してポセイドンを見てるんですが、潜入捜査とか敵は名前しか分からずどんな人なのか分からないなどという設定がちょっと似てるんですよねー
でも、身分を隠せのような本格的なのを見てしまうと、ポセイドンがちょっと見てられない気分になっています・・・ツライ・・・
ポセイドンの方はチームのメンバーのお笑い要素担当の人の演技もツライ・・・

 

・・・と話がそれてしまいましたが、最後までどうなるか分からない目が離せないドラマです。
ロマンスの要素も昔の思い出という程度に入れられているだけです。
どちらかというと男同士の信頼とか友情とか信念とかそういうのが軸に語られる内容ですね。

『身分を隠せ』の意味が捜査5課のメンバーの存在の事だけでは無くて、敵対側でもそれが行われていて、あっと言わされてしまいます。

そして、善とは?悪とは?と本当に絶対的な善も悪も無いのではないかと考えてしまったりします。立場が変われば物事の見え方も変わってしまうもの。
でも、『力が正義ではない、正義が力なのだ』と言うチーム長がいう世界を私も信じていたいなあとそんなことを思ったのでした。

 

身分を隠せが見れるのは・・・


 

【新大久保】中央市場でランチ!平日は人気店でもすぐに入れて良いね!

イケメン通りにある中央市場で平日ランチに行ってきました!
お店の外見の写真は夜ですが、撮り忘れてたので帰りの風景(^-^;

土日の夜などはいつも並んでる印象なので、並ぶのが嫌いな私はほぼスルー。
でもこの時は平日に新大久保に行けるタイミングだったので、いつもは行けないようなお店に行こうということで行って参りました。

14時過ぎくらいだったんですが、先客が2組くらい?
う~ん。平日最高ですね。最近は土日の新大久保は混んでるので余計にそう感じるかも。




 

ランチメニューも色々メニューがあったのですが、ちなみにランチメニューは10:30~16:00です。

私たちはお店の前に看板が出ていたディナーセットの中から肉セットを注文しました。
一人で2000円なのかと思ったら、このメニューに出ているセットが2000円とのこと。
リーズナブルなので、お店の前で見たときはこれがランチセットなのだと思ってたら、時間のところに『~24:00』としか書いてないので、どうやらどの時間帯でも食べられるセットみたい。

この内容でディナーで2000円だったらかなりお安いですよね~
いつもこんでる理由が分かりました!

飲み物メニューを撮ったと思ったら、飲み放題のメニューだった!
でもまあ、こんな飲み物があるよってことで~

 

私はランチメニューの上のところにランチドリンク290円の記載があったので、ビールを注文!
どんな大きさで来るかな~?と思ったら普通のジョッキサイズでした!わ~い

サントリーのプレミアムモルツですね。

小皿はキムチとおでんとマカロニみたいなの。これは普通の味かな!

お肉につける胡麻油とコチュジャン

お肉を包むレタス

ネギ!

あと、最近やたらと流行ってるチーズもついてました。
お肉を焼いてつけたい人はつけるスタイルなのでいいですね!
私はお肉+チーズはいまいち好きでないので、分かれてるのは有難い~

鉄板にのせておくとお肉が焼けるころにはとろけるチーズになってる!




セットのサムギョプサルは最初からカットされた状態で出てきます。
なかなか脂身が多い感じ!!!

でも、鉄板の上じゃなくて、網の上で焼くので、脂が落ちて結構食べやすかったです。
お肉は完全にセルフサービスで焼くので、これまた新鮮!
かりっかりにして食べるのが好き。

そしてセットのキンパも来た~

このお店のキンパの具はハムが大き目かな?
これのお味はまあまあです。

そしてキムチチゲは本当にあっつあつの状態で来ましたよ!
貝がいっぱい入ってて、そのだしが出てて美味しかったな~

いやー初めて行きましたが、量も内容もかなり満足なセットで、コスパの良さに驚いてしまいました!
こんなに食べて2000円だから、二人だと一人辺り1000円とかびっくり!

次は鍋セットなども食べてみたいな~と思います!

 


【新大久保】珈琲豆林(コーヒードリーム)はマフィンも美味しい!

韓国料理屋でお肉を食べた後にまだまだ話し足りない!ということで
良さそうなカフェを探して歩いていたのですが、目指していたところがお休みだったり、メニューに好みのものが無かったりしたので、またまたコーヒードリームにやって来ました。

うん。やっぱりコーヒーのいい匂いがしてとっても落ち着きます。




お友達は、コーヒープリンス1号店を3回も見たくらいお気に入りだったらしい!!!
せっかくなので、コーヒープリンス1号店やコン・ユの写真が貼ってある横の席に座りました。

ちなみに私は8話くらいで挫折したので、どうしてダメだったかについて話していたんですが、どうやら優柔不断な男性のキャラが好きじゃないんじゃない?という結論に至りました。

その友人とはどうも好きなドラマが全く合いませんw
感じ方が全く違って面白いですねー

私はいつもと同じのブレンドのストロングS!
甘い飲み物が苦手なので、ブラックコーヒーという選択肢しかありません~^^;
あ、でもここでは色んな種類のコーヒーがありますので、試してみようと思ってはいるものの、気に入ったらそればっかり飲んでしまうB型です。
なので、いつも即断でブレンドコーヒーにしてしまう~

お友達は確かチョコラテMかな?
たっぷりのホイップクリームです!すごい!

そして、前回来た時にとっても美味しそうで食べてみたかったマフィンを注文しました。

バナナマフィンとチョコマフィンを注文して、半分こずつ!
かなりの大きいサイズ!ひとつ280円です。

ちゃんと温めてからサーブしてくれました。ふかふか!
チョコチップがちょっと溶けてて美味しい~

お肉で満腹だったけど、美味しかったのでぺろりんです。
ゆっくりお話も出来て楽しい時間を過ごせました!

やっぱり落ち着くお店はいいですねー!

 

 

 

【韓国ドラマ】ヒーラー~最高の恋人~ の感想 傷ついた人々がまた前に進み始める物語

結構一気にヒーラーを見ちゃいました!!!
一言でいうと、見た後からもしみじみと心に染み込むようなとても良いドラマでした。今も色々と考え続けています。

表面的には、チ・チャンウクとパク・ミニョンの主役二人のラブストーリーが主体に見えるんだけれど、それぞれの傷を抱えた登場人物達がその傷から目をそらしてその時に止まってしまった時計が癒されることでまた動き始める物語に私は見えました。

だから『ヒーラー』というタイトルがとても効果的なドラマだな、と思います。
闇の運び屋のコードネームというだけでなく、20年前の自主製作の冊子のタイトルというだけでもなく。もっと。

この14話の最後~15話の最初にかけてのところが、ジョンフの時計が動き出した時。
本当に涙が出そうになってしまった。孤独な魂同志の触れ合い。

 

スポンサーリンク

 

とはいえ、素直にチ・チャンウクの魅力にもやられましたw
実は今まで避けてたんですよ!ちょっと整い過ぎてて好みじゃないな~ってな具合に。

でも、写真で見るのと動いてるのってやっぱり印象が全然違うものですね。
あんまり運動神経が良い感じがしなかったんだけど(勝手な思い込みですが)、アクションがこれまた良くて、動きが綺麗な人に弱い私はもう最初からノックアウト!

ビルの屋根の上を走って、車を追いかけるのとかね、最高です。
そんな訳ないやんみたいに白けてしまうタイプの方もいると思うんですが、私はなかなか素敵に撮ってて素晴らしいと思いました。美しく構成されてたのでとても良い!
時代劇ではワイヤーアクション的にジャンプして屋根の上にぴょーんってのるのは良く出てきますが、それって昔は屋根が高くても2階建てくらいだからいいけど、現代は高層ビルが多いからその設定はあまり無いんだななんてことを考えながら見ていましたw

ワイヤーアクションは動きが良い人でないと美しく取れませんから、それが綺麗に撮れているだけで、チ・チャンウクが好きになりましたよ!

そしてこんな切ない顔をしている時とか最高。
とはいえ、笑ってるのもパク・ボンスの時のぽよぽよしてるのも、ヒーラーの時のキリっとした表情もどれも素敵で、くるくる変わる表情に目が離せない感じ。
視聴者を容易に感情移入させてくれる人だなと思いました。
今まで避けていた割には人気のある理由がすぐ分かって私も簡単に落ちた!笑

パク・ミニョンも好きな女優さん。
彼女はちょっとガサツな女の子を演じてもちゃんと可愛く見せてくれるし、そして媚を感じさせないところが好きです。
そういうのが見えちゃうとドラマを楽しめなくなっちゃうんですよねえ。

あ~感想を書こうと思ったら、本当にいくらでも感想や思うことが書けそうなドラマですね!何から書いたら良いか分からなくなる~

そして登場人物だけじゃなくて脚本もとても良かったなあと思うのです。
そしたら、シンイと同じ脚本家ソン・ジナということで、なるほどと思いました。
主役の男性像がね、私の好きなタイプなんですよね。
台詞の言葉選びも細やかで好みだし、この方のドラマは私に合うのかも。

好きな場面は、キム・ムンシクの書斎でオ秘書を殺してしまいたいとお前みたいな悪い奴を殺すのはいい事なんだよな?と言いながら、ジョンフが本棚から本を次々と落としてそれを慌てて拾っているオ秘書を見ていたら、こんな奴を殺して殺人者にならなくて良かったよアジュンマありがとう、って言っているところです。
なんだか殺すのを思いとどまる感覚が自然に表されてて、う~ん凄いと思ってしまいました。変に回想シーンとかじゃないのが良いんですよね。

なんだかそういう何気ないシーンで、お!と思わされることが多いです。

ミョンヒがムンシクの家から出て「民主や民主、民主はどこにある」と呟く時、最後にムンホが、元恋人のミンジェの肩を抱いて歩いていくところ、アジュンマが死んだ我が子のために編んでいたセーターを置いて部屋から出るところ、過去の時間にとらわれていた人々が現在や未来へ歩き出す姿を思い出すと見終わった後からもじわじわ来て胸が熱くなるのでした!

ジョンフやアジュンマのように周りから見ても変わってるというような人だけじゃなくて、普通に暮らしているように見える人でも本当は傷を持っていてそれを隠すために考えないようにしている人っていっぱいいるんですよね・・・
そういうのも丁寧に描かれていて、ジーンとする。

そして『ヒーラー』というのは、『人間』なのかな。
人とのかかわりで傷つくこともあるけれど、やっぱり人を癒してくれるもまた人間なのかなって思う。
人と関わることでまた前に進むことが出来た彼らを見て、そんなことを思ったのでした!

色んな角度から楽しめるステキなドラマでした!!!!

 

 

このドラマが見れるのは・・・<





ヒーラー OST (KBS TVドラマ)(韓国盤)