【韓国ドラマ】ピノキオ の感想 『君の声が聞こえる』の脚本家と演出家のドラマ!

pinokio

君の声が聞こえるがとてもとてもとても良かったので、
見るのを楽しみにしていたドラマです。

なにせ、脚本がパク・ヘリョンと演出がチョ・スウォンで、
『君の声が聞こえる』と同じ組み合わせなので、期待しちゃいますよね!

でも、残念ながら『君の声が聞こえる』とは似てる部分もありますが、
でも比較すると正直物足りないというか、息苦しい気がします。



ピノキオ症候群という嘘をつくとしゃっくりが止まらなくなるという架空の病気という設定があるのは、『君の声が聞こえる』であった目を見れば思ってることが分かってしまうという設定にも通じるところがあります。

その架空の設定の要素が、君の声が聞こえるであれば、裁判の場面かつ年齢差がある恋愛の場面、同じくピノキオでは、報道の場面、障害のある恋愛の場面で効いています。

ドラマだからこそそういう架空の設定で、現実に対して新しい視点を与えてくれるのは、
興味深く、とても面白いと思います。

でも、中心となる登場人物の実力がかなり違いあったかもしれません。
君の声が聞こえるは、本当に4人の設定も演技も素晴らしかったので、
ドラマの深みがますます深まることになりましたが、
ピノキオはあくまでもイ・ジョンソクとパク・シネの物語に見えちゃいます。

イ・ユビはあんまり記憶に残っていない気がするし、
キム・ヨングァンは、悪くは無かったけれど、それでもまだ何か足りない感じ。
パク・シネを好きな理由があんまり腑に落ちなかったりして。
母親役のキム・ヘスクは期待を裏切らないまさに怪演って感じでしたけども・・・!

でも、イ・ユビもキム・ヨングァンもこれから楽しみな役者さんって感じはしました!
そして、キム・ヨングァンはお嬢様をお願い!の執事役だったのを覚えてるので、その時からちょっと気になる存在でした。
それから、イ・ジョンソクのお兄さん役のユン・ギュンサンも信義の近衛隊役の時から気になってたから、やっぱりキターって感じです!
このドラマでもなかなかいい味を出してましたよね。
ユン・ギュンサンとイ・ジョンソクの背の高さがいい感じで、本当の兄弟みたい!

それにしても今までも脇役の人で印象に残った人は必ず人気が出て来る気がするんで、
なかなかいいレーダーがあるんじゃないだろうか、私。
まあただ、カッコイイ人をよく見てるだけかもしれない・・・w あわわ

あとはパクシネのお母さん役のチン・ギョンがかなり好きな女優さんなんですが、
ここではかなりキツイキャスター役。
これも本当に完璧に演じていて、いつも全く違うキャラを完璧に演じているのには惚れ惚れします。
色々なドラマに出てらっしゃますが、出てるのを見ると今回はどんな役かな~ってとても楽しみです。

パク・シネとイ・ジョンソクのカップルはとてもキレイで、
キスシーンもかなりこだわって撮ったのが分かりますが、
実はいまいち、うわ~いいなとは思わなかったんですよね。
パク・シネちゃんの惑わす感じの瞳がなんだかこのドラマでは邪魔になったかも・・・
とても可愛いんだけどね~ う~ん

『報道』についての問題を取り扱うという点では、伝えたいことが明確ではあったのですが、
問題提起はしたものの、登場人物の個別の問題を絡めすぎてたのかな・・・
ダルポの兄の件など、最終的に消化不良の感じがあったのも事実です。

もう一回見たいと思うほどではないのが残念なんですが、
でもこういう伝えたいことがはっきりしているドラマ自体は良いなと思います。
興味深いドラマではありますので、一度見てみるのはオススメです!

 

ピノキオが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】彼女はキレイだった の感想 ヒロインに全く感情移入出来ず最後まで見るのに苦労したドラマでした!

kirei-2

魔女の恋愛で、やっぱりパク・ソジュン素敵!好きなタイプ!となった私は、
じゃあこれを見るしかないと『彼女はキレイだった』を見始めたんです。

ところで、私はファン・ジョンウムの大げさな演技が大の苦手。
でも、魔女の恋愛のオム・ジョンファも化粧の濃さにひえ~ってなったけど、
楽しく見れたから、きっと相手が誰でも大丈夫だろうと思ったんですけど・・・ね。

1話とか2話とか辺りのファン・ジョンウムの演技?役柄的な演出?
どっちにしろ案の定無理~ってなりました。パーマとかメイクとかの設定ではないです。
でも、秘密キルミー・ヒールミーもそれでも面白かったから、
見続けていれば面白くなるはずだと、最近では珍しく我慢して最後まで見たんです。

・・・私は、残念ながら最後までイライラして面白く無くて、
パク・ソジュンを見るために頑張って終わってしまいました(^^;

韓国での視聴率も良かったみたいだし、皆さんの感想を見ていたら
なかなか評価も高いので、私の個人的な意見なんですが!!!!

でも、まあそんな意見の人もいるということで・・・!

 

スポンサーリンク

 

一番の理由は、ファン・ジョンウム演じるヘジンが良い人に見えなかったことです。
演技の問題ではなくて、設定の問題かもしれません。

パク・ソジュン演じるソンジュンとシウォン演じるシニョクのどちらのセリフにも
「ヘジンは優しい、いい人だ」と出て来るんですけど、そうかな?って凄い違和感があります。

いい人と言われる人に特有の「自分では気づいてないけれど、実は人を傷つけている」という行為がとにかく多いのです。
それも、人に良かれと思ってやっているつもりだから、タチが悪い系の。

最初の発端の自分の外見が子どもの頃のように可愛くないからと言って、
可愛い友達にソンジュンに代わりに会いに行ってもらうというのも、
ソンジュンの初恋の思い出を壊したくないからと言っているけれど、
本当は、ソンジュンが今の自分を見て残念な顔をするのを見て自分が傷つきたくないだけ。
結局は、そうやって親友のハリを巻き込み、ソンジュンのことを傷つけたのに、
その点については無自覚だから本当にイライラしてしまいました。
いや、ハリにそもそもは私のせいだからと謝ってはいましたが、
一事が万事そんな調子なんです・・・

そして、ハリがソンジュンを好きになってしまって、ヘジンに隠してソンジュンに会い続けていたのがばれて、そしてヘジンとソンジュンはお互いに思っているという状況で、でもハリがソンジュンの事を好きだからソンジュンと付き合えないと、ソンジュンに冷たくするんです。

でも前日には、確かに2人の心が通じたと思っているソンジュンは、
次の日に突然対応が変わったヘジンにどうしてなんだと詰め寄ります。

で、ヘジンは最初は理由は言えないって言うものの、結局は「ハリがソンジュンが好きだから」って意外と簡単に言っちゃっう訳です。
そしたらソンジュンは、「ヘジンは優しいから友達に悪いと思ってるんだね、急かさず待つよ」とかいう対応なんだけど、そんなヘジンっていい奴なんかな・・・?

全然そう思えないんですけど!!!!

友達が彼を好きでいることを伝えずに別れることが出来るならそれもありだけど、
それをソンジュンに伝えてしまうんだったら、ただの自己満足の罪悪感だし、
結果的に自分を優しい人と言わせることで、ハリの立場を余計にみじめにしているし
ハリを傷つけたくなくてソンジュンと付き合わないとして、
好きなのに付き合わないことでソンジュンを傷つけることはいいの?とか、
自分のせいでソンジュンと付き合わないヘジンを見てハリはどうせ傷つくし、
人を気づかうように見せかけてただの優柔不断で、自分だけ良い人でいたい人に見えてしまいます。

あ、ついでに、シニョクへの態度もあれは優しさとは思えないかな・・・

とまあ、そんな感じで見てたので、ぜ~んぜんヒロインが素敵に見えなくて、
感情移入なんてもちろんできる訳もなくて、イライラして苦しかったです。

でも、ほんとパク・ソジュンのためになんとか最後まで見ました。
しかし、展開的にもあっという間に2人の時間ばかりになり、
最後の方はダラダラ・・・ああ(ノД`)・゜・。

それも二人が恋人同士に見えないのは何故なんだろう・・・
ロマンチックなはずのシーンはいっぱいあるんだけど、
全然素敵に見えないので、それさえ楽しくなかった・・・残念過ぎる

 

パク・ソジュンは、魔女の恋愛の方がずっと純粋に楽しめて良かったな。
副編集長として異動して来た時の冷たさとかはなかなか新鮮で良かったけど、
ラブラインに関しては、ハリが嘘をついていたと分かった時の対応の感じとかが、
役柄の中でだけど、人間としての薄っぺらさを感じさせるようなところもあり、
ただ、初恋だけを大切にしている執着しすぎるタイプみたいな描かれ方で、面白くないんです。やっぱりここはせめてハリへの思いも少しあるような揺れ動く感じがあったら良かったのにと思って。

 

そんな中でも楽しかったのは、THE MOST編集長役のファン・ソクチョン!

kirei-1

髪型もファッションも毎回すんごいんですけど、意外にも着こなしてて、見てるのが楽しかったです。
秘密でも女囚仲間の外人好きな人の役でしたっけ?

あと、コ・ジュニが本当に可愛かった!
ショートカットの方が断然いいですね。
彼女の心の動きの方がずっと感情移入できて良かったなあ。
野王でも出てた時に、そこでも綺麗だと思ってたけど、もっときれいになっていたので、これからも楽しみ!

シウォンはかっこいいのかどうかは分からないけど、
演技には熱が入っていて、なかなか個性的な役をうまく演じていたなあって思います。ノリが彼の方がヘジンと合ってる感じがあったから、余計にソンジュンとヘジンのカップルに違和感があったのかもしれないですね・・・

 

裏方にスポットを当てるというドラマを通しての主題はあるものの、それが心に響くという感じではなくて、初恋成就しましたモノって感じでした。
う~ん。う~ん。

 

しかし、何故、私が好きなチソンとかパク・ソジュンは私が苦手な女優さんとの共演が多いのか・・・ ノ・ミヌも共演していたな・・・
とにかく、ファン・ジョンウムはもうお腹いっぱいです。
が、彼女のような変な表情とかカッコもいとわないような大げさな演技をする女優が他にいないので、重宝されるのも分かる気がします・・・

そして、パク・ソジュンは次のドラマの花郎もとっても楽しみにしてるけど、
女優さんは苦手なAra・・・
悲しみ・・・ でもこれも頑張って見ます・・・(ノД`)・゜・。

 

 

彼女はキレイだったが見れるのは・・・




  

 

【韓国ドラマ】魔女の恋愛 ドリハイ2から注目してたパク・ソジュンの魅力が溢れる~!!!

majo-2

正直なことを言うと1話ですっかり挫折しそうになったドラマです。

だって、オム・ジュンファのアイラインとか化粧の濃さと制服コスプレに驚き、
そして、まさに韓国ドラマという感じの最初が最悪な出会いというベタなやつ。

パク・ソジュンが主役って言ったって、これはがんばれないのではないかと思ったのでした(;・∀・)

 




 

しかし、ドリーム・ハイ2で一番印象に残ったのが、パク・ソジュンだったので、
彼のことはずっと気になる存在として心にありました。

なので、やっぱりこれは見なければなるまいと再挑戦!

だってキルミー・ヒールミーでも彼の役を楽しみにしてたんですが、
チソンの存在感が凄すぎたのか、ファン・ジョンウムを好きだという設定に抵抗があったのか、
いまいちすごくいい!素敵な役!!!とは思えなかったんです。

でも、このドラマでは、パク・ソジュンの魅力が炸裂!!!

役も良かったんでしょうね。
まさにパーフェクトな男子なんですよ・・・
性格良い、カッコイイ、お父さんが病院の院長、自分も休学中だけど医大生
そんな男子が14歳も年上のオム・ジュンファ演じるジヨンを好きになるっていう。
現実はそんな訳ないって思ってしまいがちだけど、むしろパーフェクトな人だからこそ、
ジヨンみたいに傷ついた人を好きになる余裕があるのかもしれないな。

ジヨンは、仕事は出来るけど、キツイ性格で武装みたいな化粧で、
でも実は内面は優しくて、傷ついた心を隠してるのが分かってしまって
そんなところにドンハが惹かれて行く姿が結構いい感じで描かれていて、
違和感が無かったんです。

はじめの数話はオム・ジョンファの化粧の濃さに驚いてしまってたのですが、
だんだん見慣れてきたのと、その濃さの訳が分かってくるのと、
そしてパク・ソジュンが演じるドンハに魅かれていくにつれて、
メイクもやや薄く柔らかくなってくるようにちゃんと変えられていた気がします。

だから、途中からはだんだんキレイに見えてきたりして。
そして私は14歳差があんまり気にならなくなってすっかりドラマにはまりました。
いや、ドラマというか、パク・ソジュンくんにですねw
元々顔が好きなタイプなんで!完璧に!

 

甘いシーンは多いのですが、キスシーンがとても綺麗だったんですよね。
majo-1

キレイの理由は、角度とパク・ソジュンの首筋の美しさにあります。
このキスする時にぐっと首筋が伸びてるのが、ううう美しい・・・!!!!
いや~目の保養です。

他にもいろいろ彼の演技でいいな~と思ったのは、やっぱり目の動きかな。
伏せた目、しっかり見つめる目、切なそうに揺れる目など完璧な使いこなし方。

失恋してやさぐれてお酒飲んでしまうところも一緒に切なくなるような、
感情移入出来るような演技をしてくれるんですよね~

こういうラブロマンス系も良いけど、結構冷淡な犯人役とかも良いだろうな。
これから期待しかない役者さんです。

ムッキムキ過ぎないのも好みです。いい~
あと、スリムパンツを履いてる時が多かったんですが、
細いんだけど、太腿の裏の筋肉が美しくついていてはあ、眼福眼福と思っていました。
趣味に走り過ぎた話になって来た・・・(;・∀・)スイマセン

脚本も結構良いなと思ったのは、何かが誰かにばれる時とかが自然なんですよね。
うまく、伏線がはられてるというか、友達がおしゃべりな設定だったりとか、
14歳差が財布の中の身分証でばれる場面とかが、ドラマに出てる人だけでなく、
見ている人に対してのインフォメーションが説明くさくなっていないんです。
だから違和感が無くていいなって思いました。

 

あと、脇役陣が凄く良かったです。

オム・ジョンファの友達のナレ役のラ・ミランもなかなかいい味出してるし、好きです。
あの方が山村紅葉にしか見えないんですが、似てません?
役柄的にも主役にはなれないけど、欠かせない脇役みたいな感じで、
ポジションが似てる気がして仕方がありませんw
気になる存在です。

パク・ソジュンの友達のスチョル役のユン・ヒョンミンもすごく素敵でした。
2人のやりとりとか最高だし、帰宅したときに必ずソファーを背もたれのところから乗り越えて転がってくるのとか可愛いし、出て来るだけで和む感じ。
と思って調べてたら元野球選手なんですって。
素晴らしい才能の持ち主!

オム・ジョンファのお母さん役の方は目を見開いて大げさな演技系の人なので、
あんまり・・・なんですが、でもこのドラマのコミカルな感じならいいのかな。
秘密の時はどうも好きでは無かったんですが・・・
まあやっぱりお母さんの恋愛の場面が多すぎてちょっと辟易はしましたけどね。

あとは、パク・ソジュンの無くなった彼女役の女優さんが見たことある~って思ったら、
イニョン王妃の男でブンドのことを好きな妓生ユンウォル役のチン・イェソルでした。マニアック!

 

第一印象は最悪のドラマでしたが、とてもとても良かったので、
ロマンチックな気分になりたい時にオススメのドラマです!!!!!

そして、パク・ソジュンくんはなんと歌も歌っちゃっていますが、
なかなかいい声で、ドラマの場面にとても合ってて素敵でした♪

もう一回見ちゃおうかなってそんなことを思うくらい良かったです!

 

魔女の恋愛 が見れるのは・・・



【韓国ドラマ】ジキルとハイドに恋した私 ~Hyde, Jekyll, Me~の感想 なんだかもったいないドラマでした

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%89%e3%82%b8%e3%82%ad%e3%83%ab

 

ヒョンビンとハン・ジミンという有名な人が出てるし~と思って見てみることにしましたが、
始めのうちは、ムムム見続けられるかな・・・と思う事も多くて、
先が気になるって感じじゃなく、ぐずぐずと見ていたのですが、
やっと8話くらいから面白くなりそうな展開に。
しかし、その後事件みたいなのも意外とあっさり解決し、
今度はまたメロドラマ的なややだらだらとした印象になってしまいました。

う~ん。
演技の問題なのか、脚本の問題なのかは分からないんですが、
どっちももう少し惜しい感じかもしれないなあ。

面白くない設定ではないはずなのに、もったいない感じです。

 

スポンサーリンク

 

始めのうちは、2重人格を演じるヒョンビンへの違和感がすごくありました。
ソジンはまあ良いとして、ロビンがすごく優しくて良い人という設定なんですが、
『キラースマイル』とかいってハン・ジミンがクラッと来てすぐに好きになっちゃうんだけど、
全然キラースマイルに見えないの。むしろ胡散臭くしか見えず。

感情の無いソジンにも興味が沸かないが、人を助けることが性分だというロビンにも
これっぽっちも魅力を感じないのですよね。
だからここは演じる側の問題だけではなく、
脚本的にも魅力的な人物を作りだせてなかったんじゃないかな・・・

 

ハン・ジミンはやっぱりおとなしい感じの役がいいかもで、
こういう元気いっぱいみたいな役はちょっと無理があるような・・・
彼女も持ち味を生かしきれてなくてなんか違和感ある。
カインとアベルのオ・ヨンジを演じてた時が一番好きかな。
でも、このドラマでは、屋根部屋のプリンスと似た感じのキャラクターだったとも言える・・・
屋根部屋は好きなんだけどな~
サーカス団の団長だけど、サーカス的なこと何にもしてないし、
綱の上を歩くような綱渡りの場面とかがあればまだよかった。
それを見て好きになるとかだったら設定上も無理がないけど、
ビルに忍び込むために綱が必要なだけのご都合主義な脚本でした。

 

こうやって文章にしてみると色々不満があったらしい!笑

 

あとはソンジュンが悪い役だったんだけど、基本的に彼は黙ってたら怖い顔タイプだから、
わざともっと怖い顔をすると本気で怖い・・・
やっぱりキャラとしては怖そうだけど、実は可愛い人だったとかのギャップを狙った役の方が良い気がします。

 

でも良かったのはヒョンビンの秘書役のイ・スンジュンでしょうか。
こういう主人公を助ける役はナインとかでもだったけど、
ミセンでの営業マン役とか秘密の弁護士役とかは全く違うし、
すんなりとそれぞれの役になりきってて
見てるこっちを安心させてくれる役者さんだなと思います。
彼みたいな役者さんが一人いるだけでもドラマが落ち着きます!

 

ヒョンビン演じるソジンの従兄で代表の座を狙ってる役のハン・サンジンも、
コミカルな役がとても良かったですが・・・
ここはイケメンを持ってきて、でもコミカルみたいなのが良かったな。
なんかこう髪型とかもお笑いって感じで始めから負けが見え過ぎてて、つまらないんです。

 

あとは、ヘリはタンタラで見た時も思ったけど、
彼女はとっても可愛いんだろうけど、ヘリ以上でもヘリ以下でもなくて、
お芝居じゃなくてそのままの本人な気がしてしまいます。
彼女が出てるドラマをたくさん見た訳では無いけれど、
やっぱり若干浮いてる印象を抱いてしまうので、残念。

 

でもお相手役のイ・ウォングンはどこかで見たことある!と思ったら、
ファントムで香港のハッカーチームの一員だった子でした。
そんなにたくさん出ていた訳でもないのに印象に残ってるから、
光るものがあるのかも~ これからも楽しみな俳優さんですね!

 

あ~色々気になることは残ってるんですよね。
催眠術をかけられて罪を犯して刑務所に入れられたアン・ソングンはどうなるの?
罪は無くなるの?
とか細かいことはいっぱい・・・

 

そしてやっぱり残念だったのは、ハン・ジミン演じるハナが、
ただロビンだけを好きなだけのように描かれていたこと・・・
もちろんロビンが消える時のエピソードはそれなりにお涙頂戴で良かったけれど、
ソジンがないがしろで悲しかった・・・

愛して欲しいなんて言わないで、「愛してもいいか?」って聞くソジン・・・
それを簡単に突っぱねるハナ。お~い!!!!

2人の間で揺れる気持ちの描写がほとんどなくて、
好きなのはロビン、でも理性で主人格って分かってるからソジンの心配もするみたいなクールな感じなので、その部分のときめきがゼロ

それなのに、最終的には二人が融合した形で、ソジンとロビンの人格が残った状態になって、
そこで戸惑いもなくロビンが中にいるからソジンとラブラブとかさ~
なんて乱暴な脚本なんだろう・・・(T_T)

 

出演者とか設定自体はきっと素敵な物語を描ける要素がいっぱいあるのに、
最終的には、なんだか残念な印象が残ってしまうドラマでした。

 

映画を見たり、本を読んだり、感情を取り戻そうと一生懸命なソジンに、
あんな冷淡な対応をするハナは好きじゃないなあ。
ここで心がかなり動く様子とかを入れてくれたらきっと違ったのに!

 

 

ジキルとハイドに恋した私が見れるのは・・・



 

【新大久保】韓国広場でいつもの定番麺を買った!



img_4728

時間があまりなかったので、新商品が何かあるかを探索することはできなかったんですが、
定番でいつもお家に常備している麺をちょっと急ぎ足でゲットしてきました!

以前に買って美味しかったジャジャン麺と、オットギラーメン サリの2種類です。

オットギラーメン サリは、スープとかついてない麺のみのインスタントラーメンで、
鍋の最後などに入れて使います。

韓国料理屋さんでカムジャタンとか他の鍋料理で、
最後に麺を注文したときに使われるのもこれなんじゃないかな~
日本みたいに生麺は出てこないもんね!

私はコチュジャンを持っているので、それと野菜でスープを作って、
この麺を入れて作って食べたりします!
あとはキムチを入れたり、卵を入れたりするととても美味しい!

ラーポッキらしきものを作って食べたりもしますし、
味がついてないので、なんにでも使えて便利なので、
ストックしています。

カルディーなどのチェーン店でも日本語バージョンの商品が置いているので、
手に入れやすくなりましたが、韓国広場の方が安いので、
新大久保に行ったときにこまめに買い足してます!

 

↓韓国広場は通販もやってます!