【韓国ドラマ】三つ色のファンタジー 恋する指輪 の感想 はめたら相手の理想の姿になれる指輪があったら!?

三つ色のファンタジーはおそらく三部作なんだけど、そのうちの一つ「恋する指輪」を視聴終了しました!とっても大好きなキム・スルギちゃんが主役だし、アン・ヒョソプも以前見て好印象だったので見る前から楽しみにしていました!このシリーズは1話が15分くらい×12話という構成なので軽い気持ちで見るのにピッタリ。ちょっとファンタジーっぽい要素もあるので楽しく見れる感じです。

 

スポンサーリンク


 

キム・スルギちゃんは表情も豊かでとっても可愛いと思うんだけどな。でも彼女がいけてない女の子代表みたいな役どころなのは、ややいつも通りって感じ。でも最終的にハッピーエンドなのですけどね~ まあそんな普通っぽい子がイケメンとうまく行くってのは女の子の夢を体現したファンタジーって感じなのかなあ。ストーリー自体は、ちょっとうーんってところもあるんだけど、深く考えずにモ・ナンヒとパク・セゴンがどうなるのかを見ている分には楽しめるのかな、と思う。

アン・ヒョソプと言えば、タンタラでアイドル役で出てたのをすごく覚えてるんですよね。メインのバンドのメンバーたちには全然興味が湧かないドラマだったので彼の方が印象が強かったみたい。スタイルが良くて確かにイケメンだけど、ちょっと影があるというか癖があるところが好き。このドラマでもひどいことをはっきり言っちゃう鼻もちならない男ではあるんだけど、そういうところありそうに見えるキャラが彼に合ってたので楽しめたところもあるかもしれない!そしてそういう人なんだけど、本当は母親のことで傷ついているのとかも似合う感じでしたね。

それにしても韓ドラに限ったことではないかもしれないけれど、外見によるヒエラルキーっていうのが割とはっきりと描かれてるドラマが多い気がするなあ。美人とそうじゃないの境目ってそこまで明確に線引きできるものでもないし、整った顔だから美人って訳ではなくて、醸し出す雰囲気が可愛いって場合もあるし、ううむ。そこのとこはどうなんだろうな~とは思いつつ。世間がそうなのよ!って感じなのか、ドラマやテレビでそういう価値観を繰り返し描くからそれを見て植え付けらてるって部分があるのか、どっちが先なんだろうなんてことを考えちゃったなあ。

 

味噌玉の話とか、モ・ナンヒの両親なんかが可愛かったのも良かったし、そんな指輪なんてあるわけ無いよ~なんて突っ込まずに楽しむのが良いと思います!アン・ヒョソプの腕にすっぽり包まれちゃうキム・スルギちゃんとの身長差が良いです~~

 

三つ色のファンタジー 恋する指輪が見れるのは・・・