【韓国ドラマ】銭の戦争 の感想 で、結局お金ってどういうものだって言いたかったのでしょうか・・・?

銭の戦争の視聴を終了しました~ 日本でリメイクされてたのでタイトルだけ聞き覚えがあったけど、内容は全然知らずで見ました。パク・シニャンの振り切れた感じの演技は見応えがあったんだけれど、もっとお金の本質について描かれた内容なのかと期待していたらそういう訳では無かった・・・という印象です。

あ、そうだ!ご飯食べながら第2話を見たら大失敗!もしもこれから見る人は最初の数話はご飯を食べながらこのドラマを見てはいけません!!!!ちょっとちょっと~吐瀉物をそんなリアルに撮るのやめてもらえません!?笑

 

スポンサーリンク


 

でも、ヘンテコな踊りを踊ったり、お金を前にしてハイテンションになるクム・ナラを演じてるパク・シニャンはすごく良かったな。私は感情をあらわにするタイプはあまり好きではないのだけどあれくらいやり切ってくれると潔くて見てて気持ちよいな、と。過剰な感じがこのドラマのドタバタに合ってて良かったですよね。

ハ・ウソン役のシン・ドンウクは初めて見たんですけど、ちょっとドラマの中でのキャラクターも弱かったので、クム・ナラに対抗するライバルとしてはちょっと物足りない。髪を切ったらなんだか余計可愛らしくなっちゃったしなあ。結局彼の最終目的はなんだったんだろう?どうやって世の中に復讐するつもりだったのかよく分からなかったな。

ソ・ジュヒ役のパク・ジニも初めて見たけれど、こんなに全く嫌みを感じさせない女優さんなかなかいないな~と思いました。心が健康に見えるのでとてもジュヒ役に合ってましたね。

イ・チャヨン役のキム・ジョンファは1%の奇跡ぶりですが、その時は先生役っていうのもあったのかあんまり綺麗だと思わなかったのです。でも今作では奇抜な服装をばっちり着こなしててスタイリッシュ!10年くらい前のドラマだけどダサく見えないのはスタイルがいいからかな。肌を出してても全然嫌らしくなくて素敵。高飛車なお嬢さんも彼女が演じると品があって良かったな。

しかし、ジュヒのお父さんが苦手。ナラに何とかしてもらった借金を返してもいないのに、また違う人からの借金を肩代わりしようとするとか、それって本当に人が良いと言えるのかな。自分の実力を見誤ってるだけだし、良い人だと思われたいだけに見える。そして一度はお金のために金持ちに娘を嫁にやろうとした癖に、娘とナラの付き合いを反対するとかよく分からないや。金貸しという仕事に対しての世の中の偏見を描こうとしたのかもしれないけど、嫌な気分になった・・・

マ・ドンポ役のイ・ウォンジョンの演技がすごかったし、最後まで彼のお金への執念は貫かれてたのでその点は面白かったのだけど、あの50億はやっぱり絵に描いた餅だと思うので、ナラ達が自由に出来るお金だと思っている感覚がちょっと分からない。うーん。だからあの最後も納得するべきなんだろうか。

韓国ではどうなのか分からないけど、日本でもこれからは銀行に預けておけば利子で増えますよ~なんて時代でもないので、学校でお金の概念について教えるべきだろうなあ。変にタブー視するから「お金のことは分からない」と思考停止になる気がする。本当は一番恐ろしいのは借金のことを家族に隠して娘の結婚式まで豪華に挙げようとするナラのお父さんみたいなもうにっちもさっちもいかないのになんとかなると思ってる状態なのかも。そこまでひどい事になる前に家族にきちんと話して協力していたら自殺や一家離散のような最悪の状態は避けられたかもしれない、なんて思うのでありました。

そうそう、思いつく四字熟語の一つ目が人生観、二つ目が恋愛観っていうやつ面白いですね!でも私が思いついたのってなかなかにシビアな結果だったので笑うしかない^^;

このドラマは面白く無い事もなかったけども、お金の何について伝えたかったのかはよく分からなかったな、というところでしょうか??痺れるマネーゲームっていう訳でもなく、お金を本質をついている訳でもなく。うーん。

 

銭の戦争が見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す