【韓国ドラマ】優しくない女たち の感想 カン・スノクとチャン・モランのやり取りがキュートで好きだった!

優しくない女たちの視聴完了しました!全くノーマークのドラマだったのですが、Gayo!で配信が始まってちょっと見てみたらなんだかとても面白かったので、毎日の更新を楽しみにしていました。個性的な女性たちがなんとも魅力的。「優しくない女たち」ってタイトルで、表面上は確かになかなかお強い女性たちが出てくるんだけど、カン先生の家族の女性たちは本当は優しい。

 

スポンサーリンク


 

事件はとにかくいろいろ起こるし、出演者も多いんだけど、うまくまとまっていて散漫さを感じさせないの話の流れなのがさすが。ベテランの俳優というのは自分が目立つ演技をするのではなく、周りとの調和や相手を引き立たせる演技もするのだな、とそんなことも感じました。

しかし、完全に女性たちが主役で、男性もイ・スンジェやチェ・ジョンウやら有名な俳優さんがたくさん出てくるけど終始女性に圧倒されている感がありますな。イ・スンジェが演じてたキム・チョルヒなんて娘が二人いるのに駆け落ちしようとするし、自分が好きだからってチャン・モランの結婚相手に彼女を中傷する手紙を送って結婚を妨害するとかめっちゃあかん男だし。そして30年間も記憶喪失とかそんな設定はちょっと・・・と思ったけど、戻ってきた夫にカン・スノク演じるキム・ヘジャが洗濯をさせたりと仕返ししてるはなんだか可愛くて面白かったので、まあ良いかと思いましたー。

一番可愛くて好きだったのはこの二人かな。カン・スノクとチャン・モランのコンビ。変な人ね・・・とか言いながらお互いを労わって仲が良いのが面白い。

結局二人ともダメ男キム・チョルヒのある種の犠牲者ということもあって仲良しに。人生ってこういう関係が成立することもあるかもな~と思ったのです。人間関係って複雑だもんな、と有り得なそうだけどそんなこともあるかもしれないと思わせる絶妙な二人の関係性の過程が面白い~ 歳とか関係なく彼女たちはとってもキュートで大好きだった!

そんなベテランの俳優さんたちのなかでソン・ジェリムも頑張っていました。剣道着は似合っててカッコよかったけど、師範ほど強そうには見えなかったかな・・・

年上のチョン・マリ大好き!って感じは微笑ましかったけど、彼らの設定年齢以上に妙に幼い恋な気がしたな。だってチョン・マリは30歳超えてて、イ・ルオは29歳だったのに「大好き~」って雰囲気で「愛」はあんまり伝わってこなかったのでした。お互いの親の彼らの扱い方も10代の子どもに対するみたいに見えてしまったのだけど、あんなもんですかね?

まあ、キム・ヒョンスクが娘を自分のコンプレックスの反動で大学院まで行かせて、その上、自分は19歳でできちゃった婚しているのを棚に上げて30歳を超えた娘の相手には注文をつけるっていうのは現実でもあるある過ぎる設定で見てるのしんどかったな・・・ うーん。なのでヒョンスクはあんまり好きでなかったなあ。だから実はマルニョン先生が彼女に「自分の人生がうまくいかなかったのを人のせいにするな」ってと言ってたのは一理あるな、と思っていました。もちろん先生も酷いんですけどね。

あと、マルニョン先生と弟子のパク主事の悪役的な二人が成りきりっぷりが良くてこのドラマが引き立っていた気がします。彼女たちの存在がスパイスのように効いていたなー!

最初見てる時は、なんだか三世代の年齢があんまりはっきりしない感じで違和感があったんですけど、(チェ・シラが妙におばさんパーマだったりして年齢が分からないし、イ・ハナがその娘!?あれれ、みたいな感じで)だんだん登場人物の関係性が分かってくると慣れてきました。騒動がどんどん起こるので飽きずに最後まで楽しめて面白かったなー。特にセリフとかやり取りが何気なく面白い感じなのでとても良かったです!

 

優しくない女たちが見れるのは・・・




  

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す