【韓国ドラマ】幸せのレシピ ~愛言葉はメンドロントット の感想 主君の太陽と同じホン姉妹の脚本ということで期待していたんですが・・・

幸せのレシピ ~愛言葉はメンドロントットを視聴完了しました!
1話にソ・ジソプがゲスト出演してたことからも、主君の太陽と同じ脚本家の作品なんだなと分かったのですが、ホン姉妹って人気の脚本家なんですねー!

調べてみたら「快傑春香」「マイガール」「ファンタスティック・カップル」「快刀ホン・ギルドン」「美男ですね」「僕の彼女は九尾狐」「最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜」「ビッグ 〜愛は奇跡〜」「主君の太陽」を手掛けているらしい!私もビッグ以外は見てるくらいだから有名な作品が多いな~!(だけど見たのに感想を書いてないのがいっぱいあることに今気づいてしまった・・・あっ)

この中で私が好きなのは、「美男ですね」と「主君の太陽」かな。
反対にとっても苦手なのが、「快傑春香」と「快刀ホン・ギルドン」。
ってなると自分の傾向が全くつかめなくて好みがよく分からない!!! やっぱり演じる役者さんにも左右されてしまうのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

それでこのメンドロントットはどうだったかというと、悪くはないけど、すごく良くも無いかなって感じでした。ラブコメのはずなのに全くときめく部分が無かったんですよ・・・ 激しい愛憎とか無いし、済州島の小さな村での話だし、あったかくはあるんだけど、ゆるすぎる感じなのかもしれません。

ユ・ヨンソクは、キム・サブではすごく好きだったし、ソ・ヒョンジンとのキスシーンは超ドキドキしてときめいたんだけど、このドラマではドキドキがゼロで残念。

こういう恰好とか、料理をしてるユ・ヨンソクは悪くは無かったんですけどね・・・

多分、どうも私はカン・ソラが苦手だからなのかもしれないと思いました。こういう素朴な役を演じる時にどこか押しつけがましい感じがしてしまって、共感できないのでした。ミセンは、平気だったんだけども、ドリームハイ2は苦手だったなあと。自分でもなんでかうまく説明できないんですけど、どうしてかなー?

あとジウォンの嫌な女設定もちょっと分かりやす過ぎて面白く無かったかなあ。悪い女だと分かってても、ゴヌは自分は父と違ってひとりを愛し抜きたいという思いを見せたかったのだという意図は分かっても、ちょっとつまらないなと。ジウォンの魅力も描いてくれたらもっと面白く思えたような気もします。

 

という感じで、メインカップルは全く興味が沸かなかったんですが、ゴヌのお兄さんカップルを見ながら、彼らのプロットには少し主君の太陽のチュ・ジュンウォンとテ・ゴンシルのカップルに似通った部分があるなと思って見ていました。

イ・ソンジェが演じるゴヌ兄の、社長という設定、海女のヘシルを好きになったことをなかなか自覚出来ないところ、社長と海女という全く違う立場のカップルというのも似ているし、ちょっと個性的な性格設定、自分のことを黒真珠に例えるところなども主君の太陽を彷彿とさせる気がしました。

ドラマ全体としての雰囲気は全然違うのだけど、やっぱり脚本家さんの好みの設定となのかなと感じた部分でした。

あとは、ゴヌの姉役のオク・チヨンが、ごめん愛してるのウンチェのお姉さんだな~とか、ソヒョンとか、ソン・ホジュンが出てたりとかそういうのを見るのも楽しいドラマではありました。

 

きっとこのドラマは、復讐モノのドラマなどに疲れてほっと一息つきたい時などに見るのが良いと思います。済州島の景色もとても綺麗なので、その点は見どころかな!

 

幸せのレシピ ~愛言葉はメンドロントットが見れるのは・・・



 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す