【韓国ドラマ】ヴァンパイア検事 の感想 ヨン・ジョンフン演じるミン検事の大人の色気にクラっと来る!

ヴァンパイア検事見ちゃいました。ヨン・ジョンフン演じるミン検事の隠しきれないセクシーさにクラっと来ますね・・・ 特に振り返る時に何とも言えない表情なのが・・・いいんですよ。好き。いやーヴァンパイアという背徳的な存在なのに禁欲的というミン・テヨンのキャラの設定がもうたまらないんだなあ。今までヨン・ジョンフンのカッコよさが全然わからなかったのですが、このドラマを見た今となってはなんでわからなかったの私、バカバカ!って気分です。それくらいこの役にはまっていて素敵だった!は~

 

スポンサーリンク


 

ヨン・ジョンフンは金よ出てこいコンコンで見たときは、まあ人が好さそうな感じかな・・・でも海外から帰ってきたらピアスとかしてますぜ急に変わったけどどうしたの・・・って感じの印象程度で、仮面の時は悪い男を演じようとして目をひんむいたりしてちょっと芝居がかり過ぎかなあ・・・みたいな印象でした。

そんな感じだったので、このドラマは私好みのことが多いOCNのドラマだけど、まあいつか見たらいいかと後回しになっておりました。ですが、先日気が向いてちょっと見てみたら面白いではないですか!わー

ヴァンパイアが主人公だから血もたくさん出てくるのだけど、映像美を優先しているためかそこまで生々しくなくてスタイリッシュ。そして画面の切り替わりがあっさり目なのでそこが映画っぽくて好み。この感じはやっぱりOCNのドラマだからかなあ・・・

韓国では、ヴァンパイアが登場するドラマがとにかく多い気がするけど、このドラマでの設定はしっかりしているのがストーリーにも人物像にも効いてるなあ・・・
ちなみにこのドラマでのヴァンパイアは日中も活動できる様子(まあそうじゃなきゃ検事なんてできないか)、そして死んだ人間が流した血を見るとその血が流された過程が見えると、死んだ人の血を飲むとその人が死に際に見たものが見えるという能力があるという設定です。

血を飲んだ時に見える風景の映像が何よりもスタイリッシュだし、死に際の痛みを伴うと分かっているのに犯人逮捕のために血を飲んで苦しむミン検事の姿に嗜虐心を刺激されずにはいられません!!!!流した血を逆回転で見せる映像も良いですしね。

しかし、かっちりしたスーツを着てるのに、ミン・テヨン役のヨン・ジョンフンから色気が匂い立つように思えるのは、ヴァンパイアだと思って見ているからなのでしょうか。どやーってはだけてるような服装よりもこういった禁欲的な服装の方がずっとセクシーに見えちゃいますね。あ、ただの私の好みかもしれません・・・

ユ・ジョンイン役のイ・ヨンアは私にとっては可もなく不可もなくかな・・・ ちょっと顔をゆがめるような演技が多かったことがあんまり。でもミン・テヨンとユ・ジョンインの間にある触れたいのに触れられないような距離感は最高に好みだったのです。ジョンインの肩に頭を預けてぐったりしているミン検事の手を握ろうと伸ばした手を結局何もできずに戻すシーンがめちゃめちゃ好きです。もだえる。

ファン刑事役のイ・ウォンジョンは安定の演技だし、チェ・ドンマン役のキム・ジュヨンも緊迫したところが多いドラマでの箸休め的な役割をしっかりになっていて良かったな。しかしそんな仕事にも契約社員がいるのかなってちょっと不思議。そんなものなのかしら?

 

その他にも色んなドラマで見たことのある俳優さんがいっぱい。本当にいっぱい出てました。

チャン・ヨンナムは弁護士役なんてちょっと珍しいかも?

そして、あ!ストロベリーフィールズだ!と反応してしまたったチョン・ウィチョル。モンスターで出てましたね。

そうだ、こういう下から撮影している映像も多かったんですよね。そういうのもちょっと興味深かった。

少し残念といえば、部長検事がチャン・ヒョンソンという配役のせいで、初めからこの人が・・・なのかな、と予想がついてしまうところかな。最初からそうなんじゃないかなーと思ってたんですけど、予想通り過ぎた。もしかして、チェ・ドンマンが・・・とかだったら意外性があって面白いのにな、と思ってたんですが、そこまで入り組んだ展開ではなく順当でした。

とはいっても、「ヴァンパイア」と「検事」というどう考えてもミスマッチに思えるそれぞれの存在をストイックなミン・テヨンという人物像で融合して魅力的なキャラクターを作り上げているのは見事です。そして見ているうちにヴァンパイア検事というタイトルが彼だけをさしているわけではないということに気づかされて、はっとするのですよね。ミン検事のストーリーと個々の事件の比重もバランスが良いし、非常に満足度のある面白いドラマでした!これは絶対に2も見なくちゃですな!

 

ヴァンパイア検事が見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す