【韓国映画】彼女を信じないでください の感想 嘘に巻き込まれていく二人が絶妙なのです!

この『彼女を信じないでください』は、カン・ドンウォンが出てるから見てみよう~くらいの軽い気持ちで見たらすごく良かった映画でした。
大きな事件が起きるわけでも無いのだけど、何気ない日常の中の人々や家族の姿がとても美しく描き出されています。

 

スポンサーリンク

 

ストーリーは、詐欺罪で捕まったキム・ハヌル演じるヨンジュが釈放になって姉の結婚式に向かう電車の中でカン・ドンウォン演じるヒチョル向かいに座ることになるんです。ヒチョルが大事な指輪を居眠りしているヨンジュの足の下に落とし、拾おうとして痴漢に間違われるというところから始まります。指輪は一応ヒチョルの手元に戻るものの、今度は彼のポケットからスリに指輪をすられたのに気づいたヨンジュが下車してスリから取り戻すものの、電車は発車してしまい、カバンが置き去りに。カバンを取り戻しにヒチョルの住むヨンガンに向かうのですが、仮釈放中のヨンジュは指輪を盗んだと思われたら困るので自分が彼の婚約者だとついた嘘がどんどん大きくなってしまい、彼女は家族全員からヨンジュの婚約相手と誤解されることに・・・と言った感じ。

本物の恋人に釜山にプロポーズに行ったのに呼び戻され、真実を言っているのに家族に信じてもらえなくてにっちもさっちもいかなくなるヒチョル。
カン・ドンウォンはどんな役を演じてもその役柄の人に見えるなあ。
田舎の素朴な青年にしか見えませんでした。困り果てる姿がおもしろおかしいです。

そしてビックリしたのはキム・ハヌルでした。彼女が演じたヨンジュは詐欺をして捕まっているくらいですから嘘つきの達人なんですが、その演技がすごく上手。
考えてみたら、私がキム・ハヌルの演技を見たのは紳士の品格でのみ。あのドラマでは私には演技がうまいのやらどうなのか分からなかったのですが、この映画では凄いと思いました。派手な喜怒哀楽があるストーリーではないだけに余計にそう思いました。嘘をついていてもどこかちょっとキュートで優しい。いつの間にか彼女の気持ちに寄り添ってしまう感じ。

2004年の映画なので、ちょっと古い感じの映像や、ヨンガンの美しい風景や大家族の姿も郷愁を誘います。最後のハッピーエンドも美しくまとめられていて、見て良かったなあと思える映画でした。良かったなあという気持ちがじわ~と染み渡る感じです!

 

彼女を信じないでくださいが見れるのは・・・


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す