【韓国映画】10人の泥棒たち の感想 豪華なキャストとアクションであっという間の1時間半でした!

ドラマの感想も溜まっているのですが、Gyao!で見たかった映画がいっぱい配信されてるので、思わず見てしまう今日この頃です。配信が終わる前に紹介~

簡単にまとめると10人の泥棒がダイヤを盗む話なんですけど、韓国チームと中国チームが入り混じって盗む相手だけでなく仲間内での騙し合い、そしてロマンスなどもちゃんとちりばめられていてなかなか面白いです。アクションもあります。
惜しむらくはテレビで見るより、映画館で見たかったなということですかねー

 

スポンサーリンク

 

緻密な泥棒と言うよりはややおおざっぱでツッコミどころもあるっちゃあるんですが、私はこれくらいの方が好き。香港映画で鍛えられてきたからかもしれませんけどね。でもいい意味で風景も人間関係もちょっと雑多な感じがアジア映画って感じで良いです。豪華なキャスト陣のパワーはさすがで細かいことがどうでも良くなります。

韓国からの女優陣は、キム・ヘスク、キム・ヘス、チョン・ジヒョンで、男性陣はキム・ユンソク、イ・ジョンジェ、オ・ダルス、キム・スヒョン!みんな主役クラスですよー!たまらないな~
そして、中華圏からはサイモン・ヤム、デレク・ツァン(なんとエリック・ツァンの息子ですって)、紅一点のアンジェリカ・リーと香港映画好きをくすぐるラインナップ。

短い時間の中でもそれぞれの個性が描き出されてて面白かったです。言語も韓国語、北京語、広東語、一応日本語も出て来るし、舞台も韓国、香港、マカオとアジア~な感じが満喫できます。しかし、キム・ヘスクとサイモン・ヤムが泥棒内での役割として日本の夫婦のフリをするというくだりは、日本人から見るとその発音の日本語じゃ無理があるから!とツッコミを入れずにはおれません^^; まあそういうのもコミで楽しんでしまうのが勝ちですね。でも彼らの大人のロマンスの描き方は一見の価値がある。素敵だった。

そんな豪華なキャストの中で、やっぱり目を奪われてしまうくらい魅力的だったのはチョン・ジヒョンかな・・・
彼女は美人っていうだけじゃない魅力がありますね。コケティッシュというのでしょうか?ちょっと趣味の悪い服を難なく着こなし、ワイヤーアクションもこなす小悪魔な泥棒。男性でなくとも女性でも魅力を感じること間違いなしです。星から来たあなたのチョン・ジヒョンとキム・スヒョンカップルもちょっとだけだけど、この映画でまた見れちゃうし。

そしてどうでもいい事に気づくの大得意の私はサイモン・ヤムとオ・ダルス、デレク・ツァンの3人が話をしている時に飲んでいるビールがキリンの一番搾りだったのに気づきました。私の一番好きなビール!(←どうでもいいですねすいません)
確かマカオでの場面だったと思うんだけど、普通に流通してるんだな~とフムフムと思いました。

 

韓国の俳優さんが好きな人も香港映画が好きな人も楽しめる映画だと思います!
私はとっても好きでしたよ~ 細かいことは気にせず見るのがオススメ!
最後までどんでん返しもあって楽しめます。

 

10人の泥棒たちが見れるのは・・・

 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す