【韓国映画】君に泳げ の感想 可もなく不可もないスポーツ青春ものって感じかな・・・

いつか見なきゃ~と思っていた映画の「君に泳げ」を見ました。
今をときめくと言っていいであろうイ・ジョンソクとソ・イングクがメインキャストですし、個人的に私は学生時代に水泳部だったので、水泳シーンも楽しみにしていたんですよ!arenaの水着が懐かしい~

そして、この部分は私は別に楽しみにしていなかったけど、水泳だから当たり前のように上半身が出てるシーンも多かったです。高校生という設定だし、水泳選手なのにあんまり分厚い体型だったらぽくなくて嫌だなあと思っていましたが、イ・ジョンソクは細身がいい感じに水泳選手らしいかんじで、ソ・イングクの厚みもギリギリ水泳選手でいけるかな・・・と思いました。

ムッキムキだと水の抵抗を受けてしまうのと、筋肉過ぎると重すぎて良くないんだろうな。個人的には分厚いよりも薄めの筋肉がついている方が好きなんですけど、それも水泳をしてた影響なのかもなあ、とそんなことを思ったり。ストーリーに関係ないことばっかり考えて見てた・・・

 

スポンサーリンク

 

お話の内容は、青春ものですね。
努力型の水泳エリートのウサン(イ・ジョンソク)と、天才型だけど訳アリのウォニル(ソ・イングク)の二人が水泳と恋のライバルっていう、ん?ちょっとこれありがちな設定ですよねーと思いつつ。

素の彼らを知っている訳ではないけど、ドラマで見るイメージのままのキャスティングです。意外性はないかな?

ソ・イングク演じるウォニルは、ナイショの恋していいですかの時とイメージがかぶる。高校生らしい無邪気な感じ。

イ・ジョンソク演じるウサンは、国家代表に選ばれるスポーツエリートなところがWの時と同じ。

水泳の演技はきっとすごい特訓したんじゃないかなと思うんですが、飛び込みもターンとかもキレイだし、泳ぎもなかなか見応えがありましたよー!
かなり力を入れて水泳シーンはキレイに撮ろうとしているのが分かってその点は大満足でした。まあ国家代表レベルなのかは分かんないけど、十分です。良かった。

だがしかし、ヒロイン役のユリちゃんがちょっといまいちだったなあと思いました。
まあ、水泳のエピソードが中心で、愛というよりは淡い恋って感じなので、恋愛部分は丁寧に描かれている訳では無いので仕方ないし、演技がどうこうって訳ではないんです。ただ、彼女はバンドでギターボーカルを担当していて、プロを目指しているという設定。それなのにギターがね・・・ 実際に弾いて音を出すわけで無いのは分かるけど、それにしてもせめてもうちょっと弾いてるように見えるくらいには練習するべきだったんではないだろうか?水泳シーンがちゃんとしてただけに比べるとおいおいとツッコミを入れてしまいました。

細かいことを言うと、少人数のオーディションシーンでは、ジョンウンはギターを持たずにステージに上がって歌っていたのに、ギターの音がした。(ちなみに彼女のバンドはギターボーカルとベースとドラムの3人構成)なんでだ。
そして、今度はお客さんもいっぱい入ってるオーディション番組みたいなシーンでは、ジョンウンはギターを弾きながら歌っていたけど、ほとんど弾いてなくて、でも弾いてない時にもギターの音がすると思ってめっちゃ観察してたら、サポートギターみたいな男の人もステージにいて、その人が弾いてる設定!オーディションでサポートギターとかどういうこと!?もうキャスティングする時から4人構成のバンドにしたら良かったのに・・・と思ったのでした。多分こんなこと気にしているのは私だけでしょう~~ああ~どうでもいい~でも気になるんや~

あ、なんだか映画の内容に関係ない事ばかり書いてて申し訳ない気分に^^;

あ、そうそう水泳部員でユン・ギュンサンも出てるのを発見しました!
そのままユン・ギュンサンって役名でしたよ~ ほんとにちょい役って感じだったけど、イ・ジョンソクとユン・ギュンサンはピノキオの前から共演してたんですね~

 

まあいろいろ気になることはありましたが、軽い気持ちで見れる青春映画です。
好みの俳優さんが出てて興味がある人にはいいかと思います。

 

君に泳げが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】君を愛した時間~ワタシとカレの恋愛白書 の感想 途中でかなりイライラしましたがなんとか完走しました!

kimiwo

やったー!!!
やっと見終わりましたよ!

・・・というくらい、どうも先に進めなくて停滞しておりました。このドラマ。
実は途中で違うドラマに浮気をしたりもしておりましたがw
ユン・ギュンサンを見たさになんとか頑張って最後まで完走しました!パチパチ

こんなこと言ってるのをヒョ~~とか思いながら見た!

kimiwoyun

しかし、結局、3年前に結婚寸前だったのに、突然消えた原因はなんだったのか最後まで分からず・・・
心臓を押さえてる場面があったから突然手術のために外国に行ったのか!?
という定番の展開なんじゃないかという予想は当たらなかったのですが、
だからと言ってあやふやなままじゃ余計にムズムズしますね。うむむ

チャ・ソフが事務所の社長の妨害で婚約式には間に合わなかったものの、
遅れて行ったらチェ・ウォンの胸で泣いてるオ・ハナを見たから、
そのまま姿を見せずに消えた・・・というのは理由として弱いなあ。

登場するキャラクター全ての人が良い人っていう設定だったせいか、
誰も印象に残らず、色々な出来事について理由づけがうまくできなくて、
全てが曖昧になってしまったのかも。

チャ・ソフもピアニストで自信家だけど、まあ結局のところ良い人って感じなので、
いっそめっちゃ悪い男とかにしちゃえば良かったのになあって思う。
ユン・ギュンサンはピアニスト単体としてはとても雰囲気が良かったし、
表情もとても魅力的で良いと思ったけど、このドラマが狙う役どころという点では物足りないよね。
でも、彼の演技のせいというよりは、脚本の問題かなあ・・・
めりはりに欠けるので、イライラしながら見ていたもの。

でも、そういえばユン・ギュンサンは、とうとう主役をやることになったんですよね!
「逆賊ホン・ギルドン」でホン・ギルドン役を演じるらしいので、とても楽しみです。
このドラマでは彼を見てるのが一番面白かったので、凄い観察してたんですが、
彼の魅力はスタイルの良さと三白眼だなって思いました。
ソフトな微笑みで良い人の役も出来るし、
悪い人やサイコパスの役も出来そうでそういうところが惹かれるのかもしれない!
ともかくこれからが楽しみですよ~ 大注目!




ところで、主役の二人はどうだったんや~い!?


と突っ込まれそうなくらい、ユン・ギュンサンのことしか書いていないですが、
いや、二人とも安定の演技力が幸い?災い?して、なんでしょうかこう熟年夫婦感が凄くて、ドキドキしないんですよね・・・

まあ、どうせこの二人が最後はうまくいくんだろうな~とは思って見ていましたが、
いっそ、今まで過ごしてきた時間の積み重ねが一番大事じゃないんだ
これからが大切なんだみたいな感じで、オ・ハナがチャ・ソフと最終的に結ばれるっていうシナリオにしちゃった方が面白いんじゃないだろうかと思ってしまった。

実際に、14話の最後でオ・ハナがパリに行くチェ・ウォンを引き留めるために空港に行った時に、笛のペンダントを鳴らして彼を呼んだ時に私の心のゲージが振り切れた・・・
その後、愛を確認し合ってキスをした二人を見て、更に振り切れた・・・
良い方へじゃなくて、なんだかちょっと「なんじゃこりゃ」感が湧き上がってしまいまして、

お~い!!!!

って思いました。
ちなみに主役の二人は嫌いな役者さんじゃないんですけどね。
でも、ハ・ジウォンはどうも一人で立てる女って感じの強さを醸し出してしまうのかなあ・・・
なにかしっくりこないところがありました。

でも、「キレイなお姉さんは好きですか?」ってCMにぴったりな綺麗なお姉さんだなあって思ってました。うん、お姉さまって呼びたくなる感じがあります。

でも、二人の結婚式のシーンは素敵で、ここは良かったです。
ああいうのいいな!派手な結婚式よりずっと素敵!
あと、オ・ハナの家族も可愛くて好きでした。特にお母さん!キュート!

 

流れてた歌は結構良くて、メロディーが好きだったのはコレ!

こういう歌とか登場人物とかのドラマ自体に流れる空気感は嫌いでは無かったのだけど、でも夢中にさせてくれるような要素も無く・・・だったのです。

出演者に好きな俳優さんがいる場合はいいかなと思うのですが、
ドラマとしてはちょっと物足りないかなって感じでした!

 

君を愛した時間が見れるのは・・・

  

【韓国ドラマ】君を愛した時間 6話まで ハ・ジウォンとイ・ジヌクの学生服に、え!と思ったけど見慣れて来た

君を愛した時間を見始めました!今のところ、6話まで。
ちなみに見始めた目的は、ユン・ギュンサンです。
出てるの全然知らなかったんですが、すでにもう主役級のところで、
沢山活躍してるんですよね~

とはいえ、初めのうちはなかなか出て来ません。
ハ・ジウォンの元彼の彼が出て来る前に、エルくんが年下のインターン役で、
彼女との間に色々あるというワンクッションがあります。
そして、エル君は突然出てこなくなったわ~w

1話と2話辺りは、ハ・ジウォンとイ・ジヌクの付き合いの長さを表すために出て来る
高校生時代の回想シーンにビックリしてこれは最後まで見れないんではないか・・・と
心配になったんです。
だって、高校時代も彼らがそのまま演じてるので、
ハ・ジウォンとイ・ジヌクの学生服姿にどうなんだい?と思ってたんですけど、
あんまりにも度々出て来るので、見慣れて来て大丈夫になって来ました。
演技自体はうまいし、メガネとかの小道具が効いてるので、
変に全然似ていない子役的な役者さんが演じるよりは違和感が無くていいかなって。

そして、きっとお互いに大切な関係なのだけど、
恋人にはなれない感じがキュンとしていいです。
ちょっとこの感覚分かる気がする。ちょっとですけど。
でも細やかな演技が、二人の微妙な感じに浸らせてくれる。

そして、出てきましたユン・ギュンサン!
どうやらハ・ジウォンの元カレ役で、結婚寸前だったのに突然消えたみたい?
それでかなりハ・ジウォンは傷ついた様子。
そして甘いマスクピアニストでやや悪い男の役なんですよ。

だって飛行機の中で、トイレに入って来て、二人になりたいから、
もう少しここでいようとか言っちゃうんだよ!

kimiwo-3

kimiwo-2

kimiwo-1

おいおいって感じなんだけど、うっかり夢中になっちゃうような男ですよね・・・
でも自分の乗ってる飛行機でこんなカップルいたらぶん殴りたくなりますけどね!苦笑

そこはドラマなんで!!!!

でも、突然消えた理由が心臓の手術で・・・とかいうんじゃないかと今から心配。
だって心臓を押さえてるシーンがあったんだもん。
その消え方、もう見飽きたので違ったらいいなあと思いつつ。

 

スポンサーリンク

 

それにしても、ハ・ジウォンとイ・ジヌクというベテランに対しユン・ギュンサンでは役不足なのではないかと、そんな心配をして見始めたんですが、その点は全然渡り合ってて、なかなか度胸のいい役者さんだなと思いました!

存在感はてんで負けていないし、ちょっと秘密めいた雰囲気もピアニストの役に合ってて良いです。
活躍の理由が分かるなあ~!

続きがどうなるのか楽しみです。
なんとなく、話の筋は分かるような気がするのですが、3人の演技に期待したいと思います。

 

 

君を愛した時間が見れるのは・・・

 

  

【韓国ドラマ】シンイ-信義- の感想 寡黙な役を演じるイ・ミンホの眼差しに心奪われる・・・!

shini

正直なところ、このドラマを見るまでイ・ミンホを素敵だと思わなかったんです。
花より男子で見たけど、まあドラマがあまり好きなタイプではなかったせいもあるかと思いますが、背も高いけど、顔が大きくて派手だな~と思っちゃって。
それともあの髪型が原因だったのか・・・?ま、それもありそうですね。

でも、このシンイでのチェ・ヨンは寡黙な役で、とてもとてもイ・ミンホが素敵に見えます。顔の派手さも時代劇だと似合うんだなあ~
ほら、暴れん坊将軍の松平健も、なんだかこう将軍様役が似合うじゃないですか?
でも現在劇はいまいち・・・みたいなね。そういう感覚なのかなとか。

お話の内容については、タイムスリップもので、女性が過去に行ってしまうというパターン。イニョン王妃や、屋根部屋のプリンスは男性が現在に来ちゃうパターンだから、
ちょっと違う形にしようとしたのかな?

しかし、過去の場面がメインになっちゃうから、きっと撮影は大変だったんだろうな~なんて思います。




このドラマで好きな部分は、現在のソウルで美容整形外科医のユ・ウンス役のキム・ヒソンが、過去に行ってだんだんとチェ・ヨンを愛するようになっていく過程です。

現在社会では、どうしても自分のことや思いを言葉にして主張しないと負けてしまうような、そんなところで生活していた彼女が、最初は高麗に来てしまっても、言いたいことを必死で言ってはっきり言ってうるさいようなキャラ設定なんです。
けれど、すぐには帰ることが出来ないこと、そして周りの状況を理解するにつれ、少しずつ運命を受け入れていって、静かになっていくのが好き。

こういうギャップを作るためにわざわざ最初の彼女を騒がしいくらいの女性に設定したのかしらとさえ思う。
もの静かなチェ・ヨンとのミスマッチさを出したかったんだろうと思うんですが、
少しずつお互いを受け入れていくのを丁寧に描かれてるのは本当に素敵だなあって。
言葉にするだけじゃない、抱きしめるだけじゃない愛情表現がとても素敵に表されてて、そういう部分がこのドラマの好きなところ!ふと相手に対して向けるまなざしが!良い!

物語の流れとかストーリーは、特別感動的!ってことは無いのかなとは思うのですが、大げさではない愛情の表現が好きな人には良いんじゃないかな?
物足りない!って人もいるかとは思うんですが、『言葉にせずとも思っている』みたいなのが好きだとたまりません。

と、ここまで書いてて思いましたが、私は多分こういう風に、誰かを静かに一途に守ろうとする男が出て来るドラマが好きなのかもしれない!!!!
君の声が聞こえるを好きな理由も年下男子と年上女子という組み合わせのせいではなく、イ・ジョンソクがイ・ボヨンを一途に守ろうとするから好きなんだ・・・きっと!おおおお!

 

さて、話をシンイに戻すと、脇役陣もなかなか魅力的ですよね!
高麗の医者役のイ・フィリップもとても素敵だし、なんだろうあの知的な感じ。とても良い。

悪役の徳成府院君のユ・オソンもとても印象的で、いいよ!
ちょっと憎めないところがあるんだなあ・・・
今、見ているスパイでも出て来たけど、やっぱり一癖ある役が似合います。

あと、シン・ウンジョンが火功の使い手で悪の一味の一人だったんだけど、
ミセン~未生~のソン次長だったんですね!
全然同じ人に見えないので、驚いたんですよ!

そして、恭愍王役のリュ・ドクファンも良かったんだよね。
困難な状況の中でも奥様の公主のパク・セヨンといたわり、愛し合う様子もとても素敵でした。

それからそれからなんと言っても近衛兵たちも注目ポイントでした!
こういうところからカッコイイ人見つけるの得意なので、見たときから、やっぱりユン・ギュンサンに目をつけていたんですよね。
そしたら、思っていたよりもどんどん活躍してますね!
特にピノキオでのイ・ジョンソクとの兄弟役はすごい良かったので、これからも気になる存在です。ちょっと影のある印象が魅力的な気がします。

 

実は最後の方の現在と過去を行きかう際の細かい時代設定とかはよく分からない~って思ってるところもあるんですけど、最終的には二人が会えて良かったなあって。
なんだかそれで満足してしまいました。
ありきたりと言えばそうなのかもしれないけど、
チェ・ヨンとユ・ウンスが信頼し合う感情が丁寧に描かれているので、
その空気感だけでもとても好きなドラマです!

 

シンイ-信義-が見れるのは・・・



 

【韓国ドラマ】ピノキオ の感想 『君の声が聞こえる』の脚本家と演出家のドラマ!

pinokio

君の声が聞こえるがとてもとてもとても良かったので、
見るのを楽しみにしていたドラマです。

なにせ、脚本がパク・ヘリョンと演出がチョ・スウォンで、
『君の声が聞こえる』と同じ組み合わせなので、期待しちゃいますよね!

でも、残念ながら『君の声が聞こえる』とは似てる部分もありますが、
でも比較すると正直物足りないというか、息苦しい気がします。



ピノキオ症候群という嘘をつくとしゃっくりが止まらなくなるという架空の病気という設定があるのは、『君の声が聞こえる』であった目を見れば思ってることが分かってしまうという設定にも通じるところがあります。

その架空の設定の要素が、君の声が聞こえるであれば、裁判の場面かつ年齢差がある恋愛の場面、同じくピノキオでは、報道の場面、障害のある恋愛の場面で効いています。

ドラマだからこそそういう架空の設定で、現実に対して新しい視点を与えてくれるのは、
興味深く、とても面白いと思います。

でも、中心となる登場人物の実力がかなり違いあったかもしれません。
君の声が聞こえるは、本当に4人の設定も演技も素晴らしかったので、
ドラマの深みがますます深まることになりましたが、
ピノキオはあくまでもイ・ジョンソクとパク・シネの物語に見えちゃいます。

イ・ユビはあんまり記憶に残っていない気がするし、
キム・ヨングァンは、悪くは無かったけれど、それでもまだ何か足りない感じ。
パク・シネを好きな理由があんまり腑に落ちなかったりして。
母親役のキム・ヘスクは期待を裏切らないまさに怪演って感じでしたけども・・・!

でも、イ・ユビもキム・ヨングァンもこれから楽しみな役者さんって感じはしました!
そして、キム・ヨングァンはお嬢様をお願い!の執事役だったのを覚えてるので、その時からちょっと気になる存在でした。
それから、イ・ジョンソクのお兄さん役のユン・ギュンサンも信義の近衛隊役の時から気になってたから、やっぱりキターって感じです!
このドラマでもなかなかいい味を出してましたよね。
ユン・ギュンサンとイ・ジョンソクの背の高さがいい感じで、本当の兄弟みたい!

それにしても今までも脇役の人で印象に残った人は必ず人気が出て来る気がするんで、
なかなかいいレーダーがあるんじゃないだろうか、私。
まあただ、カッコイイ人をよく見てるだけかもしれない・・・w あわわ

あとはパクシネのお母さん役のチン・ギョンがかなり好きな女優さんなんですが、
ここではかなりキツイキャスター役。
これも本当に完璧に演じていて、いつも全く違うキャラを完璧に演じているのには惚れ惚れします。
色々なドラマに出てらっしゃますが、出てるのを見ると今回はどんな役かな~ってとても楽しみです。

パク・シネとイ・ジョンソクのカップルはとてもキレイで、
キスシーンもかなりこだわって撮ったのが分かりますが、
実はいまいち、うわ~いいなとは思わなかったんですよね。
パク・シネちゃんの惑わす感じの瞳がなんだかこのドラマでは邪魔になったかも・・・
とても可愛いんだけどね~ う~ん

『報道』についての問題を取り扱うという点では、伝えたいことが明確ではあったのですが、
問題提起はしたものの、登場人物の個別の問題を絡めすぎてたのかな・・・
ダルポの兄の件など、最終的に消化不良の感じがあったのも事実です。

もう一回見たいと思うほどではないのが残念なんですが、
でもこういう伝えたいことがはっきりしているドラマ自体は良いなと思います。
興味深いドラマではありますので、一度見てみるのはオススメです!

 

ピノキオが見れるのは・・・