【韓国ドラマ】家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~ の感想 毎日を悔いなく生きたいなと思った!

「家族なのにどうして」を全話見終わりました!全72話なのでわたし頑張ったわ~!と言ってあげたい気分です。ですが、韓国のファミリードラマでありがちな格差結婚で結婚相手を激しく罵る姑が出てこなかったので、そういう聞いているだけで嫌な気分になるシーンがなかったので楽しく見れました。あってもちょっと意地悪な人がいるくらいのあったかいファミリードラマです。死期がわかるような病気の場合は、「どう死ぬか」ということもその人の「生き方」の中に含まれてくるんだなあ、なんてことを思ったり。

 

スポンサーリンク


 

長い話数、そしてファミリードラマというジャンルは基本的には避けて通っている私ですが、このドラマは好きなヒョンシクが出てるし、ついでにソ・ガンジュンも出てるのでまずは軽い気持ちで見始めたんですが、父、姉、兄、弟+父の妹、その娘、その娘婿という2家族がひとつ屋根の下に住んでるもんで(そしてもう一人居候が増えるし)そりゃ事件に事欠かないわけです。なので起こる事件に振り回されてドタバタしている彼らの様子を見てたら意外とあっという間に見終わった感じ。まあ1話が45分くらいでちょっと短めなのも良かったのかな・・・

このチャ・スンボンパパはやもめで子ども達を甘やかして育てたもので、子ども達はパパのことを邪険にして仕事が忙しいからと自分のことばっかりなんですよね。そんな中、パパが末期ガンで余命3か月の宣告を受けるんですが、パパは子供たちには最後まで笑っていてほしいとの思いから家族に内緒にするんです。でも、好き放題の子ども達をなんとかしないと安心して死ねない・・・という親心で考え出したのは、親不孝訴訟!本気で20歳以降にかかった返還して欲しい訳ではないけど、心を入れ替えさせるために荒療治を行う、というようなストーリー。

親不孝訴訟ってすごいな・・・と思ったけど、確かに親ってずっといてくれるものだと思いがちなのですよね。そしてその存在の大きさに気づいた時にはすでに遅いなんてことに。わが身を振り返って親孝行しないと・・・なんて反省しました。

 

キャスティングもとってもいい感じで、それぞれ癖が強いけど、みんな好きでした。

末っ子のチャ・ダルボン役のヒョンシクもマンネの頼りない感がすごい出てたし、無職でフラフラしているのも合ってた。しかし、悪い仲間もいて、キレやすくてすぐに喧嘩をしちゃう、その上強くて勝っちゃう感じには見えなかったな。どう見ても喧嘩は弱そうだった!笑

カン・ソウル役のナム・ジヒョンは田舎娘の役似合い過ぎ!こういう役がしっくりきますねえ。これを見て、あやしいパートナーの弁護士役がイマイチだったことに妙に納得してしまったり。弁護士という感じではなかったもんな。

でもこのドラマでの二人はとってもお似合いでほっこり。好きなカップルでした。

ユン・ウノ役のソ・ガンジュンはダルボンとライバルで親友。元アイドルっていう設定がぴったりで、なんだかキラキラしてたなあ。瞳が印象的だなあと改めて思いました。親の再婚で兄弟になったテジュと最終的には意外といい関係になっていたのが良かったんですよね。

そして一番好きだったのはガンシム&テジュのカップル。というかムン常務が大好きでした!体いっぱいで変わり者のムン常務を演じてたキム・サンギョンが最高!
きっと他のドラマではこんなコミカルな役柄を演じてはいないのでは・・・と思うので、そういう役の時の演技はどうなのか気になります。

このドラマの中で一番いやだなあと思っていたのは、ガンシムのいとこのヨンソルが1億2千万ウォンもギャンブルですってしまうんだけど、全然悪びれないところ。それを許してあげる心の広さは私にはないわあ・・・と思って見てました。ムリ。

心に残ったのは2か所あって、ダルボンのお父さんの豆腐屋を継ぎたいというのをパパは頑なにダメだ!!!!!という言い争いをするところ。ダルボンの「父のようになりたい」というセリフは心に残りました。日本だったら、一人が医者になったらもう一人は家を継ぐ・・・というのはまあよくあることに思えるけれど、韓国はもっと学歴社会で老舗なんてないらしいので、子どもには良い教育を与えて良い職業に就かせるということが自分の跡を継いでもらうことよりも一般的なのかもな・・・と思ったのでした。

もう一つはパパの妹のスングムがいつも塩辛い料理を作っていたから、私のせいで兄が病気になったんだ・・・と自分を責めるところ。悲しみがとても深くて見ているのが辛くなってしまったのでした。

 

他愛もない毎日がとても愛おしくなって、そんな日常を大切にしたいと思うようなそんなドラマでした。優しい人生賛歌みたいに感じました!

 

家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~が見れるのは・・・


↓表紙にパパがいないの違和感あるなあ・・・
    

【韓国ドラマ】シリウス の感想 ヒョンシクとソ・ジュニョンのそれぞれの一人二役は良かったです。

ずっと前から見たいと思っていたシリウスを視聴終了しました!全4話ですが、少しずつ双子の置かれた状況が明かされていくところや、1話ごとにまず高校時代の話、そして現在の話というパターンで話が進んでいくところは面白かったです。

 

スポンサーリンク


 

シリウスというタイトルも良く考えられていて、シリウスという恒星にはAとBがあって、Aが数倍大きく、Bは非常に小さいのです。その状態をドラマに出て来る双子のト・ウンチャンとト・シヌの関係になぞらえているのですねー。

まあヒョンシクが出ているドラマということで知ったので見たいなあと思っていたのですけど、ドラマ自体も結構見応えがあったなあと思います。
ただし、こういう10代後半と20代で同じ役を違う役者さんが演じるとなかなか同じ役の人であるとリンクさせてみることが難しいな・・・と思ってしまいます。今回は高校生を演じたヒョンシクが1991年生まれ、20代を演じたソ・ジュニョンが1987年生まれと4歳くらいしか離れていないので尚更です。全然雰囲気が似ていないという姿形が違うのは意外となんとか乗り越えられるのですが、例えば口調、仕草などが違い過ぎるとあれあれ?ってなってしまいます・・・ このドラマは特に双子を一人二役で演じてるから余計にややこしい。

そこはちょっと残念なところなのですが、ヒョンシクの双子の演じ分け、ソ・ジュニョンの双子の演じ分けはそれぞれはすごく良かったんです。だから余計にもったいない気がして、同じ役者さんが高校時代も20代も演じた方が良かったんじゃないかなと思うのでした。ちなみにソ・ジュニョンは童顔だと思うので、高校生も行けたと思うんだけどな。魔王でカン・オスの高校時代を演じてたイメージが残ってるし・・・まあこのドラマはその頃よりずいぶん後ですが。

双子の二人の複雑な関係性や感情をしっかり描いていたので、4話とはいえ見応えがありました。普通の長さのドラマとしてじっくり描くのも面白そうなモチーフだな~と思いつつ、まあそうなると主役の役者さんが大変かな・・・ 陽気な内容ならいいけど、こういうシリアスな内容だとそれを二役分抱えると悩んじゃいそうだ。

あ、リュ・スンスがめっちゃ悪い麻薬密売人で出てたんですが、芝居がかり過ぎてちょっと本人が演じるのを楽しんでる感がありました。そして強力班のチーム長役のシン・ジョングンはここでもいい味を出してました。ちょっとコミカルも真面目な役もいるだけで安心感。チェ・マダム役のパン・ウニは上流社会で愛人役で出てましたね。そういうの似合うんだなあ。ここでもヒールで男の顔を踏みつけててなんかすごかった・・・ 韓国ドラマではよく○○マダムって呼ばれてる裏社会の女ボスみたいなのが出て来るけど、日本でいうならどのポジションなのかなと気になってたりします。当てはまる日本語がないかな・・・?

 

母が双子の二人を同じようには愛することが出来なかったことから、双子の悲劇が始まるのが悲しい。人間の感情って難しいなあと思ったのでした。全体的に薄暗い雰囲気のある映像も美しく、最後には救いがあったと受け止められる終わり方だったので良かったかな・・・

 

 

シリウスが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】上流社会 の感想 なんだか色々すっきりしない気分のまま終わってしまった・・・

上流社会の視聴を終了しました!なんてこのドラマの感想を書いておりますが、実はその前に見終わった4作品分の感想がたまっております・・・^^;
でもまあ私的にはどうもピンと来なかったこのドラマ・・・先にその思いの丈を吐きだしたい気分であります。

 

スポンサーリンク


 

そしてこのドラマで気づいたんですが、私はユイを好きでも嫌いでもない女優さんだと思っていたのに、どうやら彼女が主役のドラマを無意識に避けていたようなのです。好きなヒョンシクが出ているこのドラマもイ・ソジンが出ているから気になっている結婚契約も見たいと思いながら、なんとなく避けてたんですよね・・・ どうやらユイちゃんが苦手なのかもしれませんなー 意識にのぼらなくてもこんなことってあるんだなあと思ったのです。美男ですねの彼女は印象に残ってないので、烏鵲橋の兄弟たちの印象があまり良くないままなのかな・・・自分でもよく分からないんですけど。

なんていうドラマの内容に関係のない私の個人的な印象はどうでも良いのですが、「上流社会」というタイトルがまずあんまり内容に合っていない気分です。上流社会についてというよりは、庶民と財閥のクロスオーバーについて描かれているし、上流社会からの視点ではなく俯瞰的でもあるし、格差社会とか格差恋愛とかなんかそんな感じが合うような。

そして、二組のカップルについては最後どうなるかの結果が描かれてはいたけれど、ユナの家族のことがかなり中途半端で、ユナの姉と兄の後継者争いはあんな失踪事件まで起こした割には、俺は長男だから最初から俺の勝ちだみたいな台詞で終わってたのにはビックリですよ・・・え、今までのエピソードは何を表現したいがために入れたんだろうか?と。しかし、お姉さんを演じてた方、化粧のせいもあると思うけど、怖そう過ぎたな~ 離婚したものの子どももいた設定だけど、まったく出てこないし、とってつけたような家族たちだった。

そういう色々がリアリティーを感じさせなかったのでしょうか?私にとってですけども。ユナがチーム長だっていうのに部下と仕事するシーンなんて一度もないとことかね。

あと、ユナとジュンギ、ジイとチャンスのどっちのカップルにも魅力を感じなかったんですよね。ユナとジュンギのセリフは現実と夢がお互いに逆ということを表す台詞なんかはあって考えられてるなと思う部分もあったのですけど、全体的にふーんという気持ちで見てた。まあ一番の原因は最初の頃、ジュンギが意図的に近づいたと知らない頃のユナがジュンギにゾッコンだったという設定だったのに、ユナが恋しているように全然見えなかったことかな。ジイとチャンスに関しても、ジイが良い子というのが分かるような分からないような。最後の方のジイは計算していないとしても、屁理屈をこねて勝利している謀略者に見えたゾ!特にチャンスのお母さんとのやり取り。怖い。

ユナのお母さん役のコ・ドゥシムはベテランの女優さんだけど、この役はいまいち掴めていなかったんじゃないだろうか?娘3人、息子1人で、息子だけ可愛がるというのなら分かるけど、末娘のユナだけイジメているというのがどうしてなのかあまり伝わって来なくて。占い師に言われた言葉が根拠だと言われてもなあ。見てる方もそう感じるんだから、脚本を見ても役者さんもその心情が理解できないような気もして。

・・・とまあ不満ばかりを書いてしまいましたが、ヒョンシクのチャンス役はピッタリではありました。お金持ちのボンボン役似合いますね。でも、チャラチャラしてるところより、ジュンギに裏切られたと怒っている時にこんな表情も出来るんだなと発見したのが収穫。意外と二面性のある役とかもいけそう。

あと、ジュンギの家族が良かったのです。お母さんを演じていたヤン・ヒギョンは秘密でドフンのお母さん役を見てから役柄のせいでなんとなく嫌な印象が残ってしまっていたんですけど、このドラマではお金がなくても夫婦で愛し合っている優しいお母さんを見事に演じていて、さすが役者さんだなあって思ったんですよね!すごい包容力が溢れてて良かったです。

ジュンギとチャンスがぶつかり合いながらも成長していく様子は悪くなかったし、どちらかのカップルにはまれたら楽しめたドラマだったのかなと思うのですが、私のように「それで結局このドラマは何が言いたかったのだろうか・・・?」と考えてしまう人には中途半端に見えちゃうドラマなのかもしれません~

 

 

上流社会が見れるのは・・・




 

【韓国ドラマ】力の強い女 ト・ボンスン の感想 ヒョンシクの魅力が大炸裂!

花郎でこんなにカッコ良かったっけ?と私の中で急上昇中のヒョンシク、
そしてで末っ子皇子を好演していたジスが出ているので、
怪力の女の子とか出て来るって一体どんな方向のドラマなのか想像もつかないけど、軽い気持ちで見たら・・・!

すごく楽しめました!!!!!

1話からいきなり引き込まれてあっという間に最終話まで見てしまいました。
最近、そういうドラマに出合えてなかったので、嬉しい誤算でした。




 

まず、1番の見どころはヒョンシクの魅力が大炸裂ってところだと思います。

まあ、なんというか顔だけとってもイケメンなんですけれど、
下向きに長いまつ毛を見ているだけでも、おおおってなりますけれど、
今回はそういう前から分かっている外見上の魅力だけではなくて、
なんかそれを際立たせる確信犯度がたいへんなことになっていました。
脚本家の術中にはまってしまうのがいっそ心地よい・・・!

普通の人が口から発したら聞くに堪えないと思われるような、
歯の浮くようなロマンチックな台詞をヒョンシク演じるアン・ミンヒョクが
嫌というほど、何度も!何度も言うんですよ・・・ッ!

なんだか聞いてて、ギャーとか、おおお・・・と赤面するようなそんな気持ちになって歯をギリギリしながら見てる場面が多かったです。
まるで少女漫画のセリフを聞いているような感じ。
でも、ヒョンシクの容姿と演技がなかなかマッチしていて、
細胞が活性化しそうなそんな気分になりました。

つまりとても良い!ってことです!ギャー!

そして、お相手役の怪力スーパーガール役のパク・ボヨンがこれまた超キュートです。
小さいのに力持ちっていうのを強調したいというのもあって、
小柄な女優さんを選んだというのや、服装もちょっとレトロ可愛いみたいなのとフワフワボブみたいな髪型が更に功を奏して、とにかく可愛い!

でも、私は他のドラマで彼女を見てもそこまでキュートに見えなかったので、
これはきっと役作りのうまさでもあると思います。
アン社長は最初から個性的なボンスンに夢中なのですが、それも納得の可愛さです。

背の高いヒョンシクとジスに挟まれて歩くとほんと小さくて可愛いのに、
力は一番強いし、カッコいいというギャップがいいんです。

あと、屋上で時限爆弾を体に巻き付けられて縛られている時に、
アン社長を助けたいと泣き叫ぶ演技が凄かったので、私も思わずそこで胸がいっぱいになりました。
基本的にハッピーな内容のドラマなのですが、そういうグッとくる場面もあるのがメリハリが効いてて良かったです。

考えてみたら、ロマンチック、サスペンス、コメディーなんて要素が盛りだくさんに詰まってて欲張りなドラマかも。とにかく良くできてるなあって思います。

ジスは、超まっすぐで融通が利かない警察官役で、これもなかなか良かったです。
器用じゃないところ、でも実は優しいところがの末っ子皇子にちょっと似てる役だったかな。

あとは全然ドラマとは関係ない事ですが、スポンサーなのかやたらとロイスのチョコレートが出てきます。

韓国にもお店あるんだな~なんて思って見てたけど、こんなに出て来たら食べたくなるなあって思って見てましたw

あと、脇役陣のおもしろおじさんたちがかなり豪華です。
ボンスンのお父さんは花郎でヒョンシクの護衛だったユ・ジェミョン、
アン社長の秘書はミセン~未生~でカンソラの隣の社員だったチョン・ソクホ、
暴力団?みたいなボスのペクタクはドクターキムサブの事務長だったイム・ウォニ、
ボンスンにぼこぼこにされるチンピラとゲームソフト会社のチーム長の2役は花郎でムミョンの育て親役のキム・ウォネ、
占い師役でイ・チョルミンなど。
あとはカメオ出演なのかユン・サンヒョンもちょっとだけ出て来たり。

この人たち全部ほとんどコミカルな役柄だから、ちょっとうるさいくらい。
まあベタベタなロマンチック部分とバランスを取ってる感じなのかな?
さすがに彼らのやり取りが長すぎるってシーンも無いこともないですが、まあ楽しめますw

悪役で出て来た俳優さんはチャン・ミグァンというようだけど、初めて見ました。
でも、ちょっと雰囲気が台北ラブ・ストーリーのモー・ズーイーに似たものを感じて、結構色々な役を演じられそうな人だなって思ってました。悪くない。

とってもとっても楽しめたドラマだったのですが、
好きだったのは、よくある韓国ドラマみたいに2人の仲を引き裂く親っていうのが出てこなくて、むしろボンスンのお母さんはアン会長をすっかり気に入って「いっぽーいっぽー」って言いまくってるようなところかも。

誰かが誰かをあしざまに罵るっていうところが無くて、
ラブラブな二人を見れて面白くてハッピーって感じ。
でも展開も面白いし、台詞もなかなか考えられてるし、
すごくお気に入りのドラマとなりました!

オススメ度合いがかなり高いです!

 

このドラマが見れるのは・・・

  

【韓国ドラマ】花郎(ファラン)の感想 とうとう最後まで完走!15話辺りから面白くなりました!

とうとう花郎を完走いたしました!!!!パチパチ!
まさかこんな苦戦を強いられると思わなかったよねえ。
こんなにたくさんアイドルが出ることでの前評判と自分の期待が大きすぎるのは良くないなあと思いました。

でも、このドラマは後半からやっと本筋に入って来て、やっと面白くなる感じ。
そこまで行かずに挫折する人も多いんではないかと思います。
私も危なかったもんな~
なので、途中であきらめそうになっている方は15話まで見て判断することをオススメします!(って本当の本当に後半やないか!って感じですねw)

このドラマは20話も必要ないので、16話くらいにまとめたらもっと面白かった気がします。無駄に多いシャワーシーンとかラグビーだかのシーンはカットしちゃっていいです!



 

ともかく、15話で突然私ごのみの展開が始まりました。
隣国の百済のチャン太子とパク・ソジュンとの一騎打ちで突然に高まる私!
そうこういう熱い戦いを見たかったんですよ!
ちなみにアクションシーンは見応えがあってよかったです。
それにしてもソヌは怪我をしまくりで満身創痍で大変だなあ。
まあドラマなので、すぐに元気に動き回ってるんだけども・・・

この時の「私が王だ」といって一歩前に出るパク・ソジュン演じるソヌは本当に王のような貫禄があってこの時は本当に素敵だった!

だがしかし、彼を動かすその動機があくまでも女(アロ)なので、なんだかソコがかっこよくないんですよね。なんだかなあ・・・
ほら、仁義とか友情とかそういう理由の戦いの方がカッコいいと思いません?

アラはコミカルな演技とかはまだいいけど、切なさは全く感じさせてくれないので、彼女のセリフはいいことを言ってるような気もするのに上滑りして心に入ってこなくて残念だった・・・ 最後まで苦手でした・・・
キスシーンがかなり多いのですが、全く萌えず。
もう飛ばして見る感じw 受け付けない。

むしろ、愛し方を知らないという感じの公主の方が好きでした。
自分がソヌを好きなのに、その感情がどういうものなのかさえ分からず、そしてだんだんと惹かれていることに気づいて、無表情から少し表情が出て来る感じを見るのは悪くないな、と思いました。

 

そんな中でも防弾少年団のVくんは小犬のような魅力を振りまいていて花郎の中でとってもキュート!

でも、演技もなかなか良くて、半血ゆえに冷遇されている兄に対する感情を見事に表現していました。感情移入しちゃうくらい。
この兄弟についてはちょっと涙が出そうになっちゃう。
お兄さんのタンセも良かったですよ!

最初は仲が悪かったスホとパルリュが段々と打ち解けていくのも良かったです。

パルリュとスホの妹はうまく行きそうだから、兄弟になりそう~!

あとヨウルがどこかで見たことがあるなあと思っていたら、相続者たちでいじめられて転校する高校生役の人!

チョ・ユヌっていう役者さんらしい。

花郎の服よりもこういう雅な感じのお召し物が似合いますね!

 

なんだかソヌがもてもて、民衆にも王に適しているともてはやされる中、ちょっと不憫な感じがしてくるサムメクチョンにどうしても肩入れしてしまいました。
判官びいきしちゃうタイプなんで・・・
高校野球とかも負けてる方のチームをどうしても応援してしまったりしません?笑

それにしても王様のお着物も似合う。ちょっと線の細い感じが若い王って感じでいいです。
しかし、女性一人に対し男性二人が恋するという設定の場合、やっぱりその二人の男性がタイプは違えど魅力や実力が拮抗している方が面白いなあと実感。
でも、このドラマは最初から勝負がついてる感があってそこが不満足かなあ。

このドラマはソヌをカッコよく描くことが主題だったのでしょうかねえ?
最後もソヌの選択がどうなるかに委ねられていたし、サムメクチョンももっとかっこよく描いた方がドラマ自体としては面白くなったのでは?
もちろん外見では二人ともカッコ良いので問題ないんですが、設定をもっとという感じですね。

そして恋愛部分はもっと抑えて、花郎全体をもっと主体に描いたらもっと面白かったのになー!そこんとこの友情とかのエピソードをもっと盛り込んでほしかった!
ヨウルのエピソードもほとんど無かったしなあ。

 

後半はまあ面白かったし、あまり消化不良の感じもない終わり方だったけれど、
せっかくの豪華なキャストが生かし切れていない部分がもったいなかったです。

そしてこれは私的な話なんだけど、ヒロインが好きじゃないとこんなにもドラマって楽しめないものなのか・・・と実感したドラマでもありました(^^;)
コミカルでも、余計なことばかりしてもキュートだから許しちゃうってなるようなヒロインだったら私はきっとはまったと思うので残念です・・・

ともかく!見終わってホッとしています!
ヒョンシクが素敵だったので、他のドラマも見てみようって思います~

 

 

花郎が見れるのは・・・