【韓国ドラマ】誘惑 の感想2 もしかしてホンジュの再生の物語だったのかな・・・

 

本やドラマを見ている最中は何も思わなかったのに、見終わった後に、「あれ?これはこういうことだったのかな?」と突然思いつくことがあります。

この誘惑も数日たって考えて見るとふとそんな気持ちになりました。

ドラマを見終わってすぐの時の感想は、これがメロドラマってものかあ~と思ったのです。
流れる音楽とかもなんだかそんな感じだし、
チェ・ジウとクォン・サンウの二人についてはほんとそう感じたので。
しかしこのメインの二人については実はあまり印象も残っていないな、と。




 

そして、思ったのです。このドラマは本当はパク・ハソンの演じたホンジュの死と再生、挫折と復活の物語だったのではないのかな・・・と。
死と言ったら大袈裟ですが、彼女の自殺未遂がすべての始まりだったような気がするのです。
夫の会社の借金のことが一番始めのようにも思いますが、その時点で二人が力を合わせて乗り越えようと思ったら乗り越えられただろうと思うので、そうせずにホンジュが逃げることを選んだのが始まりだと思います。

そして、チェ・ジウからクォン・サンウへの10億ウォンの仕事の話があった時にも、結局彼女は逃げてしまった。ソックンはホンジュが自殺未遂までしてしまうような状態でなければ受けなかったと思う。
だから、やっぱり彼女の選択の結果がすべてなんですよね。
だけど、ホンジュはすべてを誰かのせいにして、逃げ続ける。

そして、悪いのはあの二人だと恨んで復讐をしようとしてしまうのだけど、結局それも自分では何もできないからとカン・ミヌの力を借りて人に頼って成し遂げようとしてしまう。どんどん人を巻き込んで。

 

でも、結局、最後にはちゃんと気づくんですよね。
「人を呪わば穴二つ」ということに、人を穴に落とそうと思ったら自分も穴に落ちているということに。
この気づきの部分がきちんと描かれていたのが、良かったなと思います。
そして利用してしまったカン・ミヌに別れを告げて、とうとう自分の足でしっかり立つことを選ぶんですよね。

ホンジュは気づいたんだろうな。
本当は自分は不幸せなんかではなくて、自分がまちがったことをしても暖かく見守ってくれる父親や弟がいることに、ささやかでもそこにちゃんと光があったことに。
人は自分が見たいものしか認識することが出来ないから、それまで気づくことが出来なかった光に。
無いものばかりに気を取られて、あるものに気づいていなかったことに。

 

なんだかそんなことを考えて、なかなか見応えのある部分もあるドラマだったかなという気がしてきました。
苦しかったり、悩んでいる時、これしか方法が無いと思うときにも、本当は自分がそう思い込んでいるだけなのかもしれない、と一度息をついて広い視点を持てるようにしようと、なんだかそんなことを思ったのでした。

 

 

誘惑が見れるのは・・・



  

【韓国ドラマ】誘惑 の感想 こ、これがメロドラマか!という感じ!

考えてみたら、鉄板と思われるような韓国ドラマはほとんど見たことないんです。私。
冬のソナタとか天国の階段とか時代劇でもチャングムなど有名なのに見たことないのがいっぱいあります。まあ韓国ドラマを見始めて日が浅いだけなのかもしれませんが!

なので、チェ・ジウが出演しているドラマは今まで怪しい家政婦を数話見て挫折したくらいでほとんど見たことがありません。

でも今回この誘惑を見てみようと思ったのは、花よりおじいさんのギリシャ編での自然体のチェ・ジウが好印象でちょっと興味を持ったからです。

なので出ているドラマを何か1本くらい見てみよう~ってな具合に見始めました。
そしたら1話目が、まったく予期せぬ展開から始まってこれは最後どうなるんだろう!と思えたのでどんどん続きを見てたら最後まで視聴することが出来ました。

ドラマの内容としては、これがメロドラマかあ!となんとなく思った。

流れる音楽とか、不倫風なのに純愛とか、復讐もするよ、病気になるよみたいな。
やや盛りだくさんだな~という印象もありつつ、最後はハッピーエンドなのかな・・・

何を言いたかったかはよく分かりませんでしたが、結構楽しんで見たかも。




 

チェ・ジウもだけど、パク・ハソンも白くて美しいですね。
上流階級のパーティーに出るようなシーンも多いのですが、背中が出てても白くてお肌が綺麗で、わおーって思って見ていました。
韓国の女性は本当にお肌が綺麗だわあ。
もちろんすごくお手入れをしているんだろうけど、キメの細かさは元からな気がする!

チェ・ジウの演じたセヨンは、冷徹な社長なのかと思ったら、だんだん弱いところも見せられるようになるという設定なんだけど、どの時点の彼女を、クォン・サンウ演じるソックンが好きになったのかよく分からない気もする。
まあ、ギャップかな。強いと思ってた人が見せる弱さとか。
でもそこまでベタ惚れになるかな?うむむ。

ソックンは、10億ウォンを共同経営者に横領されて大変なことになるんだけど、後々セヨンを手伝うようになったら凄い敏腕ぶりを発揮するんですよね。
そんなに仕事出来るんだったら、はじめからそんな困ったことになってないんでは無いでしょうか?と静かにツッコミをいれてしまいました。

しかし、クォン・サンウはお体が分厚いですね。
時々、サービスのようにシャワーシーンやら、シャツの前がはだけたシーンがあるので、その度に笑ってしまうのでした。
いや、いい体なんでしょうけど、私は細身がタイプなので、喜ぶというよりは、おおこれはただいまサービスタイムなんだなwと思って斜めから見てしまう~!笑

そして、声が若々しいなあと思いました。だからなんだか年をとってもなんとなく少年のような純粋さを感じさせるところがこの役には合ってたかも。

パク・ハソンは私のとっても好きなタイプの女優さんなんですが、なんとなく薄幸な感じの役が似合いますね・・・ でも弱弱しいだけじゃなくて芯があるような。
今回もどっちかというとそんな感じですが、そりゃ彼女が看護師さんだったら好きになっちゃうよね!私だったら絶対に好きになるよ!

あと、イ・ジョンジンは初めて見た俳優さんだったのですが、とても良かった。
お金持ちで女癖も悪く、仕事についてもダークな方法を使うという感じなんだけど、女が寄って来る感じの優男をばっちり演じていて、一番役柄に合ってる気がしました。全てを自分の思い通りにしたい傲慢な男ともいえるけど、どこか魅力的なのです。私のちょっと癖のあるおじさん好きアンテナにピーンと来ましたよ。気になる。

あとはCNBLUEのジョンシンも出ていて、パク・ハソンと彼が兄弟役なんだけど、ビジュアル的にはほんとの兄弟みたいで良いな~と思いました。どっちもキレイな感じで。
そしていとしのソヨンでも思ったけど、結構お芝居上手だなあと思います。
いつも違和感が無い。今回も良かったです。

 

最高!ヤバイ!ってドラマではないのですが、まあそれなりに楽しく見れました。

ドラマの中で復讐する人がいるとどうしても頭の中で「人を呪わば穴二つ」という言葉がぐるぐる回ってしまうのですが、途中でそのことに気づくドラマだったので良かったです。まあ、だいたい人のせいにしても自分の選択の結果だったりしますよね・・・ 人のせいにすると楽かもしれませんが。

 

誘惑が見れるのは・・・



  

【韓国ドラマ】TWO WEEKS の感想 スピード感のある展開でぐっと引き込まれるドラマ!

TWO

 

このドラマは脚本もとても良かったし、スピード感もあって、
そして、役者さんもとてもみんな凄かった。
夢中になって見たドラマでした!

確かGyao!で毎日配信だったので、良かったけれど、
一週間に2話とかだったら我慢できずに一気に見ちゃいました作戦をやってただろうと思います。




そして私の中の韓ドラの法則を満たすドラマの一つでもありますね!
つまり、劇中で使われている曲が印象的なことです。

特にこのNellの曲がとても好きでした。
失踪感のある展開のドラマだけど、追い詰めすぎる曲調でないこの曲がさわやかで救いがあってなんだか合っていると思いました。

だって、イ・ジュンギは逃げるためじゃなくて救うために走っていたから。

 

 

それにしてもイ・チェミちゃんが可愛くて、可愛くて・・・
こんな可愛い子が白血病という設定だけでも泣きそうになります。

それにしても、本当に韓国の子役ちゃんはみんな演技が上手で驚きます。

ところで、私は、名前は知っていたけど、
イ・ジュンギが主役のドラマを見るのはこれが初めて。
なので、もっと若いころの美しさは知らないけど、演技が上手でびっくり。
すごく役に入り込む役者さんって感じがしたし、引き込まれる。
人気があるのが分かるって思いました。

そして、私は、パク・ハソンが好みのタイプです!
こういう雰囲気の女優さんが好きです。
ちょっと華奢な弱そうなんだけど、芯は強そうな雰囲気というか・・・
アクシデントカップルでしか見たことなかったし、あの時はどっちかというと嫌な役だった気がするけど、それでもああ好きなタイプと思ってました。

日本で言うと吉瀬美智子にちょっと雰囲気が似てるかも・・・!

そして、いとしのソヨンで優雅なお母さん役をしていたキム・ヘオクが、影で悪いことしてる冷酷な国会議員やっていたり。
妙な迫力でマジで怖かった・・・

なので、そんな感じで、役者さんも凄い人や好きな人が多くて、脚本もしっかりしてるとやっぱり面白い。
ぐっとドラマに入り込むためには設定がしっかりしていることが重要な気がします。

 

自分でもゴミのように生きてきたと言っていたチャン・テサンが、
自分に娘がいることを知り、その白血病の娘を守るために
彼女との約束を守るために生きようとする姿は胸に刺さる・・・!
いくら展開を急にしてもそれだけでは先を見たいとは思わないだろうと思う。
でも、このドラマを見ていたら、いつの間にか自分もチャン・テサンの気持ちになって、
なんとか娘を守りたいと思って一緒に走っている気になるのでした。

そんなドラマです!オススメ~!!!
見る時は一気に見ると臨場感があっていいですよ!

 

TWO WEEKSが見れるのは・・・


 

余談ですが、ドラマで「スレギ」ってよく出て来るから覚えちゃったよね。
ゴミという韓国語・・・
そうです。そんな言葉ばっかり覚えてしまうのですよね~(・_・;)