【韓国ドラマ】青い海の伝説 の感想 主役二人の姿を堪能して満足!

ゆっくり見ます~と言っていた青い海の伝説ですが、だんだんと先が気になる展開になって来ていつの間にか見終わっておりましたよー!

全般的にとても面白かったです!

ちょっと「星から来たあなた」を彷彿させる部分もあるのですが、主役二人の姿がパーフェクトなので、そういう意味では私はこのドラマの方が好き。
美しさってパワーなんだなと圧倒されるような気持で見ておりました。

 

再び会う時の二人の表情がとても良かった。
切なくて、でも忘れることなんてできなかったふたり。

 

今まで見たドラマでもイ・ミンホはそれぞれの役のイメージにぴったり合わせて演じているからこそ違和感を感じたことが無かったんだなあと今回実感したのですよねー。
それは、お父さんが亡くなってしまった時の座り込んで泣く姿があまりにも迫真に迫っていて、この人とても演技が上手なんだなあとなんだかそんなことを思いました。

本当はお父さんを助けることが出来たかもしれないのに、自分が詐欺師になってしまっていたがために信じてもらえなくて連れだせなかったこと、最後の電話に出ることが出来なかったと後悔してむせび泣く姿を見ると、他人事には思えないような気分になってしまいました・・・

いなくなってから分かるんだものね・・・そういうのって。おおん。




 

という訳で二人の姿には大満足だった私ですが、やや不満が残るとすれば、悪役が中途半端だったことかなあ。
どうしても比べてしまうのですが、星から来たあなたのシン・ソンロクは存在感が凄かったし、背筋が冷えるんだけど目が離せないような魅力がありましたが、このドラマではそれほどの存在感がある人はいません。

ソン・ドンイルなのか、イ・ジフンなのか、もしかして詐欺師仲間役のイ・ヒジュンなのかと最後までドキドキさせてくれるのは面白かったんです。
でも、対象がばらけた分、ややその部分は中途半端な感覚が残ります。
そしてイ・ジフンは頑張っていたけど、スマホを投げるシーンで私は彼がいまいち悪い人になり切れないのが見えてしまった。本当に力づくでは投げれて無かったんだよな~なんて。
まあ、役柄的にも本当はいい人なんだけど、満たされない心のせいで悪くなるって感じだからサイコパス的な人ではないので、心の葛藤があるからこんなものかな?
最高ですイ・スンシンの時のおもしろい秘書のイメージからはガラっと違う役は良かったんだけど、でももうちょっと惜しい!

 

ジュンジェを好きで追いかけてるチャ・シア役のシン・ヘソンもやや役不足感を感じてしまいました。でも誰がチョン・ジヒョンに太刀打ちできるのかと問うならば誰も思いつかないので、これは彼女のせいじゃないのかもしれませんなあ。
誰がやっても私はそんなことを言いそうな気がするw

 

イ・ミンホの詐欺師仲間のイ・ヒジュンはとても味が合って良かったです。
味方なのか敵なのか?と最後までドキドキさせてくれたのは彼の存在が大きいですね。
疑わしさをドラマの中で匂わされる前から怪しさを感じてましたし。
私も騙されたってことかなあ!てな感じで詐欺師役がすごく上手でした!!

 

CROSS GENEのシンのハッカー役も独特の雰囲気の青年役をうまく演じてたな~
あんまり言葉を発さないんだけど、表情が雄弁なのです。とっても魅力的!

 

あとは、ゲスト出演者も多くて、クリスタルとかチョ・ジョンソク、キム・ソンリョンにチャ・テヒョンとちょっとクスっとなってしまう遊び心もたっぷりです。

 

あ、そういえば、ドラマの最初の方では、『人魚が人間とキスをしたら相手から人魚の記憶が消える』だと思っていたので、愛し合う二人にはなんという切ない設定!!!!と興奮していたのですが、ちょっと違いました。

『人魚には特殊な能力があって、触れたら相手の記憶を消せる』という事だったみたい。
だからキスしたらただちに忘れてしまうとかじゃなくて、人魚が相手の記憶を消す意思を持って触れると消えるという事みたいでした。
人魚って相手にばれた時にその能力があるからこそ生き延びてこられたという事みたい。
なるほどねー!

でも、愛している相手から自分の記憶を消すなんてやっぱり切ないなあ。
それでも消えなかった記憶にああ良かったなあって思う。
こういう異種間の恋愛ものはハッピーエンドであって欲しいタイプなので、最後の二人の幸せそうな姿にほっとしたのでした。

 

ともかくおとぎ話を美しく体現してくれたチョン・ジヒョンがほんとに魅力的でしたー!それだけで満足!

 

【韓国ドラマ】青い海の伝説  4話までの感想 主役の二人のフォトジェニックさですでに満足!

 

人魚と人間の恋という設定がベタな気がして、見ようかな~どうしようかな~と思っていた『青い海の伝説』ですが、シティーハンターで、やっぱりイ・ミンホはカッコいいねぎゃふんとなったので、その勢いでまずは見てみることにしました。

分かってたけど、やっぱり設定はかなりベタですw
そうなんだけど、主人公のキャストがフォトジェニックなので思ったより違和感なく見れます。
そして、海の中のシーンも結構たくさんあって、これまた撮影が大変だったに違いない!なんてことを思いながらも、水の中で髪の毛がべろろ~んとなってもお綺麗なチョン・ジヒョンには感心するばかり!!

人魚を実写でって正直どうなんかな~と思っていましたが、チョン・ジヒョンありきでならOKです。いやもう全然良いです。

なんでしょうかあの黒曜石のような美しい目!
ヒロインが素敵だとやっぱりそれだけでドラマは楽しさが2割増しかもしれないなあと、最近は好きな女優さんがヒロインのドラマばかり見てたらやっぱり楽しかったのでそんなことを思いました!

イ・ミンホとチョン・ジヒョンの二人の映像がスペインの風景の中で、更にファンタジー感を醸し出していて、完全に現実感の無い世界にすっと入り込めますね。
なんというフォトジェニック!ひー



 

朝鮮時代にも実は会っていた二人という設定など少し既視感があると思ったら、「星から来たあなた」の脚本家パク・ジウンさんの作品のようです。

この方はファンタジーものが得意なのかもしれないなあ。
前回は宇宙人で、今回は人魚。でも男女は反対だから、また違った感じになるのかな。

ともかく、私の好きな切ないシチュエーションを醸し出す設定がひとつあります。
人魚が人間とキスをしたら、相手は人魚に関する記憶を忘れてしまうのです。
だから、チョン・ジヒョンは全てを憶えていて、ずっとイ・ミンホを愛し続けているのだけれど、イ・ミンホは何度も人魚のことを忘れてはまた巡り合うというのを繰り返しているのですよ。

そう、だからこのドラマでは、切ない目をして彼を思い続けているのはチョン・ジヒョンの人魚の方・・・
この螺旋のように絡み合う彼らは最後は一体どこにたどり着くのだろう・・・
この脚本家さんは単純なハッピーエンドではないんじゃなかろうかと、そんなことを思いつつ。

でも先が気になるのはなるけど、この切なさをゆっくり噛みしめながら見よう。
気持ちとしてはそんな感じ。少し丁寧に見たい気がしますね・・・

 

ところでイ・ミンホは詐欺師の役なんですが、催眠術を使って人をだますんですよね。
洗脳にかからないためには、その方法を知ることが一番というのを聞いたことがあって、そんな本を読んだことがあるので、火を使って鮮やかにペテンにかけてるのを見てなるほどなあなどと思っています。
そういうところも興味深いですー!

 

まだ人間界に慣れていない人魚のチョン・ジヒョンが手づかみでのケーキを食べるのとか、
そんなお行儀の悪さも絵になっちゃうってほんと俳優さんってすごいな~
4話だとまだ登場人物も出揃ってない気がするので、まだまだ本題には入っていない感じだけど、一体どういうストーリーになるのか予想もつかないけど、今のところ掴みはOKな気がしていますよ~!