【韓国ドラマ】運命のように君を愛してる の感想 元ネタの台湾ドラマ『ハートに命中100%』とは全く違う仕上がり~

unmei

そう、実は運命のように君を愛してるも見ていたのでした。

しかし!そう!私はどうもいまいちはまり切れなかったのです。
だからかなり流し見してました。
もしかしたら数話分飛ばして見たかもしれない。

なんとなく理由は分かっていますが、どうしてなのか簡単に検証してみたいと思います。




前提として私はこのドラマの元となった台湾ドラマの『ハートに命中100%』を先に見ております。
そしてこの台湾ドラマがとっても好きだったので、比べながら見てしまったのが大きな理由と思います。

気になってしまったところはこの辺り

・ポストイット女の時はダサい風貌であるべきが、チャン・ナラはその時でさえややお洒落で可愛いので、のちにキレイになった時にギャップがあまり無い。
メガネがちょっとダサいくらいで、元から可愛いやん?それくらいだったらもてるやん?みたいな感じ。

・ミヨンのライバルとなるバレリーナ役のカン・セラが役者さんも役柄的にもかなり弱い。

・ハッピーエンドで良かったね・・・なんだけど、最終的に2人の障害がゴンの遺伝病のせいだけになっていて物足りない。

 

実際にはもっと細かく言えば、いろいろあるんですが、
このドラマで分かったのは・・・

私はチャン・ヒョクの口元が苦手である!

という事だったのかもしれません(^-^;
口を閉じてる時はいいんですけど、半開きの時にう~ん・・・と思って見てた。
マイダスの時は、あんまり彼の事見てなかったんだなと今更ながら思いました。
キム・ヒエとかノ・ミヌとかイ・ミンジョンに気を取られていてそのことに気づきませんでした。
でも、きっとココが好きって方もいらっしゃる気がするので、好みはそれぞれってことでご容赦下さいませ(^▽^;)

そして、チャン・ナラはどうやっても可愛さを隠し切れなかった・・・ということも分かりました。
その点、台湾版はかなりやり切り感がありました。

あと、台湾版は、ダニエルがディランという名前の役だったんだけど、
これをバロン・チェンが演じていてですね・・・
彼がこれまたとってもとってもとっても素敵だったんですよね。
きっと主演だったイーサン・ルァンよりバロン・チェンが好きだった人が多かったはず!

そしてバレリーナ役のビアンカ・バイもキャラが立っていたので、4人の関わりが面白かったのです。
しかし、韓国版は主役二人にスポットを当てた感じで、
あとの二人のキャラが弱くて、その点も物足りなかった原因かなあと思います。

原作が同じだと、どうしても先に見たドラマの方の印象が強くなってしまって、
そして先に見たドラマへの思い入れが強いとどうしてもこんな感じの見方になってしまう!!!!

シンディーの家族とか、秘書の人とかまわりの人のキャラもとっても素敵だったので、
台湾ドラマ独特のあったかい雰囲気があったんですよね。
その部分も好きだったのですが、その雰囲気がすっかり無くなってしまっていたのが寂しかったのかもしれないなあ。
韓国版もその大家族的な雰囲気は作ろうとしていたのだけど、
やっぱりまた違うのですよね。

もちろん、かなり脚本が違うので、始めの設定だけが同じで違うドラマとして見た方が良いんだろうけど、それは出来なかったんだよなあ・・・

なので、運命のように君を愛してるがすごく好き!と思った方は、
台湾版を見ることをオススメしません!!!

見る場合は、それぞれが違うドラマだと思ってみるのが良さそうです。

 

 
運命のように君を愛してるが見れるのは・・・



ハートに命中100%が見れるのは・・・

 

【韓国ドラマ】君を憶えてる の感想 憶えていて欲しいと渇望する弟の兄への視線が切ない

remember

『憶えている』という言葉は誰が主役になるかで意味や言い方が変わってしまう言葉なのかな・・・

このドラマのキーワードは『記憶』なのかなと思うのですが、
主人公のヒョンから見ると『君を憶えている』というタイトルで間違いないのですが、
私にとっては、彼の弟ミンの目線で見てしまっていたようで『僕を憶えていて』だったのかもしれません。

心に残るとても良いドラマだったのですが、
どうしても児童虐待などのテーマを扱っていることもあって、
切ない気持ちも残ってしまいます。
でもどこか明るい眼差しに包まれたドラマなので、救いがあって、
それは、特殊犯罪捜査チームのメンバーの雰囲気とか、チャン・ナラ演じるジアンの人柄とか、
そういう部分が大きかったのかもしれないですね。

 

タイトルでは、まさか刑事とか出て来るようなドラマだとは想像もつかずで見始めたので、
チャン・ナラが刑事役!?って感じだったり、
ストーリーもラブコメじゃなくてサスペンス!?ってびっくりだったのですが、
思いのほか夢中になってあっという間に最後まで見てしまったドラマでした。

これ、とってもいいドラマでした!!!!



チャン・ナラは、最近では童顔美女を見たところだったので、
こんなアクションもありの刑事役なんて意外過ぎてビックリしましたが、
顔が傷だらけになるような喧嘩のシーンも、犯人を追って走り回るシーンも
それはそれは大変だったに違いないのに、違和感全くなしでした。
いろいろなドラマを見れば見るほど、彼女の演技が好きになるな~

ソ・イングクは、本当のほんとに好きでも嫌いでもない、
むしろ何とも思わないっていうのが正しい感じなのですが、
でも、どのドラマでも違和感なくて、実はそれはそれですごい事なのかもしれないなあって思います。
変に印象に残ることも無ければ、浮いて見えることもない。
それってつまりそれぞれのドラマの役の人にそのまま見えてるってことだからなのかなって。
このドラマでそんなことを思ったり。

二人の心の動きが特に丁寧に描かれていて、
同じ傷を持つ二人がお互いを理解して行き、少しずつ気持ちを伝えあうシーンは、
どのシーンもとても好きでした。

でも、このシーンが一番好きだったかもしれない。

desk

ヒョンが、机に伏せて寝ながら、うわごとで『ミン、あんで~!(ミン、ダメだ)』と苦しんで何度も言うのを聞いたジアンが側にいてあげたいと思って、彼の横にいるうちに寝てしまうのです。
机の上に座っていたのですが、寝ているうちに頭が揺れてそのまま倒れそうになる時に、
ヒョンが目覚めて頭を支えてあげて横たえてあげるシーン。

これが2度あって、1度目のヒョンの反応と、2度目がかなり違って、
その心が近づいた感じがとても良いんです・・・!

キスシーンなどもありますが、そういう直接的な感じよりも、
こういう少しずつ心が近づいたのが分かるような描写が多くて、それが何より素敵でした。

そしてなんといっても机の上にこじんまりとおさまっちゃうチャン・ナラが可愛い!!!
反対にチャン・ナラが落ち込んだ時には横の椅子で座ったまま寝ちゃうソン・イングクっていうのもありましたね。それも可愛かったな~

この二人ももちろん好きだったのですが、イ・ジュノを演じるチェ・ウォニョンとチョン弁護士役のパク・ポゴムの演技も凄みがありました。
彼らが演じる役はとても切ない。
一言では言い表せないような切なさが詰まっていて、苦しい気持ちになってしまいましたよ・・・
兄を求める切実さに涙・・・( ;∀;)
のだめカンタービレでパク・ポゴムを見たときは、あんまり好きじゃない感じ・・・って思ってしまったけど、このドラマでなんかすごいぞ!と思ったので、他の役も見てみたいかも。
好きな顔とかじゃないけど、チョ・インソンのような感じで、発する空気感が凄いなと思いました。

殺人事件を扱うドラマなのに、救いがあったのは、
特殊犯罪捜査チームのメンバーそれぞれの持つ暖かさみたいなもののおかげかな。
チーム長役のイ・チョンヒもとてもいい味を出していたし、初めていいと思ったかも。
あなた笑ってでは、めんどくさい役だなあと思ってたし、
主君の太陽では唐突に出て来た感があったけど、こういう持ち味のある役者さんなんだなあって理解しました!

最後の最後までどうなるか分からない展開で、
結末はもしかしたら中途半端と思う人も良いのかもしれないのだけど、
私はこれで良かったかなと納得です。
イ・ジュニョンを捕まえることが全ての解決ではなくて、
特殊犯罪捜査チームはこれからも彼のような犯罪者を捕まえて行かなければいけないのだから。

いろいろと考えさせてくれるような心に残るドラマでした!
私はかなり好きでした!

 

 

君を憶えてるが見れるのは・・・



  

【韓国ドラマ】童顔美女 の感想 チェ・ダニエル演じる年下男がとってもキュート!

dougan

タイトルが漢字4文字と珍しい感じだな~と思っていたら、
どうやらチャン・ナラが中国で人気があるからなのかな?

そして、昔に作品の紹介文を見たら、34歳が25歳に成りすまして~みたいなのを見て、
その時は面白くなさそう・・・と思って気にも止めてなかったんだけど、
登場人物を見てみたら、チェ・ダニエル~出てる~!!!となったので、見てみることにしました。

そう、チェ・ダニエルを初めて見たのは、ビッグマンかな?
悪い人の役なんだけど、ちょっと悪人になり切れない切なさがにじみ出てて気になってました。
そして、ファントムでもカメオ出演だけど、なかなかいい味を出していたし、
更に気になる役者さんになったのでした。

そしたらこのドラマでは、まったく真逆と言ってもいいくらい子どもっぽい男の子?
いや27歳とかの役なので男の子ではないんだけど・・・
実際にそばにこんな人がいたらちょっとウザいかもしれないな・・・と思うんだけど、
チェ・ダニエルが演じるとキュートなんですよ!
メガネが無いとちょっと不細工可愛い感じの顔になるんだけど、
でもなんだか魅力的なんですよね。不思議な魅力です。

これはキャストが大きな鍵を握っていると思うな~
合わない人が演じてたら私は早々と挫折したドラマのような気がします。




チャン・ナラもとっても可愛いし、若く見えるというか、むしろ子供っぽい感じもするけど、
それもメイク次第なんだろうな~
白くてクリクリの目がほっとけない感じで、魅力的。
基本的には切れ長のすっとした目の女優さんが私は好みだけど、
チャン・ナラは文句なしに可愛いです。

そんな二人のじゃれ合いがたまりません~

%e7%ab%a5%e9%a1%94

手を怪我したからとチュッパチャップスを開けて食べさせてとねだるチェ・ダニエル・・・!
か、かわいい・・・!

いや、こういうの苦手な二人とかがやってるのを見たらムカつくと思うので、
ほんとこのキャスティングバッチリだわ・・・(私視点)

 

あと、リュ・ジンは千回のキスの時の役とちょっと似てる感じかなあ・・・?
最初は怖い人なんだけど、心を開いたら優しくなってくる感じとか。
でも私にとっては、彼はスタンバイのお間抜けアナウンサーのイメージが強いので、
かなり好きな役者さんです。
冷たい役を演じていても、どうしても勝手にお間抜けアナの残像を見てしまうw

 

キム・ミンソも意外とよくドラマに出てるな~
7級公務員の時はパッとしないと思ったけど、
その後に見た成均館スキャンダルで美しさに気づき、
太陽を抱く月ではまたこの人って気づかずだったけど、
グッド・ドクターでも美人だな~と思ったし、
このドラマでも綺麗だなって思ったから、きっと濃いめの化粧をしてるのがいいんだと思う。
化粧が薄めだとなんだかあんまり印象に残らない!
デザイナーという設定だったから、お化粧も衣装もかなり派手で良かったです。

 

そうそう、基本的にほんわかしたドラマだなあとは思ったんだけど、
キム・ミンソが演じてたカン・ユンソチーム長への風当たりはきつかったなあって。
まあ本人が悪いにせよリュ・ジン演じる社長には振られるし、
最後に、チャン・ナラが演じるソヨンと別れる時に、ずっと勝負でずるをしてたけど、次回は『正々堂々とデザインで勝負したい』って伝えたら、ソヨンに『これからは勝負にデザインを使いたくない』とか返事されてて、こりゃ踏んだり蹴ったりだな~って思ったのでした。

コテンパンだよ・・・

だいたい4人が主役級となることが多いドラマだと、
最初は男子は二人ともヒロインが好きなんだけど、
最終的には振られた方の男子がもう一人の女の子とうまくいくっていう脚本の方が好きかもしれないな~
例えば、ボスを守れみたいに。
どんなドラマでもそうあって欲しいとは思わないんだけど、
こういうほんわかドラマだとその方が落ち着くわ~

だからかカン・ユンソチーム長だけ救いが無いのが、妙に心に残ってしまったドラマだったな・・・
過ちを犯したのはどっちもなのに、ソヨンは妹に成りすましたのをすっかり許されてたから余計に気になったのかもしれません!

あ、あと豚足をおいしそうに食べるシーンがいっぱい出て来るので、
私はそれに影響されてうっかり食べに行きましたよ!
皆さんもお気をつけ下さい~w

まあ、そんなことは置いといて、チェ・ダニエルが好き好き大好きパワーを全身で表してるジヌク演技がキュートなので、それだけでも楽しいドラマです!


童顔美女が見れるのは・・・