【韓国ドラマ】キルミー・ヒールミー の感想 多重人格者を演じるチソンから目が離せない!!!

killmehealme

秘密』を見てからすっかりチソンの演技にはまっている私ですが、
ボスを守れ』『タンタラ』を見終わり、次はこの『キルミー、ヒールミー』をとうとう見ちゃいました。

確か、チソンが賞を受賞したとか、そんなのを小耳にはさんだ気もしたし、面白いに違いないと思ってはいたものの、そう、私は、ファン・ジョンウムの大げさな演技がちょっと苦手。
なので、どうなのかな~楽しめるかな~と心配だったのです。

でも、多重人格を演じるチソンが凄くてね。もうそれだけでいいです。
このドラマ・・・

あと、脚本的に想像と違い過ぎて凄い驚いた!!!!というところまではいかないのですが、伏線に小技が効いていたので、最後まで楽しめました。

多重人格のそれぞれの人格も性格が多岐に渡っていて、
でもちゃんと演じ分けるチソンはすごいのですよ。

やっぱり一番ドキドキするのは、チャ・ドヒョンとシン・セギのやり取りで、
鏡越しに対決をするのとかはドキドキしちゃいます。

そして、チャ・ドヒョンもいいんだけど、きっと多くの女性が、シン・セギの危うい魅力にやられてしまうのではないでしょうか・・・?
チ、チソンssi・・・アイラインをバッチリ引いてもカッコいいじゃないか!!!!
おおおおとなんだかよく分からない興奮をしながら見てました。

でも、チャ・ドヨンに戻って来た時に、優しい声で、「チャ・ドヨンです」って言うのも良かった。
これもなんかああああってなりました。
(擬音語多い・・・w)

そして忘れてはいけないのが、女子高生のアン・ヨナですよね
いつ制服に着替えたんだ!というツッコミは置いといて、
なんとその制服がコスプレ衣装として売られてることの衝撃を受けました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

こ、これ需要あるの!? あ~面白い。
ピンクの制服の学校とか本当にあるんだろうか・・・

そして、アン・ヨナが塗ってたグロスはこれなんだって!
なんだか欲しい気持ちになってくるから不思議です。
グロスを塗ってるチソンを思い出したら笑いがこみ上げてくる・・・

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ともかく、アン・ヨナの時のなりきりっぷりも降り切れてて素晴らしいし、
パク・ソジュンをオッパ~と呼びながら追っかける姿もすごくて見てて楽しいし、
深刻な内容のドラマではあるんだけど、そういうコメディータッチな部分も入れてあって、それが救いでした。

実は最初の数話は、ファン・ジョンウムの演技がいつものごとく気になってしまって、
ちょっと集中しきれなかったのですが、16話くらいからなんだか入り込めるようになりました。
この辺りからなんだか彼女が綺麗に見えてくるという・・・
話の流れなのか、騒ぐ感じの演技が少なくなって来たからなのか分からないんですけどね。

もちろん、綺麗なだけの女優さんでは演じきれない役ではあると思うので、
見終わった感想としてはファン・ジョンウムで良かったのかなと思います!

パク・ソジュンもドリームハイ2の時から素敵だと思っていた俳優さんなので、
今回は出番も多くて楽しみにしていました。
でも、やっぱりチソンが凄いので、比べちゃうとあんまり目が行かなかったのです。
ひょうひょうとしたつかみどころのない感じはステキなんですけどね。

そして私はこういう涼し気な目をしたタイプが好きなんだなあと改めて思いました。
もっと他のドラマでも見てみたいです。

 




 

そして私の好きだったシーンは・・・

自殺願望のあるヨソプが出て来る場面で、このドラマのタイトルの『キルミー、ヒールミー』の元となるシーンが出て来て、その場面はすごく好きです。

チャ・ドヒョンが、オ・リジンを好きになる必然性みたいなものがきちんと描かれていて、
なんだかこみ上げるものがありました。

そして、それぞれの人格との別れも丁寧に描かれていて、
シン・セギとの別れはもう・・・切ないけど、綺麗で、やっぱり切なかった。
そう思わせてくれる魅力的なキャラクターだったと改めて思いました。

そして最後のシーンも、暖かい日差しが降り注いでいて、
それを見ていたら、彼らの幸せを願わずにいられないようなそんな気持ちになって、
そういう思いを抱かせてくれるドラマって素敵だなって思いました。
扱っているテーマは重いのだけど、でも救いがあって、
総合的にはとても素敵なドラマでした。

オススメです!

 

このドラマが見れるのは・・・



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【韓国ドラマ】ボスを守れ の感想 チソンの演技はやっぱり凄い気がする!

boss

「ボスを守れ」は、韓国ドラマの中では、大変平和に見ることのできるドラマでした。

ちょっと気になったのは、チソンのお父さん役の人が怒りっぽくて、
怒鳴り散らしてすぐ叩くっていう役柄だったので、
その時には突然、音がおっきくなってびっくりするっていうw

あんまり怒鳴り合ったり、言い争ってる場面が多いドラマは得意でないので、
見るのをやめてしまったりするのですが、
このドラマは激しいのはそのお父さんくらいで、
あとは大したことないので良かったです!




 

チソンは最初はパニック障害を患っていて、
自分に自信が無くて大人になっても子供みたいな人の役柄で、
パンツもキャラクター入りのとか履いてて、本当にそんな人に見えるんだけど、
だんだんと、出来る男になっていくのです!

 

その変化が自然で、やっぱりこの人の演技はすごいんじゃないかと思わされました。

 

目の動きとか、そういう小さなことなのかもしれないけど、
演技ってそういうものなのかな。
大きな動作が必要って訳じゃないよね。
だからチソンの演技が好きなのかもな~

 

そしてだからこそ私は、あまりにも目を見開きすぎる人とか、
動作が大きすぎる役者さんは好きじゃないのかもしれません。

 

チェ・ガンヒは美人!!!って感じじゃないけど、結構好きです。
なんだか今回は不良の役で喧嘩が強い役だったんだけど、
本当に身のこなし方が美しいので、ちゃんと本当に喧嘩が強く見える。
スパイ役とかでも、あれ?っていう人いるもんな・・・
アイリス2のイ・ダヒはいまいちと思うんです・・・)
こういうのは、細いとかがっしりしてるとかじゃなく、身のこなしですね!

 

ジェジュンも最初の2話くらいは、これは演技なの?どうなの?
と思ったけど、そういうポーカーフェイスな役だったから、
だんだんなかなか良いのではないかと思うように~

そして、劇中でカラオケで歌うシーンがあるのですが、
さすがいい声だわ~と思ってたら、印象的な挿入歌もジェジュンの歌だったようです。
私は東方神起もJYJも詳しくないので、知らなかったけどステキな声ですね。

 

そして、ワン・ジヘは今まで私が見たドラマの中で一番可愛い役柄だった!
やや定番のお金持ちのお嬢さん役なんだけども、
ライバルであるはずのチェ・ガンヒの家に居候しちゃったり、
良い意味でバカっぽくて図々しくて可愛かった!
あんまりつんけんした役じゃなくてこれくらいのちょっと抜けた役の方が似合う気がする。

 

だいたい韓国ドラマは中心人物が男2人、女2人の4人になることが多いけど、
一人だけ素敵で、一人は全然目立たないとか、バランスが悪いこともあるのですが、
このドラマはいい感じにみんな特徴があって良かったです。

 

最後はちょっと間延びしちゃった感もあるけど、
ハッピーエンドで落ちもある感じのみんな幸せになりそうで良かったね!って感じの平和なドラマでした(^-^)

 

 

ボスを守れが見れるのは・・・



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【韓国ドラマ】タンタラ の感想 チソンはさすが!だけどバンドの物語としてはなんだか物足りない・・・

tantara

チソンが凄いのはやっぱり存在感なのかな・・・
本当の見た目のカッコよさというよりは、その醸し出す雰囲気が凄いと思うのです。

そんな私も大好きチソンの新しいドラマということで大変期待して見始めました。

『タンタラ』です。

タンタラとは、芸能人を見下して呼ぶ呼び方らしいのですが、
その名前をあえてバンド名につけることに意味があったんだな・・・とそんなことを思います。
言語というのは、なかなかニュアンスが難しいですね。

昔とは違って、今は芸能人の位置づけが韓国でも変わってきていることだと思います。
日本もそうですよね。




ともかく、たいへん期待して見始めたんですが、
一言でいうと、なんだか物足りないなあ・・・という気がしました。

どの役者さんにも感情移入することが出来ない!!!!

チソンの相手役がGirl’s Dayのヘリなんですが、溌剌として可愛いし、
CNBLUEのミンヒョクのお姉さんという役柄はまあいいんです。

でも、ストレスが溜まっていて、心理治療のために絵を描く時に、
雨が降っている中に一人でたたずんでいる絵を描いてしまうチソンに、
ヘリがグリーンの傘になってあげるという設定はいいと思うし、
そういわれることで魅かれるというのは頭では理解出来るんだけど、
演技の問題なのか、なんなのか物足りないのです。

引き込まれないので、あ~そうですかという感じ。

どちらかというと人々の成長に重きを置いているので、
恋愛の描き方は二の次なのかなと思うのだけど、
そういう意味でもどの恋愛についても中途半端で残念。

もっとロマンチックにして欲しいとかキスシーンが欲しいとかではなく、
心の機微みたいなもの?何かが足りない気がするんだよな~

その中でも一番良かったのは、ベース役のイ・テソンとチェ・ジョンアンのラインかな!
子どもも可愛いし、なんだかストレートに思いを表してて良かったです。

もしかしたら登場人物の中でも彼らが一番好きだったからかも。
イ・テソンはどこで見つけて来たんだろうというくらいいい人の設定にぴったり合った人だったし、
チェ・ジョンアンもとても綺麗で素敵だなって思いました。

そうそう、チソンとはチェ・ジョンアンとの方がお似合いに見えちゃう感じなんですよね。
だからラブラインはまったく興味を持てない^^;




私は、実際にバンドも好きで、色々見ているので、こういう風に会社がボーカルを見つけて来て、その後に他のメンバーを探すみたいな設定にすでに無理があると思ってしまいます。

でも、韓国の事務所はバンドに関してはそれが普通なのかも?
日本ではバンド文化が結構すでに浸透してるので、あんまりそんなことはないから、違和感を感じたのかもしれません。

そうだとしても、最後にドラムが学業を優先するためにバンドをやめるんだけど、
そんな簡単に言わないでよ!!!!!と勝手に憤りを覚えてしまい・・・

あ、わかった。このドラマはドラマを見る人は意識しているけど、
ドラマの中でタンタラバンドにファンがいるということをきちんと意識して作られていないような気がしたのかもしれない。
そして、私の視点がタンタラバンドのファンからという見方をしていたから、ちょっと待ってよねと思ってしまったんですね。きっと!

色々な事件も起こるし、それを一生懸命解決していく彼らはとても頑張っているし、
しかし、バンドを描くということに関して足りなさをいっぱい感じてしまいました。
アイドルグループのメンバーチェンジとは意味が違うと思うのに、それと同じ描き方だったからなあ・・・

そういう意味では、同じようにバンドがテーマのドラマとしては、美男バンドの方がずっと好きでした。バンドにはそういう熱さを求めてしまう!

全体的な音楽は良かったと思うんです。
しかし、バンドの歌は心に残って胸がドキドキするようなこともなく、チソンがそこまで惚れ込む声という実感がないまま、まあ、そうなのね~程度にしか思えないかな・・・

あと、ミンヒョクはドラマーではなく、ボーカル役だったけど、
あまり口数の多くない、ちょっと影のある感じはよく出てて悪くはないと思いました。

ただ、ボーカルとするには華が足りないなあって、
もっと影のある切れ味の鋭い人が良かったな。
でも、このタンタラバンド自体がこういう良い子たちが集まった感じのバンドを
想定していたのかもしれません。
あ、むしろジャクソンのジヌ役のアン・ヒョソプは雰囲気があって良かったです。
あと、KINGで北朝鮮の兵士役をしていたチョン・マンシクが作曲家でめっちゃヒップホップな感じの若作りだったけど、意外と似合ってて、さすが役者さんだなあ・・・とは思いました!

と、まあ色々言いましたが、脇役陣もベテランがいっぱい出ているし、
全体的には良くまとまっているドラマだと思います。
チソンの演技はやっぱりすごいし、見どころもたくさんです。

でも、何が主題で、何が言いたかったのかは伝わってこなくて
1回見たらもう満足かな!と思いました。
私の個人的な意見ですが(^^;)!

他の方はどうだったんだろう~???
気になる~

 

タンタラが見れるのは・・・

 

 

【韓国ドラマ】秘密 の感想!まるでストーカーのように執着しまくりなのにチソンが素敵なのだ!

himitsu

 

結論から言うと、とっても面白かった!
かなり夢中になって見たドラマです。

とってもオススメ!

そして使われてる曲もとっても良くて、
かなり感情移入しちゃいました!

こうして考えて見ると、ドラマで挿入歌が雰囲気に合っててとても良かったなあと思うと、
心に残る良いドラマの確率が高い気がします。絶対とは言い切れないですけどね。

でも確かに君の声が聞こえるも音楽がとても良かった・・・!




実はチソンが出ているドラマを見るのはこれが初めてでした。
が、すっかりファンになってしまいました!

 

自分の彼女を殺した(と思っている)相手を執拗に追いまくり、
まるでストーカーのようなのに、ミニョクがあんな魅力的に見えたのは、
彼の演技力あり気じゃないかと思うのです。
上手じゃない人が演じたら、もしかしたらただの気持ち悪い人になったかもしれません。

 

ちなみに私は、泣き叫ぶ時の演技とか、かなり大げさ過ぎるのが他のドラマでも気になって
ファンジョンウムはちょっと苦手だけど、でも確かに時折すごくいい表情の時もあるので、
感情移入出来ました。

彼女の役の女性が新しかったのかも。
復讐が当たり前のような韓国ドラマの中にあって、
仕返しはあくまでもまっすぐに法律の範囲内で、
憎しみの心を捨てて手放すことに重きが置かれていたような気がする。

だからこそ、ミニョクが彼女に魅かれたのでしょうか・・・?

 

イ・ダヒも、本当は愛してるのに、それをうまく表現できない、
不器用な女性をとてもうまく演じていたし、
ペ・スビンも華麗なる遺産の時からちょっと苦手なんですが、
でも、この役柄はぴったり合い過ぎててすごい怖かった。
というか演技が上手なのかなと思います。

 

この4人もだけど、ファンジョンウムのお父さん役のカンナムギルが、
突然、正気に戻る時の表情とか今でも忘れないし、
なんだか心に残るドラマでした。

 

違和感のある役柄の人がいなくて良かったなあ。

 

あんなにひどいことがいっぱい起こったけど、
最後はチソンの秘書役のチェ・ウンとアン・ジヒョンとがつきあうようになってたりとか、
ドラマの終わりにハッピーエンド感があったのも良かったのかもしれません。

 

ともかくチソンの魅力を思い知らされたドラマでした!
もちろん顔もカッコいいけど、雰囲気がある感じ。

 

順番めちゃくちゃで適当に見ていくタイプなので、
ただ今はボスを守れを見ていますが、
これもダメ坊ちゃんなのにすでに魅力的に感じてしまっているので、
やっぱりすごいなあと思っています。

もっと他のドラマも見てみたいと思いますが、
なかなか時間が足りないなあ!笑

 

そして感想も全然追いついていないので、頑張ります(∩´∀`)∩

 

秘密が見れるのは・・・

 


お!DVDの表紙が良く見ると1と2で違いますね。
こういうの面白い!