【韓国ドラマ】Heart to Heart~ハート・トゥ・ハート~ の感想 チェ・ガンヒのおばあちゃんの変装が可愛い!

Heart to Heart~ハート・トゥ・ハート~の視聴しました~
最近は主役の職業が精神科医とか心理カウンセラーなど精神の病気を題材に扱うドラマが多い気がします。そして患者さんを治療しようとする本人に実はトラウマがあって・・・みたいなの。やっぱり日本と同じで韓国でも精神を病んでる人が多いのかな。

ちょうどこのドラマの次にマダム・アントワーヌを見たので、そういう設定が続いたからそう思うのかもしれませんが・・・。

 

スポンサーリンク

 

チェ・ガンヒ演じるチャ・ホンドは対人恐怖症で赤面症。外出する時は、ヘルメットをかぶったまま、そしてお仕事はおばあさんの変装をして家政婦の仕事をするというなんだかすごい設定です。でもチェ・ガンヒは美人っていうよりちょっとファニーでキュートな感じの方なので、意外とおばあちゃんの時の変装が似合っててね、それが可愛かったです。歩き方とか話し方とか絵本に出て来るおばあちゃんみたいでした。

チョン・ジョンミョンは、シンデレラのお姉さんで見たことがあるんですが、その時は、どうもドラマの内容が暗くてあんまり楽しめなかったせいか、出てる俳優さんにも興味が持てなかったんですよねー でも、今回のドラマの精神科医役はやや印象アップしました。心に傷を抱えてるせいで、虚勢をはって生きていることに自分でさえ気づいてない人って今の世の中にいっぱいいそう。もうどれが本当の自分かなんてわからない。そんな人。

実は過去の子どもの頃に二人は関わりがあって・・・という韓ドラあるある設定のお話に途中からなってしまったのはとっても残念でしたが、この二人の組み合わせはちょっと不思議な温かみがあって好きでした。出逢った頃は、精神科医のコ・イソクが患者のチャ・ホンドを抱きしめてあげてるのに、ドラマの終わりの頃にはチャ・ホンドの方がコ・イソクを抱きしめてあげるように見えてなんだかジーンとしたのでした。

あとはイ・ジェユンが素朴な警官を演じてていい人満開で、なんだかとっても素敵だった!野王でしか見たことなかったから、新鮮。大きな体が朴訥な感じを醸し出しててとってもいい感じ。印象が変わりました。

 

そして最終話だったかで、突然のチェ・ダニエルの登場に笑ってしまいました。

チャ・ホンドがバイトをしようとするカフェの店長だかの役!
カメオ出演だからかチェ・ダニエルも変にニヤニヤしててそれがなんだか面白いです。

 

このドラマに出て来る心を病んだ人たちはなんだか裸で街を走り回っちゃうとか、突然フランスパンをかじるアナウンサーとか妙に行動がぶっ飛んだ感じの人たちにしちゃってるし、でその治療の過程とかは深く掘り下げて描かれてるとかじゃないので、その点はちょっとなんだかなあとは思ったのですが、ドラマとしてはほんわかした雰囲気なので思ったより面白かったです。キャスティングがうまく合ってたのが良かったかな!あとはチャ・ホンドの家の前の川の飛び石のある風景とか、チェ・ガンヒのちょっとダサ可愛いファッションとかもステキでした!

 

Heart to Heart~ハート・トゥ・ハート~が見れるのは・・・




【韓国ドラマ】ゆれながら咲く花(学校2013)の感想 とても良質な学園ドラマ!良い作品に出会えたな・・・としみじみ

ゆれながら咲く花を視聴終了しました!

実はかなり前に見終わっていたんだけれど、なんとなくなかなか感想が書けずに自分の中で熟成していた感じです。すぐに感想を書いて気持ちを吐きだしたい!という感覚になるドラマと、見た後もしばらくしみじみと心の中にとどめておきたいドラマがあるんですよね。という訳でこのドラマは後者だったみたいです。

 

スポンサーリンク

 

考えてみたら、大好きなイ・ジョンソクとチェ・ダニエルが出ているのになんでまだ見ていなかったの?と自分でも疑問なんですけども。なんだか学園ドラマっていじめが出て来ることが多いので、見る前にちょっと躊躇してしまうんです。実際に見てみたら面白かったという学園ものも多いんですけど、好んでは見ない感じ。多分そんな感じでなんとなくスルーしていたんですよね。

でも、遅ればせながら視聴したんですが・・・
見て良かった!です!!!

先生からの視点、生徒からの視点、どちらかに偏らずに丁寧に描かれていて、そしてご都合主義的にうまく行きました良かったね、というのでもなく、現実の教育現場というものに対しての真摯に向き合って作られていると思えました。

イ・ジョンソク演じるコ・ナムスンとキム・ウビン演じるパク・フンスの友情が一番軸になって描かれているかなと思うんですが、あんなにでっかいのにちゃんと高校生に見えるの凄いなって思いました。2人はどこかピュアな透明感があるから違和感が無いんだろうな。自分でも自分の感情がどういうものか分からないで持て余すという感覚、2人のやり取りはなかなか見応えがありました。好きだからこそ反発して、傷つけてしまう・・・ でも最後は仲良しに戻って、今度は仲良し過ぎて微笑ましかったです。男の子って感じ。

チャン・ナラとチェ・ダニエルの先生コンビもとても良かったです。
先生も悩みながら、生徒と一緒に成長していく姿を見て、確かに教育というのは生徒も1人1人違うし、完全な答えなんて無くて大変なものだと思うのでした。
関係ないけど、チェ・ダニエルが着てたこのカーキのコートが好きだったな~。高校時代にこんな先生がいたら絶対に好きになっちゃうな・・・ 残念ながら若い先生はほとんどいなかったよ!

タイトルにもなっている「ゆれながら咲く花」の詩がとても良かったです。
日本は授業であんまり詩についての授業なんて無かった気がするんだけど、韓国では結構あるのかな?詩も好きなので興味があります。

勉強の成績がすべて、順位がすべて、良い大学に行くのがすべて、そんな価値観しか親も学校も教えてくれなくて、本当はきっともっと大事なことがあるのに、それは自分で気づかないと知ることが出来なくて、今なら分かるようなあの頃の焦燥感を思い出して、胸が痛くなりました。本当に受験勉強は大変だったな・・・ああ(遠い目)

最後にオ・ジョンホが戻って来たのか、という事に関しては、私はきっと戻って来なかったかなとは思っているんです。でも、担任の先生の二人は出来ることは全部やったんですよね。お金なら貸してやるから学校に来いとまで言って。
あの時に、オ・ジョンホは「道は踏み外さないから」と言っていて、確かに先生が自分のために色々としてくれているとことをきちんと受け止めたからこそ出る言葉だと思うのです。だから彼がこれから高校には行けずに働くという道を選んでも、なんとか学校に戻って来る道を選んでも、どちらだとしても大丈夫だと思えたのです。
きっと彼はどんな状況でも乗り越えていけるだろうと。
ほんとそういう小さなこと(先生が自分を気にかけてくれたこと)で、生きて行けたりするものなんだと思う。

 

高校時代も、大人になってからも、日々揺れながら生きて行くもので、ドラマの中でその姿を見て、私も頑張ろうって思えたのです。
時にこういう良いドラマに会えるから、やっぱりドラマを見るのやめられないなあ~!

 

あ、書き忘れてたけど、思いっきりハイキック!も同時に視聴しているので、突然オペラ歌いだしたり、オッケー!って言ってるパク・ヘミしか想像できなくて、教育熱心な怖い校長先生には見えなくて困った^^;
普通のドラマで出ているところを見たことがある人をコメディーで見るのはいいけど、先にコメディーを見ちゃうとそのカラーの方の印象が強過ぎて払拭できません・・・ そういう人が何人かいるんですよね。全くの余談ですが!

 

ゆれながら咲く花が見れるのは・・・

  

【韓国ドラマ】恋愛を期待して の感想 シワンくんはキモイ男の演技も完璧でさすが!

%e6%81%8b%e6%84%9b%e3%82%92%e6%9c%9f%e5%be%85%e3%81%97%e3%81%a6

2話完結のドラマで、それもチェ・ダニエルが出てる!ということで、
軽く見れるかなと思って見てみたのです。

チェ・ダニエルは今回はメガネっ子!
そして綿ニットに短パンといういでたちはなかなか素敵です。バキューン。
しかし、役柄はやや曖昧な対応のメンズなのであまり魅力的ではないな~

それよりも、シワン君が演じてた女性と付き合ったことなさそうな、
でも一生懸命に恋愛を頑張っちゃう歯学部の大学生がキモくてすごかった。
もしかしたら、可愛く見える人もいるのかもしれないけど、
私はキモさに震えました。映画館でのウザさとか・・・いろいろ・・・
いや~ こんな演技でも、完璧にそういう人に見えて演技が上手なんだなあ!
さすがだなあってほんと思いましたよ。

BoAは、チェ・ダニエルとは良いけど、シワンくんとはカップルには見えない感じがあったなあ。
まあ、演技は違和感はあまりなかったかもしれない。
でも、最適な配役とは言えないかな・・・とは思ってしまったんですけどね(^^ゞ

ren-1 ren-2

一番、気になったのは、浮気してる恋人にタコを投げつけるって時に
履いてた長靴にもヒールがあったことだな。
レインブーツっていうか、白の長靴に。
思わずBoAの身長を調べたら160センチだったので、
やっぱりどんな時にもヒールは必要なのかな?って思ってた
(どうでもいいですね・・・スイマセン)

 

スポンサーリンク

 

そして・・・

繰り返される現実という言葉に、一体、『現実』って何なんだろうって改めて考えた。

一瞬、現実が勝つと見える結末でもあるのだけれど、
とはいえもっと最終的にはその時には避けたメールでやり取りした実際に会ったことはない相手と見合い相手として会うという結末の意味は、架空の相手だろうと縁があれば出会って現実になるということ?

それも、4年後に見合いをしているということは、
現実を選んだつもりでいた4年の間に恋愛はうまくいかなかったという事で。

じゃああの時に、現実だからとか架空だからとか区別することなく、
好意があるという気持ちをそのままに行動すれば良かったのかなと思う。
頭で考えすぎず、心のままに行動する方が良い気がしちゃった。

結局、現実として認識している世界さえ、
自分の目や脳みそを通してしか見れなくて、
知らないものはそこにあっても気づくことさえできないのだから。

ren-3

こんな風に、背中合わせでご飯を食べていても、気づかずにすれ違い続ける二人。

顔を見て話さないと、会ったことにはならないってことなんだろうか・・・?
例え、電話では直接話していても。

 

 

恋愛を期待してが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】ザ・ミュージカル の感想 ミュージカル舞台の場面の少なさと最後の終わり方にモヤモヤ

musical5

 

う~ん。初めの方は面白かったんだけどなあ~

ク・ヘソンとチェ・ダニエルの二人も最初の方は可愛い感じで良かったのに、
すれ違い続けたわりには最後はうまくいきました~になってああそうですかという感じ・・・

面白く無かった訳ではないのだけど、どうしてこんなにモヤっとするのかというと、
いくつか理由があるような気がします!

 




 

1モヤ

前回これ良かったと書いたウンビへのジェイからの手の甲へのキスは可愛かったんだけど、
最終回のキスシーンは、ク・ヘソンはチェ・ダニエル嫌いなん?嫌そうに見えるんだけどっていう仕上がり。
照れてるという設定でのあんな感じなのかもしれないけど、
とてもじゃないけど、愛し合う二人には見えず、お~い!って言いたくなってしまった。

でも、わかんない。素敵に見える人もいるのかもしれないなあ。私はいまいち。

2モヤ

ガンヒの代役でモンテクリスト伯のメルセデス役をやるなければいけない日なのに、
清潭洞の九尾狐に出るためにそれを蹴ったこと。
そのあとガンヒがウンビに対し、無責任で舞台人として失格だ!ミュージカル界から追放してやる!って言ってたんだけど、その考えの方が正しく思えてしまうよ!

ウンビは、きっと分かってもらえるとか言ってたけど、何を?って感じで解せない。

3モヤ

最後に清潭洞の九尾狐が舞台をやれることになったのに、そのミュージカルシーンは無し!!!!

選考会のシーンでウンビの歌うシーンは少しあったけど、そ、それだけかい!?という感じ。
実際にミュージカルが上演されていただろう作品のモンテクリスト伯とかは挿入されてたけど、
そうじゃなくて、今回の出演者のミュージカルがちゃんと見たかったなあ。

4モヤ

ク・ヘソンはキレイな声ではあるけど、ミュージカル女優としては声が細すぎて、
素人の私でもこれじゃなあというがっかり具合。

もう誰か違うミュージカル俳優さんのアテレコが良かったんじゃないだろうか・・・いっそ。
ガンヒの代役レッスンを受けて歌がうまくなった設定なのに、最終回の歌はう~ん。

5モヤ

パク・ギウン演じるユ・ジンの心の成長とか変化が一番激しくて、
もしかして主役?ってレベルで他と比べて丁寧に描かれ過ぎていた。

その割には、最後にはウンビとうまくいく訳でもないので、
ドラマ自体が何を一番主題にしているのか散漫になっているような印象!

6モヤ

チェ・ダニエル演じるホン・ジェイが以前は女性に対し来るもの拒まずだったのに、
ウンビに合ってから変わったという設定なんだけど、
どうもチェ・ダニエルが遊び人に見えず、チャラ男には見えないので、違和感がある。
だからなのか突然出て来るレコード会社プロデューサーに迫られてるの設定とか、
なんだこれって感覚になってました。

ヤバイ!

めっちゃモヤモヤしてる!私!
書いてたらどんどん出て来てびっくりしたw

musical4

てな感じで、キスシーンが相性悪そうに見えちゃったので、
むしろ二人がうまく行ってない時のチェ・ダニエルの
こういう切ない顔を見ている方が好きでした

いいよ!とても好きだよ!

あとは、ガンヒ役の女優さんは歌も上手だし、
気位の高い『私は女優よ!』みたいな感じが凄く出てて、かなり好きでした。
嫌な役だったのかもしれないけど、でも、必死で生きてるっていうのも伝わってくるような感じ、
私は彼女のような存在は好き。
自分勝手なのかもしれないけど、恋愛の仕方は人それぞれだし。
そして歌がほんとにミュージカル女優のそれで素晴らしかったしね!

ボクチャ役の女優さんも良いキャラだったし、
彼女に最後はなんとなく彼氏も出来てたりするのも面白いし、
そういう面白い要素もあったし、最初の出だしは結構楽しんで見ていたので、
もう少し最後の展開を変えればきっともっと面白かったんじゃないかなって思った。

 

でもまあ、何かに情熱をかけるっていうのはいいですよね!
そしてそんなことを思うとなぜかむしょうにガラスの仮面が読みたくなったよ!
それはこのドラマを見終わった後のモヤモヤが原因なのかも・・・ああ

 

そんなことを言っていますが、メガネっこチェ・ダニエルに
むはむはするためにはとても良いドラマだったので一定の満足感はありましたよ~w

 

 

 
ザ・ミュージカルが見れるのは・・・



 

【韓国ドラマ】ザ・ミュージカル 第3話まで チェ・ダニエルがとっても素敵だよ~&Gyao!で無料配信中

musical-1

最近、Gyao!では毎月1日から一週間の限定で、
韓国ドラマ1タイトルを全話配信してるんですよね!
見たいドラマだったら、有難いシステム!うへへ

11月は、チェ・ダニエルとク・ヘソンが主演の『ザ・ミュージカル』
ちなみに~11月7日(月)までです。

そう、私の中での人気急上昇中のチェ・ダニエルが出るとあっては、
やや大げさな演技が大の苦手のク・ヘソンが相手役とあっても頑張れる・・・はず。

という訳でさっそく、行けそうかどうか見てみることにしました。




チェ・ダニエルはちょっと茶髪、そして安定のメガネっ子!いいよ!!!素敵!
(私はメガネ無しのちょっとふにゃあってしてる顔の時も大好きだけど~)
作曲家の役なので、ピアノを弾いてる姿も良いよ!

そして、ちょっと苦手なク・ヘソンですが、
(お願いキャプテン数分で挫折、台湾ドラマの絶対彼氏も1話見れなかった等々)
今回は、ミュージカル女優を目指す役なので、いっそその大げさな演技が合ってるぞ!
と、なかなか好感触です。

musical-2

そして、こうやって見ると、白い肌に薔薇色のほっぺにくりくりのおめめ。
なにこれ、めっちゃ可愛いなこの人って思いました。

彼女うんぬんより、突然人々が歌いだすっていうミュージカルドラマにありがちなシーンが
苦手でなければ大丈夫そう。
いきなり最初にそういうのあるのですが、私は、ミスコリアのチェリー美容室院長役のホン・ジミンが出て来て、やっぱり歌が上手だわ~ってワクワクしちゃった!
そして、インド映画の踊りだす人々のシーンとか大好きだしw

でも、そういうのは最初だけの様子!

musical-3

そして、3話目にして、こんなシーンが出て来るんですけどももももも!!!
早い~と思ったけど、まだ完全に好きになった訳では無さそうで、ドキドキですね。

ともかく、チェ・ダニエルが好きな人には楽しめそうなドラマ。
あとは夢を持ってた若い頃とかを思い出すって感じの青春感が良い感じな気がします。

まだまだ、どうやらこの人とあの人は何やら関係がありそうだとか、
何か裏がありそうだとか、想像しているだけの状態ですが、
この感じなら最後まで見終えられそうな気がします!

せっかくの無料期間なので、気になっていた方は是非~♪

>>>ザ・ミュージカル Gyao!で無料配信中 11/7まで!

 

 

ザ・ミュージカルが見れるのは・・・